2011.01.20 鼻ひげも演技
しょげる時は鼻ひげも若干下へ傾いて気が生きれば鼻ひげも若干上がって
鼻ひげも演技をしたわけだ、見せることもないが(笑)


  鼻ひげも演技してるんだーって思って笑っちゃいました

キム・ミョンミンが可愛かった!

  プププ、、、そうでしょ

いつまで俳優をするべきか、、それがいつになるかは分からないがずっと演技をすることになるようだ

  ずっとずっとしててね
  ずっとずっと見てたいから~~ さらげ~



キム・ミョンミン"演技に安易になれば私が離れることだ"(インタビュー)  star.mt

朝鮮名探偵

キム・ミョンミンが可愛かった! 新しい映画'朝鮮名探偵'(監督キム・ソギュン)でコミック間抜けな天才探偵になったキム・ミョンミンは重さを抜いて悲壮さを減らした。代わりにユーモアを追加して活気を加えた。とても粋である鼻ひげを付けてわざとわざと取り澄ましながらもすぐチャポク本性を表わす彼の姿を見ていようとするなら'クク'笑いがさく烈する。
推理史劇で知らされた'朝鮮名探偵'は蓋を開けてみれば愉快な家族アドベンチャーな感じが漂う作品。キム・ミョンミンが受けた名探偵は朝鮮正祖時代を背景に事件を捜査して推理するのに終わらず走って転がって倒れながら事件を解決する。2編制作の可能性も念頭に置いて見守るということだ。 演技の達人間抜けな'ミョンミンチュァ'のコミック シリーズになるのかを。

-愉快な映画だ。 撮影もおもしろかっただろう。

▲おもしろいだけに気をしっかり引き締めなければならない、緊張を緩められなかった。明るくて愉快なのに陥るならば持っていかなければならないキャラクターの鋭いの部分が鈍りながらどこまでが間抜けで天才なのか分からなくなる。劇が流れる順に同じようにとれば分からないのにそうでなくて見るから調節が必要だった。スリラーならば重く暗くキャラクターに陥って暮らせるが、撮影会場まで明るくて愉快だからややもすると落とし穴になることもある。オーバーにならないようした。

-キム・ミョンミンがコメディをすると話題になった。 カンマエな感じも出る。

▲カンマエはそれがキャラクターで今回の名探偵の間抜けなキャラクターは一種の偽装だ。正祖の密使になった名探偵が密命を隠すためにしたことだ。コミック演技に負担がなかったかと入るするが、私はこれも名探偵が自ら粗末に見えるための設定だと考えた。本当にコミック演技をしようとしたとすれば骨を折ったことだ。数多くのスラップスティックコメディーが出てきたしオーバーアクティングが出てきた。私が顔を上げて見ることはできなくて本当に犬穴掘り下げたい瞬間らができたかも分らない。 徹底してキャラクター中心に行った。

-鼻ひげが眼に触れたのに。

▲反対が多かった設定だ。本を読みながら想像をしたらぴったり浮び上がったのが鼻ひげだった。無条件でなければならないと言い張った。事実朝鮮時代の両班があごひげでもなくて鼻ひげとはいぶかしがる方が多かった。監督様は俳優が確信を持って押し通すからOKしてくれたが回が重なるほど'似合う'という反応が出てきた。

-初めて鼻ひげ模範としてまねるがそういうのを作ってみたことがあるか

▲とても'ノーマル'あるひげが生えてきた。違うと私が直接の絵を描いて'こういう鼻ひげです'ということもした。何度かの試行錯誤を経て2~3種類形鼻ひげを使った。しょげる時は鼻ひげも若干下へ傾いて、気が生きれば鼻ひげも若干上がって。鼻ひげも演技をしたわけだ。 見せることもないが。(笑)

朝鮮名探偵

-久しぶりに家族と共に見ることができるキム・ミョンミン映画だ。 その点も作品を選択する基準になるか?

▲それは違う。 もし私が受けたシナリオ中に本当に残酷なスリラーがあってそこにささったとすればそれをしたことだ。 作っておいて見るからこういう長所があるよすることだ。 三種類理由中に入らない。

-それでは'朝鮮名探偵'はどこにささったか?

