外出許可が出たので、今日は日中家に帰ってました
なにせ突然の入院だったので何にもしないで家を空けちゃったから

2回洗濯して、冷蔵庫の整理して、残った野菜を全部使ってお料理
カボチャ煮て、三つ葉の胡麻和えして、セロリと肉を炒めて、スペアリブがあったのでカレー作って、ハヤシライス作って、食べられないから味見なし
その間息子は汗かきながら庭の草取り、っていうかほとんど開墾
お昼は旦那の好きなおソバにして、私はその横で温めた牛乳(重湯までしか許可が出てないので)

まだ一緒に食事はできないけど、家族の為に料理するってなんだかほっこりほこほことするもんです
ちょい疲れましたけどね

そして、ネット注文してた本が届いてました

そこんところはあんまり考えてなかったんですけど
届いてみたら、、、、、おーちゃんとニノちゃんがいた

20120429-2.jpg

ほっこりほこほこ☆
鍵部屋の原作三部作の第二弾、「狐火の家」を読み終えました。
「硝子のハンマー」が相当な分量だったのに対して、こちらは4つの短編小説。
 ・狐火の家
 ・黒い牙
 ・盤端の迷宮
 ・犬のみぞ知る Dog knows

「本格ミステリーがほかのあらゆる小説と比較して際立って違うのは現在から過去に向かってさかのぼっていくことと、人間ドラマを排除したところに存在する「知的遊戯」という点です。」 ~貴志祐介~

そっか、私が推理モノが苦手なのは、人間ドラマが排除されてるからかもね。

でも、貴志祐介さんとはご縁があるみたいなので
このまま、鍵部屋原作三部作と「青の炎」を一気読みしようと思っております~☆


ドラマ「鍵のかかった部屋」3話は「盤端の迷宮」
1六桂、ドアチェーン、動機、デリヘル
このキーワードがドラマでどんなふうに成り立つのか、楽しみです。


昨日、一回目の手術が終わりました。
看護師さんが検査って呼んでるから手術じゃないのかな?
でも手術台に乗るから私にとっては立派な手術(笑)
無事終わりました☆
明日から食事も始まります。
わ~い(^-^)/
#2『鍵のかかった部屋』(原作:鍵のかかった部屋)
  脚本:相沢友子 
  演出:松山博昭
  ゲスト出演 中村獅童、高嶋政宏、福田麻由子

「会田さんがどんな人かはあなたが自分で確かめた方がいいんじゃないですか。人の評価なんてどうせ当てにならないから。」

径さん、はじめて人間らしいこと言いましたね(笑)

面白かった
音楽もいいし、ゲストも豪華
クオリティ、かな~り高いんじゃないですか

私ね、実は芹沢弁護士@浩市パパと同じで推理もの得意じゃないんですよ
興味ないから途中で飽きてくる(笑)
そんな私が最後まで集中して見るもんなぁ
って言うか、1回目より2回目の方かもっと面白い
伏線が随所にあるので、ニヤッてしたり納得したり
ほんと良くできてるわ~

「エンターテイメントなドラマは削ぎ落とすよりもたし算のお芝居のほうがいい」

浩市パパ、こんなことさらっとインタビューで言っちゃうのはさすがね
その通り、最上のたし算の演技を見せてくれてます

「トリックもさることながらドラマでは大野くんや戸田さんのかけあいを面白おかしくふくらませることで一種のキャラクターショーになればいい。ミステリーなダークな世界は残しつつ、そこにポップな味付けをしたい。」
小原ディレクターの言葉です

