死神くん 第4話 神の選択

基本的にリアタイで全力で挑むのですが
眠くて、力尽き果てることもたまにあって(笑)
死神くん4話、やっと観終りました。

芝居仕立てで面白かったですね。今までとはまた違う雰囲気。
安ケンさんの迫力ある芝居が印象的でした。

悪魔から魂を守ることを死守しようとした死神くんは
今までになく生を全うすることを力説してた。

「責任を持って天界に送ります」

生まれなかった命。
でもそれが天命だったんですね。
その言葉がとても重くて、そして慰められました。

20140515-11.jpg


原作ではホテルでの火災ではなく車の中の出来事だったそうです。



医学生とその彼女が車に乗っている。
高熱の赤ん坊とその母親と遭遇し実家の病院に連れて行くことにする。
さらに途中で端倒れている男性を助けるが、今人を刺殺したと言い逃走を手伝えと脅される。

5人を乗せた車は正面のトラックをさけ、ガードレールを突き破り崖から墜落する。

そこに死神くんが現れ、時間を止めて言った。
「この中で死ぬのは1人だけだ。もし希望があれば聞く」と。

話し合いのなかで様々な人生模様がわかってくる。

医学生と彼女は恋人どうしだが敬遠難に陥っている父の病院を助けるために、父の決めた相手と結婚することに決めたこと。
女は別れた後は自殺するつもりだったこと。
子供の父親は飲んだくれであること。
刺した男の相手は軽傷だったこと。

「病気の子供が死ねばいい」
「殺人の犯人が死ねばいい」
「子どもを死なすなら私が」
「私は死ぬつもり」

結局結論の出ないまま死神くんは言う、、「時間切れだ。誰が死ぬかは神が選んだ」と。

車はまっさかさまに転落し車は崖下に叩きつけられた。
はたして死んだのは、、、

色付けのない感じが白い画用紙のようで

公式サイトを見てたら、中田秀夫監督のSPインタビューがあったのでお借りしてきちゃいました 
       ⇒ こちら

――大野さんに対して抱かれていた印象というのはありましたか?
同じ業界の仲間内から「天才肌らしい」という噂は聞いていましたが、本当にその通りでした。演技に関しては天性の勘がありますし、体のキレもいいので、宙を飛んだりするシーンも安心して見ていることができました。

――死神のキャラクターというのは、監督を中心に構築されていったのですか?(笑)
それほどカッチリと、セリフはこうで動きはこうで、と決めたわけではありませんが、ただ死神のとぼけた味は出しつつも、死にゆく人に寄り添い、見守っていく、というスタンスは、大野くんの持つ雰囲気によるところが大きいですね。
大野くんの軽やかさ、色付けのない感じが“白い画用紙”のようで、とぼけた部分と寄り添う温かみの部分と、すごくいいバランスを出してくれていると思います。
「監督のおっしゃるようにやりますので」と言ってくれたので、すごくやりやすかったです。

――撮影をしている中で印象的なシーンなどはありましたか?
第1話なんですが、福子(大原櫻子さん)と死神(大野さん)が図書館の前のベンチで話をするシーンがありました。お芝居は長回しで、カメラは少し引き目に撮っていたのですが、ふと一瞬大野くんにカメラが寄ったカットがあったんです。そのときの大野くんの表情がすごく良くて…。わずかに微笑を湛えながら「死ぬというのは本当にそんなに悪いことなのか」ということを福子に問うのですが、すごく素敵な表情だったんです。僕が思っていた“大野くんにしかできない死神”というのは、例えばこういうカットにあったんじゃないかな、と。
大野くんはたいへん多彩な才能の持ち主ですが、僕が見ているのは彼の“俳優”という側面。
そこに33年間生きてきた中で得た何か、が確かに加わっていたんでしょうね。


色付けのない感じが“白い画用紙”のよう
「監督のおっしゃるようにやりますので」と言ってくれた

彼はまさに受信力の人だからね。

死神くんとMONSTERZの共通項

すべての人間を操る男 VS 唯一操ることが出来ない男

映画「MONSTERZモンスターズ」のポスターのコピーを見たとき
ドンちゃんとコスが共演した「超能力者」の韓国映画のリメイクってにすぐにわかったよね。
これ原作はなくてオリジナル作品だったんだってね。
設定が面白かった、でもすごく独特な雰囲気の映画でした。  ⇒ はぴるぴ別館「超能力者」

