ゴジラのいる映画館

昨日「海霧」を観てきました。
ゴジラが顔を出してるTOHOシネマズ新宿で、
新しい映画館綺麗だった、それだけでテンション上がります。
胃がヒューヒューする←

映画の感想はまた後ほど、
予備知識なしで行ったけど、なかなかのずっしりな作品でした。
全俳優さん素晴らしかった、見ごたえあるよね。
ユチョンの演技ほとんど初見でしたけど、あの俳優陣の中で堂々の演技力。
っつか、俳優さんでしかない。
どこをどう見ても訛りのある田舎のさえない青年。ちょっとぷくっとしててアイドルの片鱗はゼロ。
アイドルのラブシーンって緊張しがちだけど、まったくそういう感じもなかった。
凄いよ凄い。

ランチは小田急百貨店の10Fにできたstorystoryのカフェで。
ここで「流星の絆」のアリアケのハヤシライスが食べられると聞いたのでさっそく行ってきました。
小説に登場するメニューが食べられるという企画で、
たまたま前日にツイで知った情報なんだけど、翌日実行なんてぐっとタイミング。楽しい☆
そして美味しかったです☆
有明3兄妹を思い出して泣けるー。

ブックカフェなので購入前の本を持ち込んで読んでもいいんだって、
窓際の席に座ったんだけど、タブレット端末が置いてあってそれも自由に利用できる。
ひとりで行ってもゆっくり過ごせる雰囲気でした。
いやぁ素晴らしい。

休日の昼下がり、おーちゃんの話、ユチョンの話、ソル様の話、ミョンミンさんの話、そして突然のC-JeSの話題。
話が尽きないです。楽しいなぁ。
何の縁なのかサンウから繋がってる話題だから久々のペク氏の話題が不思議な気がする。

C-JeSはJYJから始まった事務所らしいんだけど、今はソル・ギョング、チェ・ミンシク、イ・ボムス、イ・ジョンジェ、そしてムン・ソリさんもそうなの?凄い俳優さんが揃っててビックリ。

ペク氏はサンウの時、いろいろあって話は知ってるけど、正直ピンとこなくて、わからない。
国が違うと考え方も理解できない部分もあるだろうし、あんまりそこに関わってくると、俳優が好きで作品が好きから始まってることが、なにがやりたいことなのかわかんなくなるから。

ただ言えることは「海霧」が素晴らしかったってこと。
俳優として良い仕事ができる環境が整って良かったねって思う。
そこに大好きなソル様がいて、ユチョンの大きな力になってることも嬉しいし、ソル様もいろいろあったけど、もっともっと良い作品に出てほしい。
この間見た「ソウォン」も素晴らしい映画でした。(泣いた泣いた)

今度ソル様の映画にユチョがカメオ出演するんだってね。
好きな人たちが良い関係で良い作品で繋がる感じがとても楽しみになってきました。
  1. 映画・ドラマ
  2. / trackback:0
  3. / comment:4
  4. [ edit ]

突然のコヤシゲ話

今日は1日フリーの日です。嬉しいな。
朝イチで自分でヘアカラーしちゃった。(時間の有効活用)
あ、ビビットを見るの忘れたよ←
太一君の情報番組、金曜日はシゲが出るので見られるときは見る。

「奥さん、最近白熱してますか?」
初めて見た時ニマニマしちゃった。
たくさんしゃべれるようになったよねぇシゲちゃん。
KちゃんNEWSのコヤシゲの回が大好きなんだけど、
慶ちゃんが金曜日だけは早起きしてリアルタイムでビビット見て、放送中ぐらいのタイミングで感想メール送るって言ってた。

ホントに仲良しだよね。
泣く時は必ずシゲがいるとか、、女子じゃん(笑)
慶ちゃんのなんでも受け入れちゃう柔軟性とか対応力の高さにいつも感心する。MC力相当高い人だと思うよ。
今週はシゲの要望で慶ちゃんが自分の手帳のメモの大公開。
(シゲは恥ずかしいから絶対やらないって、自分で言いだしたのに)
・水発注
・コロコロ買う
・靴の棚買えるか?
・じっちゃんになりかけて
・バスマット75横縦何センチでも  等々
どんだけ個人的メモって思うけど、そりゃそうだ超個人的手帳なんだもん(笑)

