スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

探偵様に逢いに

洪水のように押し寄せてくるミョンたん情報に溺れ中
いよいよ「朝鮮名探偵」封切りです
日本では「私の愛 私のそばに」の試写会が始まって
同時に2作品にMAXでときめくという経験は初めてです

ちと、想像できなかったですね
最近のこの感じ

ミョンミンさんエンジン全開?
いえ、まだまだこれからダッシュするぞーって感じよね
本気で走り出したらついていけるかしらん
ついて行くけど~

今の段階でもう頭の中ミョンたんで溢れてますけど
これからよルピナスさん、覚悟して(笑)
今回は、近来まれにみるバタバタぶりで
まだ準備できてません
このまま、だだーーっと名探偵になだれ込みます
どうにでもしてっ!!(嬉)

釜山の海雲台にいつか行ってみたいと思ってましたけど
行けそうです
こんなに早く実現するとはね~
楽しみ☆

明日のソウルは最高気温が-5、最低気温が-9だそうです
札幌のちょっと寒い日、って感じかな
ご一緒するお友達が寒さに怯えてて、重装備でやってくるっぽい(笑)
そんなこんなも楽しみです(#^.^#)

では、名探偵ミョンミン様に会いに行ってきます
毎回怒涛の旅ですけど
今回はさらにヒートアップしそうな予感
萌えて粉々に粉砕されても、無事に日本に帰ってきたい☆

ではでは~
スポンサーサイト

舞台挨拶日程

舞台挨拶日程
★ソウル1月 28日(金)

CGVカンビョンStar
ロッテシネマコンデ7館
MEGABOX M館
MEGABOX 6館
MEGABOX 6館

★テグ1月 29日(土)

CGVテグ Star
CGVテグ 4館
MMCマンギョン5館
CINUSテグハニル劇場6館
CINUSテグハニル劇場6館
ロッテシネマトンソン路3館
ロッテシネマトンソン路3館
ロッテシネマテグ4館
MEGABOXテグ
M館 RED 

★釜山1月 30日 (日)

MEGABOXヘウンデ 1館
CINUSヘウンデ 5館
プリマスヘウンデ 未定
CGVセンタムシティ 4館
CGVセンタムシティ 4館
ロッテシネマセンタムシティ6館
CGV西面ソミョン12館
CGV西面ソミョン12館
ロッテシネマ(西面ソミョン4館
CINUS 西面(ソミョン) 1館
ロッテシネマ 釜山本店 未定


ご一報を

この番組、、、なんだろ
スカパーに入ってると無料で観られるの?
2/1~OAとな?
ミョンたん、、きてます

詳細がわかる方はご一報を☆

20110126-1.jpg

lunaさん、お知らせありがとです~♪

一喜一憂するのをやめよう

'忠武路演技本座'キム・ミョンミン-チョン・ジェヨン "一喜一憂するのをやめよう"   osen


キム・ミョンミン

今年の正月連休は‘忠武路演技本座’たちの新作でスクリーンが豊かになる展望だ。 とりわけ演技においては他の追従を許さないキム・ミョンミンとチョン・ジェヨンが各々映画‘朝鮮名探偵:トリカブトの秘密’と‘グローブ’で善意の競争を広げることになった。
映画‘私の愛私のそばに’で2009年青龍映画賞と大鐘賞映画祭で主演男優賞を受賞したキム・ミョンミンと映画‘苔’で2010年青龍映画賞と父母の祭日映画賞を受賞したチョン・ジェヨンだ。 二人とも評壇の異見がない好評を引き出して2009年、2010年主演男優賞トロフィーを握った。
最近新作の広報インタビュー席で会った2人の俳優はこういうトロフィー、受賞に対する質問に共通した返事をして目を引く。