それです、それ~
それがさらに今後でてきたら、こりゃ、かなりのとこまでいくんじゃない

径のツンデレ路線見たいような見たくないような
見えそうなギリギリあたりを希望します(笑)
あのキャラは維持しなくちゃね

もしかして3話は原作者さんの登場?
わくわくする~

それにしても、おーちゃんの手が綺麗
彼の手は綺麗だけど華奢じゃない
何かを作り出す、包容力のある、逞しく綺麗な手
大好きです

→ 鍵のかかった部屋 #11 『硝子のハンマー 後半』 脚本:相沢友子 演出:加藤裕将、石井祐介
→ 鍵のかかった部屋 #10 『硝子のハンマー 前半』 脚本:相沢友子 演出:加藤裕将 
→ 鍵のかかった部屋 #9 『はかられた男』 脚本:仁志光佑 演出:石井祐介
→ 鍵のかかった部屋 #8 『犬のみぞ知る』 脚本:岡田道尚 演出:松山博昭
→ 鍵のかかった部屋 #7 『狐火の家』 脚本:相沢裕子 演出:加藤裕将
→ 鍵のかかった部屋 #6 『密室劇場』 脚本:仁志光佑 演出:石井祐介
→ 鍵のかかった部屋 #5 『歪んだ箱』 脚本:相沢友子演出:松山博昭
→ 鍵のかかった部屋 #4 『黒い牙』 脚本:相沢友子 演出:加藤裕将
→ 鍵のかかった部屋 #3 『盤端の迷宮』 脚本:相沢友子 演出:加藤裕将
→ 鍵のかかった部屋 #2 『鍵のかかった部屋』 脚本:相沢友子 演出:松山博昭
→ 鍵のかかった部屋 #1 『佇む男』 脚本:相沢友子 演出:松山博昭
いよいよ本日2話ですね
現在の私の最大の楽しみ(^-^)
これがあって良かった~☆

録画の方はトベニさんに全面的に甘えてしまったのですが(感謝感激雨トベニ~さん)
水しか飲めない侘しい入院生活に潤いを~ってことで
スマホのネット配信で1話購入しちゃいました  ルンルン~

それと、原作三部作のひとつ「硝子のハンマー」も読破
普段、推理ものはあまり読まないんだけど面白かったです
原作の榎本径は泥棒なのね
青砥純子もドラマみたいにドジじゃない
1時間足らずで事件を解決するのとは比較にならないくらいのボリューム
でも、要所要所にドラマで見たいなぁって思う場面があった
そんなこと期待しながら見るのも楽しいね
原作が良いからますます期待しちゃう

#1『佇む男』(原作:鍵のかかった部屋)
  脚本:相沢友子 
  演出:松山博昭
  ゲスト出演 風間杜夫、堀部圭亮、前田健、名高達男

さて、1話の感想ですが
映像が綺麗でオシャレね
遠近感を捉えて遠くに焦点が合う特別なカメラで撮影してるそうです、だから映像にすごい奥行きがあった
そして、佐藤浩市の圧倒的な存在感でした
流石だわ

そしてそして、我が(笑)榎本径ですが、、、
うん、まぁまぁ(えっ?)
まぁまぁだけど流石だわ~

1話ってまず登場人物の説明や関係性よね
オタクっぶりとミステリアスな印象は完璧だわ
そこはまさに大野智をキャスティングした所以
あの雰囲気は大野君にしか出せないです
ただキレものな感じはこれからかな

「魔王」の時も最初はそうでもなかったけど、中盤からがぜん成瀬領になってきてゾクゾクした
これからピントがあってくるはず
無表情で感情を出さない役だから動きがある役には喰われるよね
半端ない量の専門用語の台詞は大変そうだわ

最後の鍵を開けてニヤって笑うとこなんて最高~☆
あんまり気にしないと言いつつ視聴率もかなり良いみたいだし
あー
今日の2話、楽しみです~☆

+追記+
今朝のラジオでおーちゃんが2話の話してたんだけど
中村獅童さんのせいで何回も笑っちゃったんだって
真面目なシーンらしいんだけど何処かな?(笑)

→ 鍵のかかった部屋 #11 『硝子のハンマー 後半』 脚本:相沢友子 演出:加藤裕将、石井祐介
→ 鍵のかかった部屋 #10 『硝子のハンマー 前半』 脚本:相沢友子 演出:加藤裕将 
→ 鍵のかかった部屋 #9 『はかられた男』 脚本:仁志光佑 演出:石井祐介
→ 鍵のかかった部屋 #8 『犬のみぞ知る』 脚本:岡田道尚 演出:松山博昭
→ 鍵のかかった部屋 #7 『狐火の家』 脚本:相沢裕子 演出:加藤裕将
→ 鍵のかかった部屋 #6 『密室劇場』 脚本:仁志光佑 演出:石井祐介
→ 鍵のかかった部屋 #5 『歪んだ箱』 脚本:相沢友子演出:松山博昭
→ 鍵のかかった部屋 #4 『黒い牙』 脚本:相沢友子 演出:加藤裕将
→ 鍵のかかった部屋 #3 『盤端の迷宮』 脚本:相沢友子 演出:加藤裕将
→ 鍵のかかった部屋 #2 『鍵のかかった部屋』 脚本:相沢友子 演出:松山博昭
→ 鍵のかかった部屋 #1 『佇む男』 脚本:相沢友子 演出:松山博昭
「痛さのピークは何日か前だったでしょ」先生に言われました。
はい、そのとおりです。