たまーにふたりがやらかす、20代後半の男子エロトークが結構好きです。(ジャニーズ的にいいんだね) 


「ふたりになってもNEWSをやろう」
グループとして存続できるかどうかわからないときのメールを今でも保存してるコヤシゲ。
慶ちゃんがシゲの横で泣いちゃうのわかる気がするよ。
  1. シゲアキ先生
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

いつかなってやりますよ。

今日のさとらじ、「岡目八目」
「岡田准一の岡、目玉の目、漢数字の八に、金目鯛の目と書きます。」
突然の金目鯛の目のたとえに戸惑いました。
普通はたとえないたとえ、さとちゃんったらー(笑)

始めは潤くんがライブを演出する話。
通しリハーサルも衣装付き通しリハーサルも演出側でチェックするから潤くんはいつもぶっつけ本番で、
そりゃ緊張するよね、脈拍も一番高いはずです。
そしてジャニーさんの演出力の凄さの話になって
最後さらーっと「目指したいですね、いつかなってやりますよ」って。
言ったよね、確かに聞いたからね。←

ARASHI BLASTのインタビューで
だんだんテレビに出るのが恥ずかしくなるって言ってたけど、いやいやいつまでも出てね、簡単に会えないんだから。
でもライブ中のインタビューではまだまだ踊れるって自信満々に言ってたし、ライブは内なる自分を出せる場所だって言ってた。

本来、おーちゃんが一番合う場所って舞台なんだろうなって思う。
歌って踊る本業の姿はファンは知ってるけど(そこがあってのファンだから)、そうじゃない人はバラエティ的な番組やドラマでの姿しか知らないわけで、マルチな仕事を要求されるアイドルって本当に大変だなって思うよ。やれちゃうからこそアイドルで居続けられるんだろうけど。

いつかなってね、やりたいことやって。
急がなくてもいいよね。
  1. おーちゃん
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

ようこそ、わが家へ 2話

初回13.0%、2話11.4%
下がっちゃったけど、他が軒並みひと桁になってるなかで
ふた桁で持ちこたえたのは、内容が良かったってことかな。
そういうことにしておこう。
だって面白いよ「ようこそ、わが家へ」

月9はもっと楽しく見られるドラマがいいとか
怖すぎるとか、いろいろあるみたいだけど、
あの家族、大変な状況なのに全員天然でどこかのほほんとしてて、
だからか、これからもっと大変になるらしいけど、
結末がきっと明るいって気がして、気分が暗くならない。

天然の筆頭がお母さん。
お父さんがおにぎり2個でいいよって言ってるのにいくつ入れた?(3個か4個)
ゼラニウム買っきてくれる息子がなんていい子なんだと思うけど、
玄関先で夜に植え替えるかなー。
ななしさんゼラニウム嫌いなのかしら、、てあーた。

円タウン出版社の不思議な佐藤二朗さんのキャラも面白かったー。

健太(相葉ちゃん)が控えめで優しい子だね。
けっこう素の相葉ちゃんに近いのかもしれない。
円タウンでのやりとりがなんか可笑しくて、
なすか、いや明日香ともなかなか似合ってます(そういう関係かどうかわかんないけど)
このドラマを見て、評判の良かった相葉ちゃんの「マイガール」も見てみたいなって思った。

今クールのドラマ、チラチラ見たけど、続きそうなのこれだけ。
月9は荷が重いとか、最高に面白かった「デート」の後だから苦戦するだろとか
心配してたけど良かったね。
あと「天皇の料理番」を見ようかなーって思ってます。
  1. 相葉ちゃん
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

