#7『狐火の家』(原作:狐火の家)
  脚本:相沢裕子 
  演出:加藤裕将
  ゲスト出演 吉田鋼太郎、平田満、郭智博

原作がずっしりと読みごたえのある作品なので期待してたけど
あの内容を1話で完結させるには時間が足りないよね
上手くまとまってたとは思うけど、ラストの謎解きで骨子の説明が終わっちゃった感がなくもない
脱出方法、身のこなしの軽い大野君がやってくれるかと期待してた人多かったと思うけど
あっさり端折られました(笑)
でもスッキリまとまったってことでこれでいいのかも
第二の殺人が起きなくて良かったけど、真相がわかった時の気味の悪さと
狐火の家の意味の悲しさはありましたよね

しかし、脚本家さん上手いよなぁ
金塊を息子の部屋に置きいて工作をするくだりにホームセキュリティ機器を使った~
鍵部屋はALSOKさんに全面協力を受けてるらしいです
    ⇒ ALSOK

田舎道のバス停のベンチにポツネンと佇む榎本径
無表情だけど珍しい錠前を手に入れて心なしか満足気です
榎本さん、あー見えてもきっと休暇満喫中なのね
芹沢さんはモナコで休暇中なのに
バスに乗り込む途中でストップするところ笑っちゃう
そこにいてと言われてそこにいる榎本径
いいわ~
何時間そこで待ったんでしょ(←推定4時間、笑)
玄関を検証するときの空気椅子のようなしゃがみ方
ムーンウォークのような歩き方(だった?)
径さんのキャラが際立ってて最高です

夕食をパクパク食べる榎本さんが新たな一面ですね
(余談ですが、ワタクシ、おーちゃんのお食事姿大好きです、彼の育ってきた家庭の温かさが垣間見えるから)
気がつかなかったんだけど
青砥さんと一泊することになった部屋に布団が2組あったそうです
ファンの間では、あれはどーいう意味~~!と妄想炸裂中
同じ部屋に泊まったとか!
むふ、そこに話が行ったら違うドラマになっちゃいますがな
でも絶対そこ狙ってない?
ナイス演出です(笑)

来週は犬の話ですか
やっちゃうんですね、あの話(笑)
原作とはかなり違う設定になってるみたいなのでどんな風に仕上がるのか楽しみです
芹沢パパがが「犬の味噌汁?」というセリフに勝負をかけているそうですしね
新たな展開もあるとかないとか、、☆

そして最後は『硝子のハンマー』ね
これは1話じゃ無理ですよね
榎本径の素性はチラチラと伏せんがはってあるからなんらかの動きはあるよね
原作でもまだ明らかにされてないのにどうなるのかなぁ
径と純子の関係も気になるし

あー、残り4話
楽しみです
終って欲しくない~~☆

→ 鍵のかかった部屋 #11 『硝子のハンマー 後半』 脚本:相沢友子 演出:加藤裕将、石井祐介
→ 鍵のかかった部屋 #10 『硝子のハンマー 前半』 脚本:相沢友子 演出:加藤裕将 
→ 鍵のかかった部屋 #9 『はかられた男』 脚本:仁志光佑 演出:石井祐介
→ 鍵のかかった部屋 #8 『犬のみぞ知る』 脚本:岡田道尚 演出:松山博昭
→ 鍵のかかった部屋 #7 『狐火の家』 脚本:相沢裕子 演出:加藤裕将
→ 鍵のかかった部屋 #6 『密室劇場』 脚本:仁志光佑 演出:石井祐介
→ 鍵のかかった部屋 #5 『歪んだ箱』 脚本:相沢友子演出:松山博昭
→ 鍵のかかった部屋 #4 『黒い牙』 脚本:相沢友子 演出:加藤裕将
→ 鍵のかかった部屋 #3 『盤端の迷宮』 脚本:相沢友子 演出:加藤裕将
→ 鍵のかかった部屋 #2 『鍵のかかった部屋』 脚本:相沢友子 演出:松山博昭
→ 鍵のかかった部屋 #1 『佇む男』 脚本:相沢友子 演出:松山博昭
20120628-1.jpg