あれが世に言う胆石の激痛だったのね、確かに激痛だった。

突然だったんですよね。
なんか変だって感じたら誰かが胃を両手でギューって握ってるようで息ができない。痛さもそうだけど呼吸困難で救急車か~って思ったもん。
でも旦那が帰ってきた頃はちょっと楽になったんですよね。
(それで済ますな~

次の日の夜は私ひとりだったんだけど、布団に入ったらまた痛くなってきて朝までまんじりともせず。
でも朝になったら楽になったので、迷ったけどたんたんさんとのデートへ~。
桜が超綺麗で楽しかったから行って良かった~☆

でも後て考えたらピークの最中にお花見してたんだ、私(笑)
恐るべしルピ

社宅時代からの友達が遊びにきてくれてコーヒー飲みながら、なんか最近調子悪いのよね。なんて言いつつ(のんびりし過ぎ

食べたら痛いを繰り返しながら数日過ごして、こりゃ、いくらなんでも変だって思って医者に行ったら。
「今すぐ入院してください」

数値を見た先生の慌てぶりに一瞬焦りましたわ。入院して落ち着いたので大丈夫。あとは手術するだけ。
たくさんの方にご心配や激励の言葉を頂いて本当にありがとうございます。

しかし、、
あの状況で即病院に行かない自分の最強さにほとほと
感心したのでした~(笑)←笑いごとちゃうぞ~
2012.04.23 ご近所モイム
桜前線は今東北あたりでしょうか。
関東で満開の桜がチラチラと舞い始める頃(何日前?)
たんたんさんとご近所モイムしました。

北海道の桜って小ぶりで葉っぱと一緒に咲くんですよね。ソメイヨシノと景色が違う。
なので久しぶり~きれい~
知ってる人は知ってる航空公園でしばし桜を見ながら談笑
その後、美味しい蕎麦を食べて、隣の駅まで散歩して、隠れ家的なカフェでブレイクタイムしました☆
そこでも、のーんびりまったりと談笑
たぶん、私が一方的に喋って、たんたんさんが聞いてくれるパターンなんですけどね(笑)
楽しいひと時を過ごしました。

20120429-4.jpg

20120429-1.jpg


ネット上から、今やリアルご近所チング☆
毎回思うけど、縁って不思議でありがたいです。
先週の土曜日、「オノマトペ展」に行ってきました。
去年のミョンたんモイム「秋の収穫祭」でお会いしたひょっこんさんが参加されてるイラスト展です。
その時見せていただいたペバのカンマエをはじめとしたオーケストラの面々のイラストに感動しましたけど
今回も、いやー楽しくて感動~☆

ロンドンの駅
20120407-222.jpg

20120407-555.jpg

群衆なんですよ、たくさんの人、楽しくってずっと見ちゃいます。
ひとりひとり似てるけど全然違う(当たり前か~笑)、ワイワイガヤガヤ、それぞれがいろんなおしゃべりしてる。

絵は左上から描き始めるんですって、でも人は手前から。
おーの君の時も思ったけど、絵心のまったくない私にとっては絵を描く人って憧れるし
「目」がね、、同じものを見てもきっと私と全然違うものを見てる気がするの。
それって日常生活っていうか、生きる姿勢も違うんじゃないかと思うんですよね。
あー私もこんなふうに「丁寧に」「優しく」「細やかに」暮したいなぁって
自称、大雑把な「ざる人間」の私はそんなこと考えました。

それぞれのイラストにオノマトペがあって、それが可愛くて楽しくてほっこりするものばかりで
自分でも笑っちゃうくらいに楽しくて、テンションがどんどん上がってちゃった~

この日は6時からオープニングパーティ☆

20120407-333.jpg

皆さんが手作りのものを持ち寄って、それにもそれぞれオノマトペがあるんですよ。
楽しい~♪美味しい~♪

ひょっこんさんのクルクルサンドイッチ
説明しないと何の写真なんだかわからない~(笑)
そんなちっこいサンドイッチの写真を撮ってる自分もまた笑えてきて楽しい~~(#^.^#)
20120407-444.jpg

