2007.08.31 月末
ノルマ達成!
ノルマって言っても自分で立ててるだけだかたらどうにでもなるんだけど
いちおうね・・・
誰からも監視されないって楽だけど、楽してると収入なくなっちゃう(笑)
最終日にギリギリで達成ってのはできれば止めよう~~
気が気じゃないわ
来月からは月初めから仕事頑張りま~~~す♪
本当に日記だな~コリャ(笑)

2007.08.30 한글
한국어를 쓸 수 있어요?

이곳...

ㅎㅎㅎ(笑)

할수있어요~~~♪


2007.08.30 基本だね
勉強会に参加してきた
目的はWindowsの新バージョンVistaや無線LANの設定について

最近うちのPCが無線で繋がらなくなって
設定を見直しても悪いところは見つからないし
でも
仕事上無線は使えないので、不思議だけど、まっいっか~~
そのうち調べよう~なんて思ってたの

訪問設定の方のお話を伺ってたら
無線内蔵PCの場合、無線のスイッチが切られてるだけってことがあるんですって

笑いつつ・・・まさかね~~

まさかと思いつつ

ウチのPCを確認したら
スイッチが切ってあった・・・・・

トラブルって案外そんなもんなのね~~~~(笑)

研修の時も
私のテーブルだけ接続できなくて
そのへんはみんなプロなので(笑)
ローカルエリアを確認したりデバイスマネージャーをみたり
いろいろやろうとしたけど
でも、ハブの電源を入れなおしたらあっさり繋がった

やっぱり物事は基本よね~~基本
2007.08.30 リラックス
サンフェスのトップ画像が新しくなりましたね

サンフェスでサンちゃんがリラックスしてるみたいでいいわ~

他じゃ見られないサンちゃんがてんこ盛り♪






ここんとこサンウを追っかけて突っ走ってきたからな~~

まったりモードにシフトダウンしてるかも

・・・っていうか今のうちに休んどこ~~って話ですかね(笑)


そろそろ演技してるサンウが見たいな
『宿命』ツアー参加の皆様
本日続々とご帰還ですね

モムつながりの話題もあったようで(笑)




とってもよいツアーだったみたいで
『幸せいっぱい』って感想に
私もサンちゃんから、い~~~っぱいの愛情を貰ったみたいな気持ちになりました

よくぞご無事で(笑)
まだ心はサンちゃんのそばでしょうね

おかえりなさ~~い♪
2007.08.24 完成形
撮影現場でのいくつかのカット?

チョルジュ~~ン!!

こんなシーンがあるってことですか~~
 
海で日焼けして
サッカーで日焼けして
毎日もモムを育ててたってことは

もしかして・・・

・・・っとコソコソとささやいてはおりましたが

これだったか~~~~~



こ、これはもう~~

記念にこちらにも来ていただくしかないでしょう


でも

コメントおかえしする自信がありましぇん・・・・・・












チョルジュンだよねオールバックだし

チョルジュンだけどGパン?って言われると確かにね
ローウエストばかりが気になってた(笑)

ジファンみたいに明るい脱ぎっぷりじゃないだろうし
ジフンやヒョンスみたいにカッコよく脱ぐってのも違うでしょ

なんたって悪のイメージですから


この鍛え上げられたモムが
はかなく感じちゃうみたいな

そんな脱ぎっぷりもいいかな~~~って

ひとりでこっそり妄想してみました。。。



私はサンウのモムチャンぶりは

かな~~り好きです^^

でもこれで完成だよね

これ以上は育てないで~~~~(笑)
2007.08.24 縁起モン
かわいくねえ~~~~

って思わず言った自分にビックリしちゃったりして

あまりの衝撃で

なんちゅ~シンプルな感想を言うかワタシ


まっ

縁起モンですから

オホホホ~~

CSWSのTシャツだって、着る気ないくせに買ってるし(笑)