キム・ミョンミンは“賞を受けるのはうれしくて感謝したが毒になることもできる。‘認定’と‘称賛’は他の人々がすることであって私が私を認めるのではない。そうなると絶対ならない。その部分に艦艇がある。自らを認めれば発展がなくて主題把握が全くできない。私のポジションを忘却してしまうことになる。 だからそのような称賛と賞の激励の次元でぴったり終わらせるべきでその道を移ってしまいながら自らを認めては絶対いけない考える”と明らかにした。
“常に中庸を守りながら大きく感情の幅が一進一退しないほうだ。 だから大きく失望することもなくて大きく落ち込むことがない。 大きく揺れないようだ。 どんなことがあっても大きく揺れ動かない。 柔軟に受け入れるほうだ。 昔から大きく期待しなかったしそれで大きく失望しないほうだ。 経験から来る年輪である事もあって知恵でもある。 一喜一憂するのは大きく役に立たない”と伝えた。


チョン・ジェヨン

昨年映画‘苔’、そして今年の初めには映画‘グローブ’で興行糸口を継続しているチョン・ジェヨンもやはり‘一喜一憂’を最も警戒する部分といった。
チョン・ジェヨンは“賞を受けて気持ちは良いがそれに対して‘気持ちとても良くて’こんなにまでする必要はない。 この反対の場合が生じることもあるためだ。 今は上手くいくという話だが後ほどには‘もうチョン・ジェヨン味わった’そのように話す日もくるだろう。 だが、その時もそれでも熱心にしなければならないことで上手く行くといってもそれでもさらに熱心にしなければならないことだ。 いつの時で熱心にしなければならないのは全く同じでだ。‘この頃味行ったのではないですか。’としてもとても心を痛める必要なくて‘この頃大勢じゃないの。’それでも大きく喜ぶ必要ない。”と伝えた。
“以前には私もひそかな仕事に一喜一憂したが年齢を重ねてそのような部分を警戒するほうだ。 とても悲しい時を備えて今とても喜ばずに、今悲しいことがあるならば後ほど良いことを考えながらあまり悲しまなければそれで本当にあまり気に障らない。 演技者で仕事をしながら‘一喜一憂するのをやめよう’でいつも気を引き締める。 ‘オーバーにするのをやめよう’という考えをたくさんする”と明らかにした。

ソルラルテレビ劇場

忘れられない記念すべき日☆
ミョンミンさんは名探偵の舞台挨拶に飛び回る忙しい日になりそうですが
日本で「私の愛 私のそばに」が封切られている2月5日☆
な、な、なんと、韓国のSBSでも「私の愛 私のそばに」がテレビで放送されるそうです

怒涛のミョンたん攻めの波はここにまで波及、、、(笑)


ソルラル映画

SBSが正月をむかえて特選大作4編を準備した。
連休初日の2月2日には1,000万観客を突破したソル・キョング、ハ・ジウォン主演の‘海雲台’が放送される。 ‘海雲台’は韓半島を襲った津波に対抗して命を持ちこたえるために死闘を行う災難映画だ。‘シークレットガーデン’を通じてもう一度最高の女優地位を固めたハ・ジウォン出演作で歴代韓国映画興行順位4位に上がっている。
2月3日にはキム・ヘジャ、ウォンビン主演の‘マザー’。 犯人として捕まった息子を救うために奔走する母の母性愛を描いた映画で歴代韓国映画興行1位‘怪物’のポン・ジュノ監督作品だ。
2月4日にはカン・ドンウォン、イム・スジョン、キム・ユンソク主演の‘チョンウチ’が放送される。‘ビック・スウィンドル!’‘タチャ’を作ったチェ・ドンフン監督の2009年作でチョンウチ前をモチーフにしたしらじらしい現代版チョンウチの姿を現わした。
最後に2月5日には‘演技本座’の活躍が引き立って見える‘私の愛私のそばに’が準備されている。 ルーゲリック病を病んでいる男と彼のそばを守る女の愛を描いた作品で演技力の第一人者に行けと言うような佗びしいキム・ミョンミンとハ・ジウォンが熱演を広げた。

名探偵インタビュー⑧

キム・ミョンミン、"不惑? 毎作品が力に余った挑戦と峠"  spn

インタビュー

今度は'コミカルで可愛いキム・ミョンミン'だ。 演技においては常に厳格さを強調してきたキム・ミョンミンが愉快溌刺としたコミック史劇に挑戦、観客に一層軽くなった笑いをプレゼントしにきた。