誕生日

今日は誕生日ですねん。
いまさら喜ぶお年頃じゃないけど
同級生チングが朝イチでオメデトメールをくれました。

私ね、自慢じゃないけど人の誕生日全然覚えてないの。
(まじ自慢じゃない!!)
ほんっと申し訳ないくらい。

でも彼女は毎年ちゃんと一番にお洒落なメッセージをくれて、貰ったら貰ったで嬉しいもので、毎回彼女のように優しく生きていきたいなって、まさに誕生日に感じる。
で、そうやって生きてるかというと、結局無頓着な人のままです。
こんなわたしを許してください(笑)

ウチの旦那さんは人の誕生日なのに、私より嬉しそうにしてます。
たぶん堂々とケーキが食べられるから。←
間違いなくケーキを買ってきてくれると思います。

プレゼントは眼球の老化防止にサングラスが欲しいです。
あんまりオシャレじゃないあくまで紫外線防止のためのサングラス。
日焼けも目からするらしいからねーー。
  1. Diary
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

続き

ミョンミンさんつながりで知り会って、今は月イチの映画友となったチングとよく話すんだよね。
強烈な力に引き付けられるようにミョンミンさんのファンになったあの頃感じてたものについて。
同じものを感じてたんだから確かに存在してたはずのもの。
間違いなくあったんだよ、その強い力は。
だからあんなにのめり込んだんだもん。
たぶん、いや、間違いなくミョンミンさんはその時と変わらずミョンミンさんで居てくれてるんだと思う。
素晴らしい俳優であることに間違いはないから。


先日のファンミでミョンミンさんが話してくれたことをSAMTAさんが丁寧に翻訳して下さったのを興味深く読みました。
その場の暖かな雰囲気が伝わってくる素晴らしい翻訳で、心から感謝いたします。とても面白かった。

ミョンミンさんのカフェ「サランハギ」の家族としての繋がりや、ミョンミンさんがカフェの皆さんに寄せる絶大な信頼感が伝わってきて、本当に素敵な関係だと思いました。

そうだよね、ミョンミンさんは韓国の俳優さんだもん。カフェは韓国の素晴らしい文化だと思う。
家族のように応援して下さるファンの皆さんが俳優として生きていく支えになってるんだろうなってことは心から思う。


でも、そこは私はいいかな。


そもそもの入口は、ミョンミンさんに堕ちたのは作品でつながれる俳優さんだからという理由だった。
当時のブログにも間違いなくそう書いてると記憶してる。

ある意味初志貫徹です。
家族にならなくても、作品で楽しむ関係のファンでいたいと思う。
当たり前といえば当たり前の話なんだけど、、、

ミョンミンさんのファンを卒業すると言ってるのではなくて、韓流からの卒業です。
韓流の定義は家族スタイルでファンでいるっていうことであって、韓国のコンテンツはこれからも楽しみに鑑賞しますってことです。

とっくにそうしてるんじゃないの?って突っ込まれたら、返す言葉がありません(笑)
なんだ、この今更ながらの宣言(おーーーーいっ!!!←全力の自己ツッコミ)


サンちゃんやミョンたんの話題で盛り上がった友達が、今サンちゃんやミョンたんの話題なしのまま、なんでも話せる大切な友達です。
出会いのチャンスをくれたサンちゃんとミョンたんには心から感謝してます。

ま、二人してsutakorasassaの殿堂入りですね。
胸を張って殿堂入りですって言える俳優さんでいてくれて、嬉しいです☆
  1. Diary
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

卒業宣言のようなもの

先日、友達のブログから「いいね!した人」をたどってネットサーフィン(←久々使った)してたら、面白いなーってこと見つけたの。

その人はどうも翔ちゃんファンみたいなんだけど、最近「天国の階段」をたまたま見てクォンサンウがカッコいいのでビックリして、他の作品も見てみようかなって書いてるの。
韓流ドラマは初心者みたいで、自分でも昔の作品に今更はまるってのはどうかって思うけど、ドラマが面白かったからって。
けっこうのめり込みつつある雰囲気が文章から伝わってきて、
なんだかわかんないけど時代は回る。いや違うな、嵌るものは時代関係なく嵌る。か。

