相合傘

20111030-9.jpg

もー、だってさ
最近ミョンたんの登場回数が少ないのです~
「ヨンガシ」クランクインに向けて、ミョンミンさんは今あれこれ構想を練ってるとこかな~

愛愛傘キャンペーン担当niko傘職人さんによる相合傘(キャンペーン商品)をお連れいたしました(コマウォヨ~

最近はGyaO!「不滅の李舜臣」は週末に4話をいっきに観るのが習慣だったんですけど
え~ん、今週はぜんぜん観られませんでした
将軍様、待っててね
今夜ね、、、むふ~ん

ずっと17才なんです僕

ニノ君☆やってくれちゃって、、、、、、こんなに早く再登場するとは

映画「青の炎」2003年 予告編



19才の時(8年前)、蜷川幸雄監督との対談でのニノ語録☆
その頃のニノは「永遠の17才」って言われてた
まぁ、今でも実年齢より若い印象ですけど

頭の中の奥に感情っていう枠があって
そこの記憶で台詞は覚えるんですよ
だから抜けないセリフもあるし、、、
そこが沸点じゃないですけど
自分が一番盛り上がるところにパコンって当てたりすると
いきなり泣けちゃったりとか、何かありましたね


蜷川さんのニノを見つめる視線が、、なんかわかる
ほれてる(笑)
この後(翌年)、「シブヤから遠く離れて」っていう蜷川さんの舞台で主演したんですよね

対談は続きにたたみました

私はどうしても自分を消すことができない

たんたんさんに教えてもらいました、AERAにソル様出てるよ~って♪感謝です(#^.^#)

☆特別な人にはなりたくない 韓流スターに愛される韓流スター ソル・ギョング  
       こちら ⇒ AERA

20111028-9.jpg

短い記事だけど興味深いです
(ログインしないと読めない記事なのでもってくることができないですけど、、)

私はどうしても自分を消すことができない
役になり切れないと考えているので自分は『表現者』だと思っています


最近、私が考えてたことと同じことを言ってたのでちょっと驚きました
やっぱりソルさん面白い~



さらに☆
おおっ(^o^)丿
トベニさんからも嬉しい情報~♪ 感謝です

雑誌「スッカラ」12月号にソルさんのインタビュー記事があるそうです
やっぱり映画公開されると日本での露出度が高いね~☆

メガネ萌え

先日の胸筋チラ見せのミョンたんの黒縁メガネが強烈に素敵でございましたが
私のメガネ萌え、黒縁限定、さらに+素+限定ショットを~

マイベスト1の画像があるんだけど、なぜか見つかんなかった(どこ行った~~)
確か、ペバ直後の「知らなかった」録音スタジオのミョンたんだったような気がするんだけど
違ったかなぁ~

それに匹敵するメガネ萌えミョンたん~~
リフォーム以前のミョンたんのお部屋で、まさに素☆(いつもこんな感じで構想してるの?
20111028-1.jpg


こっちは、以前にアップした時に椅子から転げ落ちた方続出の
カン先生風ミョンたんの悩殺メガネ萌え~~
20111028-2.jpg


以下は、できればこの感じで黒縁メガネしてて欲しかった編☆ふたつ
 (この日はコンタクトしてたのかな?)

20111028-3.jpg

20111028-4.jpg


メガネ萌え動画追加~☆

謝辞

近頃、ミョン界隈では
☆KMM観光の旗が新調され
☆ミョンたんに招待状も送付し
☆傘職人による将軍様との相合傘が並び
☆ミョンたん御用達のニュートロジーナサンブロックの話題(我々にとって美白は最重要課題)と
☆さらに密かにくまモンブームも
20111028-5.jpg←可愛い~

楽しいですなぁ

いやぁ、、そんな中突拍子もなかったのが、まさかのニノ登場(←自分で言うか
おもろいわ(←誰が~~)

風が吹くまま気の向くまま
るぴさん☆思ったこと感じたもの見たものだけ書いていくんだも~ん

それにしたって、こちらは玄関にいらっしゃるのはミョンたんですしね
餅、じゃないモチ基本はミョンたんですから
るぴさん☆突然何を言いだすのか~ってそろ~っとドン引きされる覚悟も多少ありだったんですけど

