キム・ミョンミン"作品終わった後激しいうつ病我慢も.."   asiae

キム・ミョンミンはいつも配役に100%没頭する。 ルーゲリック病患者ペク・ジョンウ役に出演した映画'私の愛私のそばに'では本当にルーゲリック病にかかったような錯覚をさせたし、ドラマ'不滅のイ・スンシン'では強靭なリーダーシップの所有者イ・スンシンに近づいた。

封切りを控えた映画'朝鮮名探偵'で帰ってきた彼は相変わらずだった。その間リリースしたことがなかったしらじらしくて厚かましいおとぼけ名探偵キャラクターを完全に消化した。'キム・ミョンミンにこういう姿があったか?'という感心が出てくるほど'깨방정'を震えた。

◆激しいうつ病がきたり心が荒廃するを感じることも..

ファンはキム・ミョンミンの演技を見ながら喜びを感じる。優れた演技おかげで劇に共に没頭して泣いて笑うが演技をする当事者は苦しい時があるだろう。人間キム・ミョンミンでない作品の中で生きていくキム・ミョンミンは明らかに違う姿が存在する話だ。唯一強いキャラクターをたくさん受け持ってきたキム・ミョンミンが明らかにする後遺症は何だろうか。

"作品の中の役により違うが激しいうつ病がくる時もあって精神的に荒廃されるのを感じる時があります。したいこともなくて食欲もなくなります。そうする時は家族と共に旅行に出発して再充電の時間を設けたりします。明らかに大変な部分があるが俳優と言うなら克服しなければならないですね。"

観客の立場でキム・ミョンミンという俳優を見ていれば時々'からだをとても酷使しているのではないか?'という気がする。 '私の愛私のそばに'ではひどく痩せて後遺症が後にあったし'破壊された男'では本当に破壊されたような表情、目つきを見せた。 "なぜそこまでからだを酷使させるのか"という質問におもしろい返事が返ってきた。

"'私の愛私のそばに'を撮るために痩せながら'私がこんなにまでしなければならないか'という考えよりは'制作者はなぜこういう映画を作ったのだろうか'という気がしました。 俳優が作品の中で難しいキャラクターを初めて向き合った時'私はできない..'と考えるが実際に状況になれば消化することになっていますね。 私がその状況に置かれたことだけであって他の俳優でも同じことだったでしょう。"

それなら今回の'朝鮮名探偵'はどうだったのだろうか。いままでキム・ミョンミンが見せたキャラクターは真剣で威厳ある人物が大部分だった。いくらキャラクターに対して優れた没入力を見せる彼だが'コミック'は少し違う。 コメディ ジャンルは別名'ギャグ本能'がないならば消化するのが難しい。彼は"初めには笑わせなければならないという負担感があった"と話した。

"シナリオを読んで'私がこういう役を消化することができるだろうか'という心配がありました。笑わせなければならないという負担感もありましたし。 だが、劇的状況が笑わせたことであって俳優が笑わせる必要はないという監督様の話に負担なく撮影できました。初めはそのまま撮影に臨んだがいつのまにか私が楽しんでいるということを知ることになりましたよ。 それだけ退屈でなく映画がよく出てきて幸運です。"

◆離別を克服するためにまた他の愛を探すように...

作品に完全に没頭しただけキャラクターを抜け出すことも大変だ。短く数ヶ月、長くて1年が過ぎるまで作品にまい進してきた後締めくくるということをしなければならない時のむなしさと虚脱感は俳優だけが感じる感情かも知れない。 キム・ミョンミンやはりこういうむなしいことで大変な時間を送ったりもするといった。

"作品が終わった後むなしいことはすべての俳優が感じる感情です。 '精神病'という表現が少し極端に感じられるが一種の精神病を病んでいるといえます。誰かとの愛に陥った後、送った時虚しさとむなしいことは言葉で表現するのが大変でしょう。本当に激しい時は体の臓器を取り出すような苦痛と気がする時があります。誰にも話せないです。 俳優で生きていく人だけが知ることが出来る感じでしょう。"

このようなむなしさを払いのけるためのキム・ミョンミンの方法はどんなものがあるだろうか。 彼は新しい作品を新しい愛と比喩した。離別を克服する方法が新しい愛であるように新しい作品を通じてむなしさを克服すると。

"ひとまず既存キャラクターから抜け出すためには精神力が強くなければなりません。いくら周辺が助けるといっても本人意志が弱ければ容易ではありませんね。恋人と別れた時本人の意志が弱ければ大変でしょう。最も良い方法は新しい恋人をはやく得ることでしょう。同じように他の作品をはやくすることが一種の方法例です。 '私の愛私のそばに'以後本当に大変だったが意志と家族、また他の集中することを探しながら克服しました。"

キム・ミョンミンはインタビューを通じて"俳優が配役に没頭するのは誰でも同じだ"と話した。 だが、これは謙そんから始まったことだろう。 彼は"役者は観客なしで存在できない。 いつも努力しなければならない"と話す。 作品に没頭しただけ大変な時間を送るが観客のために常に努力する。 これが俳優キム・ミョンミンが生きていく方法である。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sutakora.blog37.fc2.com/tb.php/2472-03c7f037