FC2ブログ

++sutakorasassa++  

sutako/るぴ

Archive2010年02月 1/3

  • 2010年02月27日 22

    おおっ、*emu*さんのコメで気がつきました今日はぴるぴを立ち上げた日だったんだわー1年前の今頃こーんなミョンミンさんに出会ってクラクラしてました今でもクラ~~~ってしますけど 1年前の今日は百想芸術大賞授賞式でTV部門で最優秀演技賞をとった日 (偶然だったんですけど、そんな記念すべき日にブログたちあげたんだわね)カンマエの残像が消えて、すっかりジョンウなミョンミンさんになってて驚きました今年もノミネート...

  • 2010年02月25日 4

    いや~~~ん なんというタイムリーな記事 スンシン祭りしてるの知ってたーー???(爆笑)特に'不滅のイ・スンシン'主人公だったキム・ミョンミンがユ・テウン結婚式の司会をした人生で忘れることのできない記憶の瞬間がこの作品と一緒だ "早く結婚して堅実に生きるキム・ミョンミンの姿がとても良くて司会をお願いした"というユ・テウンそして厚い親密なよしみが始まる前だったのに快く司会をしてくれたキム・ミョンミン"'不滅...

  • ~鶴翼陣 閑山島(ハンサンド)海戦~★73話 スンシンは7月8日に見乃梁(キョンネリャン)に進撃し陣を組むと出陣命令を出す1里しか幅のない見乃梁では限られた船の数しか並べられない上に敵が順潮であり、複雑に入り組んだ場所なので待ち伏せされる可能性もある部下たちは反対するが、敵に有利な条件だから脇坂が見乃梁を選んだことは承知の上だった敵の仕掛けた罠だからこそ敵に仕掛けるもう一つの罠だったのだスンシンは新...

  • 2010年02月24日 12

    チャグーン!チャングーン!毎晩プルミョレイスンシンに浸るシアワセ今夜74話見るどーーーいよいよ閑山島海戦に突入ですもしかして私の頭の中チャングン化してるかも( ↑意味不明・大丈夫か?笑)私も(も、って~笑)公式2年生になりました(*^^)v1年前の今頃にペバの3話を観てカンマエと初対面         なぜか3話から視聴したヤツ、笑それから1週間たつかたたないかの頃に気がついたらブログ立ち上げてましたいい...

  • ~イ・スンシンとクォン・ユル 海と陸の総指揮誕生~ ★71話脇坂のもとから逃げ出した伎生チョンニャンは偶然通りかかったイ・ヨンナムに亀甲船の危機を告げて気を失ったチョンニャンを馬に乗せ全羅左水営に急ぐイ・ヨンナムしかしスンシンは敵の侵入を予想していたので精鋭部隊で無事に防ぐことができた秀吉は戦略家の脇坂を認めこの戦いの大将に任命したクォン府使は使者として釜山の脇坂安治のもとに向う脇坂の精鋭部隊の首級...

  • ~水軍連合艦隊結成~★69話イ・スンシン率いる全羅左水軍23隻イ・オッキ率いる全羅右水軍25隻ウォン・ギュン率いる慶尚右水軍3隻合計51隻の朝鮮水軍連合艦隊が結成された連合艦隊は唐項浦、鎮海、栗甫で奮戦し勝利をおさめた1592年5月29日から6月7日までスンシンは戦い続け、5回にわたる勝ち戦を納めたがその中心には亀甲船があった水軍の連戦連勝の知らせを聞き、陸軍では最高指揮官が集まり兵士5万を集めて...

  • ~倭軍の罠~★67話昆陽奪還のための出陣命令すウォン・ギュン部下たちは右水使の無謀な戦略に迷いながらも従うことにする藤堂高虎はスンシンをおびき寄せるためウォン・ギュンを扇動する策を練り狙撃兵を二重に配置して万全の準備をする来島軍が昆陽と唐浦に分かれ停泊しているという情報を得たスンシンは全羅左水軍を昆陽におびき寄せて挟み討ちを狙っているのではないかと予想し計略を立てて出陣する倭軍が臨津江を超えて危機...

  • ★65話スンシンは宣祖に「玉浦海戦の勝報状」を送る開戦以来の初めての勝利の知らせに宣祖は涙を流して感激するこの「玉浦海戦の勝報状」は身分に関係なく全兵士の手柄が公平に記されていて当時の身分制度の厳しい時代のなかで画期的なものだったこれは身分や位より能力を重んじたスンシンの指導者としての資質を示したものだった水軍の必要性を強調し制海権の重要性が書かれておりそして共に戦った慶尚右水軍の功罪についても正...

  • 2010年02月21日 4

    はい、ちょっと一息つきなさい、、、と自分に言ってみる~~~~~~~(*^。^*)なんだかも~、観だしたら止まらない(*^。^*)  誰か止めて~~(>_...

  • 2010年02月21日 2

    微妙なアングルの違いでもキャプるキャプる(笑) かっこいいんだも~~~ん~王への状啓~★64話倭軍を撃退し都城まで進撃することを宣言するウォン・ギュンするとスンシンがやってきて兵の解散を命じる王を救いに行くべきだといきり立つ部下に感情に流されて戦うなと命令するスンシンは王室の都落ちに耐えがたく心痛めると同時に、王室が去り、捨てられたも同然の民の悲しみに心痛め勝利だけが唯一の報いる方法だと決意する敗戦...