「寛大なる宇宙空間的なお部屋」 by reo18さん
はい、なんと寛大なるお部屋なんでしょ~自分の部屋ながら感動~~

感じるまま好き勝手なこと書いてるだけなのに
ビビッと来るコメントでお返事貰って、自分の好きな話題でお話してくれて(相手してもらって、笑)
や~ん、楽しすぎます~☆

、、と心より謝辞を送らせていただきます(#^.^#)


そして続きでは、、、突拍子もない繋がりで、またまた突然な話題で許してね~

ニノ率

やばいよな~(なにが、笑)
わか過ぎる
日本人だし←そこ?
ここにきてまさかのニノ率上昇

ミョンミンさんの時もそうだけど
私の予測を超えることを言ったり、やっちゃったり
フェイントかけられる人にどーも弱いんですよね
ビジュアルの定義はないみたいです(あれ?笑)

自分の考えがうまれちゃうでしょ
それが一番やっかいなんです
自分の考えを殺さないと、動けなくなっちゃうんです


「情熱大陸」でのニノ語録
おおっ!この子ミョンたんと正反対の子だわ(笑)
両方好き
私の予測を裏切って~~

2009年3月TBSで放映されたドラマ
「DOOR TO DOOR〜僕は脳性まひのトップセールスマン〜」を観て
母の涙腺がぶっ壊れました
どうも、ドラマのニノに弱い

20111026-1.jpg

あてはまるカテゴリがない

弟のガールフレンド

もう一人、キャスティング決定のニュースが
イ・ハヌィ☆

ぷぷぷ、、この方も確かイ・ハヌィ氏なんですけど、、、違うみたい
20111023-9.jpg

ミスコリア出身のイ・ハヌィさんと言うことなので女優さんです☆
これはミョンたんの弟くんのガールフレンド役?
存じあげないなぁ、、って思ったんですけど、調べてみたら
ありゃりゃ

ソンギュン氏と一緒に「パスタ」ご出演、、、
珍しく数少ない私が見たドラマだわ~(一番左のソンギュン氏の元彼女役シェフ)
20111023-8.jpg




そして ☆emuさんからのレア情報☆

奥様役のムン・ジョンヒさん
以前にミョンミンさんとLIGで共演してない?ってコメントいただいたので
確認してみたら
きゃ~~そんな感じ~よね?(*^。^*)
こんな素敵な夫婦演じてたのね~

emuさん、素敵な情報ありがとですちゅっ


第48回大鐘賞映画祭

17日光化門世宗文化会館で行われた第48回大鐘賞映画祭授賞式
いや~、もうそんな季節になってたんですねぇ、、
すっかり忘れてました^_^;

今年は「高地戦」「サニー」「最終兵器弓」「ブラインド」の4本ですかね
興行と受賞がちと別ものな年もあるけど
評判が良くてお客さんがたくさん入った映画が順当に受賞した気がします

「高地戦」は上映前から話題だったけど
「サニー」「最終兵器弓」「ブラインド」ってそれほどでもなかった気がするんですよね
そこが面白い☆

「朝鮮名探偵 トリカブトの秘密」は美術賞を受賞されました
パチパチパチ~~

新人監督賞と新人男優賞を受賞した「番人」は10代のねじれた友情を描いた大手の配給を受けない独立映画
「凍てつく夜に」というタイトルでアジアフォーカス福岡国際映画祭で9月に4回上映されたんですね
  http://www.focus-on-asia.com/lineup/film_20.html
いいなぁ、、そういう話を聞くと嬉しくなっちゃう
地味でもいい作品はこうして少しずつ日本で観られるようになると嬉しいです

ナ・ホンジン監督の「黄海」も今開催中の東京国際映画祭で
「哀しき獣」というタイトルで上映作品に入ってます(劇場公開も来年1月に決まってるっぽいし)

SAMTAさんちで告知されてましたけど
われらが「朝鮮名探偵」も大阪韓国映画週間で期間限定上映予定☆  こちら→大阪韓国映画週間
(「二階の悪党」も観たい~)
先ずは一歩一歩(*^。^*)、、、でございますな~~


