インタビュー②

キム・ミョンミン“死にゆくドラマ、どうせなら高クォリティーで..”(インタビュー)  newsen

無限信頼、無条件信頼性のある俳優どうなったか’
'演技力'という単語をあえて論じることさえ礼儀に反するような俳優キム・ミョンミン。 数多くのキャラクターを演じながら彼は一度もキム・ミョンミンだったことがない。 いつも激しくキャラクターに没頭してまた、それを当然でここは真の俳優なので彼は大衆の信頼をどんな俳優より一身に受けている。

20120103-112.jpg

20120103-113.jpg

1月19日封切りする映画'ペースメーカー'でやはりキム・ミョンミンはマラソン選手中1人だけ俳優職業を持っているキム・ミョンミンという人間らしさをそこなった。 キム・ミョンミンは今回の映画でメダルを首にかけることはできない国家代表ペースメーカーチュ・マノ役で一度名品演技を披露する。

キム・ミョンミンは2日三清洞のあるカフェで進行されたインタビューでいったいなぜそのように大変な演技だけ選んでするのかという公式質問に"アン・ソンギ先輩が過ぎ去る言葉で'演技が下手だから'という話をしたよ"と言い"静かに考えてみると本当にそのようだ。演技が不足するから度々他の一方でそうなるようだ"と妄言でない妄言を飛ばした。
'私の愛私のそばに'を撮影する当時ルーゲリック病患者という設定上、深刻なダイエットで世間を驚かせたことがある。 それから2年が過ぎた後挑戦した'種目'はにマラソン。 羽毛のように走らなければならないので今回も深刻なダイエットをしたと察したがキム・ミョンミンは"ダイエットをするつもりも全くなかったしすることもなかった"として"ダイエットは死んでも再びしないだろう"と断言して笑いをかもし出した。

"誤って伝わった部分がある。 マラソンからだを作ったことであってダイエットをあえてしたのではない。 例前と比較してみればかえって太ももは厚かった。 小筋肉もできたし。 ハハ。 入れ歯を着用したせいで顔がより一層スリムに見える効果があるようではあるが本当に体重をわざわざ減量したことはなかった。実際に絶えず食べた。 ずっと走るからあまり荷が重かったよ。"
キム・ミョンミンはドラマでも映画でも絶対容易ではないキャラクターを演じる。ブラウン管とスクリーン両側を通じて影響力を行使できるいくつもならないこの俳優は各分野で及ぼした存在感を発揮する。 客観的に栄えたことはもちろんドラマだ。 だがキャラクターを分析できる映画がキム・ミョンミンにはかえって合うとみられる。'白い巨塔'以後ずっと映画を選ぶのにはある程度理由があると説明した。

他の何より制作会社と放送会社、俳優、作家まで全部合致してやらなければならないということ。特に俳優の立場ではその時期、そのドラマに自身が必ず必要な俳優でこそ寒苦また、そのような俳優になっていなければならないというひとこと話で大俳優キム・ミョンミンの姿を如実にのぞくことができた。
"私がすると駆け寄って良いのではないのではないか。 だがドラマ制作環境が劣悪なのは事実だ。 よく俳優が'ドラマ一度とれば死ぬ'という話をよくする。 私もやはり同じだ。 3~4ヶ月程度は死んだと考える。'何を度々選ぶのか'このようなお言葉もする。 だが、言葉どおり俳優の立場では死にに行くことなのにどうせなら良いクォリティーの、永遠に残るほどのドラマをしたいのが事実だ。 私が私を投げるだけに大衆を導くことができる作品が良くなければならないのは俳優の宿命のようだ。"

キャラクターを捉えて食えないでやきもき出たことのように殺すよう駆け寄るキム・ミョンミンに普段にもそのような潔癖症があるのか尋ねたところ"アラ、普段もそうだと周辺の人々の息が詰まって死ぬ"とゲラゲラ笑った。 彼は作品の中人物を虚構だと考える前に常にどこかに生きている実存人物に対し遠回しに言って表現するのだ。 作品をする時だけは観客にそっくり自身の感情を見せるために努力するというキム・ミョンミン. 彼は名不虚伝最高の名俳優であることが間違いない。
"私はいつも私がスポークスマンになったような感じを受ける。 '人間劇場'を見れば私が演じたキャラクターが堂々と実存する時もあって、'成功時代'このようなプログラムを見れば俳優が実際の人物を再演するのではないか。 私やはりその延長線上にあると考える。 なぜか私が演じるキャラクターがある山町内に住んでいるようだし私のお隣りにありそうだ。 だから私が彼をまともに表現できなければ申し訳ない思いができる。(笑)"
キム・ミョンミンは去年ドラマを通じて各放送会社演技大賞をシン・ハギュン、ハン・ソッキュに対して"本当に受けるだけのことはあった方々が受けたと考える"として"私はとても早く受けたようで"といたずら混ざった不機嫌な話をすることもした。 選んで選んで選んだ作品。そのためにキム・ミョンミンという名前が入っているならば一応信じてみた作品。

キム・ミョンミンが選んだ'ペースメーカー'は一生人のためにした30km‘フェースメーカー’でだけ駆け付けた悲運のマラソンランナー主万戸(キム・ミョンミンの方)が生涯初めて42.195km夢の完走に挑戦する過程を描いたヒューマンドラマだ。 1月19日封切りする。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する