朝鮮正祖時代を背景に官僚の公納不正を囲んで広がる事件を解決する探偵の話を扱った'朝鮮名探偵:トリカブトの秘密'がまさにその作品。映画でキム・ミョンミンはとぼけた姿だが実は天才の名探偵でオ・ダルス、ハン・ジミンなどと呼吸を合わせた。

端が素早く上がったカイゼルひげを付けたまま"私ははやい壬午年生です" "チチポン"等コミカルな台詞を連発する彼の演技ではKBS '不滅のイ・スンシン'などで代表される重厚さは見つけるのが難しい。 かえって'キム・ミョンミンにあんなおとぼけな面もあったか'したいいぶかしさが代わりにその場を満たす。

"明るくてコミカルなキャラクターと軽く演技できる盲点を警戒しました。 天才とおとぼけ、2面を持ち人物だと探偵としての推理力、同僚のソピル(オ・ダルス)と話す時の身近なイメージ、王の前では忠臣の面目、重厚なな正統史劇のトーンなどある作品で演技色を四種類に分類して多様に実現しようとしました"

演技にあって緻密な分析力を発揮する彼は今回の映画でも正確な計算下にすべての演技を成し遂げた。 多少軽い役だと'簡単に演技する'わなに陥らないためであった。

インタビュー

キム・ミョンミンは"シナリオを数回繰り返して読んだら最初には分からなかった部分がだんだん見え始めます。すべて読む頃には目の前に想像した人物が明確に描かれたりもするのに今回の役はそのような面で相異明確に見えて楽しくなりましたね"として笑い作る。

そのように誕生した'朝鮮名探偵'キャラクターは"明晰ながらも愛らしくて可愛い"感じを与えようと努力した。 キャラクターに没頭して見たら実際にも一層心が明るくなった部分も映画の所得とのことだ。

実際に3ヶ月の間ギリギリに進行された撮影会場ではコメディ映画らしく笑いが絶えなかった。 その一方で緊張感はのがさないように苦心した。

キム・ミョンミンは"緊張感を失う瞬間弱点があらわれるから常に考えていなければなりません。 撮影会場に行く時も即興的に演技しないように常に変数を考慮しながら流動性あるように動けるように手綱は遅らせませんよ"と説明する。

補助出演者とアクション場面撮影中合が合わなくてくらっとした瞬間もあった。体の小競合い中、肋骨負傷した。苦痛をこらえて負傷後にも1/3ほど残った撮影は無事に消化したが"当時には笑えばとても痛くて息をすることができないほどとそばで誰が笑わせれば腹が立ったよ"としてエピソードを伝えた。

オ・ダルスという強固な演技同志に会ったことは作品を通じて得た大きい幸運でもある。キム・ミョンミンは"実際にはオ・ダルス氏が兄なのにあたかも女優のようにそんなに慎ましさが多くなれない"として"反面相手演技者を非常に心安らかにして物静かな性格が強力な点の魅力的な俳優、今後も必ず色々な作品で一緒にしてみたい"と厚くなった同僚の愛を聞かせてくれた。

インタビュー

いつのまにか'誘惑に揺れない'という不惑の年齢に入り込んだ彼だが演技者としては安らかさに取れないと。 彼は"毎度、毎作品が峠でありいつもそのような心がけを持っていなければ演技者で生き残りにくいと考える"として"特に演技者は短期間に多様なキャラクターをずっと繰り返さなければならないので格別な精神力と意志力を持たなければ簡単にうつ病にかかったりさらに自殺衝動を感じることもできる"と伝える。

また、"俳優精神を使うと同時に多様な見解で多くの部分に露出するからいろいろを耐え抜くべきだ"とも話す。

それでそのまた、撮影期間には"家族が鋭敏になっている私を避けて足音も静かにするほど配慮する"として"代わりに終わって一緒に旅行に行くことでストレスも解いて家族と持てなかった時間を持つ"として笑い作る。

いつも挑戦にからだ引き締めない彼だが'演技者'という職業には透徹した意志が必要さを再三強調する。

"一時は私も何年間難しい時期を体験してあきらめたい気がする時もあったが偶然と努力が道を作ってここまできたようだ"として"時々家で大きい支援を受けて俳優を準備する友人らが弱気でからだ苦労精神的苦労して離れる場合もしばしば見るが、本人があらゆる事を打破って立上がる準備ができているならば督励したい"

