お気に入りのサイトが復活

いつもチェックしているお気に入りのサイトがお休みになって寂しなぁって思ってたんだけど、立て続けに2つも復活しました。
しかもそのうちの1人はPCインストを辞めてからしばらく勉強していて、最近高校の情報アドバイザーを始めました。
(余談ですがその方も最近お父様を亡くされている)
以前していた仕事なので懐かしく見ています。
情報アドバイザーをきちんと活用してくれる学校ならもう1度やってもいいなぁなんて思うな。学校勤務は楽だった。
 
と思いつつ、現在は今の仕事に満足です(時給以外はデスガ・・・)
昨日もサポートしながら私の知らない未知の世界へ・・・SVに聞きながらよくわかってないことを説明するのは我ながら凄いと思う。正しいことを言っていても自信なさそうに話すと相手は疑ってくるので、自信たっぷりに話すことも大事なテクニックなのです。
そんなサポートは電話1本終わっただけでヘトヘト・・・
そういうことを積み重ねて勉強していくしかないようです。

新しいサポート

今日から新しい回線のサポートが始まりました。
午前中モニタリングして、迷ったけど思い切ってひとり立ちしてみた。
ぶっつけ本番!!SVに質問しながら何とかやってみようと気合満々で臨んだけど…
何故かダイアルアップやメールの設定などが多くていつもとかわらない問い合わせばかりだった。
周りを見てると結構難題が多いんだけど…
まあ始まったばかりでこれからといったところ。不安だけど楽しみでもあります。

夕方30代位の男性より入電。
ADSL回線だけどモデムが届くまでダイアルアップで接続したとのこと。あまり慣れてない様子で自宅に初めてPCが来たのかな…途中で小学生らしき女の子が「ただいま~」と帰ってきた。
簡単な設定なのに配線が違っていて途中でPCを移動させたりして、時間外までかかって終了した。そのあとも熱心に色々と質問された。
夕飯を食べながら、今頃あの家ではみんなでインターネットをしてるのかなぁなんて思ったら、ささやかながらちょっと嬉しくなりました。

父の死

父の葬儀を済ませて、札幌に帰ってから1週間が経ちました。
遠く離れて暮らしているので、ここでの日常生活が何もかわらないのがなんだか嫌で、でももう声を聞くことはないんだと思うと突然悲しくなったりします。
一緒に暮らしていた母の様子が気になって、転勤族でいることの親不孝をしみじみ実感しました。

実際の年齢より10歳は若く見えるのが自慢の父でした。
ここ1年病気をしてすっかり痩せましたが、倒れた日も母といっしょにデパートの写真展に出かけていて最後まで母と日常生活を送ってたので、きっと幸せだったと思います。

今頃何処で何を考えているのか聞けないのが悲しいね...