オンライン試写会

いまだかつて試写会というものに一度も行ったことないワタクシですが
オンライン試写会なるものがあるんですね~
nikoさんのところで初めて知りました

GyaO オンライン試写会

GyaO オンライン試写会 → 詳しくはこちら

1/13から始まって1/19まで抽選中
はずれても24時間経過したらまた抽選できます
毎晩チャレンジしてるんですけど、、毎回ハズレ
とりあえず最終日まで毎晩がむばります!

ところで一般向けの試写会はこれからですけど
ネットを調べてたら「角川映画試写室」で去年の12/6に試写で鑑賞した方のブログを見つけました
韓国でもマスコミ向けのVIP試写会があるけど
日本でもそういうのがあるのかもしれないですね

このブログ主さんはプロの評論家ではないですけど
自費で映画評を何冊も出版されていて、たくさんの映画を観てきている方でした
とても嬉しい評論をいただいて
他にもある私がいつもお邪魔している映画ブログでは、ほぼ褒めてもらってるんですよね


「思ったほど泣けなかった」

韓国で上映された時もそういう批評があったけど
日本でもたまにそういう感想見るんですよね(早々と観た方の感想です)
泣ける難病の話
もしくは、気持ちよく泣ける綺麗なラブストーリを想像して観に行った人は
そんな感想になるのかもしれないなぁ、、

私は韓国映画の究極のラブストーリは「オアシス」だと思ってるんだけど
 (衝撃作品ではありますが、、)
「私の愛 私のそばに」は、それに匹敵する「純愛」の映画だと思うのよね
ジウォンちゃんが演じるチスからは
男女の恋愛を超えた愛、優しさ、生きる意味を感じます

泣ける映画
難病もの
韓流映画
そんなイメージでくくられることなく
たくさんの人に観てもらいたいなぁ~      



ちょっとこっそりと、、、

ブログを運営するにあたって
誰に規制されているわけではないけれど自分の中である程度の基準があって
これはやらない、ということの中で
勝手にリンクを貼らないってことがあるんだけど

今回はこっそり、、、

「私の愛 私のそばに」の映画レビューで
私が思ったことと同じ感想を持っていただいたものがいくつかあって
こっそりこっそりご紹介します
今回が最初で最後ってことでご了承ください(誰に言ってるのか?笑)


http://sakawa.exblog.jp/15139051/  こちら

http://tokyo2019.blog.so-net.ne.jp/2009-12-02-5  こちら

http://blogs.yahoo.co.jp/chuunenfan2/60279162.html  こちら
関連記事

コメント

なかなか当たらない

ルピナスさまv-10、あんみょ~んです!
私もnikoさまに教えて頂きました。「応援」でど~ぞ!
なんていいつつ自分も!って応募するけど「はずれ」v-40てます(笑)
まだ19日までですから、諦めずチャレンジですね。
でもこうしてきっかけがあると関心が高まるし、いい効果が
あるように思います。一般の人に!が鍵ですしね!ファイティ~ンv-42
ルピナスさまの「最初で最後・・」の項、じっくり拝見させて
頂きました。映画を知っておられる方々の視点は深いです。
読むだけで勉強になります。ミョンミンさまとジウォンちゃんの
演技は勿論、監督の手腕を絶賛されてましたね。
信じてついてゆける監督は、俳優さんにとって「役作り」の
過酷さや、諸々の不安を全部消してくれる信頼の塊でないと
いけない・・・大変な事だなぁと今更ながら思ったりしました。
先入観が良し悪しと思いつつ、ついインプットしたままの頭で
作品を観てしまうことがあります。
この「私の愛、私のそばに」のイントロダクションを見てて、
ミョンミンさまが苦労した姿だけが先行するのではなく、
しっかりと周りを見て自分の感動にできたらいいなと思います。
ルピナスさまの言われた「泣ける」「難病」「韓流」のくくりを
解き放って、沢山の方に感じて欲しいですね。
じっくり読めるお部屋にまたお邪魔いたしま~す!v-238

2011/01/14 (Fri) 17:09 | reo18 #HUHLZSNs | URL | 編集
感動が甦る映画評!

