FC2ブログ

2017年10月の記事 (1/1)

回想録

ナラタージュ観てきました。

夕食後の遅い時間、お酒もちょっと入ってたし、
140分の長い上映時間で、静かな映画だし、
寝ちゃったらやだなーって(そもそも寝る時間帯)
ちょっと心配しながら行ったけど(一人で)

面白かったですわ。

回想が前後するからわかりにくいし、
最後の展開が動く場面も、
そうなりそうだと思ってはいたけど説明不足な気もするのよね。

でも、全体を通してとても魅力的な作品でした。

や、どーってことない話ではあるのよ(←おい)
でも恋愛って綺麗なだけじゃなくて、切なくて痛くて、理屈じゃないじゃん。
自分の思うままにならない、あらがいようのないものだってことが、
とても伝わってきた。

小野くん(坂口健太郎)のいやらしいくらいの彼氏ぶりが、嫌だけど泣けた。
嫌いだけどなぜか感情移入しちゃって、一番泣いたかな。

葉山先生(松本潤)の何考えてるのかわからないとこ、いるよね、あーいうひと。
でも好きになっちゃったんだ、仕方ないのよ。

有村架純がすごく良くてね、
想像以上に良かった。

今回は映画を観てから原作を読む予定、
読んでからもう一度観てみます。
20171007-1.jpg


キラキラとドロドロが不意に反転し、観客は年齢を重ねても消えない人間の不定形で未分化な感情にゴツッとぶち当たる。心情描写に余白を残し、説明しすぎない抑制も見事。監督を始め万全の座組みが全力投球した心地良さに満ちている。(森直人・映画評論家)

バスケ同窓会

今回の帰省の主な目的はバスケの同窓会だったの(10/1)
東北や北海道を転勤してたころはなかなか帰れなかったしね、忙しかったし。
埼玉が物理的に近いってこともあるけど、やっぱり年齢的なものがあるんじゃないかな、
ちょっと余裕があるっていうか。
一番遠くに離れてるのは私なので、日程を合わせてもらっての集合になりました。

初めてかと思ったんだけど、
前に一回やったことあるよって言われて、しかもその時は、
「予約できないところだったから、リーベのお父さんが早めにそこに行って並んでとってくれた」って、
(あ、リーベってのは学生時代の私のあだ名っす)

おーーーー!!
そういえばそんなことあった!
すっかり忘れてたことで、あれいくつの時だろ、そうとう若い頃の話だよね、まだ娘だった頃。
そんな父はもういないし、
あまりに懐かしくて、キュンとなりました。

総勢9名が集合。
地元のお好み焼き屋でランチしながら、各々の波乱万丈話で大盛り上がりしました。

卒業して45年だもんね。
いいことばかりじゃなくて、辛かった話もたくさんあったけど、
こうしてみんな集まって話せるってことが、ありがたくてホント泣ける。

多感な時期に、縁あって同じ時間を過ごしたってことが奇跡のように有難いんだなって、
はぁ、、、ホントありがたくて泣ける。

全員が60才になってから正真正銘の還暦同窓会をしようって、
来年春のバスケ同窓会の日程(場所、時間まで)決まっちゃいました。

今回、同窓会ができた原動力は、緑内障で視力がなくなるかもしれないっていう友だちのため。
でも彼女が一番波乱万丈で一番元気でした。
結局、いろいろ話を聞いて彼女に励まされた気がするもん。
木工が趣味で、作品の写真を見せてもらったけどプロ並みの腕前だった。
(どうかこのまま視力が維持できますように、、)

いろいろ刺激を受けるなぁ。
次にみんなに会うまで頑張ります

5年ぶり

名古屋駅をこっち側から撮ったの初めてかな。
そもそも名古屋駅を写真で撮らないもんなー。

栄周辺は昔のままだけど、名駅はいろいろ変わってる。
ささしまライブって何?って思ったもん。
リニアモーターの影響かな。

9/29、気持ちよい快晴でした。
20170929-1.jpg

ナナちゃん前で待ち合わせ
職場の友だち3人でホテルでランチです。
20170929-2.jpg
 
「前回は金山のどっかのホテルで食事したよねーどれくらい前だっけ」
って話したら、なんと5年前でした。

独身の頃、実質5年くらいなんですよね一緒に働いてたの。
そんな5年間が、あっと言う間に過ぎていく怖さ。
20代前半だった私たちも、、もう旦那が定年だもんなー笑えるー。

旦那の近況と、子どもたちの近況と、
そして親の現状の話。

〇〇さんは、お義母様を100才のお誕生日に見送ったそうです。
私たちの間では有名な問題アリアリのお義母様←
でもさすがに最後は感謝の言葉もあったらしいですよ。
よく頑張ったよねぇ、お疲れ様でした。
みんなそれぞれにいろいろあったけど、元気でいることが一番よね、、
ということで落ち着きました。

なんかね、転勤族であっちこっちで暮らしてきたせいか、
自分が住んでるところと故郷の名古屋が別次元の世界みたいなところがあるんですよね。
名古屋で起きていることが現実なら、埼玉の暮らしが夢のような気がするし、
こっちに戻ると、その逆に感じるし。
上手く説明できないんだけど、毎回不思議な感覚になる。

何年か暮したけど、たぶんもう行かないだろうってところがたくさんあるしね。
絶対名古屋から離れなさそうな子だったけど、私。
ホント人生ってわからんもんです。

pay-easy

思いがけずたくさんお休みが貰えたので、6日間実家に帰ってました。
毎回ギリギリ用事を済ませてさっさと戻ってきちゃう感じだったので、
友だちには何年も会えてなくて、
「いつになったら会えるの!」「今年こそ会うのが目標」が年賀状の恒例のやり取りでしたからね。
やっと目標を果たすことができました。(5年ぶり)

帰る日の前日(27日)がライブツアー当落発表の日で、その日は21時まで仕事だったんですよね。
今頃メール届いてるかなぁって思いながらそわそわ仕事してました。

ありがたいことに当選したんだけど、今年からpay-easyで支払うシステムになったんですよね。
前に一度使ったことあるから、コンビニでやれるだろうと高を括ってたら、
なんとコンビニ不可ってことがわかって、オロオロしましたわ。
急いで夕飯の支度して旦那に食べさせて、
その日のうちに支払完了させたいから、とりあえず駅前の銀行に(途中雨も降ってくるし、、)
最初に確認したATM機がたまたまpay-easy対応じゃなかったから、
焦りまくってスマホで検索。
結果、この窓口で対応してるってことがわかって隣のATM機を覗いたら対応してました。
あ~~なんじゃそれ~~
その時点で営業時間終了の30分前でした。

あーちかれた。

簡単な操作なのに、初めてのことは慌てるよね。
ちょっと事前に調べておけば、仕事帰りに銀行に寄って簡単に終わったのに。
ま、準備不足でアタフタするのは恒例のことですが、、、反省~~~。