20160525-1.jpg

同時に大人の恋愛が始まりそう。
舞子さんと和田社長。
こっちはさっさとキスしちゃったよ。
この両カップル、大人と子どもの落差が激しい。

予告ストーリを読んでマジかって笑ったんだけど、
本編は想像を遥かに超えてましたわ。
おおのさとし恐るべし!!!!
ラブコメのコメディライン大爆発!!
ドラマ観ながらこんなに大笑いしたの久々っていうか初めてかも。

キスをめぐっての攻防、いや攻防とは言えない。
一歩踏み出せない34才会社社長。
いかにしてキスを成功させるか一緒に作戦を練る運転手の石神。
夜中にベットの細工をする男二人がバカバカしくって、
笑ったわー。

「社長のお気持ち痛いほどわかります。
好きな相手であればあるほど性的な感情が生まれてこない人間の神秘」
「男って不思議な生きものだよな」


そうなの?

外国の人と付き合ったことがあるのは嫌ってのも一緒だったけど、
この二人、似たもの同士過ぎる(笑)

「ベッドシーン3回撮ります」のライブでのさりげない告知、怪しいと思ったのよね。
やっぱり一筋縄ではいかなかったってことね。

ボウルにカーンだって。
ひーーー笑い死ぬーー


何もしないのを大人の余裕だと思っていた美咲は
零時の器の小ささに反発し、

その言葉を受けて社長の「クビだ!!」

おいおいおいおいおい
それはないでしょ
それはあかーん

社長のこの性格が
なるほど「世界一難しい恋」っていのはこういうことなのねと妙に納得。

さて、次回仲直りできるでしょうか、、、、

ところで、
社長と美咲さんが尽き合ってること企画室のメンバーみんな知ってたのね。

えーーーーマジっすか!!

三浦家康くんがいい味出してる~~ん。
この場面10回くらい観て10回大笑い。(あと何回でも笑えそう)

舞子さん、鮫島が好きです、大好きですって言ってるし、
社長は神奈川県から出ていけって言ってるし、
ここにきて波乱しまくり、とうなるの~~~~
20160518-1.jpg

おやすみなさいを逆から読んだことあるか?
いえ、ないですけど
いさなみすやお、、小説家みたいだ、、、、
それだけだ、、、

、、いさなみ先生ってコミカルな短編小説が得意そうですね


いさなみすやお先生と
料理研究家の奥様のいさなみしほさん

「星みなさい」逆さまにして気づいた時の

「くっそ~なんていいおんなだ」

レイさんの瞳がトキメイテマシタ

この逸話に尽きましたよね、
知的でお洒落で、
大人な二人の会話。
ホント素敵。

20160518-2.jpg


美咲が零治を好きになった理由は
おじいちゃんに似ている。

ホテルマンで仕事にストイック。
ダジャレ好きで、照れくさくてとっさにどうでもいい嘘をつくおじいちゃん。
牛乳をエレベーターで拾ったという突拍子のない言い訳にクスって笑ったのは、
その余裕はおじいちゃんから来てたのね

彼女の生い立ちやホテル業界に入った理由、
なぜ零治に惹かれたのかが明らかになって
俄然面白くなってきました。

初対面の時に牛乳の話で「もう」が駄洒落ですかって言ったの、
唐突だなーって感じたんだけど、
これもおじいちゃんとの日常会話があったからこその反応だったのね。

そういうさりげない会話も後になって納得するっていうの、よくできてると思うわ。

携帯は一台?って聞くのも
何台も駆使しながら持ってないと嘘をつかれた前回のことがあるからの質問で、
ちゃんと理由があってしごく納得です。

水族館と落語。
お互いの趣味でデートし合あうなんて、ホント微笑ましい。
れいさんとみささんと呼び合う幸せいっぱいの二人が微笑ましい。

れいじさんのほうが良かったですか?
とんでもない、れいさんの方が百倍いい!


しかし、早くも難しい恋の難しい恋たる所以。
問題は社長なんだと思ってたけど、美咲もなかなかのマイペースで一筋縄ではいかない女子です。

ツイッターで誰かが呟いてるのを見て気づいたんだけど、
決別してからの二人、よほどショックだったのね。
家に帰ってもれいさんはパーティの正装のまま
みささんに至ってはバックをずっとしたままで、二人して電話してた。

いさなみ先生が謝罪会見を開いたそうだ
妻のしほさんも謝罪会見したみたいですね


きゃーーーーーーーーーーーーーー

そのへんを走り回りたい衝動を抑えるのが大変でした←

仲直りは来週かと思ってたのに、
エンディング曲後での劇的な展開が
ありがたいわー
来週まで夢見心地で待ちまする~♪
20160511-1.jpg

いやぁ、そうきましたか。
まさか5話にして「交際していただける」状態になるとは。
あんなに高飛車発言の鮫島社長がなんと低姿勢(笑)