友だちにそんな話をしたら、嵐とサンウさんと、なにかビビッとくる共通点でもあるのかなって言われたけど、わかんないよ。
そこにさらにミョンミンさんが絡んでくるとなると、話がややこしすぎる(笑)
、、、つか、試しに是非その方に「ベートーベンウィルス」も見てもらいたいです。

ようするに、誰かを惹きつける作品の魅力は変わらずそこにあるってことだよね。
当たり前の話なんだけど。

私がサンウに出会って、それからミョンミンさんのファンになって、かれこれ10年くらい過ぎるのかな。
こんなにブログを書くようになったのも、それがきっかけだし、たくさんの人に出会って、友達がたくさんできて、本当に人生変わったって言っても全然言い過ぎじゃない。
私の人生を何倍も楽しいものに変えてくれました。
韓流っていう言葉にはいろんな意味や感情があって複雑だけど、ひとことで言うなら感謝しかないです。


初めてサンウのカフェのCSWS(天上偶像)を知った時、俳優とファンとの近さに絶句した。韓国にはこんな世界があるんだと。見たことも聞いたこともない世界だったもん。
ファンはただ好きていうんじゃなくて、カフェという名の家族になって応援するスタイルなんだよね。
それはとても新鮮で魅力的だった。

それからいろいろあって、何度も書いたし言ったけど、韓流の波にもまれて(←昔過ぎて今更書くのもためらわれるフレーズ、笑)
今に至るんだけど、、、(←割愛激し過ぎやろ!)

私ね、気分としてはミョンミンさんのファンになった時に、一度それを卒業したつもりだったんだよね。
それって言うのは、韓流のようなもの。家族のように応援すること、かかわり方。。

キムミョンミンという俳優は、自分のことは役名で記憶してくれれば嬉しいって言い放つくらいに演じることにストイックな人で、過去の作品は見るもの見るものすべて面白くて、なんて凄い俳優が韓国にいらっしゃったんだ!!っていう驚き。それだった。



短い更新を目指そうと思ってるのに、長くなりそうだなー。
なのでいったんここで終わります。
+後半につづきます+
  1. Diary
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

久しぶりにも程がある

ブログ更新するの何日ぶりですかね、
ログインの仕方を忘れそうでした。(それはない)

すっかりスマホ生活でツイッターは日常的に覗くんだけど
なかなかPCの前に座らなくなってて、、、それがビックリです。

そもそもは、忙しかったんだよね。

新しく始めた仕事は、以前に経験したことがあるってことと、
時間も短いし、毎日じゃないので、何とかなるって思ってたけど、
これがなかなか大変で、やってる間はノンストップの忙しさ。
終わると目は充血して、へとへとでへろへろ。
短時間とはいえ、ダブルワークは疲れる。

とはいえ、案外まだまだ体力あるじゃん自分、、とは思ってはいるんですけどね。

朝やってる仕事はすごく気に入ってて、気楽にやれてるんだけど、
今、人手不足の緊急状態でやりくりしてるから、
休みが減っちゃってて、正直果てしなく働いてる感じもあって、

そんなこんなで、バタバタしたまま3月4月が過ぎてってます。

こーやって日常が忙しければ忙しいほど、
好きなものに癒されることを実感するよねぇ。
ありがたいです、そういう存在がいてくれて。

ARASHI BLASTが届いてから、毎日ハワイを満喫ちぅ~
もうね、嵐が好きだーーーってしみじみ思う。
ドキュメント見ると本編見たくなるし、
そうするとNHKの告白を見たくなって、VS嵐見たくなって、
あっちみたくなってこっちみたくなって、
何回見ても一緒に泣くとこでは泣くしで、
おーちゃんと一緒にハワイで大忙し(笑)なはは

春だ春だ~♪ってことで、
気分一新毎日ブログ更新を目指します(←まじ?)
  1. Diary
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

Sakura

朝仕事に行く途中に綺麗な桜並木があって今朝はまさに超満開。綺麗でした。
毎回そこを歩きながら嵐のSakuraを聴くのが良いんですよ
そうすると気持ちはウロボロス←
そう、私にとってSakuraはどっちかというと嵐の曲というよりウロボロスなんだよなぁ。