かめさんちでもるぴさんが写ってましたので、こちらでも自ら登場
20120407-111.jpg

SAMTAさんと、たんたんさん、さらちゃんと待ち合わせで行ったのですが、先日のソウルのミョンたんのファンミに参加したKukkoさんにも初対面
知らない同士なのにギャラリーの前ですれ違っただけでなぜか会釈をした私たち
不思議です~、惹かれあうものがあるのね。
そのあと、皆さんと近くのオシャレなカフェでプチモイムしました☆

プチモイムのメインテーマは、ただ今話題沸騰中の「FCの謎」
いやぁ、タイムリーです~

突然ですが「ちょんまげビール」が美味しくて楽しくて、2本飲んじゃいました
20120407-555

20数年ぶりに原宿に降りたったワタクシは、駅を出た瞬間方向感覚ナッシング
どっちいけば何があるのかさっぱりわからないまま、群衆に紛れてとりあえず直進
あんなすごいたくさんの人、札幌では絶対ありえないですわん

楽しくて可愛いいイラスト見てほっこり楽しくなって、そのあと素敵な方々と素敵なカフェで食事して
帰りはたんたんさんと一緒なので心配ないし(今だに電車に乗ってちゃんと家に帰れるのか疑心暗鬼なるぴ、笑)
楽しい時間を過ごしました。みなさんありがと~~
よっしゃっ 

「スパイ」に強力な共演者が合流しました~☆


ユ・ヘジンと  20120407-1.jpg


ヨム・ジョンア 20120407-2.jpg

ぷぷぷ、、何でこの写真?(笑)

ヘジンさんは「クォン・スンブン女史拉致事件」ね
本人は大真面目に自殺しようとしてるのに全然できなくて笑っちゃう場面

ジョンアさんは「ラブリー・ライバル(原題:女教師 VS 女生徒)」
この映画でジョンアさんコメディ路線爆発してます☆


ミョンたんも来た~
         20120407-3.jpg

ぷぷぷ、、やっぱりなぜこの写真?(笑)

記事によるとミョンミンさんとジョンアさんが韓国のスパイ、ヘジンさんが北の工作員のようです
3人がメインね
るぴ的個人的願望はこんな顔した3人の映画を見たいですけどね
期待感急上昇~~揃いましたね~~楽しみです


キム・ミョンミン-チョン・ギョウン-ユ・ヘジン-ヨム・ジョンア、'スパイ'で一つになった..期待感↑  osen
韓国代表演技派俳優が一つの席に集まった。 俳優キム・ミョンミンとチョン・ギョウン、ユ・ヘジンそしてヨム・ジョンアが映画'スパイ'で呼吸を合わせることになった。
2012.04.06 オノマトペ
ブログタイトルにひらがなの「はっぴーるぴなす」、小っちゃいけど追加しました。

ひょっこさんちの娘ちゃんが読むことができるひらがなの「はっぴーるぴなす」
やっぱりブログタイトルにしておかなくちゃね(#^.^#)

「オノマトペ」

実は初めて聞いた言葉なんです
知らなかったの~~

メーメー、ブーブー、ドキドキ、ガチャン、ドカン、ドキドキ、ドスーン、 ヒューヒュー、チョロチョロ
シトシト、ソヨソヨ、メラメラ、モクモク、ゴロゴロ、ピカピカ、サワサワ、コンコン

全部「オノマトペ」 なんだそうです☆

オノマトペ。
日本語では擬音語、擬態語、擬声語と訳されるこの言葉に注目してみると、身の回りに実にたくさんあふれていることに気が付かされます。
そんなオノマトペをテーマに9人のイラストレーターが自分の世界を表現します。


ひょっこんさんが参加されたイラスト展「オノマトペ」が今日から原宿で開催されます。


20120406-1.jpg

場所:ペーターズショップ アンド ギャラリー
     詳しい地図はこちら ⇒ PATER'S Shop and Gallery
期間:4/6(金)~4/18(水)12:00~19:00(木曜定休)


興味のある方はぜひ~♪
私も明日おじゃましようと思ってます~
2012.04.06 FC
FCに関しては、なんとかならんのかー、なんとかなるだろー、いやなってくれー、って感じでしたよね。
今この瞬間もミョンミンさんのファンになって入会する人もいるだろうし、キム・ミョンミンという看板がかかってるんだから、あれはミョンミンさんのためによくないよ、、ってSAMTAさんといつも話しつつ気を揉んでました。