ルピナスさん あんみょん♪
以前教えていただいた映画レビューもかなり感動しましたけど。
この弁護士先生の映画評はかな~り、感動です。
うんうん、そうそう、そうなのよ====v-237v-237v-237
何度うなずいたか知れません(●^o^●)
初めて見た時の感動。
忘れもしない、2009年9月24日コエックスin ソウル
一人でドキドキしながら、朝ご飯も食べれずに・・・
見終わった時のポカポカと全身が暖かくなっていく
感じ・・・
思ったほど泣けない・・・その通り!
ただのお涙ちょうだい映画じゃないわ!
でも何か暖かいものがお腹の底から湧いてくるような
そんな映画。
そしてまた時間をおいて再び見た時、
ああ、やっぱりこの映画はすばらしい。
そう思ったわけで・・・(^^ゞ
本当にたくさんの人に見てもらいたいよ~v-238

2011/01/14 (Fri) 21:28 | SAMTA #fyi.zixU | URL | 編集
素晴らしい映画評

ルピナスさん、あんみょんです
「私の愛、私のそばに」映画レビュー有難うございます。
そうなのよ~と納得、共感できました。
私も弁護士先生の映画評にとても感動しています。
私は昨年、念願の「私の愛、私のそばに」観ました。
観る瞬間、もうすでに感動して体が震えましたよ(笑)
そして…解ってはいたものの…
ミョンミンさんの激やせに衝撃が走り過ぎ、
ファンとして、先入観があり過ぎたのは確かですが(汗)
リアリティーとジョンウとチスの純愛
本当に難病モノのお涙頂戴の映画ではありませんよね。
ルーゲリックという難病を取り除けば
かわいいジョンウと、お酒好きで強気を装うチス
淋しい想いを抱えた、どこにでもいる2人なの
本当の愛、精神面の強さを教えてくれました
難病と向かい合いながらも、二人の悔いのない愛
たくさんの方に観ていただいて、
SAMTAさんもおっしゃっているように
そんな暖かいものを心に残して貰いたいです。

2011/01/16 (Sun) 14:38 | きゃんべる #DWgh5vZM | URL | 編集
うんうん………

ルピナス様、あんみょん♪
紹介して頂いたレビュー、全て見せていただきました。
ず――――――っと
首振り人形のように、上下にうんうんと頷きながら読ませていただきました。
私ですね……………
この映画が公開になるって知ってから
予告を見てから
絶対に見始めから泣くと確信してたんです。
それは、ミョンたんがどんな姿勢で撮影に臨んだのか
どれだけ俳優生命とも言える命をかけての撮影だったのかを
わずかながらも知ってるから…………
でも…そんな偏った気持ちで見るべきではないと………
今は思ってます。
それでも、涙腺が基本的に緩い私は(笑)
きっと最初から泣いちゃうんですよね~~~~
(つд`。)
だから、1~2回は好きなだけ泣いて
何回も見て
監督の伝えたかった物に少しでも触れられたらと思ってます!
素敵なレビューをありがとうございました♪

2011/01/17 (Mon) 01:16 | 小豆 #- | URL | 編集

reo18さん☆ SAMTAさん☆ きゃんべるさん☆ 小豆さん☆
何度やってもオンライン試写会当たらないです~
ヤフーのIDを2つ持ってるから毎日両方でチャレンジしてるんですけどね
でもその分、他の人が当たって観てくれて
面白かったよーって誰かに言ってくれるといいなぁ
韓国で映画公開当時、ミョンミンさんの減量の部分に焦点が当たっちゃって
監督さんがそのことでミョンミンが演じた本当の凄さが見えなくなることが残念だって言ってました
話題づくりとしてミョンミンさんは、あえてまな板に乗ったところもありましたけど、本来はそこは結果として痩せたんであって
演じることの結果としてね
痩せることを目的にして減量はしてないんですよね
ファンとして心が痛むという心情は辛いくらいにあるけど
作品として観る場合は、あまりそこに気持ちがいかないようにして観ています
でも観てるほうはそこが気になると言うのも事実みたいで
私の友達は特別にミョンミンファンというわけじゃないけど
ミョンミンさんが本当に死んでしまうような錯覚に陥って、きつかったって言ってました
それだけ迫真の演技だったってことなんですけどね☆

2011/01/18 (Tue) 10:21 | ルピナス #/ziU86Hc | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する