2011.10.04 スポーツ映画
FCにバースデーカード募集の告知が出てました☆
おお~~~!(←何故に感嘆符
素晴らしい
10月14日(金)必着なのでまだまだ間に合います



1番街の奇跡(ボクシング)、風の伝説(社交ダンス)、角砂糖(競馬)、国家代表(スキージャンプ)
スーパースター☆カム・サヨン(野球)、チャンピオン(ボクシング)、キングコングを持ち上げる(重量上げ)
マラソン(マラソン)、まわし蹴り(テコンドー)、力道山(相撲)、私たちの生涯最高の瞬間(ハンドボール)
クライング・フィスト(ボクシング)、、グローブ(野球)、裸足のギボン(マラソン)、爆烈野球団!(野球)


スポーツの種目が浮かんでくる映画をを思いつくまま書いてみました
こうやって挙げてみると、けっこうあるのね
インターネット小説の流れでラブコメ風の映画が流行ったり
去年は暗くて重い映画が多かったり
そのときの流行、、というかその時代(年)の気分なのか
今年の下半期はスポーツ映画が多いのかしらん、、、??

ペースメーカーで共演した弟役のチェ・ジェウン氏が3日に結婚式だったそうです
ミョンミンさんから贈られたお花に「재웅아 힘닿는데까지 낳아라」って記されてました
これってもしかして「力の限り産め~」っていう意味?
ぷぷぷ、、ミョンたん面白い~、ノリも体育会系ふう


卓球・マラソン・格闘技…スポーツ映画'大勢'  osen

20110907-2.jpg

映画素材でたくさん活用されてきたボクシング、野球はもちろんマラソン、卓球、異種格闘技まで今年の下半期劇場街は多様なスポーツ映画が大勢を成し遂げるものと見られる。
先にハン・ジェソクのスクリーン カムバックで期待を集めている‘ヒット’は異種格闘技を素材にする。 異種格闘技場のスポーツ世界の裏面をコミック痛快に描いて男性ファンの注目を引いている。
往年のスターで事故により転落した野球選手を描いた‘闘魂’とチェ・ドンウォン、ソン・ドンニョルの伝説を描いた‘パーフェクトゲーム’は野球を素材にした作品。‘闘魂’はキム・ジュヒョクとキム・ソナが、‘パーフェクトゲーム’はヤン・ドングンとチョ・スンウが共演するる。
ハ・ジウォン、ペ・ドゥナ主演の‘コリア’とキム・ミョンミン主演の‘ペースメーカー’は各々卓球とマラソンというスポーツ世界を描く。
これらの中‘パーフェクトゲーム’と‘コリア’は競技と選手を劇化させた作品で既存のスポーツ映画よりその感動の深さを加えることと期待を集めている。
スポーツを素材にした映画ではなくても主人公がスポーツ選手である作品も少なくない。 ‘ただあなただけ’でソ・ジソプは前職ボクサー‘チョルミン’は事故で視力を失われるチョナ(ハン・ヒョジュ)と運命を賭した愛を分かち合う。 ‘걸오앓이(コロ中毒?)’症候群を起こしたユ・アインも‘ワンドゥギ’でキックボクシングに心酔した反抗児に変身する。
ストーリーと感動スポーツを素材にしたこれら映画が観客にどんな面白みをプレゼントするのか期待される。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sutakora.blog37.fc2.com/tb.php/2545-e6779bfc