ひんやりと悲しいドンちゃんと
やられてもやられても死なないタフで温かなコス(笑えるくらい死なない)
怖いんだか、悲しいんだか、温かいのか、定まらない落ち着かなさもあったけど
二人が魅力的だったし、日本版もこの上ない魅力的な俳優二人で
なにが同じでなにが違うのか興味あるよね。

洋ちゃんの「青天の霹靂」も楽しみで
「MONSTERZ」と共に観に行く約束も決まってて楽しみなんだけど
なななななーーーんと!!
MONSTERZの中田秀夫監督は死神くんの1話と5話の監督だったという、、驚き。

さらに、最近ツイッターを始めた監督が大野君のことをものすごく呟いてくれてて、
おーちゃん話とモンスターの話を交互に呟いて下さってて、
それが、まーー面白くって
気がつけば最近、中田監督のリツイートばかりしております。

映画 MONSTERZの二人の男は同じ言葉を吐きます。
「死ぬまで生きること。それが俺の人生だ」と。
どうしても映画 MONSTERZとドラマ「死神くん」の共通項を考えてしまいます。


超能力者でもこの台詞あったよね、
確かコスが言ってたような気がする。

それと、中田監督はさとらじの話もよくされてて、、
ぷぷぷ
あのさ、、さとらじを楽しみに聴いてくださってるなら、、
それは、もー、立派な、
さとちファンです
ぶは

これまで4話終わって、どれも面白かったんだけど、
毎回監督が違うから、毎回雰囲気が違ってて、死神くんのキャラも微妙に違うよね。
ま、人間じゃないからね、死神だしね(だから?笑)
一話完結の話なのでそこは逆に面白いと感じるんだけど
私はどちらかというと淡々としてた1話が好きかも。
屋台にサミー(←)を登場させてくれた3話も好きだけど。

今週の金曜日は「死神くん」はお休みです。寂しい。
そして来週の5話は、ゲストが吉行和子さんと山本圭さん。
なんてなんて贅沢な素晴らしいゲスト!!!
割烹着を来た死神くん。お年寄りと好みが一緒の死神くん!
あああ、楽しみです~~

5話予告 ⇒ 死神くん公式サイト

20140514-1.jpg

死神くん 第3話 海へ

今朝のさとらじより、
子供ごころにハタハタとたなびく近所の大野さんちのこいのぼりに憧れていた。
ひな祭りの段々が登りたくてたまらなかった。

はぁ、そんな頃のちっちゃなさとちをギュッてしたくなりました。
まじ(笑)
可愛すぎる


さて、死神くん3話も面白かったです。
あと3日の命と知り、残された時間で今までできなかったことをしたいと願う女の子と
3つの願いを叶える代わりに魂を悪魔に渡そうとする自暴自棄の男が出逢う話。
最後は思わず涙が、、、前も書いたけど、本当に毎回のキャスティングが素晴らしいです。

死神くんが登場するシーンが楽しみでたまりません。

ファン的にクライマックスは「屋台で紅ショウガ」
にゃは、屋台にいるだけで「サミー」って叫びたくなる(笑)
目くらましのスプレーをこれでもかって吹き付ける時の腰の入り具合もヨカッタっす♪
あぁ、楽しさと幸せがぎゅーぎゅー詰まったドラマです。

全部で何話あるのかまだ分からないんですね。
テレ朝金23時枠はこれまで7~9回完結なので3回終わったってことはあと、、って、、つい考えちゃう。
とりあえず毎週死神くんに会える幸せをかみしめ中~~♪

第4話 本橋圭太監督
第5話 中田秀夫監督
第6話 常廣丈太監督
第7話 筧昌也監督

監督さんたちも2巡するわけですね、楽しみです。

命をロウソクに例えるのって、久々に見た気がします。
子どもの頃よくあったよね、そーいうの。
もしかしてそれってえんどコイチさんの漫画から来てる話なの?
悪魔だけじゃなくて、死神くんもローソクがなくなったら消滅するの?
ええええ、、だいたい死神くんってどこから来たの?
優しくて人間に同情すればするほど命が短くなっちゃう、
そんな~

