2001年から2002年に放送された嵐初の冠番組「真夜中の嵐」
内容は、嵐のメンバー1人が最終電車に乗り好きなところで降りる
真夜中の街を自転車で移動しながら様々な体験をする
夜明けとともに近くの駅のコインロッカーに自転車の鍵を入れたすきを引き継ぐ
九州から北海道まで日本縦断するという番組

第8話のお題は「奪われた自転車」大野編

広島駅で下車し真夜中の繁華街へ向かうおーのさん
いきなりパトカーがサイレン鳴らして走り暴走族のブンブンふかす音が、、、
電車の中で「怖ぇなぁ、今度はマジ刺されるかも、でも一応リーダーだしな」
なんて呟いてたおおのさん
なのになぜかやばそうな兄さんに声をかけちゃったよ
あっというまに囲まれる(カメラは遠巻きに撮影してるからホントに怖そ~~)

「あの、、日本テレビの番組なんですけれど」
「番組?ナニ、撮るんじゃないだろうな わしら顔はやばいんじゃ」

にゃははは
彼は肝がすわってる人なんだろうなぁ
どこ行ってもその場にすっと馴染んじゃう
自然体で人との壁がない人っぽい、邪気がないっていうか(あ、無邪気ね)
(それとギブの白タオルを投げるタイミングもかなり遅そー、笑)
結局このアブナイお兄さん方におどおどしながらも最後は「お前イイヤツじゃのぉ」って言われて名刺もらっちゃった

「怖かった~~もう帰ろうよ~」
ホッとしてその場を離れた大野さんだけど
横断歩道を渡ったら今度は酔っぱらいのサラリーマンに捕まり
「あっちに行こう!」と自転車ごと拉致(笑)

いやもぉ~面白すぎです

矢沢永吉好きのオーナの居酒屋で盛り上がり
(ジンジャーエールでノリノリ、お金ないのに注文しちゃった、笑)
最後は広島カープファンの集まる店で、はっぴ着てヘルメットかぶってメガホンもって応援歌を大合唱
(野球に全く興味なしで選手の名前も全く知らず)
広島のお好み焼きまでご馳走になって夜明けを迎える
(基本お金なしの旅なので食事にありつけることはめったいないらしい)

この子オモロイ~~
(10年前の番組なので二十歳ちょっとのおーのさんです)
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://sutakora.blog37.fc2.com/tb.php/1889-cbfd22c3