正直な話、、ホントに正直な話、FCに関しては、もーもーもー、いろいろあったので(ミョンたんのFCの話じゃなくてね)私の中で、腹を立てたり論議したりっていう対象じゃなくなってるんですよね。
このことで心を痛めてる方もいらっしゃるかもしれないのに、、怒られるかなぁ、、怒らないでね

韓国では、ファングラブはファンが直接運営します。そして俳優や歌手とそのファンは家族という絆で結ばれます。一方で、日本のファングラブは基本的に企業(所属事務所)が運営するので、その運営費はファンが負担します。意地悪く言えば、日本はファンサービスもビジネスになるということですね。

SAMTAさんのブログから引用させていただきました(感謝~)
これに尽きますよね。これ以上言うことナシ。
ただ、ここだけははっきりさせなくちゃいけないのは、システム的にはそうでも、当の俳優さんにとってファンと繋がってファンに感謝する気持ちは同じってこと。そこが泣けるのよね~☆

始めの頃は違いを認識して日本でFCを設立する方はきっと少なかったですよね。今は日韓事情に詳しいスタッフがいるとか、日本の信頼できるところに委託したりして落ち着いているんだろうけど。
ミョンミンさんの場合は何処まで日本で活動する意思があるのか見えない状況でFCが立ち上がった気がします。

ペバのプロモ来日でインタビューを受けたときに、日本の活動について質問されて、「韓国でまだやることがたくさんあり過ぎて考えられない」って言ってましたよね。「しっかりと韓国で俳優活動して、、50くらいになったら、、」なんてことも言ってたような。

ぶっちゃけた話をしちゃうと、ま、これはあくまで私の印象ですけど、日本にファンがいることはわかってるし、心から感謝しつつ、日本FCに関しては、あるなーって感じくらいで捉えてた程度じゃないですかね。
(っていうか日本FCじゃなくてMnetのファンサイトくらいの認識じゃないのと感じたんですけど)
何度も言ったけど、日本でイメージする公式ファンクラブっていう公式的なイメージって韓国にはない気がするの。
韓国カフェが唯一の公式なんだろうけど、確かにそうだけど、私の中では公式っていうのがちょっと違和感あって、やっぱ家族カフェってイメージなんですよね。

日本のFCが会費制であることにかなり驚かれてるようでした。
いや、、日本で年会費を払うのは普通です、、(とSAMTAさんはきちんと説明してお返事されてました)

状況としてはSAMTAさんのメールでことが急に動き出したわけで、あとは今後の動きを静観するのみ☆
詳しくはかめさん情報で
 こちら⇒ 【重要】キム・ミョンミン氏日本公式FCに関する緊急のお知らせ


FCに入会したころのブログを読み返してて自分でもへ~~って思ったんだけど、FCに「満足してる」ってコメントで書いてるんですよね。実はちゃんと理由があって、ネサギョのクランクインの前日にミョンミンさんが書いた直筆のメッセージがFCに寄せられてたんです。あれはね、ものすごく感動しました。
クランクイン前日の気持ちの高ぶりや、その高ぶりを超越した覚悟が伝わってくる素晴らしいメッセージで、なんたって直筆ですよ!あ~~~~~~、入ってよかった~~~~って思いました。
正直、これを読んだだけでもう何もいらないと、、下手なサービスはいらないと
「これで数年もつ」って豪語したんですけど、、有言実行(笑)そのまんま2年持ちました(爆笑)

いつだったか、あまりにも何もないFCに疑問を感じた方からメールを頂いた時に「人それぞれFCに望むものがあるのは当然だと思う」「私は日本にFCがあり、そこに日本のファンがいることがミョンミンさんに伝わるれば満足」というお返事を差し上げたことがあります。
それは今でも基本的には変わらないんですよ。
FC更新をしなかった決定的な理由は、「公式FCではなくMnetのファンサイト」という認識だと感じたからです。
(あくまで私が感じたという話でなんの確証もありません)
さすがに何もないのにも程があると思ったけど基本的にはあまりサービスは期待してないので。FCに望むものはそれぞれ、あくまで私は、という話です。

チャン理事のメールからはやる気や誠意がたくさん感じられました。
ウソがないっていうか。
そこが一番大切ですもんね。
どうか、いろんなことが上手くいきますように、、、