ヨンガシは昆虫のからだに寄生する細い針金形の流線型動物で、水を通じて昆虫のからだの中に浸透し、産卵期に宿主の脳を操縦して水の中に飛び込んで自殺させる特徴がある。映画‘ヨンガシ’は人の脳を操縦する変種寄生虫ヨンガシの出現で死亡者が幾何級数的に増えるという内容で、実際に起きる得るような現実感で映画に対する恐怖感を感じる。
今回公開された2次ポスターには‘誰も逃げることはできない!’というコピーとマスクのキム・ミョンミンのゆがんだ顔が人々の関心を刺激している。


 ⇒ ⇒ ⇒ ヨンガシ公式HP

出ましたねー
出ましたよー
予告編☆
観まして?
バッチリ観ましたよ、何度も☆
動くヨンガシが見たかったのよ
ヨンガシ、映像に出てくるのかなぁって話してたけど
出るんですねー、虫のヨンガシ! (逆に登場しないほうが怖い気もするけど、、)
これは、、想像以上のパニック映画(←何度も言ってる~)

いいぞ~~~(←なぜにはぁと、笑)

このジャンルって、今まで韓国映画にあった?
私の記憶ではございません。。
みょんたんが魁ってことね!!!(カッチョいい

思いっきり怖い映画がいいなぁって思ってて
ヒーロー的なサラリーマンさんじゃない方がいいなぁって思ってたんだけど
予告編見て変わりました

この映画のラストは
おもいーーーっきりカッチョいい
    ヨレヨレのサラリーマンさんが見たい


熱望します
楽しみ~~~~♪
#6『密室劇場』(原作:鍵のかかった部屋)
  脚本:仁志光佑 
  演出:石井祐介
  ゲスト出演 坂本昌行、堀内敬子、清水紘治

「原作者の貴志先生は密室のトリックに関しては一切いじってほしくない。
ただキャラクターを増やしたりキャラクターの性格を変えたりはお任せしますと言っていただいてます。」
~小原PD~

原作の「劇団土性骨」はかな~り強烈な個性を持った方ばかりでしたけど
ドラマ版はガラッとかえてきましたね
トリックもまぁまぁっていうか、元々劇的に驚くトリックじゃなかったから
そのかわり様々なディテールで楽しませていただきました

何が笑ったって、径とデートするときの純子の服装
笑ろた笑ろた(笑)
弁護士っていえばエリートな職業でしょうに、純子の私服のダサさが最高に可愛いわ
しかも、、榎本さんいつもの仕事着だしカバンも同だし(笑)
あれって多分デートよね
違う?
このチグハグカップル最高☆

先輩弁護士の水城会長の娘の彼氏が容疑者と聞いてテンパる芹沢も相変わらずお茶目で
セリフも面白いです~☆

芹沢:君がここに来てから密室事件ばっかり寄ってくる、俺はもう腹いっぱいなんだよ!
青砥:でもそれまでの事件は芹沢さんものってたじゃないですか
芹沢:のってないよ、のってません 大人はそう簡単に乗るもんじゃないよ
青砥:じゃあ前回の事件の時、チーム榎本って言ってたのはなんだったんですか?
芹沢:あー、あれはノリだノリ
    事件が解決した高揚感でさ、訳もわからないことを口走ってしまうことってあるだろ
    それぐらいわかれよ大人なんだから



ラストの鍵を開けた時の榎本径のうっすら笑った怪しい微妙な表情がいいですなぁ

明日は7話「狐火の家」
トリック的には、ちょっといりくんだ話よね
脚本次第でしょうが1話で完結させるのは大変そう
内容も簡単ではないよね
また私的にそれをスルッと理解できるのか?(笑)
出演者も地味~にシブくてなかなか豪華です(鍵部屋のゲスト出演者はいいねぇ)

