FC2ブログ

2019年04月の記事 (1/1)

今 感じてること

平成のものは平成のうちに
5月になっちゃう前に4月の嵐くんたちをアップしておかなきゃです。

20190405-1.jpg

and more以降の名古屋と東京でのライブ終盤の挨拶の内容が私の予想を遥かに超えてて、
5人で観たい風景がまだある、とか(潤くん)
再活動したら世界に嵐を巻き起こすとか、(相葉ちゃん)
ここ(東京ドーム)に思い入れはあるけど、場所はどこでもいいからまたライブやりたいとか、(ニノ)
もう復活後の話をしてくれるんですかっていう驚きが正直なところで、
これはきっと彼らの優しさなんだと思うの。
本当になんて優しい人たちなんだろうと涙がでる、こんなにうれしい言葉はない。
でもおーちゃんはみんなのためにビジュアルを保ちますとしか言わないの、
それも正直だなーって思う。

そういう言葉の端々や、バラエティなんかの些細なことであれこれ言う人もいる。
いいんだよ、感じ方はひとそれぞれなんだから。

嵐のことを大切に思ってることは十分わかってても、
いったん活動を辞めたいと思う人を、どういうモチベーションで応援すればいいんだろうとかね。
大好きだけど、なんかね、
やっぱり今までみたいに迷いなく好きでいることは、好きだけど、今までとは違うよね、とか。
でもここにきて受け入れつつあるんですよね、うまくいえないんだけど。

活動休止後のことは彼らにだって想像できないだろうし、
ましてやその数年後にどうなってるかなんて、わかる人や決められる人はいない。
まぁ一番のキーパーソンはおーちゃんなんだろうけど、おーちゃんだってどうなるのかわかんないだろうし。

毎年毎年更新されていく彼らのライブパフォーマンスに、私は驚嘆するばかりだったけど、
ファンとして十分に堪能させてもらったけど、
それは永遠に続けることは望んじゃいけないんだと理解できる。
彼らがそのためにどれだけのエネルギーと犠牲をはらってきたのかとも思う。

永遠はないから。

だから、ここでいったん休んでみるっていう選択はきっとそうだと思う。
悲しくても受け入れるんだと、それはそうなんだと今は感じてる。

でも、嵐はかけがえのない大切なもの
彼らにとっても、私たちファンにとっても
だから残す選択としてくれたんだと思う
それを今は心からありがたいと思ってる

そんな感じですかね。
これが今の私の心情の到達点です。

で、嵐が大好き そこは変わらないです。

東京初日

ARASHI Anniversary Tour 5×20 
and moreの東京初日に行ってきました。
まさかの旦那名義の復活当選で!
倍率の高さゆえ東京を避けて札幌を主戦場にしてきた身としては
まさか旦那と二人で東京ドーム参戦する日が来るとはね、、思ってもみませんでした。

翔ちゃんの挨拶で「野郎どもー」ってのがあるから
「うぉー」って返事するんだよって事前に教えたら
ちゃんと叫んでくれました、素直ないい人だ(笑)
ペンライトも振ってたし

家族で行っても大満足に楽しめるのが嵐のライブなんだなぁ
そこが国民的アイドルの所以、20年かかって作り上げてきた彼らの力なんだとしみじみ感じました。

正直、思うところいろいろあって、
それをいちいちブログに書く気にもなれないしってところもあったんだけど、
嵐くんたちに会うとぜーんぶ楽しさにかわる
やっぱり大好き、うん。

明日を迎えにいこう

笑ってる5人をずーっと見てたくてJALのツイッタ借りてきた。

untitledの特典映像の中で、
 『明日を迎えいこう』っていうフレーズが好きだっていうって翔ちゃんに、
相葉ちゃんが『来ちゃうのにね』って答えた、二人の会話が好きよ