サンちゃんの顔ねぇ・・・そういうイメージもなかったわ
タオル地に印刷すると変形しそうだし(おそろし~~・笑)


数が揃えば華やかに見えるかもね
たくさん集まったときは素敵かもね
みんなで持てば怖くないかもね

サンフェスのみなさんの感想に
またまたニンマリして
みんなどうしていいのかわからないのね~~(笑)



でも

デザイン見ないで買ったけど

見た後でも


買ったかもワタシ。。。(爆)
パンパカパ~~~ン

『宿命』 今年日本に最高価格で輸出

おめでと~~~~♪




え~~と、とりあえず200万ドルを日本円に換算して
それで、あらためて、へぇ~~~!(笑)

野獣400万ドル、青春漫画520万ドル
今思うと、とてつもない金額だわね

でも韓国映画の不調の中
100万ドル~150万ドルの相場のなかでの200万ドルですから
すごいことです

私プレッシャーに弱くて
私のことはど~でもいいですけど・・・(笑)

日本で『宿命』が観られるよ~~~♪

なるべくたくさんの映画館で上映されるといいな

ソン・スンホン,クォン・サンウ‘宿命’,19億ウォンに日本先販売
 クリック→joynews

‘韓流スター’ソン・スンホンとクォン・サンウ主演の映画‘宿命’(監督キム・ヘゴン製作MKDK)が200万ドル(韓貨19億ウォン)に日本に立った販売された。

‘宿命’の投資社の(株)エントリノは21日“日本の版権輸入会社のフォーミュラ エンターテイメントと200万ドルに映画版権契約を締結した”と明らかにした。 フォーミュラ エンターテイメントは日本の代表的レコード会社のフォーミュラ ミュージックの子会社で映画製作と輸入および投資を兼ねた会社だ。
またエントリノ側は“現在日本内韓国映画相場100~150万ドルに販売されるのを勘案すれば‘宿命’は最高額で販売されたと見ることができる”として“1年近く韓国映画が何の実績を記録できずにいる中で日本国内安定した韓流市場に対する好調として作用すると期待される”と説明した。

‘宿命’は軍除隊したソン・スンホンの初めての作品でクォン・サンウと会うことだけでも多い話題をばらまいたし,ここにチソンまで友情出演で合流して,期待を集めている。 現在‘宿命’は半分程度撮影が進行された。
一方海外販売関係者は“去る7月に進行された済州道ロケ撮影当時現場に駆せ参じた数百人の日本ファンたちが立証するように‘宿命’に対する関心が日本の韓流ファンたちの間で旋風的という点で日本販売実績を期待させていた”と伝えた。

昨日の友人が裏切った後敵になって,お互いの心臓をねらうことになるストーリーを描いた‘宿命’は去る5月末クランクインして,今年の下半期に封切る予定だ。




 クリック→FILM2.0
2007.08.21 モチモチ
ドライブしながらコレ飲んだ~~♪



セブンに寄ったら必ず買うのよって娘に話したら(その理由も・笑)



コレ買ってきてくれた~~♪

タピオカがすっご~~いモチモチしてて『マシンネヨ~~~』






    

    
                     ++リンクは下げました++
2007.08.20 節制美
昨日は積丹半島をぐるっと1周ドライブしてきました
さわやかな天気で気持ちいい~、海がきれい~♪
今が旬のうにを食べてきました

↑でもめざしたお店はうにいくら丼しかなかった。。。


さてさて、今朝新聞をざざっと読んでたら~~

『おりょっ!!サンちゃん!』

思いがけないところでお会いすると、嬉しさも格別ですわ

アスパラ『クォン・サンウ単独インタビュー!!』

いままでたくさんの好意的な記事を載せてくれてるけど、今回はインタビューで、しかも4回シリーズ
さらにさらに、撮りおろしのステキなステキな写真まで~~(感激~~♪)

インタビュー1☆解決に時間が必要だった
インタビュー2☆印象に残るデートは

会員登録(無料)が必要 よろしければこちら→アスパラ





クォン・サンウ,なぜタバコを吸い始めたのだろうか
クリック→Osen

ナイスバディ スタークォン・サンウがこの頃辛いタバコの煙に大変な苦労をしている。
人が吸ったタバコの煙のために涙を流すのではない。 自身が一歩遅れてタバコを習うのに努めるところだ。
実感できる演技のために他の人々は断絶に忙しいタバコを口で噛んだ。

撮影が真っ最中のキム・ヘゴン監督の新しい映画‘宿命’(MKDK製作)で彼は組織暴力の幹部チョルジュン役を担った。 熱血刑事で出演したアクション ヌワル‘野獣’で彼が命をかけて追った犯罪組織でからだを移した。
ぱっくりくっついたオールバック ヘアースタイルにブラック スーツでおしゃれしたチョルジュンに必ず必要な小物はまさにほのかに立ち上るタバコ煙だ。
クォン・サンウは今まで正しくタバコを吸ったことがただ一度もなかった。
底辺不良と違うことがなかった‘野獣’の刑事役の時もタバコの煙を飲まないでそのまま吹き出すだけだった。
いわゆる口タバコだ。 検事役ユ・ジテと呼吸を合わせた当時,彼の演技で2%惜しかった部分だ。

ソン・スンホン知性キム・イングォン,パク・ハンビョルなど超豪華キャスティングの野心作‘宿命’では二回失敗を繰り返さないという意志を見せている。 愛煙家の友人と同僚らにいつもタバコをやめろとにらみつけた彼がタバコを習うのに努めた理由だ。 演技を間違って引き寄せて,咳き込むなど限りなく苦労したあげく今は老練にタバコを吸う場面を撮っているということが関係者の証言だ。
韓国型ブロックバスター‘力道山’でソル・キョングは伝説的なプロレスラー力道山を演技するために体重20kgを太らせたし次の映画‘公共の敵2’のためにこれを抜くのに努めた。
クォン・サンウの喫煙もこれと同じように演技に向かった情熱だ。
喫煙というのは一度足を漬ければなかなか抜くのが難しい誘惑のドロ沼なので,その困難が俳優らのゴムひも体重に劣らない。

‘宿命’にはクォン・サンウ他にもソン・スンホン知性キム・イングォン,パク・ハンビョルなどスターらが総出動した。 新しい韓流スターで負傷中のソン・スンホンは軍除隊後初めての作品でこの映画を選んで,話題を集めた。 韓国映画不朽の名作‘パイラン’脚本を書いたキム監督が‘恋愛そのこらえられない軽さ’に続き二番目でメガホンを捉えた。

映画の骨組みは幼い時から共に育った友人の友情と背信だ。 一瞬クァク・キョンテク監督の‘チング’とセルジオ レオネ監督の‘ワス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ’が浮び上がる大きな課題だ。 ‘宿命’での二本の軸はまさにクォン・サンウとソン・スンホンが受け持っている。 ‘チング’のユ・オソンとチャン・ドンゴン,‘ワス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ’のロバート・デニーロとジェームズ ウッズが見せた名演技を期待するほどの布陣だ。
キム監督はこの映画で友人の友情が分かれ始めながら,急成長したある組織の幻想的なチームワークに亀裂が行く状況を躍動的に描写した。
ここに力を加えるのが雑草のような野性美のソン・ソンホンと,クールにそれぞれを捕えられた節制美のクォン・サンウが見せる対決構図だ。“俳優らの演技だけでもびっくりする映画が出てくるだろう”とキム監督が豪語大言壮語する背景だ。


ドヨンでしょ、ジフンでしょ・・・・・・確かにね(笑)

ここはひとつ気合を入れて本格的に喫煙ってことなのね
止められなくて苦労する人もいるのにね~

野生美のスンホンにクールなサンちゃん
監督さんの豪語大言壮語って・・・
・・・ちょっと~~意味が違うんですけど~~(笑)