'黄海vs第7鉱区vsマイウェイ' 2011年韓国型ブロックバスター'豊作'  osen
映画関係者の祭りの第15回釜山国際映画祭が中盤を迎え国内ビッグ3配給会社のCJエンテテインモントゥ、ロッテエンターテイメント、ショーボックスが2010下半期と2011年封切りを控えた映画のラインナップを釜山で公開した。
公開されたラインナップにはハ・ジョンウ、キム・ユンソク主演の‘黄海’、チャン・ドンゴンとカン・チェギュ監督がまた一つになった‘マイウェイ’、ユン・ジェギュン監督が企画したブロックバスター‘第7鉱区’と‘クイック’、イ・ジュニク監督の‘ピョンヤン城’等韓国型ブロックバスターが目についた。

一番最初に2011年ラインナップを公開したのはロッテエンターテイメント。 今年初めて‘ロッテの夜-レッド ファンタジー’という名で8日午後7時釜山ロッテホテル アートホールでパーティーを開いたロッテはイ・ジュニク監督の2011プロジェクトの‘ピョンヤン城’をはじめとして十余編の映画を紹介した。

2011年にはイ・ジュンイク監督のコミック史劇‘ピョンヤン城’が待っている。 チョン・ジニョン、ソン・ウソン、イ・ムンシク、リュ・スンニョン、ユン・セムンなどが合流して撮影が真っ最中の‘ピョンヤン城’はフュージョン コミック史劇で300万観客を動員したイ・ジュンイク監督の映画‘黄山原’の後続作格。 百済を滅亡させた黄山原戦闘8年後唐に対抗するために新羅と高句麗の連合作戦を行った話。
その他にもイム・スンレ監督と俳優コン・ヒョジンが共にした‘牛とともに旅行する方法’、イ・ソンギュン、チェ・ガンヒのロマンチック コメディ‘ケチなロマンス’、キム・ユンジンとパク・ヘイルが会った‘心臓がどきどきする’という2010年下半期観客に会う。
2011年にはイム・チャンジョン、キム・ギュリ主演の‘愛が恐ろしくて’、カエル少年失踪事件を素材にしたパク・ヨンウ主演の‘子供たち’、忠武路に浮び上がるブルーチップ ソン・セビョクがパク・イェジンと共に呼吸を合わせる‘危険な挨拶’‘逮捕王’ ‘ママ’等が待っている。

CJエンターテイメントはカン・チェギュ、ユン・ジェギュン、カン・ウソクなど千万観客の神話を使ったスター監督が大挙布陣して目を引いた。 映画祭三回目日夜の9日CJエンターテイメントは釜山、海雲台(ヘウンデ)グランドホテル地下グランプリで名前だけ聞いても派手な監督、スターが出演する下半期と2011ラインナップを公開した。

一番最初にチャン・ドンゴンと日本のトップスターオダギリジョー、中華圏最高スターパン・ピンピンがカン・チェギュ監督と手を握った韓中日合作プロジェクト‘マイウェイ’は視線をひと目で捉えた。 チャン・ドンゴンとカン・チェギュ監督が映画‘太極旗を翻して’以後6年ぶりに一つになった‘マイウェイ’は300億ウォン台の製作費が投入された戦争アクション ブロックバスターで2次世界大戦中日本軍で徴集されノルマンディ上陸作戦に参加した韓国人の話。
‘海雲台’のユン・ジェギュン監督のJKフィルムは来年上半期二編のブロックバスターをリリースする。 100億ウォン大義ブロックバスタープロジェクトの‘第7鉱区’は広い海まん中浮いている石油船で人間と塊生命体との死闘を描いた海洋ブロックバスター。 ハ・ジウォン、オ・ジホ、アン・ソンギ、チャ・イェリョンなど派手なキャスティングに3Dで製作されてより一層期待を集めている。 韓国版‘タクシー’である‘クイック’も2011年に布陣されている。
カン・ウソク監督はチョン・ジェヨンと手を握って野球を主題にしたヒューマンドラマ‘グローブ’をリリース、ソン・ガンホ、チョン・ジョンミョン、シン・セギョン主演の‘青い塩’、シム・ウンギョン、ユ・ホジョン主演の‘切るから’、リュ・スンボム主演の‘人生は美しくて’とアイドル グループの話‘ホワイト’等が含まれた。

最後にショーボックスは‘追撃者’のナ・ホンジン監督とハ・ジョンウ、キム・ユンソクが意気投合した‘黄海’の予告篇を公開して熱い拍手喝采を受けた。 10日午後9時釜山ウェスタン朝鮮ビーチホテル グランドホールルームでマジックショー形式でラインナップを公開したショーボックスはそのどの年より派手な威容を自慢した。

映画‘黄海’はナ・ホンジン監督とハ・ジョンウ、キム・ユンソクという名前だけで期待を集める大作。 延辺と韓国を行き来して壮大なスケールと派手なアクションをリリースする‘黄海’は後半作業を経て今年12月封切りする予定だ。
‘義兄弟’のチャン・フン監督の三作目作品の‘高地戦’は大作の中の一つだ。 ‘高地戦’は朝鮮戦争当時高地奪還を囲んだ戦闘を描いた戦争ブロックバスターでコスとシン・ハギュン、キム・オクビンが合流した。
その他にもキム・ミョンミンとハン・ジミン主演の‘朝鮮名探偵’は朝鮮時代を背景にした推理劇であり、イム・チャンジョン、オム・ジウォンが共にしたロマンチック コメディ‘不良男女’、キム・ジュヒョク、チョン・リョウォンが出演した戦争映画‘敵と同床’、チャ・テヒョン主演の‘チャンプ’、ファン・ジョンミン、チング、キム・ミニの‘モビティック’、‘タチャ’チェ・ドンフン監督の‘泥棒がはいる’、ハ・ジョンウ主演のミステリー ドラマ‘依頼人’、3Dでリリースする‘ミスターコ’等がぞろぞろ待っている。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sutakora.blog37.fc2.com/tb.php/3308-f8d6205d