◇第48回大鐘賞映画祭授賞式受賞者

最優秀作品賞 高地戦
監督賞 カン・ヒョンチョル(サニー)
主演男優賞 パク・ヘイル(最終兵器弓)
主演女優賞 キム・ハヌル(ブラインド)
男優助演賞 チョ・ソンハ(黄海)
助演女優賞 シム・ウンギョン(ロマンチック ヘブン)
新人男優賞 イ・ジェフン(番人)
新人女優賞 ムン・チェウォン(最終兵器弓)
新人監督賞 ユン・ソンヒョン(番人)
トヨタ人気賞 ウォンビン
映画発展功労賞 イ・テグン
企画賞 イ・ウジョン(高地戦)
シナリオ賞 チェ・ミンソク(ブラインド)
撮影賞 キム・ウヒョン(高地戦)
編集賞 ナム・ナヨン(サニー)
照明賞 キム・ミンジェ(高地戦)
衣装賞 チェギョン化(黄海)
美術賞 チェギョンソン(朝鮮名探偵トリカブトの秘密)
映像技術賞 ハン・ヨンウ(最終兵器弓)
音楽賞 チョ・ソンウ、チェ・ヨンナク(晩秋)
音響技術賞 チェ・テヨン(最終兵器弓)

弟は警察官

お~~、キム・ドンワンが弟君
ペメに続いてお兄ちゃんなのね
ちょっと意外なキャスティングで楽しみ

弟が警察官ってのかミソかもね、サラリーマンのお兄ちゃんとしては頼もしい
二人で虫と対決するんだね~

しっかしヨンガシで検索すると、映画「ヨンガシ」より、ほぼ虫情報がヒット(虫がずら~~~~
しばらくは毎回虫を見なくちゃいけないのね~(笑)

20111022-1.jpg

キム・ドンワン、映画<ヨンガシ>キャスティング...7年ぶりにスクリーン復帰    ohmynews
2012年神話再結合控えてキム・ミョンミン弟役に出演
キム・ドンワンが映画<ヨンガシ>にキャスティングされた。 2004年映画<まわし蹴り>以後7年ぶり

<ヨンガシ>は昆虫のからだの中に寄生して成長し宿主のからだをかき分けて出る寄生虫のヨンガシを素材にした災難映画だ。 寄生虫'ヨンガシ'のために人々が死んでいく状況で製薬会社サラリーマン(キム・ミョンミン)が家族を救うために孤軍奮闘する。
キム・ドンワンはキム・ミョンミンの弟の警察官チェピル役で共に死闘を行う予定だ。 映画は10月25日から撮影に突入する。
グループ神話で芸能界にデビューしたキム・ドンワンはドラマ<悲しみよアンニョン> <愛する人>、映画<まわし蹴り>に出演して演技者そしても活発な歩みを続けてきている。
<ヨンガシ>は<新羅の月夜> <光復節特使>などのシナリオを書き、<風の伝説> <撃つ>等を演出したパク・ジョンウ監督が演出を引き受ける。 <朝鮮名探偵:トリカブトの秘密>で忠武路興行俳優となったキム・ミョンミン主演に忠武路内外の関心が集まっている。

だから、視線の先

Styleの画報。一枚目カッチョいいんだけど
よく見たら服がちょっと謎
だってぇ、ジャケットの下はチェック、、雰囲気のわりにカジュアルね
グラスとマフラーと襟を立てるのと、ひじあてと、、なんかコンセプトが、、
ミョンたんはカッチョいいのに~

ラストのソファの上に靴で立ってるのは、何回見ても笑えるんですが
なんで?
靴は脱がなきゃ、あんでー、あは、、

もう、圧倒的に見ちゃうのはこのコレ
いか~ん、だんだんおかしな人になりつつある(笑)
なんでこんなに太もも萌え体質? む~ん、、、

20111019-8.jpg

この感じもなかなかいいんですわ~(ったく、ルピさんどこ見てんだか
20111019-7.jpg

で、これはちょっと右足を上げた姿勢が可愛い
今回の画報は全体的にミョンたんの表情が、ってうか目がすんごくアーモンドで可愛くなってません?

20111019-6.jpg


タイトルを「視線の先」にしてから、あれ?って思って調べたら、、以前も「視線の先」というタイトルで太ももの話題が(笑)
ひゃ~~~ん  → 視線の先