フェイスショップのサイトがリニューアルされてから
どこに何があるのかさっぱりわかんなくて
連れてくるまでが、た~~いへん

なんでかな
ボヨンさんは綺麗な女優さんなんだけど
私的には
サンウといてもぜんぜんドキドキしない2ショットなの




サンウなにしてるかな
今どんな髪かな

この間の動画メッセの時はキャップかぶってたからよくわかんなかったし
最近はヨンギばかり見てるけど
きっと今は伸びて、こんな風に前髪があるよね(あってほしい~)

できればお髭もね(笑)






   お髭もね~~

    ↓脈絡もなく突然(笑)  最近色っぽいサンウ見てないな。。。


    懐かし~ついでに動くお髭サンウも見たくなった。。。

ヨンギってやっぱりちょっと変わってる
いきなりキスしたかと思うと
気を許すな、そうやって優しくするから損をするんだ
だから幸せになれないんだって言ってみたり

インジョンへのからかいっぷりからすると
小学生の時、好きな子のスカートをめくったタイプね(ぷっ、誰かさんみたい~)

屈折しているようで純粋そうで
わがままで
なんたって御曹司だもの
財閥なの?(チュランが言ってた)
さてソンジュとどっちがお金持ちでしょ^^

4、5話は
ヨンギの仕草もセリフもツボだらけでたまりません~~~!!




チュラン、スファンそして可愛いミソちゃんと海岸でお食事している時
インジョンといる時はいたずらっ子なヨンギなのに
なんだかすべてわかった(悟った)ような大人の雰囲気になってません?
別腹とか遺伝子が半分とか・・・小さい時からそんなことばっかり言われて育ってきたのかな

空き缶蹴りながら帰るヨンギの横顔に、毎回泣けそうになるんです

 



『すぐに醒める夢』

잠깐 꾸다가 깨는 꿈  少しの間夢見てから壊れる夢
나 해보니까 그런 거 같던 やってみたらそんな感じだった

ヨンギがチョエンとの愛を語るたびに
あんた、それは愛じゃなくて寂しさを埋めたかっただけじゃない?って言いたくなりますワタクシ
だからよけいにヨンギがかわいそうでたまんない





『僕が好きなんだろ!』

このドラマ、カンコックではくさ~~いセリフが多すぎると酷評されましたが
確かにセリフが多くて長い (渡る世間は鬼ばかりと並ぶ?がはは~)
でも、ヨンギが痺れるセリフをたくさん言ってくれてるんです

私のお気に入りベスト3に入るセリフ
僕が好きなんだろ、になってました、とほほ・・・(泣)

겁내지 말고 날 잡어  怖がらすに俺を捕まえろ!

ヨンギのこの強引さがたまらなくいいのにぃ~~~!!!

私きっとワガママで強引な男の子好きなのね
しかも、空回りするくらいの・・・
きゃはは~~♪



ところで
このシーン、なかったですね・・・残念


2008.06.27 ファイツ!
決まったの流れたのって
いちいちニュースに取り上げられたってもう慣れっこだから平気だし
ドラマの編成なんてさっぱりわからない話で
おまけにカンコックのことだし(日本の感覚で計っちゃだめなんだろうね、きっと)
それに候補に挙がったドラマが流れることなんて珍しくなくて
そりゃあるとは思いますけど

7月の撮影開始に向けて準備してきたのに

ここまできて
この時期になって

やめますって

SBS! そりゃ、ないだろ~~!!! 


'テムル'はつばめの女性遍歴を興味中心に描いた作品ではない
'銭の戦争'で私債業者'金の国'がそうであったように
彼は夢と原則を持って目標に向かって最善を尽くす人間の姿を見せようとする
一瞬荒いようだがハリュのすべての行動を導く駆動力は家族,恋人,同僚に対するあきらめない愛だ
ハリュウが苦しいこの時代,普通の人々のストレスを解く真の英雄になる理由だ
                                ~拍手する時離れて~ 
  스포츠조선

原作者のパク・イングォンさんがテムルの連載を終えるときにハリュのことをこんなふうに話してました

モッサを終えた後、サンウがもう一度このドラマを撮ろうって決めた理由がわかるよね
やりたいよね~~~
見たいよ~~~
どこの誰がスターの看板だけでドラマが成り立つと思いますか!(ブツブツ・・・) 

どんな理由だったのかわからないし
SBSが手を引いて、すぐにハイって手を上げるわけにはいかないかもしれないけど

2年間あきらめずに、私たちにヨンギを見せてくれたサンウだから
(モッサも最初は確かSBSだったのが、最終的にはKBSで放送されたし)

絶対に前を向いて、先を見てるよね

うん
頑張れサンウ~~~~!!!!!



