スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世の中が自分を騙しても夢や熱を持ってみろ

98%方々がこの映画に自身の感情を移入させることができる
2%は感じられないこともあるが
世の中が自分を騙しても夢や熱を持ってみろ
というメッセージが正確に存在する



ホントね、、正直言っちゃいますけど
ここにきて、まさかの平常心(笑)
ミョンたんの映画が明後日公開されるっつーのに
ナニ?自分この落ち着き
最近は日本映画に結構はまっちゃったりもして

実は春ごろからチラチラと会った人とは話してたりしたんですけど
スポーツ映画とか、ヒューマンな感動モノとか、元来あんまり得意科目じゃないんですけど
それにしてもなわけですよ

怒涛のインタビュー記事も、なんでかわかんないけど、読むとなんかどっかがふさがってる感じで言葉が出てこない
なんでだーーー!!!

ミョンミンさんの演技が絶賛されれば絶賛されるほと、なんかどっかで閉塞感があるのは
なんでだーーー!!

それで自分ひとりで飛ぼうとするという話も聞きました
私は演技する時相手に対する配慮と呼吸を最も重要だと考えます
一人で飛ぼうとしたことがありません
相手が死ねば私も意味がなくて一緒に死ぬことだから


決して否定的に思ってるわけじゃないけど、少し重なる部分もあって
「ひとり飛ぼうとする」みたいな言われ方をしてるんだなぁって
この記事でなんとなく感じて
なんか切ないなぁ、、

「キム・ミョンミンには、師団?ライン?がない?」って書かれてたけど
別に演じるのに徒党を組む必要もない
演じるということにひたすら没頭していくキム・ミョンミンという俳優が
ああ、、孤高の演技者だなぁって、、
それちょっと前にもエントリタイトルにしたけど
またまたそう呟いてしまったのでした


ミョンたんったら、なかなか私の琴線にビビッてくる言葉を発してくれなかったのよね

世の中が自分を騙しても夢や熱を持ってみろ

来ましたよ~~☆

そんな思いで映画に臨めばいいのね
わかったから~~ミョンた~~ん
  、、っていつ観るの?って突っ込まないで~~~


[インタビュー]キム・ミョンミン“‘ペースメーカー’チュ・マノの人生に私を発見した  star.mk

俳優キム・ミョンミン(40)が最も多く受ける質問の中の一つ。“なぜ自身を毎度酷使させるんですか?”
彼はこのような質問を受けるたびに堪え難いといった。 “唯一大衆と記者たちの頭にその映画のイメージがなくならなくなっているようだ”ということだ。
その時ごとに“これが全部‘私の愛私のそばに’のため”といいながら悪戯じみたおおげさな態度を見せる。 3年前に出演したパク・ジンピョ監督の‘私の愛私のそばに’でルーゲリック病患者演技のために20㎏を減量、世の中を驚かせた彼だ。
彼は作品の中で苛酷なほどキャラクターと一体化させてきた。 自らは手足が縮むが‘リアリズム演技者’ ‘演技本座’などは単純な演技大賞俳優に付ける愛称だけではない。
18日封切りする映画‘ペースメーカー’は実際のマラソンランナーのようだ。 映画の中の背景でもあるロンドン オリンピックにキム・ミョンミンという俳優が出て行っても金メダルを取ってくるのではないかと思うほどだ。 現実の中キム・ミョンミンとスクリーンの中‘チュ・マノ’は途方もない間隙を持つ生活を送っていきつつあるが、ランニングタイムずっと彼はすさまじくて孤独なペースメーカーであった。

‘ペースメーカー’は一生他の選手のペース調節のために飛んできたマラソンランナーが生涯初めてであり最後に唯一自身だけのために42.195kmを完走する‘感動ドラマ’だ。478万人を動員した‘朝鮮名探偵:トリカブトの秘密’以後に選択した作品だ。苦労の道が広々と見えたが彼はこの映画に出演した理由を縁に対し遠回しに言って説明した。
“回って回るシナリオが紆余曲折の末私の手に持ってきたことは空がさずける縁だと見ます。 また、‘チュ・マノ’と私がとても似ていました。 マラソンランナーと俳優の道は似た点が多いです。 単独で孤独に戦いを行うということ、順調でない道を歩いてきたという点。 先天的に足が不便な‘チュ・マノ’のように私も去る2002年‘スタントマン’という映画を撮って足を怪我したという共通点があります。 大変に死闘する姿で私を発見しました。 特に最後の場面で込み上げる涙をこらえることができませんでした。 私がそれに興味を感じたとすれば終わったことでしょう。”
‘チュ・マノ’は退物マラソンランナーでありルジョだ。人工歯を挟み発音をどもりがちに変えた。 3ヶ月間毎日のように走ってマラソンランナーのからだを作って走法を習うために二月間地獄のような訓練を受けた。 ひとつのテークに800m以上ごと走った。“劇中90%以上が走る場面であったためマラソンランナーのからだにならなけれいけなかった”と彼の説明だ。
‘演技上手’である彼は唯一新人監督(キム・タルジュン監督)との作業が多い。 “新人監督でも数十億ウォン台映画監督に抜擢されるほどの理由があると考える”という彼は監督を全面的に信じるスタイルだ。 しかし今回の映画のエンディングだけは“死んでもそのように行こうと固執した”としたんだ。 台本を読みながら最後に浮び上がった場面だったためだ。
“98%方々がこの映画に自身の感情を移入させることができそうです。 2%は感じられないこともできますが。 世の中が私をだましてもそのような夢を情熱を持ってみろとのメッセージが正確にあります。”

