2011.01.12 Hof Day その3
「今回の映画が興行に成功すれば続編を作る計画だ」
「低予算映画で作ってキム・ミョンミン主演映画というと周囲の反応が爆発的だ。知人たちが君も私もVIP試写会に映画見にくるといったよ」

‘本座’キム・ミョンミン“永久のようなからだギャグないが..”初めての本格コミック演技所感   newsen

‘演技本座’キム・ミョンミンが本格コミック演技に初めて挑戦した所感を伝えた。
キム・ミョンミンは11日ソウル新寺洞のある酒屋でニュースエンと会って映画‘朝鮮名探偵:トリカブトの秘密’で本格的にコミック演技をしたことに対して“永久のようにからだギャグはしなかったがオ・ダルス先輩とコンビでコミック演技をした”と説明した。“名探偵は間抜けなキャラクターだ。 ハン・ジミンが引き受けたファムファタールキャラクター(漢客主)を見ても‘間抜け’にふるまう。メローはない”と説明した。また、映画出演契機に対して“‘破壊された男’をとっている時シナリオが入ってきたがおもしろくて次の日すぐにすると言った”と話した。 最近‘私の愛私のそばに’ ‘破壊された男’等、主に重くて憂鬱な映画に出演して明るい作品をやりたかった。ドラマ‘ベートーベン ウイルス’‘不良家族’でコミックな感じの演技をしたことはある。
歴史小説家キム・タクァン作家の‘烈女門の秘密’が原作の‘朝鮮名探偵’は正祖時代に探偵がいたという興味深い前提を土台にした史劇だ。 朝鮮一番の名探偵(キム・ミョンミン)間抜けと天才の間を行き来して特有のしらじらしさと才覚でスキャンダルを暴く。
映画とドラマで重量感がありカリスマある役を主に受てきたキム・ミョンミンは‘朝鮮名探偵’で2%不足して20%あふれる間抜けな天才名探偵に変身した。自身の助手役をすることになった犬売りソ・ピル役オ・ダルスとコミック コンビ プレーをリリースして‘間抜けな天才’キャラクターを消化した。 普段は間抜けだが疑問の事件を向き合えば天才のような感覚を見せる。
一方この日‘朝鮮名探偵’制作会社青年フィルム キムジョグァンス代表は続編に対して“今回の映画が興行に成功すれば続編を作る計画だ”としながら“低予算映画で作ってキム・ミョンミン主演映画をするというと周囲の反応が爆発的だ。 知人たちが君も私もVIP試写会に映画見にくるといったよ”と明らかにした。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sutakora.blog37.fc2.com/tb.php/2446-0140aba2