名探偵インタビュー⑦

キム・ミョンミン、"共演したい俳優はいつもシム・ウナ"   spn

共演したい俳優はシムウナ


"以前からも申し上げてきたが私は常にシム・ウナ氏と演技してみたい希望がありますね"(笑い)
'演技本座'と呼ばれる俳優キム・ミョンミンが一緒に呼吸を合わせたい俳優はいつもシム・ウナと明らかにした。
27日封切りする映画'朝鮮名探偵:トリカブトの秘密'(監督キム・ソギュン)インタビューのため最近イーデイリーSPNと会ったキム・ミョンミンは'共に演技したい女優'に対する考えは変わることがないとしこのように話した。
キム・ミョンミンは"映画'美術館の隣の動物園'のような作品を見てかなり以前からシム・ウナ氏とともに演技したい希望を持ってきた"として"それで復帰の話が聞こえたりするときは思わず常に耳を傾けているのに果たして実現されるかは分からない"と伝えた。
2000年芸能界を引退した後2005年結婚、主婦として平凡な生活を送っているシム・ウナは毎年復帰可否が用心深く占われているけれどまだ実際的な復帰動きは出てこないでいる。
キム・ミョンミンは"シム・ウナ氏は容貌はもちろん感性的な面でも卓越した演技消化力を持っていてファンとしてももう一度演技を見たい心が大きい"として"美容室では一度見たことがあるのに…"として笑い作った。
また、今後も'演技したい俳優'は常にシム・ウナであることと。 キム・ミョンミンは"実現されなかったとして立場を変えて他の女優を挙げるのは礼儀ではないようだ"と伝えた。
最近では所属会社新人俳優を直接演技指導するなど後輩養成にも力を傾けているキム・ミョンミンは"何より正確な発音、発声を中心に基本技が硬いのが演技者の核心"としながら"演技に対する緊張感と厳格さはいつも持っていてこそ崩れない"として明確な演技観を聞かせた。

名探偵インタビュー⑥

彼は3月次の映画撮影に入る
"まだ具体的な内容をいうことはできない"という次期作で彼はとてもたくさん走ることになるようだ
彼は"何死ぬほど走る方法以外にです"と話した
彼のものすごい演技情熱にすでにまた火がぶり返した


むむ、、次回作3月から撮影!
死ぬほど走る以外に、走る走る走る、、、、、何に走るんでしょ~~~


キム・ミョンミン"コミック映画初めてだが真剣に演技しました"   hankooki

史劇は2004年ドラマ'不滅のイ・スンシン'が唯一で、コミック演技はしてみたことない。 その上重たい感じの俳優。 そのような彼がコミック フュージョン史劇に挑戦した。 '余計な変身試み違うか'という憂慮が出てくる価値はある。 それでも'演技本座'と呼ばれる彼ではないのか。 去る21日ソウル、三清洞(サムチョンドン)あるカフェで会ったキム・ミョンミンの顔には自信があふれた。 明るくて軽快な映画を無事に終えた後にでもできそうである快活な気勢が伝えられた。

'朝鮮名探偵:各市(詩)投球花の秘密'は政調の秘密指令により地方で公納不正の陰湿な背後を捜査する'名探偵'(キム・ミョンミン)の活躍像を描く。 TV PD出身で劇場版'オールドミス ダイアリー'を演出したキム・ソギュン監督の二番目映画だ。 キムタクァンの小説'烈女門の秘密'を下絵みなしたが情緒的きめが大いに違う。 サスペンスあふれる推理代わりに笑いに傍点をつける。 わずかな笑い話らが多いが正祖の改革政治、天主教、謀反などあっちこっち枝を切り落とす話が散漫だ。

落ちる緊張感を埋めるのは俳優らのしらじらしい演技だ。 分厚いカイゼルひげで顔を飾ったキム・ミョンミンは上まぶたをぴくぴくして笑い期をぱらぱら漂う。 真剣に見える彼の容貌とは違いコミック演技もオーダーメード服のように結構似合う。

