10160615-1.jpg

キスしますキスしますって猛アピールだったからどうくるかと思ってたら
まさかのタイトル前、、
焦った(笑)

大英帝国
くちづけ
警戒態勢
いさなみすやお
汚名返上
ウルグアイ
いさなみしほ
本音
寝ぐせ
接吻

可愛いファーストキスでしたね。
んーーって言いながら、お子ちゃまキス

そして、青空と海を背景のキスは
まさに「身長差のない恋人」
かわいいかわいいかわいいかわいい
世界一可愛いいキス

こーきたかー

元日のしやがれで、まさかのラブコメ発表したあの日から
きっと訪れるだろうと想像したこの瞬間

こうきたかー

ありがと、、、(なんか感謝)

帰りの車の中のさとしの顔!!!(ツボにはまり過ぎてお腹痛い~~)

みささんのお家に初めて行って、
布団で二人並んで恋人つなぎ
よかったね。
ある意味相当エロい←おい
いやぁホント、あれ以上何かあったら即死でした(命拾いした

番宣で波瑠さんがキュウリが嫌いでピクルスを食べる時の話して、
波瑠さんは指が綺麗って話して、
全部最終話に関わる話だったのね。

しかし、最終話なのにぜんぜん最終話っぽくなくて、若干混乱しました。
(ツイで呟く余裕もなかった)

白浜部長も世界一難しい恋をしてたとは。
20年も。
びっくりしたわ~~。
そして企画部の方たちの察しの早さにもビックリ(三浦くん例外)

「これまでの最高は一泊だ」(それこの間のみささんちの話でしょ)

「石神、大至急頼みたいことがある」
「実家に行って親父とそば粉、そば打ち道具を一式持ってきてくれ」
お父さんがものと一緒になってる(笑)
時々妙にいつまでも思い出しちゃう面白いこと言うからなー社長

れいさんは相変わらず変わってて今後も難題続出そうだけど、
今回はみささんが冷静でれいさんのことちゃーんと理解してくれたから良かった。
1年後の二人がすっかり夫婦みたいな雰囲気で、尻にしかれてそうなとこがね。
いいよねー。

結婚までいかないで終わってくれたこと。
社長も石神さんも幸せをつかんだから、舞子さんもそうなってほしいこと。
なんだか舞子さんと三浦がやけに二人でいること。
「世界一難しい結婚」
「世界一難しい子育て」
なんてこともやっちゃえーって思ったり、
みささんの夢の実現も見届けたい。
こうなったら年イチでスペシャルドラマも夢じゃないのではないか、なんて。
お別れしがたい気持ちでいっぱいです。

最終話の視聴率も16%まで上がって嬉しい。
私の周りでもみんなが面白いって言ってくれたし、
おおのさんの評判がすこぶる良くて、ファンとしてはこんな嬉しいことはありません。
大事に何回も観かえしたくなる宝物がまたひとつ増えました。

悪い人が一人もいない。
あー違うよーってツッコミを入れながら、
家族そろって笑いながら応援しながら観られるドラマだったね。
素敵なラブコメ、たくさんハッピーになれるドラマ、ありがとうございました。
またいつかお会いできますように☆
2016.06.13 セカムズ×ZERO
あと10分位でZEROだぁ~
今日のzip見まして?
やま~~

現場のおーちゃんについて、 

大野さん 楽しそうにやってるなと思いましたよ

周りのスタッフの方が
大ちゃん 大ちゃん
大ちゃん 大ちゃんって

すごい語弊があるんですけど
バカ王子を支えるお使いの人


わかりやすい

すごい愛されてるなという印象

あーほんとにこの二人が一緒にいるとこ大好き♪

セカムズでZERO取材の伏線は回収はあるかもって期待はしてたけど、
まさかのZEROに大野さん出演とは♪

もうすぐぜ~~ろ~~~
20160608-1.jpg

そうか、わかったぞ
みささんはダイオウイカだ


☆ダイオウイカのそばをウロウロしたくてたまらない零治の巻☆

前半はほぼダイオウイカの周りをちょろちょろすることに右往左往でございました。
涙ぐましい努力。
そんなにみささんが好きなのね
社長可愛い
純愛すぎてキュンキュンするっちゅーの。

和田社長、退任しちゃったね。
世界一をつかんでもそれがいつ消えてしまうのか怯える生活は幸せではないと、、

小学生みたいな恋してる話かとうかうかしてると、
人生における夢とは幸せとは、、なんていい話が展開されてる、
えーー話じゃないですかー、不思議なドラマだわ。

社長の夢は
絶対に消えないもの


周りの人間がやっきになって消そうと思っても
ヤケになった自分が本気で消しにかかっても
それでも消えずに残ってしまうもの
それが俺にとっての夢だ

つまり、、、キミにそっくりだ!

何度もクビと言いかけたのに言えず
やっとクビと言えたのに、それでも消えずに残ってしまうもの

それが、みささんだ!