さかのぼってネットをウロウロしてたら(ヒマ?・笑)
こんな記事を見つけちゃいました

2003年11月23日ってことは、天国の階段が放送される直前
撮影2週間目、お互いにどう呼び合ってよいのかぎこちない頃の二人です

「体つきがいいでしょ」って言われて、恥ずかしそうに「はい」って答えるサンちゃんが可愛い~♪




[スターインタビュー]SBSドラマ"天国の階段"主演チェ・ジウ&クォン・サンウ 2003.11.23 media.daum

‘純粋美人’が‘筋肉質美男’に会う。 12月3日初めての放映されるSBS水木ドラマ‘天国の階段’(脚本パク・ヘギョン演出イ・ジャンス 夜9:55)でチェ・ジウ(28)とクォン・サンウ(27)が初めて一緒に出演する。 このドラマは大企業職員チョンソ(チェ・ジウ)と財閥3世ソンジュ(クォン・サンウ)が互いに愛するがチョンソが眼癌で亡くなる悲劇的内容を含んでいる。 ドラマの悲劇的雰囲気と別の形で,20日午後京畿(キョンギ)高陽市(コヤンシ),一山区(イルサング),タニョン洞SBSイルサン製作センターメーキャップ室で会った二人の対話は溌刺としてピョンピョンはねた。 撮影2週間目,かれらは劇中恋人を演じながらも,ドラマ外ではお互いをどのように呼ぶべきかぎこちなかった。

▽チェ・ジウ=私は‘サンウ氏’と呼びます。

▽クォン・サンウ=何と呼ぶべきか…. 大体ごまかしながら一度も呼びませんでした。

▽チェ・ジウ=私は‘オッパ’という言葉が口にぴったりつきますね。 今度は‘室長’と違います。 (真剣に) ‘美しい日々’(SBS2001年)で相手役イ・ビョンホン氏を‘シルチャンニム(室長)’と呼ぶ時‘シルタンニン’のように聞こえると冷やかされて傷も受けました。 その後コメディアンらがそれをまねるのを見れば‘一台殴ってくれたら’と思いました。

▽クォン・サンウ=僕は性格がせっかちで言葉がはやいです。 発音がどもりがちになるのはそのためでしょう。 撮る時緊張を解くべきなのに。

二人ともセリフの発音問題を指摘受けて同類相憐を感じたためだろうか。 ところが二人は“そのような点がまさに魅力”としながら互いに奉った。 クォン・サンウはたちまち‘ジウ氏’に慣れたようにしばしば‘ジウ氏’と呼んだし,チェ・ジウの笑いも大きくなった。

▽クォン・サンウ=今まで撮影したこのドラマで最も記憶に残る部分は‘地下鉄シーン’です。

▽チェ・ジウ=…. 互いに親しいふりをしてとったそれ? (笑)

▽クォン・サンウ=地下鉄でジウ氏を久しぶりに目撃して、逃すかと思ってついて行く部分だったじゃない。 初めて一緒にとる場面でほお擦って‘鳥肌演技’をするからぎこちなかったんですよ。 走っていくのを繰り返すのに足の裏も靴ずれしていました。 でも良いです、今回のドラマが私の代表作になるならば。 デビューして3年なのに‘代表的ドラマ’がまだないんです。

▽チェ・ジウ=私の代表作は…. 本当にここで話上手でなければなりません。 色々な監督様がさびしがるかも知れないから…. だがさせるだけでして演技が何か少し理解することになったことは‘美しい日々’と‘冬のソナタ’(KBS22002年)からです

▽クォン・サンウ=ジウ氏は‘初恋’(KBS297年)以後すべての作品がうまくいって,今回のドラマが特別なことはないでしょう。

▽チェ・ジウ=マアマア。 よくそうじゃないので,映画は一生残るがドラマは忘れられると。 ところでこの頃は違いますよ。 ‘冬のソナタ’だけ見ても。

▽クォン・サンウ=あの昨日‘冬のソナタ’見ました! 山に登って,ペ・ヨンジュンが“私たち結婚しよう”と言う場面。

▽チェ・ジウ=ケーブルTV再放送ですね? 今はDVDも出てきて輸出もされるから‘ドラマはこれ以上一度過ぎ去ってしまうこと’が違います。 それでさらに負担になります。 演技力が良くなったという話も必ず聞きたいです。

