キム・ミョンミン“変身を止めれば俳優ではない”   seoul
  

→なぜしなかったコミック演技なのか。

-映画ジャンルはコメディ・スリラー・メローで分けることができるが、演技はコミック・スリラー・正劇演技が別にない。 コミックらしく見える大きな課題も名探偵が自身の身分を隠すための設定ということだ。

→設定であってもハン・ジミンに‘チチボンボン’‘完全美しいです’という台詞を打つのがぎこちなくしていないのではないか。

-今この席でやってみろといえば絶対できない。 朝鮮名探偵仮面をかぶったから可能なことだ。

→初めてシナリオ受けて2~3日ぶりに決めたというが。

-我が国にこういうキャラクター無比がなかった。 幼い頃‘インディ・ジョーンズ’や007シリーズ、‘MacGyver’を見ながらストレス飛ばした記憶が残っている。名探偵の台本を見た瞬間その映画が浮び上がった。 の映画がうまくいってシリーズ物の新しい境地を開いたら嬉しい。その中に私がいれば幸せだ。

→演技に種類がないといったが確かにこの作品で俳優キム・ミョンミンはもう一度変身した。俳優は必ず変身しなければならないか。

-冗談でそのような話をする。私たちが変身ロボットでもないが汽車、飛行機になれるか。イ・スンジェ先生が俳優は絶えず創造しなければなければならないといつもおっしゃる。 その場に止まれば俳優ではない。俳優の‘俳’は人に非ずの非、すなわち私を捨てて跳び越えて創造しなければならないという意だ。その役を受け持てば(キム・ミョンミンでない)本当にそんなに見せるべきだということだ。 大学で習ったのがメソッド(自身が引き受けた駅に同化されて感情を感じる演技法)であり。 その他の演技は知らなかった。

→ドラマは大当たりが出たが、その間映画ではそれほど面白味を見られなかったが。

-新派メロー(‘私の愛私のそばに’)が200万(215万人)ならば成功だ。 18才以上観覧可(‘破壊された男’)も100万人が観た。“また滅びた”、“(キム・ミョンミンは)映画ではならない”という方らが多いがある記者が今まで損益分岐点を渡せなかった映画はないといったよ。ちょっとくやしい(笑い)。

→‘ベートーベン ウイルス’(200 8)以後ドラマをしない理由は。

-ドラマをしながら寿命が短くなるというのを感じる。三,四月は眠れない。‘ベートーベン ウイルス’の時は平均1時間寝た。台本は急で差し迫るように出てくるのに睡眠を1時間でもあまり寝ないで練習すればそっくり翌日TVに(より良い姿が)見られる。だから寝ることはできない。ところでストレス受けて鋭敏になる。そのように(大変だから)ドラマをするのにしばらく末梢神経を刺激して感受性をぱんぱん触って人気を得てまもなく忘れられる作品はしたくない。

→演技本座というニックネーム、どう思うか。

-よくわからない。手足が縮む。 私一人‘ふぅ~’とため息をつく時が本当に多い。

→俳優に最も必要な徳性は。

-力量を知って主題把握をするのが重要だ。私が私を認め始めればこの底を離れなければならないようだ。発展がないから。次の作品をするための慰労と激励程度で受け入れるべきで‘チャポク’へ渡れば終わりだ。

→数え年で四十なのに特別な感じはないか。

-もう何かを作らなければならなくて、変化を与えなければならないという意味での四十だと見るならば以前から四十だった。 いつも今ことをやり遂げられなければその次はないという考えで生きてきた。

→配役に激しく没頭することに有名なんだけど。

-俳優というみな全く同じでないだろうか。 ただし‘私の愛私のそばに’の時ちょっと激しくて話をされるようだ。 ‘私の愛’以後正常の肉体と精神に戻るのに1年かかった。役により違うだろうが、俳優はそのような精神病を病む。

→それなら‘朝鮮名探偵’は精神健康に良かったという話だが。

-率直に私は感じられない。明るくて愉快なキャラクターでも常に気をしっかり持とうと絶えず洗脳する。考えから手動作、足動作、成長背景と人間関係まで設定して数千数万度を自ら繰り返して言う。それでこそ40年生きてきたキム・ミョンミンを捨てて完全に配役を表現することができる。もちろん家の雰囲気は変わったのが明確だ。‘破壊された男’時は家内が3~4ヶ月の間話も歩けなかった。鋭敏になり鋭いことを感じるから床で会っても避けるほどだ。 ところで今回の映画を作る時は(家内が)とても気楽だったといったよ。

インタビュー以前それに対するイメージは‘難しいと思った俳優’。 だが、70分余り進行されたインタビューずっと率直だったし、意外に安らかだった。 俳優としては用心深い完ぺき主義者なのが間違いないが人間キム・ミョンミンは一瞬魅力的な隙間もあるように見えた。
劇場にかかる‘朝鮮名探偵’は試写会バージョンより1分40秒ぐらい減る。 天主教、奴婢に対する描写など劇後半部を散漫にさせた場面を取りはらいたんだ。 キム・ミョンミンと観客数当てること出すことをした。 結果により2次‘偵察’機会が引かれるかも知れない。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sutakora.blog37.fc2.com/tb.php/2473-d37485bb