あ~~~~言ったね~~

言えたね~~

恐る恐る、一歩ずつみささんに近づいて、
恐る恐る、片手でそーっと抱きしめて、
みささんの力が抜けてふっと自分に寄り添ったのを感じて、
やっとホッとして微笑んだ。(鼻ぴくぴくしながら)
大事な大事な夢だもん。
大事に抱擁するよね。
いきなりキスなんてできないよ。

6/12にオールアップしたそうです。
後は15日の番宣かな、寂しいよー。
でも毎週水曜日、こんなに楽しませてもらってありがとうしかないです。
早く最終話を観たいーー
2016.06.05 映画「太陽」
残すところ2話のセカムズ。
気分としてはセカムズに一点集中で、ブログも10話連投予定で行こうと思ってたけど、

映画「太陽」

メジャーな作品ではなさそうなのに、なぜか地元の映画館で上映されてまして、
観に行ったらまぁ面白くて。
突然ですが、感想をセカムズに挟ませていただきます

劇団「イキウメ」の舞台、初演は2011年。
2014年に蜷川幸雄さんが「太陽2068」というタイトルで演出されてます。

20161616-1.jpg

その映画化。

20161616-2.jpg


ウィルスの猛威で人口が激減し、
太陽光を浴びると死んでしまうが、老化しにくく理性的で進化した富裕層の新人類「ノクス」と、
太陽の下で自由に生きるがノクスに管理される貧しい旧人類「キュリオ」という
格差社会が構成された近未来の話。

観終ってから考えることがあまりにたくさんあって、どんどん嵌っていった。
「太陽2068」は映像化されておりWOWOWでも放送されているので探してきてそれも観ちゃった。
基本ストーリはほぼいっしょだったけど、やはり舞台と映画では表現手段が違うので興味深かった。

神木隆之介くんと門脇麦ちゃんが素晴らしかった。

日本地図を見て、僕らの知ってる地図と違うと鉄彦(神木隆之介)が言うの。
情報を管理され教育も正しく受けていないということね。
中盤、ある理由で鉄彦が叫びながら地団駄を踏む場面があるんだけど、
感情をコントロールできないということは、感情を正しく言語化して表現できないということ、
子供と一緒ね、泣け叫びながら地団駄を踏むしかない。
閉塞感で正直こっちがイライラするくらい苦しかった。

太陽の光を浴びられない人生は考えられないけど、
ノクスに管理されて暮すのは嫌。
でも実は富裕層のノクスのほうが恐ろしく何かに管理されてる気がして、
ラスト、キュリオからノクスに転換した結(門脇麦)の表情。
キュリオとして悩み苦しみながらも思慮深い表情だった彼女が、
なにもかもがスッキリして生まれ変わったと言っているのに、
大事なものを失ってしまった薄っぺらな表情で話していることに背筋がぞっとした。

もしかしたら、当たり前として受け入れている今の暮らしが、
なにかしらのノクスの要素を持っているのではないかと、、
人間はどうしてこうも何かに管理されて生きるしかないのか、
そういう思いが頭から離れない。

門番のノクスの青年、古川雄輝くん、どっかで見たと思ったら「脳内ポイズンベリー」の男の子なのね。
すらっと背が髙くて顔が小さい彼の風貌が、近未来の新人類のイメージにぴったりだった。
ノクスの場面は夜なのでずっと暗いんだけど、
彼の品のよさと真っ当さにとても救われた気がしました。

挑戦的な作品、面白かった。
興味のある方にはお薦めしたいです。

20160601-1.jpg

社長は暴走気味だけどほんわかといい雰囲気だったのになぁ
ここにきて前途多難。
美咲さん、この状況でライバル会社に就職する?

「神奈川県から出ていけ!」には笑ったけど、
思わず言いたくなる気持ちもわからなくもない。

零治と美咲。
二人とも独特な我が道を行く思考回路を持ってるっぽい。
こりゃ、本当に世界一難しい恋ですわ。

難しいなぁ(真剣)

おおのさん、足のマッサージされるのが何より苦手なはずだけど、
素足をマッサージされちゃって大丈夫だったかしらん。

零治パパ、優しそうなんだけど酔った勢いでよくわからない理由で奥さんを追いだしちゃったらしい。
美咲に「クビだ!」って言った息子はそっくりってことね。
ソファに丸まって寝る姿もそっくり。
ちなみにおーちゃんもあんな感じで寝るの好きそうだし(笑)

「社長、お父様にもう少し優しく接しては如何ですか」
「社長と幸蔵さんは似てるんです、だから余計に許せないんです」

「失恋の寂しさ辛さを身近な女で埋めるのは止めてください」
「社長にとって私が一番楽な逃げ道なんです、ですからこれ以上私に甘えるのは止めて下さい」
「弱い自分と向き合ってそのうえで本当に好きな人に立ち向かって下さい」


優しく懇々と社長を諭す舞子さん。
この二人の関係、お釈迦様の手のひらで飛び回る孫悟空みたい。
ぜーんぶ舞子さんの言うとおりです☆

舞子さんに言われて気持ちの整理をつけた零治。
美咲に思いを伝えに行くけれど、、、全く相手にされず、、、

ビターな回でしたね。
粘り強く頑張るしかない。
零治迷いはもうなさそう。

俺は自分の欠点を認めずに生きてきた
俺が認めてないものをみささんが認められるわけがない

これまでの問題点はそこにあった
俺は自分の欠点を認めることに成功した
安心して俺の欠点を認めてくれてかまわない

俺は自分の欠点を認め君の欠点を受け入れる準備ができた
君の気の強さを受け入れる準備ができたと言ってるんだ

本当の愛をスタートさせるためじゃないか

ものごとを強引に進めるのは会社のトップとしては長所であるが
恋愛に限っては短所だ
そこを君はどうする
受け入れるのか、それとも、逃げるのか


理屈が強引過ぎて笑える
でもなんか説得力あって好き☆

ラストのみささんを見送るれいさんの表情、、切なかったな。

あと2話ですよ。
来週は竜さんがご出演なのね♪
れいさん、頑張れ~~~♪