24時間闘い続けても興奮と熱がキープできていた

昨日「王になった男」観てきました
面白かったです
影武者の話って日本でもあったし
「デーブ」というアメリカ映画にも似ているらしくて
目新しいものではないんだけど
想像以上に笑えるし
後半ちょくちょく泣かされるし
なんと言ってもビョンホンを始め俳優陣が素晴らしいです
今や飛ぶ鳥を落とす勢いのリュ・スンリョン様が脇をがっちり固めてるんだもんね
でね、韓国映画特有の泥臭さがなくて後味すっきりな印象です
韓流のカテゴリを超えて映画好きな人が楽しめる作品だと思いました

最近、映画館で観たのはもう一つ
「脳男」
これも面白かった(ちょいB級テイストも感じつつ)←私の好きなヤツ
生田斗真のダークヒーローがカッチョよかった
ストーリは全然違うけど
主人公がカッチョいいっていう意味では「アジョシ」に似てるかな
(残酷で人がいっぱい死ぬとこも似てる)
別に韓国映画に例える必要はないんですけどね

とーま君が映画公開直前に
お願いがあります、、ってことでファンに向けて
舞台挨拶の時に
映画を観ないで舞台挨拶だけを回るファンの方がいますが
お願いなのでそれは止めてくださいって呼びかけた
恥ずかしいんだって
どーか映画を観てください
もし映画がつまらないのなら途中で席を立ってもかまわないけど
そうじゃないのなら映画を最後まで観てほしいって

それ読んでいろいろ思い出しました
私も韓国で舞台挨拶は何度か行ったけど
絶対に譲らない基本は映画を最後まで観ること
そうじゃなきゃ、作品に対して失礼だもんね

「少年倶楽部プレミアム」という番組に斗真君が出てて
すごく面白かった
彼は役者だなぁって思った
目標はなに?って質問されて
「次の作品」って答えてました
あぁ、、ミョンミンさんも同じこと言ってた

「24時間闘い続けてもずっと興奮と熱がキープできていた」
これは斗真君インタビュー記事から
勢いのある俳優から出る言葉は、言霊にも熱があって面白いです

二代目トヨエツ襲名宣言

エロかったです。エロスのネジがバカになっちゃっているのか、、
ダダ漏れしちゃってるんです非常にエロの塊です。(ニノの豊川悦司さんの印象)

ニノにいろいろ教えておいた。(トヨエツ)

僕は疑いもなく、ふたりのラブストーリーを撮っていました。
追う者と追われる者の人間関係が濃密になっていく有様が
ラブストーリーに近いエロを出していたんです。(大友監督)

むーーーーん
「プラチナデータ」完成披露試写会
予想外の方向へ(笑)
こんなに期待値上げちゃって本当に大丈夫ですか~~

ニノ髪を切ってお坊ちゃまのようだというレポもあり

何もかもが謎すぎて楽しみすぎる

ニノさん

マイブームは最近買ったスマートフォン
なんか今自分がすごい新鮮
流行がスマホからどんどん入ってくる


つ、、ついに
スマホが大野さんのところに、、、

去年のお誕生日の頃
釣りの最中に「あああぁぁぁ」って言いながら海に落っこちて
携帯をだめにしちゃって
誕生日おめでとメールに一切返信できなかったわけですが
おーちゃん
スマホデビューしてたとわ☆
しかも流行がスマホから入ってくる、、と

ツイッターとかしてるんですかね
便利よね
私もかなりの情報をツイから頂いております

サトラジによりますと
最近は創作活動に集中できる時間があるそうで
リビングで、絵は壁に掛けて立って描いてるそうです
ちょっと前に、ひとりで東急ハンズ行ったって、、
おーちゃんひとりで行って大丈夫なんですかね
 (もしや、、って気付いてもそっとしておいてあげてね)
次は粘土

粘土コネコネする大野さん
考えるだけで可愛いです
今年はまだ単独の仕事決まってないけど
しばし自由な時間がとれるといいねー

相葉ちゃん→「ラストホープ」
翔くん→「神様のカルテ」クランクアップよね(zeroで確認←眉毛チェック) 
      次はドラマ「家族ゲーム」 謎ディ公開もあるし
ニノ→映画「プラチナデータ」近日公開!!
   どれだけの雑誌取材を受けたんでしょ、驚愕の雑誌の数々です
潤くん→映画「陽だまりの彼女」絶賛撮影中(←最近のビジュアルの素晴らしさが半端ない件)

そして
おーちゃん→創作活動及びスマホデビュー

ひとりだけ若干方向性が違いますが
いいのか??
いいんです(笑)

    

そして
ここからが本題(前置き長い)

ニノが単独MCを務めるバラエティー番組『ニノさん』(日本テレビ)が4月から放送スタート

翔ちゃんに続いてニノちゃんも☆
やまたろコンビがいよいよレギュラーMCデビューするんだねぇ
バラエティやりたいって言ってたもんね

初MCで、一人というわけで。
すごくうれしいです!というのが本当の気持ち。


4月から同局が深夜に設けた全10回のトライアル枠で、MCの二宮さんと5人のディレクターの相性を試すという前代未聞のマッチングトライアル番組。さらに、10回の放送の中から、今秋以降のレギュラーを担う企画を決定するという。毎週違う企画で、二宮さんがどのような魅力を発揮するのか、どのディレクターの企画が二宮さんの魅力を最大限に引き出せるのかが見どころとなる。番組に参加するのは、「嵐にしやがれ」の上利竜太ディレクター、「世界の果てまでイッテQ!」の内田秀実ディレクター、「ぐるぐるナインティナイン」の那須太輔ディレクター、「ヒルナンデス!」の橋本和明ディレクター、「スター☆ドラフト会議」の宮森宏樹ディレクターの5人。二宮さんは「初めてのことばかりですが、自分がトライアルで落ちないように、精いっぱい頑張ります(笑い)」とコメントしている。


なるほどなるほど
深夜ってのがさらに楽しみで
秋以降のレギューよりマッチングトライアルの方が面白かったりして(←おい)
肩肘張らすに多少グダってしててもいいから
上手く乗れるといいよね

村上くんの「月曜から夜ふかし」とか大好きよ
あれはヒナとマツコさんとの相性がバッチリだったのね
あ、そっか
ニノは単独なのかぁ
凄いねニノちゃん(頑張れ)

ニノも翔ちゃんも
新しい姿で楽しませてくれるかな
楽しみにしてます
 (実は内心ドキドキしてる←なぜに私が緊張するのか、笑)

SWで背中の羽を隠すしぐさ

涼しげな口紅も
君に似合ってる
ショーウィンドウで背中の
羽を隠すしぐさ

さらさらさらさらと
揺れて靡いて
香るは緑なす
君の黒髪


只今激リピ中の曲であります
おーちゃんの綺麗な高音のソロで始まるのが心地いいんですよねぇ

ショーウィンドウで背中の
羽を隠すしぐさ


天使?
背中の羽が見えてるのに気づいて
ショーウィンドウで確認しながらこっそり隠してるの?
むふ、、女子はきっと全員が天使ってことね(笑)

初めて聴いた時は若くてアイドル曲っぽいという印象で
彼女のことを歌ってるのかと思ったけど
歌詞をよく聴くと
実は主観じゃないんですよね
俯瞰で眺めてるような曲
女子への応援歌みたいな曲なのね

長いカーブの坂道
上りきった君
待ち合わせには今日も
早すぎるだろうに

ゆらゆらゆらゆらと
陽炎立ちて
ストローハットにも
降る蝉時雨



『Eyes With Delight』
   喜びにあふれた瞳(あってる?)

韓国でリメイクされたって言ってたから探してみたら
ノンストップ5というグループの『Oh Party Tonight!!!』でした



え?
なんか見たことある方がたくさんいません?
SHINHWAのミノくんとか
ク・ヘソンちゃん?ハン・ヒョジュちゃん?

ノンストップってあのドラマのノンストップのことなのね
  ※2000年から2005年まで5年間、韓国MBCで製作されたシチュエーション・コメディ
確認できなかったけど、ひょっとしてスンギ君もいるのかな?
意外な繋がりにビックリしたのでした

胸にしまったあの悲しみが
カタリ 音をたてる
でももう 気付かないね

Oh love you love you your eyes with delight
その瞳は今 風を見てる
Oh love you love you your eyes with delight
涙より深い 輝きを湛え 微笑んでいる

静かな強さ

ちゃんと立って、笑っていられる人は強いと思います。
たとえば、僕がいる世界もすごく流れのはやい川の中にいるようなもので
もういいやって思ったらポーンって流されちゃう。
どこの世界もそうだと思うよ。
だから、立って生活できてるだけでも
その人は十分強いんじゃないかなぁ。


「ちゃんと立って、笑っていられる人は強い」
相葉ちゃんらしい言葉だなぁ
それってまさに貴方自身じゃないですか

金曜日の相葉ちゃんのラジオで
翔ちゃんの誕生日にロックグラスをあげたんだけど
リーダーの誕生日プレゼントをまだしてなかったから同じものを買って
みんながいるところで渡したって

むふ、お兄ちゃんコンビが
相葉ちゃんからプレゼントされたグラスで酒を呑む☆
想像するだけで楽しい~♪

昨日のしやがれ
もーなにこれ
20130216-1.jpg
こーいうこの子たちが
おバカすぎて
微笑ましすぎて
好きすぎる

スンジョンさん来日

先週の土曜日、韓国から来日されたスンジョンさんご一家と
「原宿・表参道」を散策を楽しんできました

来日の目的は、イラストレーターのスンジョンさんが
原宿のデザインフェスタギャラリーでイラスト展を開催するための準備
ウリSAMTAさんが手続きのお手伝い(通訳)をされるということで
ワタクシはその後のお食事、および散策で合流

裏原宿をぷら~りぷら~りと歩いて
天気もよくって気持ちよかった
住宅地がそのまま賑やかな繁華街になったっていう雰囲気が面白い街よね

夕食は青山のスパイラルカフェで
いやぁ、オサレです
スンジョンさんが家族もいらっしゃるのに休日に自分たちのためにこうやって時間を遣うことにとても恐縮している、ということをしきりにおっしゃってたのですが
いぇいぇ全然違います

ミョンミンさんを通してお知り合いになって
前回は浅草、今回は原宿を一緒に散策して
どれだけ楽しませてもらってるか
こちらこそ感謝なんです

、、、と自分の言葉で伝えられないので
SAMTAさんに伝えてね、とお願いしました☆

今回待ち合わせて久々の再会をしたときに
スンジョンさんが私を見て「髪を切ったんですね~」って言って下さって
なんか、なんか、気持ちがほっこりと、、、
ご主人様は日本語のガイドブックを手にご挨拶
感激しちゃいました

前回、浅草でお会いした時も伺ったんだけど
ご主人様は奥様の付き添いで日本にいらしたけど
それほど日本に対して親近感があったわけでもなく
どちらかというとごく普通にそれほど好きじゃない国(お国柄として)というイメージを持っていたのが
実際に来てみると、皆さんがとても親切で
街も綺麗で、素晴らしい文化があって
今までの見方が変わったというようなことをおっしゃってたんですよね

その国の言葉でコミュニケーションしようって思うって
それって親しみをもつことの根幹ですよね
ご主人様、ずっと日本語のガイドブックを見てるんですよ
でも、なかなか日本語は出てこないの(笑←かわいい)

お別れするときに、最後の最後に日本語でお話して下さいました
「心からありがとうございます」って
それが本当に嬉しかった

ひとり息子ちゃんのイサック君はとてもシャイで
話しかけても目をそらしちゃうような男の子なんだけど
家に帰ると日本で楽しかったことをたくさん話してくれるんだって

だって、外国旅行して
知らないおばちゃんたちが、入れ替わり立ち代わり(笑)来て
ニコニコ話しかけてくれるのよ
きっと楽しく幸せな思い出になってくれるよね

ご一緒頂いたbellさん、kocco9ちゃん、Alicoさん、RINさん
そしてSAMTAさん
楽しかったです
ありがとうございました~♪

次は5月ですね
スンジョンさんのイラスト展
楽しみです~♪

Eyes With Delight

またまたお久しぶりでございます
ブログの方向性を模索ちゅぅ、、か ←今頃?(笑)
基本、その時の気分で好きなことを書いてるだけで
そんなたいそうなものではないんだけどね

☆昨日のラストホープ5話、面白かった

医療の最後の砦なんだろ
怖くても行かなきゃ
ラストホープじゃなくなる

このシーンは良かったわぁ

やっぱりメインは毎回登場する患者さんのエピソードだもんね
そこが面白いから、挿入される先生たちの過去の話が生きてくる
不妊治療で授かったお腹の中の双子とお母さんを助けるために胎児治療をするという
シンプルな話だったけど緊張感があった
子どもを助けてと泣くお母さんの姿に涙しちゃった
このドラマの面白さの根源は「先端医療」ってとこだよね
相葉ちゃんが有能なお医者さんに見えてきてます←凄い!


☆野王

視聴率ってこうやって上がっていくんだなぁって体感中
脚本が超絶です(笑)
リアル視聴じゃないから前もってだいたいの内容は記事で読むんだけど
すさまじい展開に笑えるくらい(双子って設定はやっぱ「復活」みたくなった)
だけど視聴するとそれなりに入り込んで観ちゃうから
流石だわ
9話は最高でしたね

でも10話になって状況がガラッと変わってスピードが落ちた気がする
「モッテンサラン」がそうだったのよね
前半がドキドキしっぱなしだったのに
後半で状況が変わったら、ずっと頭の中に??があったもん

ハリュの存在をちらつかせてもっとタエを怖がらせなくちゃ(←怖)
強い女たちvsハリュ の構図になりそう
ハリュは優しいから負けちゃいそう(それはそれで面白かもだけど)


☆只今、WISHのシークレットトークを絶賛視聴中~(古っ)

25才になる大野さんの目標

来年は海外を好きになりたい
日本が好きなの
出ると帰りたくなってしまう


あーー可愛い

そして32才の今

去年の夏、ニューヨーク行かしてもらって
帽子も何もかぶらず
ひとりにもバレず
ひとりでこう、、歩いてるだけで楽しかった


って言うおーちゃんが、切なくて可愛い

、、、なぜこのエントリのカテがおーちゃんなのか
さらに、エントリタイトルが謎だ

天才と紙一重とラスホ(4話)

2005年5月18日OA Dの嵐
「巨大おりがみの船に乗って海へ出よう!」を、とあるDVDで見たんですけどね

天才と紙一重チーム(櫻井、相葉)が大きな紙で折り紙して船を折り
二人でそれに乗って自力で漕いで荒川を6km下り東京湾を目指すんだけど

結果、3km地点で沈没
でも1kmでかなり水が入ってきておりがみ船はヤバかったんですよ
脅威の粘り、目標の半分まで行くとは思わなかった
きつそうだったもん

翔ちゃんは頑張るんだけど正直に疲れた顔も見せるんだよね
相葉ちゃんはひたすら頑張って励ますの
弱音を吐かないで仲間を鼓舞する(翔ちゃんと自分を)
ダメだー!ダメだと思った時がスタートだー!って叫ぶ(沈没の瞬間にさえ、笑)

この子の頑張りは天性なんだなぁ
この子の全力投球は見せかけじゃないね
5人で頑張れたのはこの子がいたからってのは
ほんとにそうだろうと思った

櫻葉コンビはいいね
この二人は体育会系のノリになるんだよね
相葉ちゃんといると、翔ちゃんがリラックスした自然体の男の子になる

そして
元気いっぱいなピアスした突撃隊長の相葉ちゃんを見た後に
30才になった卓巳センセイな相葉ちゃんを見るとね、、、
嬉しいよ(←どーしても母目線)

  

さて、ラストホープ4話
今回は10分拡大版で番宣もたくさんして力入ってたね
テーマがまさに今話題のiPS細胞
患者さんの心臓を再生させるという話だったけど
これって現実に先端医療ではすでに行われてることなんだろうか
すごいなー
医療が想像よりはるかに進化してるのは、去年手術して実感したもん

そして、古牧(小日向)センセイは死んだ息子を蘇らせようと考えてる?
(そこにいくとすごいとこに踏み込んじゃいますけど)

4話は先生たちの過去にもたくさん焦点があたって時間を割いたせいもあるんだろうけど
患者さんのエピソードがちょっと弱かったかな
いつ終わったのかわからなかった(まだ続くかと見てた、笑)

タイトルに希望(ホープ)って言葉があるように
難しい病状を抱える患者さんも最先端医療で最後は回復に向かって終わる
毎回、患者が抱えるエピソードがあり
6人の医者に謎めいた過去があるんだけど
質感がべたついてない(べたな韓国ドラマを同時視聴してるから尚更、笑)
扱ってるテーマは重いんだけど明るい
そこがこのドラマの一番好きなところです