クォン・サンウは“チェ・ジウの結婚観が気になる”と話した。 その話にチェ・ジウは“私が結婚する年齢になったんですか?”ととぼけて“道行く可愛い子供を見れば私もはやく子供を産みたいが結婚前恋愛は長くしないでしょう”と話した。 クォン・サンウは“私も子供がとても好きで、はやく結婚したい”と話した。

▽クォン・サンウ=(私が主演した)映画‘マルジュク通り残酷史’(来年初め封切り予定)必ず見て下さい。 1978年を背景にブルース・リーに憧れる高校生役だが,ヌンチャンクを習うのがとてもおもしろかったです。

▽チェ・ジウ=私は9月末から45日間韓中日合作ドラマ‘101回目プロポーズ’を上海でとりながら,中国語をちょっと習いました。

▽クォン・サンウ=一言いってみます。

▽チェ・ジウ=ウォーピアオレン?(チェ・ジウは両手で赤くなった顔を隠して小さい声で) ‘私可愛い?’という意です。

▽クォン・サンウ=ジウ氏可愛いでしょう,背も高くて。

▽チェ・ジウ=サンウ氏は体つきが良いでしょう。

▽クォン・サンウ=(恥ずかしく)はい。 (堂々と)ところでからだに対する関心は誇らしいならば誇らしいです。 ‘マルジュク通り’もこういうからだではなかったらできなかったでしょう。

▽チェ・ジウ=監督様に“サンウ氏がとても素晴らしく出てくるんです”といいました。 男がとても素晴らしければ私が女性ファンたちに悪口をたくさん言われますね。 それがすでに心配です。

2008.06.24 なんとなく
タイトル浮かばなかった(笑) ↑


昨日は気がついたら4時で
ツアー締め切り終わっちゃったんだって思ってたけど
さっき見たら
ファンクラブ先行の第2次募集出てましたね
最初に何で第1次なのかなって思ってたけど、これかぁ(笑)
じゃぁ、きっと申し込んだ人は全員当選しますよね、違います?

何人の募集なのかな
これって申し込む時の大きな判断材料じゃないかと思うんだけど
友達と話してて50人だったらど~よって(ががはっ)
だったら何が何でも参加したいから~~~~!!!(笑)

去年のチェジュツアーで抽選に外れる印象があるのかもしれないけど
アジアツアーの時は定員に達してなかったんだから大丈夫なんでわ~

イベント内容が発表になる可能性があるので・・・っていう理由もすごいよね
内容は最初から告知されるのが普通だと思うけど~(笑)
かけひきしてるみたいで可笑しいです

料金については
そりゃ~、普通の韓国旅行と比較したら半端なく高いです
でも普通の旅行じゃないですから~
テムルの撮影が見学できてファンミ(センパ)に参加できるなんてことは
ファンにとってはすごい価値があることなので
需要と供給の問題っていうか(笑)
だからなんとも言えないです~





今は字幕付きのヨンギに毎週会える幸せを感じてて
秋には日本のスクリーンでチョルチュンに会えるし
あっ、そのまえにどんなツバメさんがやってくるのかワクワクしていて
それをみんなでワイワイ話せる場もあるし
俳優のファンでいることの楽しさを感じる毎日で
日常生活にサンウはちゃんといてくれます

こういうツアーとかファンミって
言い方がちょっと変だけど、おまけみたいなもんで
さらに、楽しませてくれてありがとう~~っていえることだと思うんです

そこにこだわると本質が見えなくなるし
参加される人には思いっきり楽しんできてほしいです~





去年行ってみて感じたのは
今まで経験したことのない
不思議~~~な、幸せな時間
旦那も子供も仕事も、わずらわしい人間関係もしがらみもすべて
(別に日常生活に不満を持ってるわけじゃないですけどね・笑)
ぜ~~んぶ忘れて
大好きなサンウの中にいる幸せな空間

日本じゃないから余計にそう感じるのかな(笑)

行かれる方楽しんできてね~♪
2008.06.23 コッコヤ~
もうヨジャに関わりたくない、「女運悪いし」とつぶやくヨンギと
ナムジャなんかこりごりのインジョンの
そっけないやりとりが面白い第3話