▲コメディだと思ったがフィクションとノンフィクションを適切に混ぜたアドベンチャー無比であった。 さらにやったことのないキャラクターなので挑戦欲求があった。そして読んで見たら'インディ・ジョーンズ'や'007'のようなシリーズ物が可能という気がした。 感受性鋭敏でストレスをたくさん受けた時期、愉快に見たシリーズが我が国でも出てくるならば良いという期待感というか。 もちろんうまくいった時話だ。(笑)

-自我陶酔型チャポク探偵がかなり魅力的だったよ。

▲いつもできないからキャラクターで…(笑) それが俳優の職業が受ける魅力だ。

-オ・ダルスとのコンビ プレーはどうだったか? 作品でコンビに会ったのが初めてと違わない。

▲そのとおりだ。 常に反対勢力があったところで私を助ける助力者がなかった コンビがいると調子にのった。

-'オ・ダルスは女優のようだ'という話もした。 二人が親しく見える。

▲私もびっくりした。タルス兄さんははイメージとは完全に違った。本当に慎ましさ多くの女優だ。初めには食べ物で接近した。(笑) そのような予想を破るタルス兄のスタイルがとても良かった。 それで心がさらに引かれた。 先に私心を開いてしたところ受け入れたよ。 そうしたら本当に人が良くなることがあるのではないか。 撮影会場に出てこなければ思い出してわき腹が何となく寂しくてそうした。 二人あえて事前にリハーサルとしなくても’型はこのようにして','君はこのようにして'といいながら自然にした。

-続編をするならその時もオ・ダルスと?

▲当然一緒にしなければならない。 コンビなのに。(笑)

朝鮮名探偵

-'ベートーベン ウイルス'以後ずっと映画だけをしてきている。 ドラマはしないか?

▲演技が別々にあるか、全く同じだ。 困難があるならばドラマは大きい決心して入らなければならない。 寿命短縮されるのが感じられるというだろうか。 'ベートーベン ウイルス'をする時は一日に一時間寝た。指揮練習もう一度すればそれだけ出てくるが、しないはずもなくて頭がおかしくなる。 本当に大きい決心してするのに何でもよくできないということだ。

-寿命話が出た話なら'私の愛私のそばに'でやつれた時はキム・ミョンミンの寿命減るという考えさえした。

▲その時は率直に寿命を切り取るという考えはできなかった。それは企画した人問題用紙、俳優はそのような役割が与えられればする。 キム・ミョンミンだけがするのではない。 俳優は本当にする。 もちろん私が摘み取ったりしたが、それは運命のそこ。私の前に置かれるようになるキャラクターはどんなシナリオが多い俳優中に私に来たものは運命だと考える。 固辞しないで私の心が動いたとのことも運命だ。

-いつまでも演技しようとする準備があるならば?

▲いつまでもまでは思いを持てない。 次の作品のためによ。 体力管理は基本だ。 ボディー ビルディングして後悔した人だとボディービルディングはしなくて、ジョギングしてそのようにする。およそ10年はしなかった。 その時はボディービルディングをして'お熱いのがお好き'にキャスティングされたし、毎回シャワー調子にのってくるほどだったがその後には数多くの障害を抱かれた。家作るようにのせた筋肉が俳優がリラックスして演技するのにどれくらい邪魔になるのかを悟った。

そのようなからだが必要な役割は決めている。運動選手の役割でない次にたいてい障害となる。 '白い巨塔'の時もシックスパック(←割れてる腹筋のこと?)が一部残っていてシャワーシーンを後だけでとった。 天才外科医者にシックスパックが話になるか。 海外を見ても演技派中にからだ良い人がない。 再びしたくない。 からだ良い役を受け持てばその時作れば良い。

-いつまで俳優をするべきだとして考えるか。

▲率直に分からない。いつまで俳優をするのか。二人の画家が机を描くとしよう 座った席でさっと描く天才画家Aがあり、1ヶ月にかけて苦心しながら描いていく他の画家Bがある。 二つともよく描いたとしてもBの絵でどんな魂があるという感じを受けるならばどうだろうか。 私がある瞬間フックまわって安易に作業しようとしながらAのようにさっと何かやり遂げようとすれば、そうした時が来れば私が俳優を離れるようだ。 作って悩んで創造しようと努力するのを継続するならば、それがいつになるかは分からないがずっと演技をすることになるようだ。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sutakora.blog37.fc2.com/tb.php/2462-f78ad420