生きること、愛すること、死ぬこと、寄り添うこと

不滅のイスンシンを観ている時もそうだったんだけど
いつもそこに馳せ参じたいような心境になってて
気持ち的にはスンシン将軍様の近くで暮らしてたんですよ、たぶん(笑)
400年も昔の話なのに、、
だから実際に閑山島まで行っちゃったのね

今日出かけてる時に「私の愛、私のそばに」のostを久々に聴いてたら
やっぱりいいんですよね~、胸に迫る感じ、キュンとする
上手く表現できないんだけど
「私の愛、私のそばに」を思うときはジョンウが私のすぐそばにいるような気がする
他の映画ではそういう感じはしないのに、、

映画館で予告編を見て、見たい!ってたくさんの人が思ってくれると嬉しいなぁ

私の愛、私のそばに

観る者の先入観や予想をやすやすと覆すほどの迫真の感情が全編に息づいている
このジャンルの予定調和の展開を一切寄せ付けない強靭なリアリティがある


公式サイトのイントロダクションに紹介されてるけれど、本当にその通りの映画よね
正直に言っちゃうと、韓国で公開されたときに一緒に観てくれた友達は
あまりのリアリティに本当にミョンミンさんが死んじゃうような錯覚に陥ってキツカッタって
映画を観終わった後にため息をつきました

「ルー・ゲーリック病という悲劇的な病気を生々しく描いていることでどこか映画から拒絶されているように感じる観客もいるではないか」
そんなレビューを書いたサイトもありました(そのサイトではこの映画を絶賛して下さってます)

変な表現の仕方だけど、決して楽な映画じゃないです
すごい力で迫ってくる映画
でもこれ以上ない温かな映画だと思う

先日映画を観に行って、以前に読んだ「ノルウェイの森」をもう一度読み直してるんだけど
原作の中にある「死は生の対極としてでなく、その一部として存在している」という文章を見て
ネサギョを思い出しちゃいました
「生きること、愛すること、死ぬこと、そばに寄り添うこと」
まさにそうなのよね
邦題が原題のまま「私の愛、私のそばに」になって本当に嬉しいと思ったのでした
関連記事

コメント

そばにあるもの

ルピナスさま、あんみょ~んです!
私が今観ているイ・スンシンさまは、まだ武官時代の37,38話
の所です。丁度、守りに失敗して役職剥奪され苦悩の日々になって
行く。ミョンミンさまのべバから、作品としては2番目に観ている
のがスンシンさまで、毎回胸が締め付けられる思いで観てます。
いつもおそばで寄り添ってガードしてくれている(名前がわからず
すみません、子供の頃助けてもらって恩返しするんですよね)
その若者が心で言うんです「・・・スンシン様、あなたに救って
もらった。今度は私があなたを守ります。」
ここが忘れられなくて、ルピナスさまの馳せ参じたい気持ちと
いつも一緒に暮らしてた・・・の所で思い浮かべてしまいました。
関係ないコメントですみません!でも、スンシンさまの1話冒頭
から、ずっと今までの姿がどうしようもなく涙が出てしまいます。
この方の背負う運命を、ミョンミンさまが憑依されてそのまま
みえてしまうからでしょうか・・・
ジョンウになったミョンミンさまの運命もそうだし、
このきつい作品を現実に置き換えて、当事者では
なくても皆、何らかのそばにあるものを経験してるし、
またするでしょう。その時にこの作品で「力」を思い起こせる
気がします。現実で今忘れている愛する力、生きる力ではないかな~
と思い、きつい映画だけどしっかり観ることができる気もします。
ルピナスさまの記事を拝見してて、スンシンさまと
ジョンウの近さが分かる気がしました。
本当に沢山の方に観てもらいたいですね!
長々とまとまりがなくてすみません~~いつも感謝です!

2010/12/21 (Tue) 03:34 | reo18 #HUHLZSNs | URL | 編集
生きること、愛すること、死ぬこと、寄り添うこと

るびなすさん
私・・・るぴなすさんの書かれた文章を読んで今泣いてますi-241
ネサギョはYouTubeで、何度も何度も観ただけですが、それでも感動しました!
実際に映画館でネサギョを観られた方達の感動は凄いと思います
一日を一年と思って大切に共に生きる!愛する人の命が限られている事を知りつつ
寄り添い最善を尽くす女性の愛!
尽くされる側には、もっと沢山の愛が必要なのではないかと・・・
人それぞれの生死感がありますが、私は死が終わりではなく、始まりだと思っている
者ですので、ただ悲しい映画としてではなく、自分なりにみてゆこうと思っております。
生きるとは何か?愛するとは何か?死ぬとは何か?そばに寄り添うとはどういう事か?
この映画は観る者に容赦なく、問いかけて来る事でしょう!
極限を生きる人と共に過ごす事は、自分に死ぬ事なくして、寄り添う事は出来ないのでは?
などと思ってみたりもします 
タイトルの4つの事柄は、人生の永遠の課題なのでしょう・・・
ミョンミンさんとジウォンちゃんの演技は勿論ですが、考えさせられる事の多い映画を楽しみに
しております

2010/12/21 (Tue) 04:50 | リデア #.KzS5IYM | URL | 編集

reo18さん☆
ナルパルね、最初あの子供がこんなに大きくなったのかとビックリしました
いつもスンシンのそばにいて守ってましたねー
切なくなるような存在でした
ドラマを超越しちゃうでしょ
わかるわー
変な言い方だけど不滅のイスンシンはドラマとは思えなかったもん
そういう意味でネサギョも同じかもしれない
本当にそこで息づいてるような、、そんな作品
厳しい現実もあるけど、チスが本当にかわいいの
可愛くてたくましい
ジョンウも結構楽天家よ
あの状況で二人が出会ったことを神様に感謝したくなります(#^.^#)

2010/12/22 (Wed) 23:38 | ルピナス #/ziU86Hc | URL | 編集

リデアさん☆
本当ね、タイトルのあげたのはまさに人生の永遠の課題ですね
それを特別なことじゃない、普通のことなんだって思えるんですよね
嫌なものは嫌だっていうし、わがままも言いあって
自然体の二人が本当にいいんですよね
本当に楽しみです
日本版のDVDも早く出で欲しいです(特典もぜひついててほしいです)

2010/12/22 (Wed) 23:44 | ルピナス #/ziU86Hc | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する