来週は安ケンさんがゲストよ~ん
楽しみです♪




しやがれの東京ドームでのGUTS!やってくれましたね~。
野球のユニフォームってのが楽しい☆

20140505-888.jpg

翔くん ゼロ~
ニノ  原監督の現役時代の背番号
智  3104(さとし)
相葉ちゃん マイケルジョーダンらしいですよ
で、潤くんの31はナニ?イチローさん?(私は掛布選手の方が先の浮かんだ、笑)

大野さんに癒されたいという思いで立てた企画

アジアンポップスという雑誌、前にも書いたけど不思議な雑誌なんですよねぇ。
紙質が厚くて画用紙のちょい薄いぐらい、だから全体のページ数が少ない。
必要なとこだけ切ってファイリングする身にとっては、結構迷惑な雑誌です(←おい)
でも、監督とかPDの目線の興味深い記事を載せてくれるんですよね。
今回はまだ買ってなくて、死神くん特集と去年の今日の日はさようなら特集を
大人買いしようかどうしようか、ただ今迷っております。

「ASIAN POPS MAGAZINE 109号」
「死神くん」の内山プロデューサーの非常に興味深い記事があったみたいです。
リアリティショー、・ラブストーリー、死神くん(のような特異なファンタジー)を提示したってのもこの記事。

提示した3つの企画とも
大野さんに癒されたいという思いで立てた企画。


特に役作りしてくれということはないです。
死ぬ人の最期にそばにいる人だという意識だけ持っていただいて、
過剰に優しくするでもなく、
過剰に怖がらせるでもなく、
「最後まで一緒にいますよ」って、
あなたに言われたら「うれしい!」と思うようにしてほしいとだけ言いました。

あとは彼の持っているそのまんまで、
そうなっていると思います(笑)



だよね、だよね
そーだと思うわ
彼の持ってるそのまんまで
  そのまんまで、、、、、
(癒される)
堪んないはずだ
こんなファン冥利に尽きるドラマってある?


尚且つファンだけが楽しむドラマではないって言ってくれてるしさー(あちこちで)
楽しいはずだ


それと、非常に反応した部分なんですけど

事務所の方に「細かいですよ」と言われていたので、
神経質なのかなと思ってたんですけど、、、


大野さんから挨拶のハガキを頂いた時に、普通は名字で頂くことが多いのに
名前の方で来て、しかも間違えられやすい名前をきちんと呼んでくれてて
出だしの書き方で、

ちょっと他のアイドルの方とは違うなと。  
それを読んだ人の気持ちが想像できる人なのかなと感じました。


うん、ものすごく見てる人だよね、きっと。
でなきゃ、あんな繊細な細かい絵は描けないと思うもん。
「細かいですよ」って言われてるんだーってのが
くすぐられるよね、、、あは。

死神くん 第2話 死神手帳

死神くん、初回が11.2%で、2話が10.1%でした。
視聴率は気にしないと言いつつ、深夜枠で二桁は素晴らしいので一応記録しとこ。←

おーちゃんがラジオで、「キャラが全然かわるよ」って言ってたとおり
随分変わりましたねぇ。
1話で見守る死神であることがよくわかって、
そして、死神さんの変幻自在の顔芸も見られつつ(笑)という感じで2話以降はいきそうです。
楽しいわぁ。
カラスの検視官との絡みが、1話ではそこだけテイストが違うって思ったけど
こっちがメインなのね。

島孝一に「友達やめる」って言われたときの死神くんの「、、、え?」が堪んなくて
「、、、え?」だけを数回リピートしたワタシ(笑)
繊細よね、大野君の演技。
人間界の保険の仕組みも何も知らなくて、
プシューって缶チューハイあけてプハーってしつつも、
全てを悟ってるようにも見えるし、
人間味があるけど人間じゃないし、
空に浮く姿はさすがのカッコよさ。

25年前の原作だから、どーしても昭和レトロな雰囲気があって
でも、それも面白さのひとつになってる。

金曜の深夜に楽しむのにピッタリよね。
でも笑って観てたのに、終わってみるといろんなこと考えさせられる。
なんか、もー、すっかり死神くんのペースに絡み取られてます(笑)


4話まで監督さんが毎話変わるんですよね。

1話の中田秀夫監督は代表作は映画「リング」「仄暗い水の底から」
2話の常廣丈太監督は大好きで毎週楽しみに見た「ボーイズ・オン・ザ・ラン」の監督さんなんですね。
どーりでテンポがすごく良かった。