地方に行っちゃうからハゲコウは出ない?
身辺調べられてるのに警視庁から情報を入手してる径って謎すぎる、ナニモノ?
残り5話
榎本径の素性に迫る日は来るのかっ! 期待します~☆

→ 鍵のかかった部屋 #11 『硝子のハンマー 後半』 脚本:相沢友子 演出:加藤裕将、石井祐介
→ 鍵のかかった部屋 #10 『硝子のハンマー 前半』 脚本:相沢友子 演出:加藤裕将 
→ 鍵のかかった部屋 #9 『はかられた男』 脚本:仁志光佑 演出:石井祐介
→ 鍵のかかった部屋 #8 『犬のみぞ知る』 脚本:岡田道尚 演出:松山博昭
→ 鍵のかかった部屋 #7 『狐火の家』 脚本:相沢裕子 演出:加藤裕将
→ 鍵のかかった部屋 #6 『密室劇場』 脚本:仁志光佑 演出:石井祐介
→ 鍵のかかった部屋 #5 『歪んだ箱』 脚本:相沢友子演出:松山博昭
→ 鍵のかかった部屋 #4 『黒い牙』 脚本:相沢友子 演出:加藤裕将
→ 鍵のかかった部屋 #3 『盤端の迷宮』 脚本:相沢友子 演出:加藤裕将
→ 鍵のかかった部屋 #2 『鍵のかかった部屋』 脚本:相沢友子 演出:松山博昭
→ 鍵のかかった部屋 #1 『佇む男』 脚本:相沢友子 演出:松山博昭
おーちゃんのこと書いたから、今日は久々ニノちゃんのことも書こ~

入院生活中、楽しみといったらなんといっても『鍵部屋』だったんんだけど
実はニノちゃんのドラマも観てました
普段なかなかドラマを観る時間ってとれないですからねー、もて余す時間がありがたかった(笑)

『優しい時間』と『熱烈的中華飯店』
それから貴志祐介さんの小説読んだらどうしても観たくなって『青の炎』
演じるニノちゃんが好きだわ

ニノ君は間違いなく次の次元に踏み出していると思うよ

映画『プラチナデータ』大友監督がツイッターで呟いてた
ひたすら逃げる役だから台詞も少ないってニノちゃんが言ってたけど
気になるー☆楽しみー☆

そんなニノちゃん今はバッサリと金髪になってます
   ⇒ 車イスで僕は空を飛ぶ

脚本はドアツードアの方
プラチナデータが今までとガラッと違う役だったけど
ちょい今まで路線に逆戻り?このまま大人の路線に行ってほしい気もするけど、、
嬉しいような嬉しいような(←どっち、笑)
嵐さんに関しては、溢れるくらいの情報に日々幸せに埋もれてて
細かい萌えどころはたくさんあるけど
やはり最近の圧巻はBWのライブDVD
それもまだ全部はしっかりと見てはいないけど
とりあえずかぶりつきリピートしてるのが
智くんのソロ曲『Hung up on』

繊細な指の動きで始まる
雨でぬれたステージの飛び跳ねる水しぶきもまるで演出みたい
惚れ惚れする、息をのむ
鳥肌もんです、大野智のソロ曲は
彼のステージが始まると突然そこだけ重力がなくなる気がする
ふわっと浮き上がるけど軸がぶれなくてキレキレに動き回る
智くんにしか表現できない世界観が確立してる
別格なんですよ彼は

鍵のかかった部屋の主題曲『FACE DOWN』は踊りも曲もカッコいいんだけど
一部のファンから上がってる意見(不満?)は
もっともっとおーちゃんに歌ってほしい踊って欲しいっていう渇望が思わず出たんだろうなぁ
わからなくもない
ファンはどっかでソロ曲を期待してたんだと思う
『嵐』というグループがベースだから(間違いなくおーちゃん自身がそのスタンスだから)
私もそれは言えないよって思うんだけど
ファンはたぶん無意識にその欲求を持ってるんじゃないかな
私的にはそのもっと見たいというジレンマというか切なさ加減が
智くんファンとしての醍醐味だったりもするんですけどね

