2011.06.26
ヨンスはなぜ刑務所にいるんだろ
ルドルフを殺しちゃったから?でもきっとあれは正当防衛だよね、ってのが最初観たときみんなで出した結論なんだけど
ってことは奥さんを死なせちゃったから、、かな?
保険金ってそんなに速攻でるものなのかしらん、、、

ぷぷ、、まずは軽~~く謎だったこと書いてみました

「サイコ・サスペンスは現実味のない話だからこそディテールは論理的でなくてはならない」
とあるレビューサイトで読んですご~~く納得

超☆ワクワクする始まり方だと思ったんですよ
「破壊された男」とタイトルが出るまでの数分間
緊張感があってスピード感もあって
物語は7年後から始まるんだけど、それまでをすっきりとカッコよく説明されてる

そして終盤のヨンスがルドルフの家に辿り着いてからエンディングまでは
もーもーもー最高、そこだけ見てたら最高傑作です☆

だけど中盤が今ひとつなの、、、

「破壊された男」はヨンスという人間が娘を誘拐されたことで人生が大きく変わっていく、感情の変化がメインテーマだと思うんですよ
神を信じて娘を探し続けた奥さんとの葛藤がもっとあったらよかったのかなぁ(いなくなるの早かったですね、、)

今SAMTAさんちのかめを覗いてきたら、韓国版「破壊された男」のコメンタリの翻訳を載せてくださってました
ひゃ~~すごい以心伝心(感激☆)
連動企画みたい~~~

映画の観方っていろいろあって、ファン目線って当然あると思うの
俳優や監督スタッフの努力や姿勢や考え方を知って感動する
これはファンだからこそ理解して楽しむ部分
ミョンミンさんはその部分でいつも大きな感動や感銘をくれる俳優さんです

それと同時に単純に映画として楽しむ部分
両方を楽しみたいと思うんですよね
なので今日のエントリは単純に映画として感じた部分ってとこでございます

ヨンス
ってことでずっと謎だった部分を「ツッコミ抜粋」してみました
るぴ的にはひたすら愛をこめて突っ込んでるつもりなんですけど
こうして羅列してみるとマジのようにも見え(笑)
ひゃ~~~~そんなことは決してございません
かる~く笑って許して~~



スケートリンクにお金を持っていった時
金だけもって逃げたルドルフを追いかけて
ルドルフが車に乗って逃げたと同時に、ヨンスも車に乗って追いかける
しかしルドルフの車のごく近くにヨンスの車があって、、偶然?
結局は逃げられたけど車のナンバー控えておいたら一番手っ取り早い、、気がしたワタシ(←単純)

二度目の赤い帽子をかぶって待ち伏せした時も
ルドルフの車の近くにある車にヨンスが飛び乗って追っかけたけど
あれはヨンスの車?偶然近くに止めたの?それとも知らない人の車?でもエンジンが簡単にかかったけど、、、

宅急便の夫婦が惨殺されたけど
行方不明になったらすぐに警察が来そうな気がするのよね、血痕もビシバシ飛び散ってるし
ヘリンの怯え方を見てると過去に何度もそういう場面を見てる気がするの
全く、、なんでルドルフは今までノーマークで警察から逃れてきたのかしらん、、

GPS探知機、探知して見つけたカバン見てわーーって残念がってたけど
なぜそこでそんなに絶叫?
探知機がピーピーって鳴ってたけど、あんなに五月蠅かったら犯人はとっくに捨てて逃げるっしょ

ヨンスがオーディオマニア殺害現場に行きつくのも偶然過ぎる

ルドルフは得た金を当たり前のように普通に使ってる
初めてって感じじゃないよね
今までも誘拐して成功してきてるみたい
緻密に計算された犯行なのか無防備な偶然が重なった成功なのか、、、

刑事がルドルフに行きつくまでの過程も安易

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sutakora.blog37.fc2.com/tb.php/2413-4e59405e