イクオの部屋にあるのはベッドだけで、あんな殺伐とした部屋で暮らしてたイクオのマイホームはまほろばだけだったんだなぁとか、でも彼は本当に心の暖かな子だったとか、
竜哉を尊敬してた深町は、竜哉のことどこまで知ってたのか、でも美月を止めたことや、オムライスを食べながら泣いてたから、実は復讐のこと全部知ってたのかなぁとか、
最後の方、特に最終回が秀逸だったので、いまだに余韻が残ってて切ないの。
満開の桜の下をSakuraを聴きながら歩くと、まだまだウロボロスしてます。

ドラマ繋がりの話をすると、今回は魅力のあるドラマが多かった気がします。
私は断トツ「デート」がお気にいりで、そして「ウロボロス」と「ゴーストライター」

デートは久々の大々ヒット作品で、1話から最終回まで全部面白かった。
最終回もよかったよねぇ、リンゴを分け合って食べるシーンなんてどんなラブシーンより意味深くて素敵だった。
何話か忘れたけど、お雑煮を作る回の話が大好きです。やっぱり食べながら泣いちゃいうシーンにとことん弱くて、依子がお雑煮を食べながら泣くシーンは良かった。
それと鷲尾くんが依子の家の鍵を受け取って勘違いしてガッツポーズしたのは笑ったなー。
すべてが面白かったデートだけど、私的には鷲尾くんが大大大大ヒットです。
中島裕翔くんはしばらく鷲尾くんだな(笑)ピングレ楽しみにしてる

娘は「問題のあるレストラン」がすごく面白かったんだって、
娘世代の女子に刺さるドラマだったんだろうね。
私はハイジさんが楽しみでした。

「ゴーストライター」は視聴率もよくなかったし、あまり話題にもならなかったけど、
よくできた脚本で、いつも私の予想より先に行っちゃう面白いドラマでした。
絵が綺麗で、ひんやりとした質感だけど熱くて、いろいろあったけど結末が気持ちよくて、良質なドラマでした。

ホント今回はよくドラマを観たわ。
もうすぐ始まる春ドラマは今のところ、相葉ちゃんのドラマだけは観るけどあとは未定。
毎回ひとつふたつくらい楽しみなドラマがあるといいよね。


今、週3で午後も仕事を始めたんだけど、やっとなんとなく落ち着いてきたところです。
では、今から行ってきまーーす♪
  1. 映画・ドラマ
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]

春ですねぇ

醸造家ですのCMの智さんと翔ちゃんのやつ。
可愛くてたまらんです。
春の日差しを浴びた2人が気持ちよさそうで
あーー いーーやーーさーーれーーるーー

普段CMまでは追っかけないけど、流石にこれの30秒バージョンは頑張りましたよ。
そしたら月曜日のZEROで捕獲できました。やったー☆
⇒⇒ 小麦のうまみ
何回でも見ちゃうなぁ

よくぞ兄さん達を採用して下さいました。
感謝いたします。
いつもはいじられキャラな智さんが、翔ちゃんといると兄さん(先輩)になり
翔ちゃんは何気に正座しつつビールをおつぎいたします状態な(←違うと思う
大人なよい雰囲気になるんですよねぇ。
大好きです山コンビ

20150401-1.jpg


昨日は38年間勤め上げた夫の定年退職の日。
仕事は継続するので、何も変わらない日々だけど、ひとつの区切りだもんね。
おっきな花束買って抱えて歩きながらいろいろ思い出しちゃった。
数か月の新人研修を終えて東海支店に配属されてきた新入社員4人を迎え入れた日のことよーく覚えてるもん。
二十歳のわたし。
笑っちゃうなー、あの日の私に今のこと教えてあげたい←

お疲れ様でした。
これからもよろしくです。
  1. Diary
  2. / trackback:0
  3. / comment:2
  4. [ edit ]

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY


プロフィール


Author:sutako/るぴ


別館(映画レビュー)


きゃらめるぽっぷこーん

月別アーカイブ

« 2015 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -