スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピエタ

~一部抜粋~
キム・ギドク監督は24日、「『ピエタ』の観客の皆さんへ感謝のメッセージ」を通じて、「至らぬところの多い映画『ピエタ』が今週末、観客動員数50万人を超えた。僕には50万人ではなく、500万人を超えたも同然だ」と話した。
続いて「ピエタ」の早期上映終了の意志を明かした。メジャー映画の映画館独占と交差上映(観客が少なかったり、興行性が低いと判断された映画はほかの作品と交互に上映する方式)に抗議するためだ。

ここ10年の間に独創的な映画的挑戦と成果はほとんど失われ、投資会社の社員たちが注文する、どこかで見たような映画が、誇りもなく、観客数と収益という価値だけで評価されています。100年先を見据えなければならない映画産業が、目先の利益を追い、絶壁に向かって走っています。


⇒⇒ キム・ギドク監督「ピエタ」早期上映終了宣言…なぜ?

 
「観客数と収益という価値だけで評価される」
ワタクシ黙って頷きました
ミョンたん、最近インタビューで興行の話が多いもんなぁ
46万人は失敗で450万人は成功なの?
自分の作品をそんなふうに評価するって
正直悲しかった
撮り終えた作品は
「もう僕の手を離れた」って
痺れるような名言を言う
そんなミョンミンさんが好きです

そして
ちょっと前の韓国映画はもっともっと面白かったよ
キドク監督にささやかですが心から拍手を送りました

第13回東京フィルメックスで『ピエタ』の特別上映が決まったそうです
嬉しい
見られますね~☆

たしか去年、丁度東京に滞在してた時期と重なったので 『豊山犬(プンサンゲ』観たんだよね
今年も絶対に行かなくちゃ☆

20120930-1.jpg


++キドク監督のメッセージは続きにたたみました++
スポンサーサイト

黄色い涙

最近、ひたすら日本の映画観てます
前から観たかった映画がたくさんたまってて
それを順に観てるんだけど
犬童一心監督の『ジョゼと虎と魚たち』(2003年)をやっと観ました
面白かった☆

犬童一心監督って嵐の『黄色い涙』(2007年)の監督なんですよね
ちょっと前にこの映画観たけど
まぁ特別に面白くはなかったけどつまんなくもなかった(←中途半端な感想だな)
ただ嵐の5人が出てるってことで
映画の雰囲気がどうしてもアイドル映画テイストになるからもったいないよなぁって、、
演技力うんぬんって話じゃなくて
やっぱり5人そろうと嵐の映画ってなるもんね
映画としてもったいないなぁって思ったのは、きっとそれだけいい映画だったってことよね

私的には翔君の
銭湯での
半ケツというより、あながち全ケツかっ☆が、ごちそうさま~~でした(笑)

どうして監督さんが嵐の5人をキャスティングしたのか
ずっと謎だったんだけど
こんな記事を見つけました

「嵐は、5人でいるとまるで中高生のような雰囲気がある。たとえばコンビニでパンを買ってグループ全員で一緒に食べ、雑談をして、それだけであとは別れる。なんでもないけれど、二度と帰ってこない、かけがえのない時間を20代のいまも感じさせてくれる奇跡的な存在」と、嵐起用の理由を語る。

なるほどね、、

20120928-1.jpg


多分映画絡みでのコメントだと思うんだけど
ニノちゃんのやけに尖った感じの文章が
なんか可愛いわ(#^.^#)


二宮和也
俺が万人に受け入れられるとは思ってないし
そういう青臭いところはまだ消えてないから
だからこそ自分が生きていく上で、欠落した部分が欲しいわけ
欠落してる部分が絶対一個ほしいわけ
人間として何かを犠牲にするかの問題なんだけど
たぶん、、愛情なのね俺は


大野智
やっぱりね、圭ってバカなんだよ
純粋馬鹿なの
流されやすいところもあるし、、、なんか、見てて可哀そうになるんだよね
「お前、バカだなぁ」って
だって、、そうだよね?
両親を亡くして、環境にも恵まれないのに、そのことに本人が気づいてない


相葉雅紀
やっぱり何かに一生懸命な人って失敗しても成功してもさ
なんか魅力があったりするよね
なんとなく地位が上がっていくのと、いろいろあったけど
今そこにいるっていうのとは、たぶん、、気持ち
その質が全然違うと思うの


櫻井翔
やっぱ、嵐の力は大きいと思う
別の4人だったら、違う立ち位置、違う竜三だったと思うし
このメンバーに囲まれてやった竜三が、結果ああなったわけだから
みんなが作ってきたキャラクタがそれぞれあって
だからこその、あの竜三だったんだと思う


松本潤
メインどころだと中心になって受け側にまわることが多いと思うけど
今回は押すとか出す側だったから
そういう意味で言うと、すごくいい立ち位置で仕事させてもらったと思う
欲を言えば、、もっと出たかったっていうのはありますけど

カンチョプって漢字にすると間諜なんだね

ドラマの帝王の撮影も進んで(多分、、)当然気になるんだけど
どーもあっちもこっちもができなくて
ミョンミンさんに関しては今はまず「間諜」について行く末を見守りたいって気分です(←なんだよ、その行く末って)

韓国は明日から秋夕なのね
いわゆる秋夕映画として今公開されてる話題の韓国映画って
ミョンミンさんの「間諜」とビョンホン氏の「光海」とキドク監督の「ピエタ」の3本しかないのね
意外に少ないんだ
二つの映画が圧倒的なスクリーン数を占めてて、映画ファンの間では、選択の余地がなくて映画に選択されてるようだってぼやいたりもしてるみたいだけど
なんかわかるかも

単純に楽しめばいいんだけど
映画イコール興行みたいなさ
やっぱり映画俳優のファンしてるとそういうところに首をつっこんでっちゃうんでしょ
最近のミョンミンさんのインタビューを読んでるとその話題がおのずと多くなるし
(質問されるからそういう答えが多くなっちゃうんだろうし)
作った以上採算取れなくちゃ困るのは当たり前の話なんだけどさ

キム・ギドク監督の「ピエタ」がヴェネツィア国際映画祭金獅子賞を受賞されましたね
金獅子賞って最高の賞でしょ
キドク監督の作品って日本でも根強い人気があって
海外では凄いんだけど韓国ではあまり人気がないんだよね
映画辞める辞めるって言いつつ(←言ってたよね)でもちゃんと作品を作り続けて
最終的にはきちんと日本でもその作品が観られて
いち映画ファンとしてはそれで満足なんだよね
もちろん彼の場合は凄いスピードで撮影する低予算の映画だから
簡単に比較はできないんだけど
いっても同じ映画界だもんね
同時にミョンミンさんが感じてる結果を残すっていうジレンマ(責任感)が
それは彼の責任感のなせることだってこと、すごくよくわかるんだけど
なーんかどっか彼に似合わない土俵に上がっちゃってるような気がして
しんどそうだなぁって思っちゃう
毎回CJとロッテがなんたらかんたら、、って話が出るし、、

、、、なんだよー
結局こういう話になっちゃうのよね(自分にダメだし←)

「私も助演やカメオ出演のようなものに出たいと思う。ところがオファーがない。
提案をもうちょっとして欲しい。ところで、このコメントも生意気に見えるのではないか」
~ハンアリから記事引用(感謝)~

なんかもー、こんなこと言っちゃって切ないではないですか~~(涙)

「ピエタ」主演のチョ・ミンスさんってドラマ出演が多いらしくて私は知らないんだけど
「キム·ミョンミン、ハン·ソッキュさんのようにエネルギーあふれる俳優と一緒に仕事したい」ってインタビューで答えて下さってました
嬉しいっすね~♪
エネルギーあふれるウリペウ
ミョンたん聞こえた?

あれ、「間諜」の話をしようと思ってたのに全然してない(笑)

ここんところかなりのネタバレレビューを読みまして
なんかもうすっかり観た気分です
でもやっぱり字幕がついた状態でしっかりと観ないとわかんないよね
いや、もー本当に観ないとわかんない!

最近観たファン・ジョンミン氏の「モビーディック(裏切りの陰謀)」
新作でレンタル料高かったけど借りちゃった
これって確か興行成績は50万人くらいだったような気がするんだけど
地味だけと結構面白かったのよ
ホントわかんないよ
1000万超えてるからってたいして面白くなかったのもあったし(←あくまでルピナス基準)

ってことで、やっぱり結論は
早く日本で観られるようになって~♪

その前に週末にもまた舞台挨拶があるのね
「カンチョプ」ガンバレ~~~~~♪

20120928-11.jpg


続きはちょいひとりごと

四方からナイフを迎える男

最近のミョンたんの私服のコンセプトが謎すぎて(笑)
ぷぷぷ、、

しかも、ミョンたんもおーちゃんもツーブロックしちゃってるという驚愕の事実
ある意味すごい!(笑)私のツートップがツーブロック←笑
おーちゃんは登場した瞬間にコボちゃんだぁって思ったんだけど
ミョンミンさんの場合は、どーしてもスッキリの加藤浩次さんに見えてしまう私を
どーかお許し下さい~~~

さて、、コホン 20120926-222.jpg


この記事を読むと、キム課長ってミョンミンさんにどこか似てるなぁって気がして
なんかちょっと切ない、、

ところで、あの「スパイ」の予告編から受けてたイメージって、、?
見てないからなんとも言えないけど
かなーり違う映画じゃないんかって最近思い始めてます

コメディな雰囲気かと思ってたけど
本質は北と南の真ん中で、家族を守って必死に生きるスパイ
それって当たり前だけど辛いよなぁ


そのこだわりは遺伝的なものだ。
そうなのか?(笑)息子がするのは頑固ではなく執着である。そのような問題に直面するとき、息子にこだわりと執着は違うと言う。


ぷぷぷ、、こだわり?執着?頑固?
あのぉ、お父さん似だと思うんですけど(いい意味でございまする~
息子ちゃん可愛い
ミョンたんも可愛い^^

ネタバレ、バレバレあります 要注意~☆


俳優と家長という二重生活   元記事⇒⇒ movist

よくぞこの目に目をつけた!

もってきちゃったよ
いいのかなぁ(笑)

綺麗な二重だもんね
目だけでもずっと見てたい

恍惚と不安を同時に心に抱える

コンサートに行きたくとも運悪くチケット抽選に外れて行く事が出来ないファンや、様々な事情で彼らと同じ一体感を共有できないファンの皆さんのために、仕事の関係で招いて貰った私の小さな務めとしてコンサートレポートを本ブログで記事を書き続けてきましたが、今回も私の感じたコンサートレポートを書きたいと思います。

NEWS ZEROのスタッフの金杉文さんのブログから
翔ちゃんはこういうスタッフと出会いながら仕事してるんだなぁ
人様のブログって、あんまりリンクしないんだけど
今回ばかりは、、ありがとうございます(*^。^*)

⇒⇒「嵐フェス」レポート!新たなステージへ

それって可愛いすぎんじゃないって思った件

WSで短い時間しか見てないのに
かなりの確率でファンのうちわリクエストにこたえて
ピースしたりファンを釣ったりジャンケンしたりおつむてんてん(?)してた
ずーっとずーっと、ライブ中どんだけしてるんだか

そーいえば、広ーいライブ会場では後方と時差が起きて
拍手とか手拍子とかずれるのが面白くて
いかにして一番後方と調子を合わせられるのかチャレンジしてたって言ってたことあったっけ

こっそりファンと遊んでる

皆さんが応援してくれたから
きょうのライブができたと思います
これからもどんどんこういう機会を
つくっていきたいと思うので
僕らも頑張りますので
皆さんも頑張って応援してください
スイマセン 上から目線で

20120924-1.jpg
最後に謝る君が好き

ウラ嵐マニアのシークレットトークで言った
「ごめんファンの子たち」

ファンの子って言われて舞い上がった馬鹿者です(笑)

待合室にて

病院の待合室で、ひとりふぇすで作ったアラフェスリストの曲を聞きながらつらつら考えたこと

「Green」
じっくり聴いてたら涙出てきて困った
メッセージ性のある曲ね、翔さんが中心になってみんなで作ったんだね
地球環境について考えて、コンサートのみで歌われた曲
何年前の曲? 今この時代に聴かなくちゃね

「この歌詞で直接何かをやってやろうと思う人は多くないかもしれないけど
何かを感じるきっかけになってくれる楽曲」

今回は翔さんがぜひって推した曲みたい


最近少なくなってきてちょっと残念だったんだけど
以前の曲って大野さんの綺麗な高音のソロパートがあって
翔さんのRapがガッツリ入ってる曲が多いよね
これが嵐の曲の魅力だなって思う
いまさらだけど、デビュー曲の「A・RA・SHI」のおーちゃんのソロパートは本当に綺麗な声だ


たくさんのライブレポを読んで楽しかった
「Rain」は白ジャケに太めのジーンズって知って
ひとり興奮したんだけど
なんとシューイチでその姿が映ってて
見て納得、そっかこれは完全リメイクなんだ
以前にライブでやった時と全く同じだもん
今回は、完全再現と、振付を変えたバージョンアップと
幻というか、今までお披露目されなかったパターンと、盛りだくさんだったんだね

「Rain」のレポを読んだら、マジ胸がドキドキした
センターステージでひとり踊る大野さん
周りを炎で囲む演出だったって

誰かが思わずつぶやいた「大野さんの歌、CDより上手い」
わかる
だよね、だよね
あーーーーーーー!!!聴きたい!!!

