インタビュー①

演技本座キム・ミョンミン? アンチ増えた'困ったね..'   osen

俳優キム・ミョンミン'演技本座'というタイトルはありがたくない。

キム・ミョンミンは映画'ペースメーカー'を控えて行ったインタビューで"'演技本座','演技神'などで呼ばれる所感がどうか"と尋ねるとすぐにまず小さいため息を吐いた。 ドラマ'白い巨塔','ベートーベン ウイルス','不滅の李舜臣'、映画'私の愛私のそばに','朝鮮名探偵'などを通じて真正性ある演技力を認められたキム・ミョンミンは俳優としては最大絶賛である修飾語をうれしがらない姿だ。
彼は"(そのような修飾語で)できるアンチがたくさんできた"として"私たちのファンは私を置いてなぜじっとしている人を比較するのかという話もする。 しばらく大先輩らと共に比較する時は本当に大変だ。 今でも及ぼすようだ"と真剣に話した。 称賛でもその反対でも自分の演技を誰と比較して点数を付けるような姿に拒否感があるという。

20120103-111.jpg

それでは俳優としてどんな話を聞く時が良いかと尋ねるとすぐに"そのまま.."と蒸らしてしばらく考えると"熱心に上手なんだな、こうした話聞けば良い。 努力するのが見える。 こうした話が本当に良い"と話した。
持って生まれた演技者と呼ばれる彼だが自身に映画の中ペースメーカーのように助けになった人々は本人に'苦言を惜しまない知人たち'と挙げた。
キム・ミョンミンは"私の人生においてペースメーカーはあえて問い詰めようとするなら苦言を惜しまない私の知人たちだ。 もちろんそのような苦言を私も初めから望んだのではない。 だが、そのような苦言を呈した二回受け入れて見たらためらいをなくしたよ。 ハハ。 それでも私をそれだけ正確によく見るのだから。 余計なもので無理難題を吹っかけるのでなく私がが思ってもところでとどめをぴったり突かれた時は 'そう'と認めるようになる部分がある"と言った。
'ペースメーカー'はマラソンスポーツ競技で優勝候補の記録を縮めるために戦略的に投入された選手でひたすら他人の1等だけのために走らなければならない、メダルを首にかけることはできない国家代表ペースメーカーの挑戦を感動的に描き出した。 キム・ミョンミン、アン・ソンギ、コ・アラ主演、19日封切り。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する