キム・ミョンミンは出演理由で"フィクションとノンフィクションを行き来するキャラクターの魅力"を挙げた。 "明るくて愉快なのをしてみたいという考えは大きい契機ではなかった"ともした。

"中高等学校の頃に私がボン'007'でも'インディ・ジョーンズ'シリーズ、TVシリーズ'メッカイボ'のような映画と感じも良かったです。 キャラクター無比の新しい境地を開くことができたら良いという切実な願いがありました。 今回うまくいってシリーズでずっと作られたらいいですね。"

"なじまない演技と骨を折らなかったのか"と尋ねるとすぐに彼は"なじむ演技はかえって俳優に大きい艦艇"と話した。 "スリラー演技をたくさんしたがいつも重労働の難しくて苦しい。 コメディでもスリラーでも演技は毎度大変だ"ともした。 初めてのコメディと人々の視線が注がれているが、本来彼は"コミカルな演技をしようとしなかったし私が笑わせなければなければならないと考えたことない"と話した。 "密命を受けた身分をだまそうととてもこっけいに行動する人物"で設定して演技したとのこと。 彼は"明るい役をしても深刻な演技をしても私の姿を見れば手足が縮んでネズミ穴に入りたい心情は毎度全く同じだ"と明らかにした。

'私の愛私のそばに'(2009)と'破壊された男'(2010)に続く相次いだスクリーン登場だ。 2008年ドラマ'ベートーベン ウイルス'以後ドラマとは距離をおいた彼の歩みに対して生煮えになった分析が流れて出る。 "興行などで格別な面白みを見れないで映画に執着する"などと。 彼は"単に気に入るドラマがなくてそうするだけ"と話した。

彼は'キム・ミョンミン映画は成功しない'という世評に対してもある記者の分析を借りて反論した。 "私の映画は毎度損益分岐点を越えたが人々の期待値が高くて興行に失敗したように見える"ということだ。 彼は"いったいある程度の水準を望まれることなのか…"としながらも"さらに熱心にしなければならないですね。 熱心にします"と話した。

キム・ミョンミンは'メソッド演技'(劇中人物と自身を最大限同一視する演技)で有名な俳優. '私の愛私のそばに'でルーゲリック病患者の役のために20㎏を減量して、'破壊された男'では短いある場面撮影のために三日夜を明かした。 "行き過ぎた自分酷使ではないか"という指摘も出るのに彼は"私の演技にならないからそのようにでもしなければならない"と話した。 "俳優は道徳的問題がない線である人物を表現するためにすべての経験を総動員しなければならない"と声を高めた。 "私だけ特別ではありません。 俳優をちらほら見る場合があってどの俳優でもその役を受け持ったらそのように演技したでしょう。" '朝鮮名探偵'では身体を極端に責め立てる演技はなかったが彼は肋骨がひびが入った状態で1ヶ月超えて撮影会場を守った。

彼は3月次の映画撮影に入る。 "まだ具体的な内容をいうことはできない"という次期作で彼はとてもたくさん走ることになるようだ。彼は"何死ぬほど走る方法以外にです"と話した。 彼のものすごい演技情熱にすでにまた、火がぶり返した。

名探偵インタビュー⑤

キム・ミョンミン"私が演技に満足したとすれば俳優をやること"  asiae

キム・ミョンミンには'演技本座' '演技天才'という修飾語がしばしば追いすがる。彼が作品で見せた優れた没入力により生じたニックネームだ。

封切りを控えた映画'朝鮮名探偵'でも同じだ。 今までは全く違った'ゴマ方正'演技だが映画の中オ・ダルスの台詞のように"笑わせる両班(ヤンバン)"名探偵に完全に変身した。 それにもかかわらず、キム・ミョンミンは"'演技天才)'という修飾語はやめてくれたら嬉しい"と冗談を言った。

◆天才演技者という気がしたとすれば俳優を止めたこと

'朝鮮名探偵'を見た後'キム・ミョンミンにこういうしらじらしい表情があるとは'という感心がひとりでに出てきた。 その後'本人もだいぶ満足だったのだ'という気がしたしインタビューを"画面の中自分演技を見ながら'これはあきれるように上手にした'という気がする時があるか?"という質問を投げた。 だが、返事は"ただ一度もない"であった。