頑張るしかないもんね
タッチブで必死に働いてる時のコッコが可愛くて魅力的です
お金なくて辛いけど
ヨンギになんか言われたって全然へっき~、怖いものなしだもん
















2008.06.22 badlove2
1,2話はジェットコースタードラマ
これで全員が揃って、それぞれがどんな人生を生きてきたかがわかったってことかしら
よくできてるよね

チュラン親子の憎たらしさに結構納得したりして(笑)

チュランオンマは若い頃に旦那に浮気されて、愛人の男の子を引き取って育ててるわけで
娘婿が同じようなことをしでかしてお怒りごもっとも(苦笑)
チュランのヒステリックさも、あとで理由がわかると同情の余地ありだもん
(女性陣が元気だわ~・・・男性陣は防戦するばかりで・笑)

家族の中で居場所がないまま育ったヨンギは
息子として愛情は感じているけど母を守りきれなかったアボジを許せなくて
あんなふうになりたくなて
だからどんなに反対されてもチョエンを守ろうとしてたのに
結局死なれてしまったわけで
出口のないやるせなさは伝わってくるけど

いくら反対されたとはいえ
なんでチョエンは死んだかなぁ・・・・謎です・・・


セリフは簡素にバッサバッサと・・・(笑)
でも見ててわかりやすい
違和感なく見られるもんだと感心してます

でも
サムチョンと再会してお酒を飲んでる時に

ヨ「なんだよ、飲んでないよ」
サ「酔ったら誰がお前を背負うんだ」
ヨ「オレのオンマを背負って逃げてたら・・・」
ヨ「男が見返りなしだもんな~」
ヨ「もし、サムチョンと暮らしてたらオンマも長生きしたかな」
サ「天命さ、人の命は誰にもわからない、チョエンも天命だったんだよ」

みたいな会話があるような気がするんだけど(あくまでsutako風脚色・笑)
大事なところ端折ってる~
テガオプソ~
この会話で、若かりし頃のサムチョンの
ヨンギオンマインジョンに対する無償の愛のドラマを想像してたんだけどなぁ
(ですから~あくまで勝手にです~~)




カスメソチウォヨが早くも流れて嬉しいけど
もうちょっとインジョンと熟してから(←なにが・笑)の方が良かったかも~(笑)
2008.06.21 キム・ソンス
ヨウォンさんがガソリンを持って火をつけに来ると言ってましたが(笑)
キム・ソンスさんが『悪い愛』を引っさげてプロモーションに来日されたようです
ソンスヒョンニムありがとうございま~す

今日は第2話
私のハングル教室のお友達も見てくれてるし~

楽しみです^^


キム・ソンス,日ファンミーティング盛況裡に終えて‥クォン・サンウ劣らない韓流スターmydaily

キム・ソンスが日本ファンミーティングを盛況裡に終えて韓流スターとしての姿を誇示した 

キム・ソンスは20日日本,東京で850人日本ファンと会って楽しい時間を持った。 今回のファンミーティングは8月18日から日本ケーブル放送M.net Japanで放送されるKBS 2TV ‘悪い愛’のプロモーションのためのものでキム・ソンスはクォン・サンウに劣らない韓流スター接待を受けた。

今回のファンミーティングでキム・ソンスは出演作品に現れた名場面および撮影エピソード映像を見て深みのある対話をしたりファンたちが心配している個人的な話を率直に交わして楽しい時間を持った。
また‘悪い愛’のOSTの‘私の胸がする言葉’と‘幸いだ’を甘美な声で熱唱して,日本ファンらを魅了させた。
クォン・サンウは‘悪い愛’で一緒に演じたクォン・サンウとイ・ヨウォンに対して切ない心を表わした。 “お二人とも皆思いやりが多くて気楽に演じた。 特にクォン・サンウは無名時から把握した10年親交なのでより一層楽しく撮影した”と話した。





8月18日からMnetで始まるドラマってなに? ないし・・・(笑)
まっカンコックで見られるワケじゃないから괜찮음이에요 ∼~♪
クォン・サンウ,"7月'テムル'撮影開始…跳躍ために努力する"     mydaily

