2011.01.12 Hof Day その2
キム・ミョンミン 明らかにした‘ジャイアンツ’出演固辞の本当の理由は..   newsen

俳優キム・ミョンミンがドラマ‘ジャイアンツ’出演を断った本当の理由を明らかにした。
11日ソウル、新寺洞のある酒屋でニュースエンと会ったキム・ミョンミンは‘ジャイアンツ’出演固辞の理由を尋ねるとすぐに“当時は‘破壊された男’を撮らなくてはいけないのに‘ジャイアンツ’にも出演すれば重なる出演をしなければならない状況だった”“重なる出演は絶対しないという鉄則を持っている”と答えた。
引き続きキム・ミョンミンは“たとえ当時‘ジャイアンツ’がMB(イ・ミョンバク大統領)話としても、俳優がどうしてそのような内容にまきこまれて出演可否を決めるか? MB話と知らされて出演を固辞したのではない”と説明した。
‘ジャイアンツ’は昨年4月放映‘イ・ミョンバク大統領美化ドラマ’という論議を起こした。 ‘ジャイアンツ’は1970~1990年代建設現場を背景にした男の成功の話を扱ったドラマ。 当時‘ジャイアンツ’制作スタッフは“イ・ミョンバク大統領を美化する‘MBドラマ’”“話が政府と親しい雰囲気だ”等の‘ネチズン誤解コメント’に苦しめられた。
キム・ミョンミンはまた“久しぶりにコミック演技に挑戦したが永久のようなからだギャグはしなかったがオ・ダルス先輩とコミック演技をした”として“ハン・ジミンとはメローラインがない。間抜けなキャラクターに合うように片思い水準のメローを見せる”と話した。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sutakora.blog37.fc2.com/tb.php/2449-67b0f86a