それと、いつも思うことは
なんつーか、うまく言えないんだけど
彼の本当の魅力は知ってる人だけが知ってればいいから
声を大にして叫ぼうって思わない
(笑)
おいおい!今や国民的アイドルのリーダーで
映画もドラマもヒットさせる勢いのおーちゃんに関して
「知ってる人だけが知ってればいい」ってフレーズは可笑し過ぎですよ、あーた(笑)




24時間テレビのチャリティTシャツが発表されましたね
おーちゃんと奈良美智さんとのコラボ制作
買うぞ~~☆

NEWS ZEROで奈良さんとスペシャル対談したときのふたりの雰囲気が
ふんわりしてて自然体ですごく好きです

雑誌(+act)で奈良さんがおーちゃんについて話してるんだけど
気になったところだけお借りしてきました↓
余談ですが、ウチの玄関の招き猫、左手をあげてます
右はお金、左は人を招くんだって
この招き猫、いつ買ったのかなぁ、、たぶん20年以上前だと思うけど
金より人を選んだかぁ~~、若き日のるぴ(笑)

昨日、羽田空港からはリムジンバスで帰りました
友達からそれに乗ると楽だよ~って話は聞いてたんですよ
乗り換えがないから楽ですからね
でも時間と料金を考えると、どっちもどっちかなぁって感想
乗ってみたかったからよかった☆

バス乗ってたら名古屋の友達から同窓会があるよーってメールがきました
もう何年?いや十何年?いや何十年?同窓会には出席してないなぁ

幹事をして下さる同級生の名前聞いたら、懐かし~~☆
で、家に帰ったら、なーんとっ、彼から家にジャストタイミングで電話が~☆
懐かし~~☆
中学生の頃の彼は、ちょっと硬派で、違うと思ったら先生にも堂々と意見しちゃうような子だった
ちょいリスペクト、、でもあんまり親しげに話した記憶ないんですよね

うん十うん才になったクラスメイトとの会話
楽しいね
奥さんも仲良しだから、そのあとちょっと話して~
なーんかすごい感慨深かった☆

やっぱり人生を楽しくしてくれるのは「人」ですよね
最近しみじみそれを感じます
2012.05.21 約束の、、、
初めて会った気がしない
でも実際にお会いするのは初めてです
ウリnikoさん☆
急にウリってつけたくなっちゃました
なんなら、ウリnikoキュ(笑)

会ってみたらnikoさん以上にnikoさんだった(*^。^*)
ぷぷぷ、、わかる?
どうしてこんなに素敵な人にばかり出会うんだろうな~私って☆

約束の、、、っていうタイトルは
約束してたんです
いつかコーヒー1杯をご馳走してもらうって
なんならケーキもつけますよーって(太っ腹☆)

その頃は高知と札幌の距離があったので
そんな遠くの二人がお茶する機会があるだろうかとnikoさんは思ったらしいけど
私は絶対に会えると思ってたもんね~(確信)
会いたいと願う人には絶対に会えるよね

nikoさんとSAMTAさん、さら☆ちゃんとKocco9ちゃん、と私
羽田空港の第一ターミナルのお店でランチしました
ゆーーっくりと5時間、、でもあっという間でした
楽しかった~

nikoさんに素敵なお土産いただいて(歯磨きする榎本径がミステリアスだ~笑)
さら☆ちゃんには力作応援うちわをいただきました☆これはすごいです~
本当にありがとうございました

で、、約束は果たせたかって?
むふふ、、又会えるように実行されず(笑)
ト マンナジャ~

20120521-4.jpg
「私の愛私のそばに」は何度観ても良い映画よね
今回はディレクターカット版の上映だったので新鮮でした

ルーゲリックという辛くて残酷な病気の話で、痩せ細ったミョンミンさんは壮絶なのに
何故だか突き抜けた明るさを感じるんですよね
全然ジメジメしてない
それはジスとジョンウの人生感なんだろうなぁ