"私が私演技を見てそのような気がしたとすれば神の境地に上がったり一人だけの錯覚でしょう。その水準になるならば演技を止めなければならないですね。そんな感じを一瞬でも感じたならこの仕事を辞めたということです。 代わりに私がした演技を見ながらきまり悪い時はありました。他の人と共に見るときはわざわざ騒々しくさせて映画に集中をできなくさせます。(笑い) 一人で見ればしかめっ面をしながら'なぜあのようにできなかったんだよね'と考えたりもします。 '演技本座'という修飾語も違います。演技に対して天才的なことでなく努力に対する産物です。"

◆ '俳優を上手にしたんだな'したい時は誰かに'希望'を与えた時

俳優として生きていくということは大変疲れている。いつも大衆の視線を意識しなければならなくて私生活まで全部返却しなければならない時が1,2度でない。各種のデマに苦しめられなければならなくて事実ではないが災いを押してこらえなければならない。 俳優で生きていって幸せだが'私が一般ならば..'と気がする時はいつだったのだろうか。

"俳優として暮らして良くない点は私の生活が自由でないということです。インターネットの飛び交うデマを見ながら画家込みあがるがこらえなければならない時、あきれる話で人を売り渡す時など多いです。 以前に接触事故に会ったことがありました。どんなおばさんが私の車を後から受けて首の後ろが痛かったが'キム・ミョンミン氏のファンです'という一言に私が痛いことより'大丈夫ですか?'と尋ねなければならなかったんですよ。 そうする時'私が一般人ならば..'という考えたことがあります。(笑い)"

こういう不便さがあるが'それにもかかわらず、俳優を上手にしたんだな'したい瞬間があるので'人間キム・ミョンミン'でない'俳優キム・ミョンミン'で生きていくだろう。 彼にいて'俳優なので幸せです'と叫びたかったことはすぐに'希望'を伝える時であった。

"一介俳優が持った影響力がとても大きいということを感じました。ドラマ'不滅のイ・スンシン'をとる時だったが癌闘病中の女流画家に会ったことがあります。私のファンであったしたくさん会いたがったそうだよ。 私に会った以後生命が延びたという話を聞きましたよ。その時'嘘のようなことが起きたりもするんだな'という気がしたし'俳優の職業が自己満足のために演技するのではない'と感じました。希望を与えることができる存在というものが良かったです。"

ある人たちは話す。"キム・ミョンミンは本当に多くのキャラクターを消化した"。 だが、彼は"人々はさまざまだ。かなりの役をすべてしたというけれどまだまだだ"とこれを否定した。 キム・ミョンミンはいつも新しいものに挑戦して観客のために努力する俳優だ。 だが、自分の演技に満足しない。 "私の演技に満足するならばこの仕事を辞めるだろう"と話す彼にファンは"あなたの演技に満足しないで下さい"と叫ぶかも知れない。 いつまでも彼の演技を見たいからだ。

名探偵インタビュー④

キム・ミョンミン"作品終わった後激しいうつ病我慢も.."   asiae

キム・ミョンミンはいつも配役に100%没頭する。 ルーゲリック病患者ペク・ジョンウ役に出演した映画'私の愛私のそばに'では本当にルーゲリック病にかかったような錯覚をさせたし、ドラマ'不滅のイ・スンシン'では強靭なリーダーシップの所有者イ・スンシンに近づいた。

封切りを控えた映画'朝鮮名探偵'で帰ってきた彼は相変わらずだった。その間リリースしたことがなかったしらじらしくて厚かましいおとぼけ名探偵キャラクターを完全に消化した。'キム・ミョンミンにこういう姿があったか?'という感心が出てくるほど'깨방정'を震えた。

◆激しいうつ病がきたり心が荒廃するを感じることも..

