新年3連発

キム・ミョンミンVSアン・ソンギ!生涯初のスクリーンでの出会い!  esportsi.com

事情考慮見る必要がない対決を確認しなさい! 忠武路の代表俳優キム・ミョンミンとアン・ソンギが生涯初スクリーンで会った! 2012年新年初の感動大作でキム・ミョンミンは完走できないマラソンランナー‘チュ・マノ’役を、アン・ソンギは国家代表監督‘パク・ソンイル’役を担って火花散る演技対決を広げた!

20110101-7.jpg

演技本座キム・ミョンミンVS国民俳優アン・ソンギ! 史上初の出会い! 全国民の認める俳優が何人になるだろうか。 ‘演技’に関してならば万人が認めてきた‘演技本座’キム・ミョンミンと‘国民俳優’アン・ソンギが今回の映画を通じて演技真剣勝負を展開した。 演技のリアリティーのためにならば苛酷な体重減量もはばからなかった‘メソッド演技の1人者’キム・ミョンミンと何と半世紀を越える時間の間俳優で生きてきたアン・ソンギの出会いはキャスティング段階から話題をさらった。 特に、国民皆が認める最高の演技派俳優の生涯初めての出会いなのでより一層大きい期待を集めた。

20110101-8.jpg

キム・ミョンミンはマラソンランナー役を消化するために撮影2ヶ月前からコーチのもと、実際のマラソンランナーと共に強力なトレーニングを受けた。 また、キャラクター表現のために自発的に人工歯をデザインして着用する熱意をリリースすることさえした。 このような演技情熱はアン・ソンギも侮れない。 普段やわらかい役を主に引き受けた彼は今回の映画で自身の目標のために主人公‘マノ’の運命まで変える冷徹な国家代表監督役を担って新しい姿をリリースする予定だ。 撮影前から“このような役が私が最も気兼ねする役だ。”と言い負担感を吐露した彼は、やはり国民俳優らしくセリフ一言ないシーンでも強烈なカリスマを発散、スタッフ全部静まって見守るようにさせたという後日談。

20110101-9.jpg

自身の限界を越えたいキム・ミョンミンVSキム・ミョンミンの限界を利用しようとするアン・ソンギ! 2人の俳優のきっ抗した気力の戦いプレビュー! 演技本座キム・ミョンミン、国民俳優アン・ソンギの火花散る演技対決はスチールただワンカットだけでも十分に表現される。 映画の中で繰り広げられる二人の男のきっ抗した気力の戦いは今回の作品の最大の見どころ中の一つ. 劇中キム・ミョンミンは一生人のために30kmしか走ることができなかった国家代表マラソンランナー‘チュ・マノ’で出演し、アン・ソンギはそのようなマノを利用して自身が教える有望株‘ミン・ユンギ’選手のペースメーカーにマノを起用することになる国家代表マラソン監督‘パク・ソンイル’役を担った。 映画ずっとみなぎる緊張感中に葛藤を起こす二人。 特に今後一生走ることができないこともあるという事実を知ったマノが‘ペースメーカー’という宿命を拒否して42.195kmの夢を見ることになり二人の葛藤は水面上に浮び上がる。

20110101-10.jpg

キム・ミョンミン、アン・ソンギ二人の国民俳優の初めての出会いで封切り前から話題を集めている映画. そのどの時より二‘名品俳優’の活躍が期待される中で、2012年1月19日、新年初めての感動大作としてで観客を訪ねる予定だ。

関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する