忍んできました(5回目)

久々に忍んできました。
何度観ても、参集せよ!からクライマックスは盛り上がるし、
平兵衛との川の闘いで音楽が流れ始める頃から、ほろほろ泣きながらラストに突入する。
無門の表情が少しずつ変化するのがたまらなくカッコよくて、
「わかったよ、もう怒るな」は死ぬほど痺れる。

人でなしの闘いから、人としての尊厳を認め合う闘いに変化していく、
そんな様をアクションで表現するなんでことあります?
かっこよすぎます!
ひゅ~~~~

初めて観た時に思ったのは、
原作未読、事前知識ゼロの人にもわかり易いように丁寧に作ってあるってこと。
広い層に受け入れられるようにつくってあるよね。
旦那と行ったときは年配の夫婦が多い気がしたし、
今日は何故かスーツ姿のサラリーマンが一人で観に来ててビックリした。
中学生はもちろん、小学生でも楽しめると思う(夏休みに入るからこれからね)

でもその分、ちょっと間延びする感じがあって、
前半のお城を建ててうんぬんのくだりは、もうちょっと簡略して、
トータル2時間を切ったらもっと観やすい気がするんですけど、どうでしょ。

前回エントリした『クナイ』の件。
確認したところ、使ったのは無門の自分の剣でした。
平兵衛のクナイじゃなかった。
いえいえ↑
しっかり確認しました平兵衛のクナイでした!


でも、まさかなぁって思ってた、ナレーション役の山崎努さんがサプライズで出てるって噂。
いましたよ。私はそうだと思ったんだけどなー。
わりと大きくしっかりと映ってた。

あとね、お国が住んでる小屋の後ろに、小さなテントみたいな小屋があったのも発見。
家に入ることができない無門はそこで寝てるんじゃない?って話、案外そうかも~~(笑)



忍びの国 JAPAN CUTS 2017でアメリカで上映したときの
中村監督のティーチインの様子を上げて下さってる方がいて、それ読んでたら面白かった。

大野さんとの次回作を考えてますか?って質問に、
考えてますよ、茶道は興味ある?茶器はどう?っておーちゃんに聞いたって。

なんですとっ!!!!

中村監督、もしかして茶道のときのワクワク学校にいらしてたのかしらん

あのときのお茶をたてる大野さんの所作は美しかった。(笑いが起きたのが謎すぎた)
先生にも褒めて頂いてたけど、私は並々ならぬ才能を感じました
茶道知らないですけどね、すいません←
中村監督、また面白い作品をお願いします。

クナイ

先日、まだ忍びの国を観てない嵐友とおしゃべりしてて、
結末を語ってしまった大馬鹿門はワタクシです
あ~~ほんっとに申し訳ないです(反省中

公開6日目にして4回鑑賞という、
ワタクシ的に前代未聞のスタートを切った「忍びの国」
まだ前売り券が2枚あるもんねー

20170716-3.jpg

関連記事の載った雑誌が目の前で山積のまま。
ネタバレ阻止のために観ないまま時間がなくて、
まだそのままになってるという、幸せなジレンマ中であります

そろそろ次を観に行きたいとソワソワしながら、
毎日上がってくる「忍びの国」絶賛の感想ツイートを眺めてはニヤニヤしてる毎日です。

そのツイッターで仕入れた情報なんだけど、
下山平兵衛との闘いで、最後に木の鞘(?)を無門の顔にぶつけて壊したの、何だろなーって思ってたら、
あれは剣を収めるものを放棄するという意味で、負けを認めたって意味なんだって。
なるほど。

平兵衛が使っていた武器は苦無(くない)というもので手裏剣の一種で、
土壁を掘るためのシャベルや、草を切ったりするカッターにもなる忍者の道具。
最後、無門が奪って終わったよね。

そして十二家評定のところに戻って上忍を差した剣、
あれはクナイだったって言ってる人がいて、
ってことは平兵衛の武器で刺したんだってことになるわけで、
そっか、そうだったんだ、さらに涙でそう、、、
次回観る時は絶対にチェックしてこようっと。

ジャパンプレミア

「忍びの国」公開まであと1か月。
昨日のジャパンプレミアの映像をたーくさんWSでゲットしたので
せっせと編集してニンマリしてます。

おーちゃんと知念くん、同じ髪型して可愛い

大野さんって『スゴいね』って言わせてくれないくらいスゴい人。
努力してるっていうのを見せないというか、あたかもできることが当たり前って感じで現場にいらっしゃる。


石原さとみちゃんのコメントに頷いた方多いんじゃないですかね。
天才肌ではあるけれど、努力する人。

原作を読んでからの予告編は、
あ、あの場面ねってすごく良く見通せる。
なんっつっても脚本から始まった作品ですからね、映像化に不安がない。
観た方の評判も良くて当然期待満々なんだけど、
なるべく心静かに、邪念を払って(笑)待ちたいと心がけております。
できればあんまり前情報も入れたくない。

でもね、
ファンの性よね。
怒涛の雑誌まつり開始でどうしてよいのかわからない状態になっております。

とりあえずインタビューが多そうな雑誌は予約した。
ぴあ Movie Special 2017 Summer   6/1発売
J Movie Magazine(ジェイムービーマガジン) Vol.24   6/2発売
+act. visual interview magazine 2017年 7月号   6/12発売
キネマ旬報増刊 キネマ旬報NEXT vol.13 「忍びの国」No.1749   6/15発売
Cut 2017年 07月号   6/19発売
シアターカルチャーマガジン「T.」35号   6/20発売
BARFOUT! 262 大野智 (Brown's books)   6/21発売


表紙だからって全部買ってたらものすごい金額になっちゃう。
もたもたしてると完売しちゃうし、
中古として値段が定価に上乗せされて出たりするからね。
怖いわ~(古い雑誌ならともかく発売直後ありえんよ、だったら買わない!)

劇場で最新予告観ました

劇場で観るとね
心震えます
惚れる〜