▲ “私に‘ペースメーカー’は“甘言より苦言を呈する方々でしょう。”

キム・ミョンミンは自身の演技人生を‘不滅のイ・スンシン’前と後で区分した。 2002年ワールドカップ以後3年の間映画三編が並んでひっくり返りながら体も心も病気にかかった。 3~4ヶ月間病院に入院していながらニュージーランド移民計画も具体的にたてた。
そのまま“イ・スンシンだけ終わらせて行こう”と再び始めた俳優生活。以後確かな道路を走って線太いフィルモグラフィーを積み重ねた。 作品では格別興行が伸びなくても彼の演技にはいつも賛辞があふれた。
“それで自分ひとりで飛ぼうとするという話も聞きました。 私は演技する時相手に対する配慮と呼吸を最も重要だと考えます。 一人で飛ぼうとしたことがありません。 相手が死ねば私も意味がなくて一緒に死ぬことだから。 カメラがアングルを捉える時オリンピックに出て行った一つのチームだと考えます。 複式組だと考えます。”
大韓民国で演技がうまい俳優と指折り数えられるが、演技に対するのどの渇きは終わりがない。 毎度納得できなくて、両極端の限界の中で数多くの試行錯誤を体験するという話もした。
“多分それを分かったとすれば神になって飛んで行った”とか“‘人間劇場’というプログラムが好きなのに写実主義演技だ。 台本がなくて激烈でないのに潮が満ちるように押し寄せる感動がある”という真剣な説明は俳優キム・ミョンミンの最も大きい悩みであるようだった。
“私はいつも演技をする時シナリオの中の虚構人物でなく同時代に住んでいる人だと演じます。俳優はその人を取材して代わりに演ずるということ。私に‘ペースメーカー’は甘言より苦言を呈する方々でしょう。”
一つの作品を終わらせれば肉体的でも心理的に相当なダメージを体験する。 それでも興行に対しては依然として安らかだ。 “過程で主に成就を得るタイプなので自ら変なように見えればいくらそばで浮かしてもとても絶望する”ということが彼のスタイルだ。
彼は‘ペースメーカー’封切りを控えて何回も“私の演技を期待せずに映画を期待してほしい”と強調した。

関連記事

コメント

るぴなすさん ひっかかりまくってますねえ~~!!
いいんじゃないんですかね。
ミョンたんをいろんな角度から見れて…(←えらそー!)
ミョンミンさんも 苦言を呈す人がペースメーカーだと
言っているし…
私は単純だから スポーツ嫌いな割りにこの手の話しに弱い…
アタック NO.1とかで育ったし… 苦しくたって~♪ 悲しくたって~♪(←追記です。ばか?)
それに とにかく メロメロですからね~~♪
代わりに ちょっくら 観てまいります~~♪(なぜか最近 旅がらす調なの~)

2012/01/16 (Mon) 22:26 | SOON #JalddpaA | URL | 編集

あんみょん^^
>、、っていつ観るの?って突っ込まないで~~~
ふふ、突っ込みません~~
なぜなら私は常にそうですから^^v(ピースな事態か?)
この状況も回を重ねてちょっと慣れたりするもんですね。
るぴなすさんの平常心とは違う意味としても、ちょっと余裕~(笑)
不得意分野といえば断然ヨンガシなんですよー^^;
やっぱり映画は見るもんでしょう?
そこで視覚的不得意となると致命的(T_T)
本気で困りそうっす。。。
それこそ いつ観るの?、ですけどi-230

2012/01/16 (Mon) 22:35 | niko #zMlhbidU | URL | 編集

SOONさん☆
むふ、、苦言を呈すなんてとんでもございません~
ファンの単なる戯言&独り言ですわん^_^;
私もアタックNo.1とか巨人の星で育ったわ
そういえば昔はスポーツもの多かったよね
青春モノはラグビーとか
私もよく見ました~(#^.^#)
いよいよ明日ですね
そして来週は韓国ですね
マノにたくさん会ってきてね
お土産話楽しみに待ってるよ~~んi-80

2012/01/17 (Tue) 23:11 | るぴなす #/ziU86Hc | URL | 編集

nikoさん☆あんみょん
そっかー、韓国での映画封切りと、自分の中での映画封切りと
楽しみが2つあると思えばいいってことですよね~(#^.^#)
うん、やっぱり得意不得意分野ありますよね
もー私はそっち系は全然オッケー
それぞれですな~(笑)
いつ観ますかね
両方とも年内に観れたら凄いけど
ヨンガシは難しいかな、、、せめてペメ~~~☆

2012/01/17 (Tue) 23:17 | るぴなす #/ziU86Hc | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。