「Rain」はおーちゃんが振付を考えたんだよね、電車のなかで
つり革につかまりながら、駅までの25分間、目を閉じてイメージして
それを何日も繰り返してできたんだって
メモは取らずに、ずっと頭の中でイメージして完成したらしい
トータル2時間くらい?
でも家に帰ってやってみたら早過ぎて追いつかなかったって、、

Popcornの曲も振付するって言ってたらしいから
大野さんのダンスの才能をもっともっと世に披露してね
たくさんの人がそれで幸せになるのよ~

20120924-2.jpg


これは前から思ってたことなんだけど
Mステで「眠らないカラダ」を歌う若い嵐さんたちをみるたびに
今の彼らでこの曲を聴いてみたい
年令のわりには大人びた歌を歌ってるもん

ニノとおーちゃんのソロはまさにそんな感じ
両方とも艶っぽい曲なんだけど、この歌を歌ってた頃って何歳?
今の彼らだからこその色気とかさ、、あー、想像するだけで死ぬ(←おい)

私のようなできたてほやほやファンがこれだけワクワクするんだからさ
デビュー当時から、それ以前からのファンはたまんないよね
こうやってみな様の興奮を聞かせていただけるだけでありがたいと思う
留守番組でも満足です
だから絶対にDVD化してね
来年もアラフェスあるけど
今年も来年もDVD化してね(←何度でも言う!)


「たくさんの夢を僕たちに見せてくれて、どうもありがとうございます
たくさんの人たちのために、いけるところまで走ってみようかと思います
これからも、ついてきてください」


出た!!!出ました!
横顔だったけど、ニヤって笑った、翔さんのドヤ顔
最近の彼を見ていて感じることがあって
この翔さんに萌えました

デビューした頃だと思うけど、Mステ出演時の翔さんは
なんであーいう巻き方をしたのか不思議なんだけど
赤いバンダナをおでこが見えるように巻いていて
真ん丸な幼い顔に、まあるい目と唇、おでこも丸いから、豆みたいに可愛い
だけど歌い終わっても二コリとしないの(←緊張してたんだろうか)
そのくせエンディングで外タレの方に(ファンなのかな)英語で話しかけてて
やたらに可愛い風貌なのに生意気そー

今やニュースキャスターで、理知的で品があって
もちろんそれは紛れもない彼自身の姿なんだけど
ときどき見せるドヤ顔なオレオレ的な彼がたまらなく好きですわん

行けるところまで行ってください
あなたなら間違いないです

以上、、、病院の待合室でひとりふぇす聴きながらとりとめなく考えたことでした、、



☆追記 薬局にて

毎回、その薬局では non-noを見るのが楽しみなんだけど
今回は「タッキュウノアラシ」
ニノと相葉ちゃんが卓球してた

小学生の時に卓球クラブの部長だったニノ
6年前に卓球部のエースの役を演じたので、福原愛ちゃんに指導してもらったんだって
そっか、ドラマ「少しは、恩返しができたかな」では卓球部のエースの役だった

アラフェスに福原愛ちゃんが来てたみたいで
それを見つけたニノが、愛ちゃんに向かってサーブを打つ真似を何回かしてたってレポがあったので、なーんかニンマリした☆

あくまで私見な話

アラフェスだけじゃない(←とーとつ)
20日は「スパイ」の映画封切りですからねー☆
情報収拾してレビューもバッチリちぇんく☆

「スパイ」にヨム・ジョンアが出演するって知ってすんごい嬉しかったのよね
彼女はシリアス(なつかしの庭)もミステリー(カル)もホラー(箪笥)もコメディ(ラブリー・ライバル)も、なんでもやれちゃう大好きな女優さんですから

「スパイ」の予告編を見たときに
ちょっと前の韓国映画の雰囲気を思い出して
ジョンアさんが出てて、コメディっぽいからなんだろうけど
「ラブリー・ライバル」「ぼくらの落第先生」がぱーって浮かんできて
ボムスさんの「オー!ブラザーズ」とか「オー!マイDJ」とか 
なんか2002年~2004年くらいの映画を思い出したんですよねぇ
根拠はないんだけど直感的にそんな映画かなぁって

最初に楽しくてケラケラ笑っちゃって
いつの間にかホロってして涙して終わる
だいたいそんなパターンだったような気がするの

私的な見解を言うならば
笑わせるなら最後まで笑わせてくれ!って
ホロってなる部分が強引すぎると、どっちつかずで
笑えないし泣けないっていう中途半端な終わり方するパターンがあるんですよね
これは、あくまでるぴ的鑑賞分析データです(←エラそげでスンマセン