SBSドラマ'テムル'の主人公クォン・サンウがドラマ撮影に突入すると直接ファンたちに伝えて'テムル'の製作霧散危機を一蹴した。

'テムル'(イギムプロダクション)は企画段階からブロックバスター級の製作費,クォン・サンウとコ・ヒョンジョンの超豪華キャスティングで話題になった。 パクイクォン同名漫画を原作にした'テムル'でコ・ヒョンジョンは女大統領ソ・ヘリムを,クォン・サンウはつばめハリュ演技する予定だ。
しかし'テムル'は一歩遅れて製作会社と放送会社間の葛藤で座礁する危機に処したという雑音に苦しめられた。 この過程で当初演出することにしたPDが退いて新しい演出者が投入されたし予定された8月編成は事実上失敗に終わった。

しかしクォン・サンウは18日自身のペンカフェに文を載せてドラマ撮影を7月に始めると伝え、ドラマ製作の本格的な開始を知らせた。 "皆さん無事に過ごしですか?"と話し始めたクォン・サンウは"いよいよ'テムル'撮影を7月に始めます。 あまりにもおもしろい台本に共演したかった俳優ら. いよいよ2003,2004年の気勢を受け継いで,もう一度跳躍しようと思います"として撮影開始に歩調をそろえた覚悟を伝えた。
続いてクォン・サンウは"11月にその間の物足りなさと,皆さんを見たい心のために努力します"と話して'テムル'が11月頃放送されることだと迂回的に明らかにした。

最後に"いつも考えて,祈って,感謝申し上げます。 皆さんの愛に対して"と話したクォン・サンウは"そして私は幸せです。 33才という今この瞬間が幸せです"としてファンたちに対する感謝の気持ちを伝えることもした。



エデンの東’イ・ダヘ,‘砂時計’コ・ヒョンジョン追跡?     isplus

タレント イ・ダヘが'コ・ヒョンジョン追跡'に没頭している。

イ・ダヘは8月末放送されるMBC TV月火劇'エデンの東'(脚本ナ・ヨンスク,演出キム・ジンだけ)で言論財閥家次女ヘリンで登場する。 ソウル大法科出身の秀才で父の後に続いて,事業を飽きて受けて政界進出まで追求する野心家だ。
'ヘリン'は90年代最高人気ドラマSBS TV '砂時計'でコ・ヒョンジョンの配役と同じ名前。 その上当時コ・ヒョンジョンやはり財閥2世で登場して,お父さんの事業を飽きて受ける野心に充ちた事業家を演じた。

イ・ダヘは"デビュー前から最も好きな演技者がコ・ヒョンジョン先輩であった。 コ・ヒョンジョン先輩が演じたキャラクターと似た形人物を演ずすることになり満たされながらも負担が大きい。 野心と強いカリスマ裏面に軟弱な女性美を貯蔵する演技に焦点を合わせている"として公然と'コ・ヒョンジョン ベンチマーキング'を宣言した。

イ・ダヘは援助ヘリン,コ・ヒョンジョンと正面対決も展望されている。 コ・ヒョンジョン・クォン・サンウ主演のSBS TV 'テムル'が11月頃月火劇で編成される可能性が高い状態期のため. 正面対決が成し遂げれば'砂時計'のヘリンと'エデンの東'のヘリンが競争する珍しい風景が視聴者たちの興味を加える展望だ。

2008.06.19 早起き
ちょっと前はジムに通ったり泳いだり(近くにあったので~)
テニスサークル作ってたこともあったし
ママさんバレーしてたこともあったりしたけど

最近はもっぱら歩くのみ
そして
朝のラジオ体操

以前はは、そんなの運動じゃないだろ~~って思ったけど

・・・運動です  トシ?(笑)

窓を開け放して外の空気を吸いながらすると
これが結構気持ちいい




昨日のCSWSへのメッセ投入が5:59なのを見て
思わすそうでしょ~~って(笑)

撮影が始まると昼夜逆転の生活パターンになったりするけど
そうじゃないときって
きっとサンウは早起きの人だよね
朝の爽やか~な空気とか日差しが似合うんだもん

なんて健全な精神と健全な肉体を持った人なんでしょ・・・
私がサンウを知った頃に最初に感じた印象です
これは今でも変わりません

オンマと一緒にラジオ体操とかしそうなんだよな~
それでオンマが朝ごはんの支度を始めるとちょっと手伝ったりしそう~
へへっ、これは私の妄想なので、アシカラズ(笑)

私は毎日サンウと一緒に、おいっっち~にさんし~って、してます
いいのっ、楽しいから(笑)
(旦那や息子がニタ~ッて笑って私を見るけど無視よ~)