「人はいつか死ぬのよ、順番が早いか遅いかの違いだけ」
「これは運命じゃいない、偶然よ」  というジス

「死ぬのが怖い?怖くはないよ、悔しいだけだ」 というジョンウ

ジョンウが死んでしまって、こっちはボロボロに泣いてる最中に
ジョンウのやけに明るい「おっけーー」の声
君の世界で一番美しくて可愛い手で、僕を送ってくれという約束
あ~~、こんなに切なく哀しく愛おしい約束があるんだろうか

素敵なエンディング
最高に良い映画です☆
「朝鮮名探偵」は韓国では映画館で何回も観たけど、日本でのスクリーン字幕上映はお初です☆
毎度ながら、ど初っ端からのつかみはおっけーー
前半のスピード感とコミカルさは秀逸です☆
韓国では2度3度と見た人がいるらしいけど、わかるような気がする

で、毎度ながら、中盤でストーリが展開すると若干見えなくなる(笑)
若干ね

そのまま、若干見えないままラストは痛快に終了~♪
パイレーツカリビアンを彷彿のとさせる音楽とともに王様が登場する場面は黄門様登場の法則
何があっても円満解決、これ大事です(笑)

それでも、その若干の見えない部分が気になってて、いつか誰かに聞こうと思ってたんですよね
わざわざ聞くものなんだかなーって気がして
食事でもしながらさりげなく質問とかね、前からやりたかったんですよ
この度、コプチャンを食べながらそれを実行することができました

イム・チャウン判書の不正に関してはわかる
甥の嫁の烈女門認定を希望するのもよかる
ソピルが商団の客主で、ジミンちゃんの恨みを晴らすことに協力してくれたこともわかる

が、、、ジミンちゃんが崖から身を投げた経緯がよくわかんない

 ↓  ↓

イム・チャウン判書は天主教を嫌ってたでしょ
天主教だったジミンちゃんを嫌って追いつめたのね


しかし、ジミンちゃんが絵の目利きであるエピソードは必要だったんでしょうかね、、、
いらないじゃ~ん
と思いつつ、わかってすっきりしたのでした~☆
あんみょ~ん☆
楽しいことがてんこ盛りの毎日でございます
が、ブログの更新が全くもって追いついてましぇん
楽しいことが重なり過ぎ(←過ぎ??笑)
嬉しい~~

先ずは18日の映画トリプル鑑賞の話から☆

韓日ハンマウムフェスティバル → こちら

上映作品3つのうち2作品がミョンミンさんの作品だもんなぁ
ミョンペンとしては幸せこの上ないフェスティバルでございます
「朝鮮名探偵」は日本では一般公開されてないですからね
こんなに有難くて貴重なことはありません
しかも無料だし、、、(←ここ重要☆)

新潟でもこのような催しがあるという情報もチラホラと、、
みな様も、お近くの韓国大使館の情報は要チェックかもです

さらにさらに、わたくし午前中にもう1本映画をみるという、トリプル鑑賞dayにしちゃいました
「ムサン日記~白い犬~」
この話はまた別エントリーで~♪

場所は四谷にある韓国文化院
屋上にこんな素敵なハヌル庭園がありました
サランバンでは飲み物を頂きながらくつろぐことができます
入る前は敷居が高い気がしたけど、開放的な雰囲気の場所です

20120521-1.jpg

この日は「朝鮮名探偵」が3:00から、「私の愛私のそばに」が7:00から上映されました
どちらの回もたくさんの方が来てくださっててかなり盛況でした
ホールは椅子の座り心地もよくて音響もなかなかです☆

心が満たされたあとは、近くの「妻家房」(本店)でお腹も満たして幸せに~
あ~~美味しかった

20120521-2.jpg

ミョンミンさんのファンがごくごく自然に集まってくる感じが本当にいいよね~
だって初めてお会いした方も全然初めてな気がしなくて
知ってる方に会ったら、同級生に再会したみたいに嬉しくなる(←この際年令は無視!!!笑)
こういうのが本当にいいなぁって思うんですよね
またいつかこんな機会がありますように。。。。
ありがとうございまいした~~~♪