今気になってるのは
どー見ても予告編ではコメディな雰囲気を漂わせてるのに
ミョンミンさんが「コメディではない」と話してること
最後の方は家族の話、父親の話になってそうなこと

うう、、最後まで笑いで突っ走らないと駄目よ~ってことになってない?って

ですから、
これは
まったく映画を観てない現時点の
ワタクシのあくまでの私見ってことで

観ないで想像して楽しむから
こういう楽しみ方になっちゃうのよね~(楽しんでるのか←笑)
でも作品(映画)が年に3本って
ファンにとってこんなに楽しいことはないです

ヨンガシ公開時がキム課長の雰囲気だったんだよね
今のミョンミンさんは雰囲気がエンッソニーさんだから
なんかややこしいわ(*^。^*)

アラフェス ウラ嵐マニア ひとりふぇす

自分で思ってる以上に行きたかったんだなぁ、、たぶん

私って理屈は言うけど構造はシンプルで(笑)
行きたいと思ったら猪突猛進
でも無理だったら結構あっさりと諦めちゃうタイプ
執着ないっつーかなんというか

チケット争奪が厳しいことはわかってるから
最初から行けると思わないでいたはずなんだけど
それがねぇ、想像以上の寂しさがあって驚いたんですよね
ファンになるってこういうことなのね

昨日は友達に誘われて
突然のビーチボールバレー大会、楽しかった~
(今日になって太ももに若干の筋肉痛←翌日ってのが程よいです)
帰ったら不在通知が入ってて
じゃじゃーーん!「ウラ嵐マニア」が夕方やってきました

考えたらアラフェス当日に家に届くなんて
これって落選組への心づかい?
とりあえずiPhoneに音入れてゆっくりと聴くことにして
ツイで情報チェックしてたら
ええっ、、シークレットトークが入ってるらしい
これが噂の(笑)
どこだどこだって探して(なにせシークレットだから)
私のだけ入ってなかったらどーしようって焦った←超初体験者

なんでも初だから新鮮で楽しいね
急いで食事済ませて片付けして
さー、ゆっくり聴こうって思ってたら
ライブ終わった方たちのツイで
ドームツアーとアルバムリリースの告知が流れてきて
さらにライブのセットリストが早々とわかってきて
なんだなんだこの楽しさは

ニノが「Gimmick Game」、続いておーちゃんが「Rain」を歌ってる
ひゃ~、なにこの色っぽいダブルエントリ
嵐バックダンサーズはなくて(映像だったらしい)
7万人の中 ひとりで歌い踊る
大野智
二宮和也
想像するだけで痺れてくる ビリビリビリ~
見たいよ絶対見たい
絶対にDVD化してね、お願いだから

大宮SKも登場したって聞いて
一度見たかったなぁ
これは映像化はないだろうから見ることはないよなぁって思ってたんだけど
え~~~~~っ!ビックリ~~~~~!
今朝のWSで大宮SKが出てきましてん
ってことはDVD化される場合もカットされない可能性あり?
お願いします、後世に残して(笑)

そっかウラ嵐があるんだから音源全部あるじゃんって思って
iPhoneにアラフェスカテ作ろうって思いついたら
むふふ、もー、ひとりあらふぇす状態
楽しんだこれが

「エナジーソング~絶好調超!!!!~」
アルバム曲のリクエストの一位だったんだって
去年の暮れに大野さんと翔さんがラジオでこの曲の話してて
ニノがみんなからイメージを集約して歌詞を書いて
大野さんがずっと前に何気に発した「絶好調超」がここで生きたねって話してたよね
でもね、探してもないんですよ
音源が
なんでだろーって思ったら
「Beautiful World」セブンネットオリジナル盤に入ってるのね
そっか、それでウチにないんだ
なにしろBW以降にファンになったできたてほやほやなファンだから

だったらウラ嵐に入れ欲しかった
コンプリートじゃないじゃん、ねぇ
なんて、ひとりでぶつぶつ言いながらニヤニヤしながらやってたら
あーー、なんか楽しいなぁって
最終的にこうやって楽しんでるもんなぁって思って
ひとりあらふぇすが楽しかった、、という話でした
でも来年は是非是非リアルふぇすしたいデス☆

カップリング曲の一位は「Still...」
ま、これはテッパンよね
ホントに歌詞が良くて曲も良くて大好きな曲です

ちなみに
おーちゃんの好きなカップリング曲は「Boom Boom」と判明
おうっ、一緒だ
嬉し☆
(私もブーンブーンって声に出して言いにくいタイトルだなぁって思ってた派です)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。