インタビュー③

キム・ミョンミン“屈曲多い人生、大変な時期ちょっと思い出したところ..”(インタビュー)  newsen

涙もなく聞けないキム・ミョンミンの無名時代は屈曲が多くてもとても多い。 なぜこのように演技を上手くする俳優がそのように遅れた時期大衆に認められることができたのかはまだミステリーだが現在のキム・ミョンミンという名前で感じられる存在感はどんな俳優と比較しても申し分なく強い。

20120103-115.jpg

20120103-116.jpg

映画'ペースメーカー'でマラソンランナーでもう一度演技変身を試みるキム・ミョンミン。 1月2日ソウル三清洞のあるカフェで進行されたニュースエンとインタビューでキム・ミョンミンは国家代表にもかかわらずメダルを首にかけることはできないペースメーカーチュ・マにを向き合った時、自身が見えたと話した。 あえて意図しなくても真心が入れられた演技が出てこなければならない状況だった。
"シナリオを初めて見た時からチュ・マノの姿が私の姿とちょっと似ていた。 オーバーラップにされたといわなければならないだろうか。 彼の心が私に十分に感じられたよ。病気にかかった話が大変に走って行くようだったし、傷を持っている人という気がしたし宣告を受ける人が依存するが持って走って行くように考えられた。 人生と夢に対する希望のメッセージが見えた。 消えていく花火でなくますます燃え上がろうとする、ところがあまりにもかわいそうな姿が届いた。"
いつもそのようにしてきたように今回の映画のためにもキム・ミョンミンは全身を投げた。 マラソンを習うのはもちろん、実際のマラソン選手と似た体形を持つために絶えず運動したし頭からつま先までもマラソンランナーのように見えるために手ぶりするが疎かだと考えなかった。 だが、正式に習わなかった一般人が一気にマラソンを習うことはなかなか難しいのではない。 その限界をキム・ミョンミンはまた飛び越えた。 死点やはり何度も耐え忍んだ。
"死点がくるたびに私が最も大変だった時を考えた。(笑) 事実以前からジョギングと登山が好きだった。 同じ有酸素運動だが本当に他の点がある。 登山は登りながら正常に到着するという考え値することになり雑念が消える。 頭が複雑な時に山を行ってくれば本当にスッキリしたよ。ところでマラソンは考えが多くなる。 走る間私の人生とその中にある屈曲が一緒にひと回りを回る。 死点がくるたびにその時を考えたし勝ち抜いた。 'そうだこのように大変だった時もあった'こうしながら。 ハハ。"
マラソンを走る選手たちの記録が良い選手は大多数30代半ば以後だよ。 実際のマラソン選手たち中でも老将が多いと。 20代初中盤選手たちが中長距離で走って30台になりながらマラソン選手で転向することやはり人生でどんな経験をどのくらいしたかと一脈相通じる。 記憶したくないそうな難しい時期まで演技に注ぎ込むこの俳優にあえてどんな評価を下すことができるだろうか。
"頭の中に人生の屈曲がひどく浮び上がる人であるほど死点を渡しやすい。 完走をした方々中には高齢の方々も多い。 50~60代の方から記録がさらに出てくるらしい。 私はやはり大変な時期を少し思い出させたようだったが自ら15km~20km程は訓練するほどになったよ。 そのような私に驚いたりもしたが映画には多いに役に立ったようで良い。(笑) 撮影は終わったが今でも毎日漢江、南山公園を通いながら飛んでいる。 今日も朝技術試写会がなかったらひと回り走ってきたのに.."

キム・ミョンミンの無限挑戦と感動を胸で感じることができる映画'ペースメーカー'は一生人のためにした30km‘ペースメーカー’でだけ駆け付けた悲運のマラソンランナーチュ・マノが生涯初めて42.195km夢の完走に挑戦する過程を描いたヒューマンドラマだ。 1月19日封切りする。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する