卓巳センセイが患者さんに寄り添う優しい医者ながら
マイペースで(自分を曲げない)さらっとブラックなことも言っちゃうんだよね
それが全然嫌味じゃなくて棘がなくて悪意がなくて(言ってる内容は棘があるのに)
最初は、「町医者」って他の先生から蔑みの言われ方してたのが
今ではそれが親しみを込めた愛称になっていて
実はこの町医者さんがとても優秀で
それをあの(突撃隊長の)相葉ちゃんが演じるってのがね
ファンとしてはたまんないよねー

復讐開始 野王7,8話

「さらに高みに行け。高いところから落ちてこそ墜落の苦痛を感じるだろ。」

「あなたがいくら登ってきても、私の指先にも追いつかない。」

怖え~~~~

悪縁っていう言葉があるじゃない
日常生活でほとんど使ったことない気がする言葉だけど
まさにそれだよね
この二人

なんで出会っちゃったんだろ
自分たちもそうだけど
周りも不幸にする二人

6才の娘ちゃん、、死んじゃったよ
まぁ、ストーリー的にはそうだよね
親が互いに復讐劇を始めるのに、娘ちゃんがいたんじゃ居た堪れない
(↑ドラマとはいえこの発言って)

「ごめん、愛してる」っていうドラマがあったじゃない
ものすごく好きなドラマではあるんだけど
実はあれは「因果応報」のドラマなんだよね
ラストはウンチェが父親の代わりに自分の命で償ったでしょ
きついドラマだけど、だからこそ毒もあって廃人が続出したんだろうって思う
ジソプの魅力も大きかったけどね
(毎回観るたびにダダ泣きするワタシ)
人が人を愛するってこんなに重いかなぁ
ここがねぇ、、私が感じる「THE韓国ドラマ」ですわ
野王でいうと、悪縁も「愛」のひとつなんですかね
私ならさっさと悪縁を絶つけど(←バリバリな日本人)

刑務所でいきなり師匠が登場して
ハリュは猛勉強の末に学士さんになっちゃった
あんまり切れ者の師匠には見えなかったけど(笑)
そこは、原作は漫画ですからね
アリでしょ(問題なくアリです、笑)

タヘはドフンに
ハリュはドギョンに取り入って
すさまじい復讐が始まる
怖い怖い怖い~~~

「野王」第2ラウンド開始です☆

祝祭

互助会に入りました
そう、冠婚葬祭に備えるあれ

勧めて下さったのはご近所さんで
20年ぶりに戻ってきてご挨拶に伺ったときに
「おかえりなさ~い」って笑顔で迎えてくれて嬉しかった
20年ぶりって言ったって
ここは地元じゃないし親戚もいないし(実は縁もゆかりもない)
住んでたのはたった2年間だけだもんね

なかなか聞けなかったご近所の話も知りました
隣のご主人がいないのは離婚しちゃったんだとか
反対のお隣さんは息子さんが病気で大変だとか
20年の間、ウチに住んでた人がどんな人だったとか
かなーり率直にね
お互いの家庭の事情もちょっとだけ打ち明けたりして
仕事の話もして
まだ若いんだから頑張りなさいって励まされちゃった

こういうご近所付き合いってどこにでもあって
珍しくないのかもしれないけど
長年の転勤族暮らしをしてる身にとっては
実はものすごく貴重なというか新鮮というか
初体験

そっか
ってことは
私のお葬式はあそこでするのかなぁって、、(すぐ近く)
そういうことも考えるよね
ヘンな話
今私のお葬式してもどれだけの人が来てくれるかなぁ
こっちの知り合いって少ないよ
この街で積み上げてきたものがまだなんにもない

アン・ソンギさんの「祝祭」という映画を思い出しました
 はぴるぴレビュー ⇒ 祝祭
ぷぷ、、やっぱりここでも書いてる
私が死んでもこんなにたくさんの人は集まらないって
潜在的にいつも考えてる?(笑)

若い頃は実年齢よりも必ず年上に見られたけど
年令を重ねてからは10近く若く見られるようになって
それは嬉しいんだけどさ
最近、自分で鏡見てると
実年齢を感じるんですよね
先日旦那にそんな話をしたら笑われた
あの人はそういうこと全然考えないんだろな(いつも楽しそうだ)

どうしてそういうことを考えるのか
やっぱりお年頃なのかな
祝祭めざして
まだまだこれからだよ(←こういう〆でいいのか、笑)