来年はブロックバスター豊作

'黄海vs第7鉱区vsマイウェイ' 2011年韓国型ブロックバスター'豊作'  osen
映画関係者の祭りの第15回釜山国際映画祭が中盤を迎え国内ビッグ3配給会社のCJエンテテインモントゥ、ロッテエンターテイメント、ショーボックスが2010下半期と2011年封切りを控えた映画のラインナップを釜山で公開した。
公開されたラインナップにはハ・ジョンウ、キム・ユンソク主演の‘黄海’、チャン・ドンゴンとカン・チェギュ監督がまた一つになった‘マイウェイ’、ユン・ジェギュン監督が企画したブロックバスター‘第7鉱区’と‘クイック’、イ・ジュニク監督の‘ピョンヤン城’等韓国型ブロックバスターが目についた。

一番最初に2011年ラインナップを公開したのはロッテエンターテイメント。 今年初めて‘ロッテの夜-レッド ファンタジー’という名で8日午後7時釜山ロッテホテル アートホールでパーティーを開いたロッテはイ・ジュニク監督の2011プロジェクトの‘ピョンヤン城’をはじめとして十余編の映画を紹介した。

2011年にはイ・ジュンイク監督のコミック史劇‘ピョンヤン城’が待っている。 チョン・ジニョン、ソン・ウソン、イ・ムンシク、リュ・スンニョン、ユン・セムンなどが合流して撮影が真っ最中の‘ピョンヤン城’はフュージョン コミック史劇で300万観客を動員したイ・ジュンイク監督の映画‘黄山原’の後続作格。 百済を滅亡させた黄山原戦闘8年後唐に対抗するために新羅と高句麗の連合作戦を行った話。
その他にもイム・スンレ監督と俳優コン・ヒョジンが共にした‘牛とともに旅行する方法’、イ・ソンギュン、チェ・ガンヒのロマンチック コメディ‘ケチなロマンス’、キム・ユンジンとパク・ヘイルが会った‘心臓がどきどきする’という2010年下半期観客に会う。
2011年にはイム・チャンジョン、キム・ギュリ主演の‘愛が恐ろしくて’、カエル少年失踪事件を素材にしたパク・ヨンウ主演の‘子供たち’、忠武路に浮び上がるブルーチップ ソン・セビョクがパク・イェジンと共に呼吸を合わせる‘危険な挨拶’‘逮捕王’ ‘ママ’等が待っている。

CJエンターテイメントはカン・チェギュ、ユン・ジェギュン、カン・ウソクなど千万観客の神話を使ったスター監督が大挙布陣して目を引いた。 映画祭三回目日夜の9日CJエンターテイメントは釜山、海雲台(ヘウンデ)グランドホテル地下グランプリで名前だけ聞いても派手な監督、スターが出演する下半期と2011ラインナップを公開した。

一番最初にチャン・ドンゴンと日本のトップスターオダギリジョー、中華圏最高スターパン・ピンピンがカン・チェギュ監督と手を握った韓中日合作プロジェクト‘マイウェイ’は視線をひと目で捉えた。 チャン・ドンゴンとカン・チェギュ監督が映画‘太極旗を翻して’以後6年ぶりに一つになった‘マイウェイ’は300億ウォン台の製作費が投入された戦争アクション ブロックバスターで2次世界大戦中日本軍で徴集されノルマンディ上陸作戦に参加した韓国人の話。
‘海雲台’のユン・ジェギュン監督のJKフィルムは来年上半期二編のブロックバスターをリリースする。 100億ウォン大義ブロックバスタープロジェクトの‘第7鉱区’は広い海まん中浮いている石油船で人間と塊生命体との死闘を描いた海洋ブロックバスター。 ハ・ジウォン、オ・ジホ、アン・ソンギ、チャ・イェリョンなど派手なキャスティングに3Dで製作されてより一層期待を集めている。 韓国版‘タクシー’である‘クイック’も2011年に布陣されている。
カン・ウソク監督はチョン・ジェヨンと手を握って野球を主題にしたヒューマンドラマ‘グローブ’をリリース、ソン・ガンホ、チョン・ジョンミョン、シン・セギョン主演の‘青い塩’、シム・ウンギョン、ユ・ホジョン主演の‘切るから’、リュ・スンボム主演の‘人生は美しくて’とアイドル グループの話‘ホワイト’等が含まれた。

最後にショーボックスは‘追撃者’のナ・ホンジン監督とハ・ジョンウ、キム・ユンソクが意気投合した‘黄海’の予告篇を公開して熱い拍手喝采を受けた。 10日午後9時釜山ウェスタン朝鮮ビーチホテル グランドホールルームでマジックショー形式でラインナップを公開したショーボックスはそのどの年より派手な威容を自慢した。

映画‘黄海’はナ・ホンジン監督とハ・ジョンウ、キム・ユンソクという名前だけで期待を集める大作。 延辺と韓国を行き来して壮大なスケールと派手なアクションをリリースする‘黄海’は後半作業を経て今年12月封切りする予定だ。
‘義兄弟’のチャン・フン監督の三作目作品の‘高地戦’は大作の中の一つだ。 ‘高地戦’は朝鮮戦争当時高地奪還を囲んだ戦闘を描いた戦争ブロックバスターでコスとシン・ハギュン、キム・オクビンが合流した。
その他にもキム・ミョンミンとハン・ジミン主演の‘朝鮮名探偵’は朝鮮時代を背景にした推理劇であり、イム・チャンジョン、オム・ジウォンが共にしたロマンチック コメディ‘不良男女’、キム・ジュヒョク、チョン・リョウォンが出演した戦争映画‘敵と同床’、チャ・テヒョン主演の‘チャンプ’、ファン・ジョンミン、チング、キム・ミニの‘モビティック’、‘タチャ’チェ・ドンフン監督の‘泥棒がはいる’、ハ・ジョンウ主演のミステリー ドラマ‘依頼人’、3Dでリリースする‘ミスターコ’等がぞろぞろ待っている。

関連記事

コメント

ルピナスさん おはミョンございますv-278
連日の不摂生が祟ったのか(年考えんかい!ですが…) 本日 体調不良で休んでおりまっす。
でも そのくせパソコンからは離れられておりません。
上の長い記事を読みながら 一番最後にミョンたんの名前を発見して やっぱりホッとしてしまいました。
”我が道を行く俳優”さんのファンだからとのルピナスさんの言葉を反芻しながらも、
過度な期待はすまいと思いつつも、このハラハラ感は拭えません。
スターを目指す気ないんだもんね、ミョンたん。SAMTAさんところに掲載されたギャラリーの動画のセリフに”私達はずっとあなたの友でいます。”とあったのをみて 素敵だな~~その感覚 それってファンとして大事だなって思う今日この頃です。

2010/10/15 (Fri) 09:04 | SOON #JalddpaA | URL | 編集

SOONさん☆
体調不良ですか?大丈夫?
無理しないでね
>過度な期待はすまいと思いつつもこのハラハラ感は拭えない
痛いくらいに気持ちわかります
韓国でよく言われる「スター」というのがどういう意味なのか正直よくわからないけど
ミョンミンさんはドラマ界では完全なるスターでしょう
「不滅のイスンシン」「白い巨塔」「ペバ」
ここまでの代表的なドラマを持つ俳優はそんなにいないし期待度も相当高いと思うんですよね
(それだけに次の作品へのプレッシャーは相当なものだろうと、、ホントファンと言うものは心配が尽きませんが)
でも映画界ではまだやっとネサギョで仲間入りできた(笑)新人のようなもとだと私は思ってます
演技力の確かさはドラマで証明済みだから、名だたる俳優さんたちと並んで評価されてますけど、残してきた実績が違うからね
ミョンミンさんは最初は映画俳優を目指してスタートした人でしょ
今はドラマも映画も区別なく良い作品にでればいいと考えているし
もちろん名作ドラマはたくさんあると思うけど
基本的に作品の作られ方が全然違うと思うんですよね
演じ続けることが大切なんだなぁと最近つくづく思います
その中でまた素晴らしい作品に出会うだろうし
ミョンミンさんは毎回毎回渾身の力で演じ続けるだろうし
そういう俳優さんをずっと見ていられることが私はすごく幸せだなぁって思うんですよね
いつだったかインタビューで辛いこと?(嫌なこと?)だっけ、聞かれたときに
「演技する場を失うこと」って答えたことあったよね
私はそれを思い出すたびに胸がキュンってなるの
ミョンミンさんは、いつも今演じているキャラクタを精一杯演じて
それがどう人に評価されるかということよりも
自分が納得できるかどうかが大切で
そういうことの積み重ねで観客に良い評価を受けてきた人だから
コツコツと、、きっと今日も名探偵を演じてるんでしょうねぇ
なんでしょね、この長いコメ(笑)ミアネ~(*^。^*)
さっきメールしたので見てね
それにしても
「パサ」が作品としてエントリされるのはギリギリ難しいかなって思いつつ
せめて主演賞でギリギリエントリされないかなぁって淡い期待を持ってましたけど(^^ゞ
10作品選んだなかから選ぶなら難しいよね~
そりゃねー、いい作品あってのいい演技だもんね
でもヨンスは本当に本当に良かったのよ~
最高の名ラストシーンでした☆

2010/10/15 (Fri) 10:35 | ルピナス #/ziU86Hc | URL | 編集
Soon殿

こちらにもお邪魔します☆
韓国の映画界もなかなか熱いですねv-41
私は韓国の時代物など、その美術面においては時に世界最高クラスではないかと
思うときがあります。もっと世界で評価されてもいいのではと思うほどです。
ミョンミンさんの次回作もとっても楽しみです☆
『ルピナス殿、ちょっとこの場をお借りしたいのであります。
 Soon殿、あんみょんであります( ̄ー ̄)ゞ
 お加減は如何でありましょうか?
 パソの魅力は小生も腰〇〇でよく分かっているのでありますが、
 斯様の折はその誘惑に負けずゆっくり養生して頂きたいのであります。
 どうかお体ご自愛ください。尚、このレスに返コメはご無用に
 願いたいのであります。以上、敬礼!( ̄ー ̄)ゞ』

2010/10/15 (Fri) 21:59 | まりこ #B9Cf6Ax6 | URL | 編集

まりこさん☆
確かに、韓国の時代劇の美術ってすごいですよね
ストーリは別として(←あれ?)「炎のように蝶のように」などもとても綺麗な映像でした
スクリーンで観るとますます素晴らしいですよね
ミョンミンさんの次回作もぜひぜひ大きなスクリーンで観たいです~☆

2010/10/15 (Fri) 23:19 | ルピナス #/ziU86Hc | URL | 編集

ルピナスさん 横レス失礼しますi-80
一平卒殿 お気遣いありがとうございます。
自分も先日コメご無用ですと書きながら やっぱりコメは書きたくなっちゃうものでありますね~
しかしながら身体第一・安全第一 今日は早めに寝るのであります。
尚、自分も時代物は好きなのであります。すごく楽しませていただいたのであります。
以上 敬礼!!

2010/10/15 (Fri) 23:37 | SOON #JalddpaA | URL | 編集

あんみょん♪
ルピナスさんの長い(うふふ^m^)コメレスを読んで、そう!そうなんだよね!と思ったので出てきちゃいましたー。
パサがあまり長い上映期間を得られなかった事とかもあるように、まあ・・・いろいろありますよね(笑)
でも何でか、あまりひどくがっかりする気持ちは私は無かったんです。
意外と潔くすっきりとしたもんで。
その何でかを自分なりに考えてみたんですけど、ミョンミンさんに対する信頼というかこれからのミョンミンさんに対する揺るがない期待があるからなのかな~なんて思ったりしてます。
やっぱり当たる映画(言い方悪いかな?)って前にもルピナスさんも仰ってたと思うんですが、役者さんの力量だけで決まるものではないんですよね。
それはミョンミンさんのファンになって初めて思う事なんですけど・・・。
ミョンミンさんは当たり前のようにその作品一つ一つに渾身の力で演技をされますよね。
だけどやっぱりどうしてもそれだけでは、観客動員できないんだなあって思ったんです。
シナリオの良さや監督の技量とか、もうその映画に関する全ての事ががちーっと合わないと大当たりの作品って出ないんですよね、きっと。
でもミョンミンさんが演技を続ける限り、きっとそういう作品にいつか出逢えるって信じてるから。
またそれを楽しみに待てるのって、幸せなファンで居続けられるってことですよね。
ミョンミンさんが演技する場所がなくなるのが怖いって仰ってたように、私もミョンミンさんが演技しなくなる(出来なくなる?)日が来るのが怖いです。
そんな日は来ることは絶対無いだろうけれど、それは映画や作品がいい成績を残せないより怖いかも・・・(>_<)
って書くとちょっと語弊がある気がしちゃいますが、もちろんミョンミンさんの作品が沢山の人に愛されることを私も作品ごとに願っているしそうあって欲しいと思ってます^^
出来たら賞もたくさん獲って欲しいし(笑)
名探偵さんが公開されるころにはまたいっぱいドキドキしちゃいそうだし(笑)
でもミョンミンさんならいつかきっと韓国映画界を揺るがすような作品を観せてくれるに違いないって、訳もなく信じているのでなんとなくちょっぴりのんびりと構えていられるような気もしています^^;
ロングコメすみませぬ・・・。
あ、あともう一言!!
レウォン君とミョンミンさんは私も似てると思います~♪
このヘスクオンマとのスリーショット、とっても素敵ですね(*^m^*)
ミョンミンさんのちょっとお兄さん風吹かせたみたいなお顔が可愛いです^^
ほんといつか共演してほしいな~♪♪

2010/10/17 (Sun) 21:57 | *emu* #nkBf3kz2 | URL | 編集

映画ってサッカーみたいなものよね
あはっ、いきなりですいません(笑)
*emu*さん☆おっはよ~
総合力で勝負っていうか
スポーツは何でもそうだけどサッカーは特にそうよね
同じチーム力でも監督の采配で違うチームみたいになちゃうし
どんなに名ストライカーでもパスが回ってこないとシュートできないしね
選手の特性によって俊輔みたいな名選手でもチームにフィットしないと難しかったり
どんなチームに入っても確実にいい働きをするディフェンスとかさ
ザックジャパンを見ながらそんなこと考えてました
(なは~、サッカー応援しながらミョンたんのこともちょっと考えてるでしょ、笑)
でもミョンミンさんが名ストライカーであることは間違いないから
たくさん試合をすればちゃんと結果はでると思うのよね
イケーイケーって声をからして応援しながら楽しんで試合を楽しんでいるような
そんな気分かも(笑)
楽しいのよね~~(*^^)v
だから心配や不安というより、楽しみの方が強いんですよミョンミンさんは
ファンとして本当に楽しいなぁって思います
レウォン君とミョンミンさんは似てる?
私はビジュアル的にはそんなに似てるとは思わないんだけど、私の周りでは似てるって言う人が多いんですよね
やっぱりそうなんだー
俳優さん同士の仲の良いヒョンとトンセンの関係って微笑ましくていいよね
ミョンたんも女優さんより男優さんに囲まれる方が落ち着くみたいだし(笑)
いつか二人の共演が見たいね☆

2010/10/19 (Tue) 08:27 | ルピナス #/ziU86Hc | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する