ファンはキム・ミョンミンの演技を見ながら喜びを感じる。優れた演技おかげで劇に共に没頭して泣いて笑うが演技をする当事者は苦しい時があるだろう。人間キム・ミョンミンでない作品の中で生きていくキム・ミョンミンは明らかに違う姿が存在する話だ。唯一強いキャラクターをたくさん受け持ってきたキム・ミョンミンが明らかにする後遺症は何だろうか。

"作品の中の役により違うが激しいうつ病がくる時もあって精神的に荒廃されるのを感じる時があります。したいこともなくて食欲もなくなります。そうする時は家族と共に旅行に出発して再充電の時間を設けたりします。明らかに大変な部分があるが俳優と言うなら克服しなければならないですね。"

観客の立場でキム・ミョンミンという俳優を見ていれば時々'からだをとても酷使しているのではないか?'という気がする。 '私の愛私のそばに'ではひどく痩せて後遺症が後にあったし'破壊された男'では本当に破壊されたような表情、目つきを見せた。 "なぜそこまでからだを酷使させるのか"という質問におもしろい返事が返ってきた。

"'私の愛私のそばに'を撮るために痩せながら'私がこんなにまでしなければならないか'という考えよりは'制作者はなぜこういう映画を作ったのだろうか'という気がしました。 俳優が作品の中で難しいキャラクターを初めて向き合った時'私はできない..'と考えるが実際に状況になれば消化することになっていますね。 私がその状況に置かれたことだけであって他の俳優でも同じことだったでしょう。"

それなら今回の'朝鮮名探偵'はどうだったのだろうか。いままでキム・ミョンミンが見せたキャラクターは真剣で威厳ある人物が大部分だった。いくらキャラクターに対して優れた没入力を見せる彼だが'コミック'は少し違う。 コメディ ジャンルは別名'ギャグ本能'がないならば消化するのが難しい。彼は"初めには笑わせなければならないという負担感があった"と話した。

"シナリオを読んで'私がこういう役を消化することができるだろうか'という心配がありました。笑わせなければならないという負担感もありましたし。 だが、劇的状況が笑わせたことであって俳優が笑わせる必要はないという監督様の話に負担なく撮影できました。初めはそのまま撮影に臨んだがいつのまにか私が楽しんでいるということを知ることになりましたよ。 それだけ退屈でなく映画がよく出てきて幸運です。"

◆離別を克服するためにまた他の愛を探すように...

作品に完全に没頭しただけキャラクターを抜け出すことも大変だ。短く数ヶ月、長くて1年が過ぎるまで作品にまい進してきた後締めくくるということをしなければならない時のむなしさと虚脱感は俳優だけが感じる感情かも知れない。 キム・ミョンミンやはりこういうむなしいことで大変な時間を送ったりもするといった。

"作品が終わった後むなしいことはすべての俳優が感じる感情です。 '精神病'という表現が少し極端に感じられるが一種の精神病を病んでいるといえます。誰かとの愛に陥った後、送った時虚しさとむなしいことは言葉で表現するのが大変でしょう。本当に激しい時は体の臓器を取り出すような苦痛と気がする時があります。誰にも話せないです。 俳優で生きていく人だけが知ることが出来る感じでしょう。"

このようなむなしさを払いのけるためのキム・ミョンミンの方法はどんなものがあるだろうか。 彼は新しい作品を新しい愛と比喩した。離別を克服する方法が新しい愛であるように新しい作品を通じてむなしさを克服すると。

"ひとまず既存キャラクターから抜け出すためには精神力が強くなければなりません。いくら周辺が助けるといっても本人意志が弱ければ容易ではありませんね。恋人と別れた時本人の意志が弱ければ大変でしょう。最も良い方法は新しい恋人をはやく得ることでしょう。同じように他の作品をはやくすることが一種の方法例です。 '私の愛私のそばに'以後本当に大変だったが意志と家族、また他の集中することを探しながら克服しました。"

キム・ミョンミンはインタビューを通じて"俳優が配役に没頭するのは誰でも同じだ"と話した。 だが、これは謙そんから始まったことだろう。 彼は"役者は観客なしで存在できない。 いつも努力しなければならない"と話す。 作品に没頭しただけ大変な時間を送るが観客のために常に努力する。 これが俳優キム・ミョンミンが生きていく方法である。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。