FC2ブログ

++sutakorasassa++  

sutako/るぴ

Archive2010年03月 1/5

  • 2010年03月31日 2

    「クランクアップ間近」と「スケジュールの告知」のお知らせを聞いてカフェを覗いてきました                                 (SAMTAさんサンキュッ)クランクアップ予定は4/2か、もしくは4/5だそうです (ぷぷ、4/3と4/4はなにか予定があるのね、笑)本当に大詰めの大詰め!今頃ミョンミンさんはどんな状態になってるんでしょーねーあとちょっとだ頑張れー☆ネサギョのときは痩せ続けるミョン...

  • 2010年03月29日 4

    ☆本日動画をもうひとつ☆愛すべきお髭の軍官ソン・ヒリプ(キム・ミョングク)「え?」キム・ミョングク氏、映画にもドラマにもたくさん出てるのになぜか私のみてるのと全く重なりましぇ~ん(笑)唯一「砂時計」で見たらしいけど、、記憶ナシです(^^ゞこのお髭がなくなったら誰だかわかんないわ、、っていうかこのお髭のまま洋服着て歩いてても違和感ないかも(私的には、笑)...

  • 2010年03月28日 8

    見返り舜臣98話でこの振り向いたスンシン見てひょぇ~~~ってなりましたあまりの凛々しさに☆ と、うなじのクルクルの可愛らしさに☆ふう、、これ作るのに時間喰った(笑)容量制限があって、、、ったくなにやってんだか私SAMTAさんちのかめ記事によると「めったに辛さを口にしないキム・ミョンミンも歴史ドラマをもう一度やれと言われたら自信がないと言った」とかでしょうね~長丁場に主役は出ずっぱりだし真夏でも重たい鎧を...

  • 2010年03月28日 0

    ~蔚山城戦闘~★98話宝花島(ポファド)水軍臨時駐屯地では軍船の建造作業は順調に進み、兵力と兵糧の確保も着々と進んでいた鳴梁開戦以降南下した倭軍は南海沿いに倭城を築き籠城している攻撃的な戦略を展開するにあたって順天に駐屯する小西行長を第一次目標とする領議政のソンニョンは単身で敵陣に赴き小西行長にこれ以上兵を失いたくないのなら降伏をするように最後通告をするソンニョンが単身で敵陣に行ったことを知ったス...

  • 2010年03月28日 8

    若いころ、国の辺境から帰ってきてミョンを初めて抱いたときその温かい乳臭さの中で突然、湧き上がってきたあの悲しみにも思いを馳せたそして、屍で覆われたこの残骸だらけの海では血筋の運命を受け入れたがらない私の悲しみなど実に取るに足らないものであるという事実にもさらなる悲しみを覚えたのだ身体の奥深くから込み上げる悲しみを私は歯を食いしばってこらえたどこかに押し込められていた涙が、またどこかの隙間から溢れ出...

  • 2010年03月28日 0

    ~免死帳 そして息子ミョンの死~★97話 鳴梁での戦いに勝利したスンシンは敵の補給路を遮断し兵糧を回収し全羅道の海岸線での長期戦に突入した忠清道まで進撃していた倭軍は補給路を断たれることを恐れ南下する水軍の勝利で鼓舞された民はスンシンを敬い朝鮮水軍を支持したイ・スンシンが慶尚右水使へ昇進して戻ってきたナ・デヨンやかつての部下たちも戻り水軍の再建にかかる宣祖は明軍のヤン・ホを慰労するが、ヤン・ホは倭軍...

  • ~再戦 宣祖の怒りの矛先~★87話1592年8月8日 3国で和議の話し合いをするために通信使が倭国に旅立ったしかしスンシンは現在の状況では朝鮮に不利が和議が結ばれ、下三道は倭国に苦しめられ、明に我が物顔で統治されると懐疑的だったが、ソンニョンはたとえ国の一部が配下におかれても戦いを終わらせたいと願う今や、かつて国のために戦った義勇兵さえも反乱を起し王が鉄槌を下し命を落とすほと国が乱れていることを憂い...

  • ~疫病との闘い~★85話壬辰(イムジン)年、癸巳(ケサ)年、甲午(カホ)年戦争が始まって満2年、19回の戦いに全勝したが今は見乃梁を挟んで対峙したまま小康状態が続いていたスンシンは軍船が300隻になるまで造船を命じるしかし食糧不足と朝廷への献上物と明軍への軍糧米で持ちこたえることができないスンシンは塩田を作ることを計画すが軍人の身分でできないこともあると反対にあうクォン府使やイ僉使は王が統制使を警...

  • 2010年03月28日 0

    ~統制営による水軍武科試験~★84話開戦以来、約3倍の数に増えた軍船だが指揮官の不足が課題として浮き彫りになる折りよく光海君から武科試験を実施し優秀な人材を広く採用すると通達がでたしかしスンシンは全州の武科試験に兵士を送らず、身分を問わず独自に統制営で水軍だけの武科試験を行うと光海君に報告する戦争時に兵士を全州に送れないことと水軍の特性から専門の知識や技能が必要だからだユン・ドゥスは2万の大軍を率...

  • 2010年03月28日 0

    ~倭と明の和議協定~★83話「刀で朝鮮軍の足を止めるつもりなら水軍のみならず朝鮮の民すべてを敵に回す覚悟を敵の顔色を伺って戦う気のない軍隊と共に戦場に立つ気はない」スンシンはユ都督に堂々と言い放ったユン・ドゥスにはスンシンの行動を非難し、明軍が遼東に撤退すれば朝鮮全域が戦場になると心配するが、スンシンは「明軍の撤退は朝鮮の態度ではなく自国の利益を優先に考えて決定される」と動じないスンシンが朝廷に護...