スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祝☆ペースメーカー公開

いよいよ本日公開
さっき見つけたレビュー読んでみました☆

キム・ドヨン市民記者の映画プレビュー‘ペースメーカー’

20120117-4.jpg

多くの人々はあるコメディアンの流行語のように‘1位だけ記憶する汚い世の中’と生き残るために他人と競争する。 記録と順位という定規が明確なスポーツ競技も大きく異ならない。
ところで常に他の人の1位のために努力する選手たちがいる。 ‘ペースメーカー’だ。 ‘ペースメーカー’はマラソンや水泳などスポーツ競技で優勝候補の記録を短縮するために戦略的に投入された選手をいう。 これらは順位進入が目標ではない。 ひたすら他人の1位を助ける。
マラソンでペースメーカーは1位の可能性がある選手のペース調節のために走って30kmまで自身のすべての体力を消耗する。 それでペースメーカーの完走距離は30kmだ。
有望株であった自分がペースメーカーになったのは金のためだった。幼い後輩との容易ではない選手村生活のなかで無理をすればこれ以上走ることができないのかもしれないと宣告を受ける。 だが、最後になるかも知れない競技を放棄できなかったチュ・マノ生初めて42.195kmを完走するために運動靴を直して履く。
映画は注目される新人だったが経済的条件のために選手生活ずっと他の選手のペースメーカーだった老将マラソンランナー‘チュ・マノ’が選手生命を終るかもしれない身体的危険を押し切ってひたすら自身のために走る感動を描いている。
既存のスポーツ映画はほとんどの優勝候補やチームが難しい分岐点に会ってその峠を血の出る努力と情熱で克服して優勝する感動を描いている。 だが、この映画は競技が主役でない助演を、そして1位でない自分だけの目標を完成していく過程を描いていて少しは風変わりな感動を与える。
キャラクターに対する没入度が高い演技派俳優キム・ミョンミンが一生他の選手たちのために駆け付けたがただ一度自分のために走るマラソンランナー‘チュ・マノ’に変身して感動を付加する。 ただしペースメーカー‘チュ・マノ’の成功に少し欲ばりすぎが感じられる結末の部分とチュ・マノキャラクターがあたえる魅力のためにベテラン俳優アン・ソンギ、注目される演技者コ・アラなどの演技が目に深く入ってこないことが少しは惜しい。

関連記事

コメント

祝 ペースメーカー 公開!

るぴなすさん☆オハミョン
マノがとうとう走り出します!
人の為の人生も突き詰めれば、自分自身が選んだ自分の人生だと思うんですよ!
一位を競い合うスポーツの世界ですが
他の人生だって全ては、競い合う事で成り立っていると思うんです
何らかの事情で自分を光らせる事が出来ない事もあったりしますが・・
今の日本の様に運動会で一位の無い国が良いかというとそうは思わない!
その事は一見平和主義で、人に優しく感じられますが、本当にそうなのか?
巧妙な罠の様な気がしてならないんです
人間誰しも自分の為に、自分だけの為に何かを成し遂げる時って
あっていいと思うんですよね!(我儘とは次元の違う物だと思う)
競う事によってより良い物が生まれる!
競わない事によって発展が無くなる事だってあると思うし・・
この二つのバランスはとても大切な事だと思うのです。
>キャラクターに対する没入度が高い演技派俳優キム・ミョンミンが
 一生他の選手たちのために駆け付けたがただ一度自分のために走るマラソンランナー
‘チュ・マノ’に変身して感動を付加する。
 ただしペースメーカー‘チュ・マノ’の成功に少し欲ばりすぎが感じられる結末の部分と
 チュ・マノキャラクターがあたえる魅力のためにベテラン俳優アン・ソンギ、
 注目される演技者コ・アラなどの演技が目に深く入ってこないことが少しは惜しい。
読み方によれば回りを食ってしまう演技力ともとれますが、チョッと違う気がするんです
ミョンミンさんの演技にそれはない!
食うと言うのは世間でよく言う何々の二度見とか、何々の三度見の様に相手の入る隙を与えない
演技をする俳優も女優も多いですよね!(見てて腹が立つ事もあるけど・・)
まあ、言ってみれば撮影も戦場という訳でしょうか・・
でもウリ ミョンミンさんにはそれは感じないです!この記事の最後に書いてある
アン、ソンギさんやコ、アラさんとは、関係ない事柄だと思うんですよね。
未だ見てないので何とも言えないですが、そんなこと書いたらお二人にとても失礼だと
思うんですが!(演技とは何ぞやになっちゃいますから・・)
「ミラー」で助演に徹し主演俳優をどれ程輝かせたかが自分の持ち味だと言い切る
ミョンミンさん!
「ペースメーカー」というタイトルが如実に物語っていますよね
それぞれに与えられたその映画の役割と言う物はとても大切でしょう!
人を輝かせる方が、もっと難しい筈です。
それが出来る役者になれる人って凄いし多くはない筈です(役者としても人としても)
この記事を読んでチョッとそんな事を思いました
でも突き詰めれば映画は監督のもの!これは本当ですよね!何時もそう思います!
沢山の翻訳何時も有難うございます!
感謝を込めて・・・

2012/01/18 (Wed) 04:33 | リデア #YegkbkBQ | URL | 編集

"破壊された男"の時は ギジュン君は評価されてましたけどね~
"私の愛 私のそばに"の ジウォンちゃんもね。
"名探偵"だって ダルスさんの方がどっちかいうとカッコイイし…
古くは"鳥肌"だって…
ミョンたん 飛びだしたことないような気がするけど…
メソッドって そこ一番大事みたいだし…
他の役者さんの効果的な使い方ができてなかったんなら 
それ やっぱり演出とか編集とかの問題じゃないかなあ。
まっ とにかく観てきますね。

2012/01/18 (Wed) 21:55 | SOON #JalddpaA | URL | 編集

リデアさん☆ SOONさん☆
演技の上手い俳優は相手を生かすことはあっても消すことは絶対にないですからね
ミョンミンさんは共演者を食ってしまうような演技はしないですよね
逆ですよ~(笑)
ヘタな人まで上手にしてしまうと思うわ☆
これはあくまでこのキム・ドヨンさんの感想だもんね
市民記者ってナニ?(笑)
そそっ、実際に観ないと
韓国で評価と実際に自分が見るのとでは全然印象が違うことも結構あるしね
今日はどうだったんでしょうね
たくさんお客さん入ったかなぁ
気になる~~~(#^.^#)
あ~~SOONさん、いよいよ来週だね~~i-176

2012/01/19 (Thu) 00:30 | るぴなす #/ziU86Hc | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。