このまま社長がジレンマを感じながらの世界一難しい恋が続くと思ってたから意外でした。
でも、これからまだまだ多難なことが続くってことですね(←楽しんでます)

今回のテーマは「待つ」

待つのが大嫌いな鮫島社長
待つことができる男がモテる男だと諭す村冲女史
30年間待ち続けた石神さん


面白い脚本だわ。
セリフに無駄がなくて伏線もちゃんと回収されて気持ちいい。

ジムで走る零治と約束の時間に遅れて走る美咲。
74分も走って汗だくなのに、今来たと嘘を言う零治。
ぐっときますねー、ちゃんと1話で学んだ優しい嘘を実行してます。

仕事はできるのに私生活は感情だけで行動する零治。
目標があって仕事優先に理性的に生きたい美咲。
でもなんだかんだいってお互いが好き同士の二人で
二人のジレンマがこれからの展開になるのかな。

飼育係と学級委員というあらたなカテゴリも生まれました。
6年生の時に正義感のかたまりのような学級委員に恋してた社長にとって
美咲は実は理想の女性だったってことよね。

ベタだわー
ベタだけど面白いわー


他の登場人物の今後も俄然気になってきました。

石神さんの運動のつつましやかさが、、
社長がジムなのに、脚立で昇降運動とは、可愛(笑)
旅館時代の髪型の理由は明かされるのか←

和田社長は意外とマジで村冲女史にアプローチしてるんですかね。
頭ポンポンでセクハラ呼ばわりされた
三浦家康くんがチャラくて良い味を出し続けてます。
まひろの白浜部長への憧れは叶うのかなーとかね。
楽しみでたまりません。

そして7話の3回あるベットシーンに向けて全力で駆け抜けます(どこへ、笑)

櫻井 「安心して観れるの?」
大野 「安心、、できないかもしれない」
全員 「うっそだ~」
二宮 「信じなーい」
大野 「嘘だと思うなら7話観て」
全員 「観るー!!」

おーちゃんがこんなにあけすけに予告するんだから
ぜったいオチあるな。。。(笑)
20160504-1.jpg

4話は神回でございました。
今週はこれ何回観たかな。
っつか、一日一回は見てたかも
なははー、そんなに?
そんなにです(笑)

エンディングでまさかの告白

ちょっとかすれた声で「お前が好きだ」なんて
さすがのアイドル←やるときはやる

えーーーーーーーーーーーーーー!
久々に気持ち良いえーー!を叫びました。キュン死でございました。

和田社長のアドバイスを順守して攻めてる時の社長のハイな感じと
冷静になった時のこんな自分の自己嫌悪の落差。
まだ告ってもいないし、フラれてもないのに泣く社長。
なんてキュートなんだ、可愛すぎる。

メダカの孵化は24時間体制でずっと録画してたんだって、
さとらじが素晴らし告知媒体となってます。
孵化したのは参考映像とかじゃないんだねぇ、仕事が丁寧です。
であの水槽にメダカは500匹いるんだって。

恋愛偏差値ゼロの社長が悪戦苦闘し続けて、最終回で思いを叶えるのかと思ったけど、
4話にして告白なんてビックリでした。
これからもうちょっと違う展開があるってことでしょ、楽しみ~☆

普通のラブコメって、楽しみながら女性に我が身を置き換えてキュンキュンするのが定番ですが、
セカムズはひと味違うよね。
村冲舞子さんと一緒に全力で社長と応援する気分よね。
みんなして大野智を後押しする気分で見守るという
見守り型ラブストーリーという新しいジャンルが確立されつつあります☆
これはさとちゃんしかできないドラマね。

シェフをひぬく時の仕事がデキる社長。
あなたの料理が好きなんですと、憎いくらいに口説くのに、
自分の恋愛には小学生レベルの幼さ。
このギャップが際立ってて良かったん。
こんなに仕事ができるところを見せられたら
美咲じゃなくても普通ちょっと好きになるっちゅーの。

さりげなく緑を取り入れてってアドバイスだったのに、
上半身全部グリーン(笑)マジメか

ローバーミニのナンバーが3298とか面白い。

今回もおーちゃんのちょっとオーバーなくらいの顔の演技が冴えわたってました。
下手な人があれやったら観てられないけど
全然大丈夫なのは大野智の演技力だと思うわ。

嬉しさが隠しきれない時の顔、、、わざとらしくて笑える☆

若い頃の老舗旅館時代のエピソードで村冲と石神との3人の結びつきわかって、
特別な関係だってことが明らかになりました。
村冲が不倫騒動の過去があったってことで、今後の彼女の恋愛事情も何か起こりそうな予感。
石神さんも昔のあのパンチパーマ時代の話とか、手品で食いつないでた話とか、俄然気になります。

パパの話はあれだけなのかな。
でもホント親子って言われて小堺さんとおーちゃんは似合うね。

今回は「告白」がテーマでしたね。