2011.07.05 男の未練
「내가 너의 곁에 잠시 살았다는 걸」
キム・ヨヌのアコースティックなバージョンが気に入って毎日寝るときに聴いてます
しかしこの歌、未練たっぷりな歌詞よね

幸せだとは思いつつ別れた彼女の幸せを祈ってみたり
彼女が他の人といっしょにいたとしても僕のことを忘れないでって願ってみたり

、、悪いけど無理だと思うわ(笑)
新しい彼氏ができて元カレのこと思い出します?
女性は終わった恋愛をスパッと忘れるってよく言われるけど、、そこんとこどーなんでしょ


昨日観てきた映画「昼間から呑む」
昼間から呑む

呑んで呑んでベロベロになって
先輩がフラれ続けた女性の名前を挙げて、断ち切れない思いとありきたりな恋愛論をぐだぐだとを吐露するの
キム・ヨヌの綺麗な歌声を聴いてたら、あの情けなーい先輩に姿が浮かんできちゃった
ちと微妙、、、なんであれとこれが繋がるの~?(笑)

昼間から呑む
↑こんなシーンがあるんですけどね

↓名作「春の日は過ぎゆく」のこのシーンと同じ場所なの
20110705-5.jpg

確かに日本の俳句を詠む謎なおばはんではありましたが
マニャゲ、万が一あのおばはんがイ・ヨンエばりの美人だったら「春の日は過ぎゆく」ばりの切なくも美しい物語になったりして
、、なんつーことはないと思いますが(でもわからんぞー)
ちなみに、意味なく罵倒したおばはんは助監督さんで、あまりにも味のある風貌だったので見事キャスティングされたそうです(笑)

物語は、恋人にフラれたヒョクチンを励まそうと友達4人で旅行を計画するが、行ってみたらドタキャンされて自分ひとり旅
友だちが手配したペンションを目指すが、酒と女という2大煩悩に振り回されるトホホな旅を続けるロードムービー
製作費1000万ウォンという低予算インディーズ映画(日本円だと100万円以下)
自主制作映画かいっ!っていう作り方ながら、脚本の面白さと無名俳優さんたちの自然な演技で十分楽しめます
  はぴるぴ別館 → 昼間から呑む

オモロイ映画でした~☆
昼間から呑む


ちなみに
「너의 곁에 잠시 살았다는 걸」を「君のそばにしばらくいたガール」と訳してあるサイトもあって
突然ガールって言葉が不思議だと思いつつ、でも私の耳で何回聞いてもガールって聞こえるんですよね

もしやこれは「걸」は「것을」の略ですかね?
ならわかるわ~
ハングルって難しい、、、

でもいい曲です
映画「愛を逃す」にピッタリの曲だわ~

내가 너의 곁에 잠시 살았다는 걸 (UNPLUGGED VER.) ~僕が君のそばにしばらくいたということを ~



☆내가 너의 곁에 잠시 살았다는 걸☆

지운줄 알았어 너의 기억들을
친구들 함께 모여 술에 취한 밤
네 생각에 난 힘들곤 해

그런채 살았어 늘 혼자 였잖아
한때는 널 구원이라 믿었었어
멀어지기 전엔...

그것만 기억해 줄 수 있겠니
내가 너의 곁에 잠시 살았다는 걸
가끔 널 거리에서 볼까봐
초라한 날 거울에 비춰 단장하곤 해

아프진 않니? 많이 걱정돼
행복하겠지만 너를 위해 기도할께
기억해 다른 사람 만나도
내가 너의 곁에 잠시 살았다는 걸

웃을수 있었어 널 보고 있을땐
조그만 안식처가 되어 주었지
멀어지기 전엔...

그것만 기억해 줄 수 있겠니
내가 너의 곁에 잠시 살았다는 걸
가끔 널 거리에서 볼까봐
초라한 날 거울에 비춰 단장하곤 해

아프진 않니? 많이 걱정돼
행복하겠지만 너를 위해 기도할께
기억해 다른 사람 만나도
내가 너의 곁에 잠시 살았다는 걸
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sutakora.blog37.fc2.com/tb.php/2008-7167f981