で、3話は筧昌也監督は伊坂幸太郎の小説「死神の精度」(金城武、小西真奈美)のを映画化の監督さんだそうです。 
なんとっ、死神のオーソリティ(←そんなのある?笑)

毎回のゲスト俳優さんが、これまたいい俳優さんが揃ってますよね。
悪魔くんが登場してますます面白くなりそうです。

3話予告 ⇒⇒ 死神くんHP

大野智が死神としてナビゲーター的な役割をしてゲスト俳優を引き立て
尚且つ自身も主役として充分に見せるところを見せている。
というような主旨の感想をどこかで読んだけど
本当にその通りだと思う。

ファン目線から言いますと
この死神くんは、キャラ的にかなーり大野さんなんですよね。
大野さんなのに完全に死神くん!
そこが楽しくて面白くてたまりません。

「死神くん」がじわじわ来てます。

「死神くん」がじわじわ来てます。

深夜枠だし、ファンタジーとはいえブラックだし
何より死を扱うってこともあるんだけど、
事前にあまりイメージを持たないでおこうと
どんな感じでもそのまま楽しもうとドラマを待ってたんですよね。

初回は、角膜移植とかブスは幸せに生きられないとか、いかにもな展開が
観ているときはちょっと古典的な気もしたんだけど、
あれこれと詰め込まれてないシンプルさが逆に安心感だったかもしれない。
そして、深くて重いテーマが実にたくさんあるドラマだと思う。

死亡予定者に死を宣告し、魂を霊界に送る新米の死神・413号。

新米だから人間にもまだ不慣れなのか、涙を見てもこれが涙かと新鮮に驚いてたね。
(なぜかそこだけ古畑任三郎ふうだった、笑)
美味しいならとカニも食べてたし(甲羅ごと)
ボートでクレープなんてデートのテクニックは何処で習得したのかな?
来週はお酒飲んで盛り上がってるし、
413号さん、来週から何をやってくれるのか
ワクワクするよね。

ツイで知った情報なので申し訳ないけど(どの雑誌か未確認でスイマセン)※アジアンポップスらしいです
テレビ朝日の企画の段階で、大野さんで作品を作りたいというのがまず前提であって、
・リアリティショー
・ラブストーリ
・死神くん(のような特異なファンタジー)
この3つを提示したら、死神くんがいい話になりそうですねと返事が来たんだって。

なぜだか人間じゃない役が多いって言ってたけど
自分で選んでるじゃ~ん(笑)

普通は死神役が一番の挑戦する役なんだろうけどさ
一番しっくりくるというか、、、(笑)
こういう役をさせたらぴか一だよねおーちゃん。

ねーねー
リアリティショーってナニ???

若い頃「青木さん家の奥さん」で台本なしのアドリブドラマに出演してた大野さんですからね。
これはちょっとワタクシ腰が浮きました(←私が動いても意味ない)
ファンになりたての頃、探してこのドラマ観たんですよ。
翔ちゃんと相葉ちゃんも出演してたけど、断トツ大野さんが上手だった。
(今は差がないけど、当時は演技力において差が大きかった気がする)
その後、舞台の「青木さん家の奥さん」にも出演した大野さん。
舞台でアドリブドラマってどれだけ凄いんだろうと思う。(才能ははかり知れない)

でね
ラブストーリて。。。。。。

だめよ!
選んで下さいっていったら、おーちゃん絶対にラブストーリ選ばないですから!
ラジオで40歳くらいになったらやってもいいかな。って言ってたけど
40は40のラブストーリ
33才のラブストーリは今しかできないのよ!!!
(だいたい40になったら、、という言い方はまったくその気はない←)

声を大にして言いたい。
テレビ朝日様。
この企画、ひとつは叶ったので
是非あと二つ諦めずに叶えてください。

絶対に面白い作品ができると思います。

是非!!!!



あれ
思いつくまま書き出したらあらぬ方向に進みました。

死神くんが楽しみです。

死神くん 第1話 心美人

昨日は一日おーちゃんを堪能し尽しつくしました。
いやぁ、楽しかった~♪
WSに3つ出て、昼は「徹子の部屋」、夜は「Mステ」、そしてドラマ「死神くん」。

ふわっとそこにいる、あの独特の佇まいが何とも言えないよね。
恥ずかしそうに受け答えして、ちょっと緊張すると左の口角だけ上げて笑って、
笑うときはふにゃふにゃって笑う。
もー大好きですわ。
朝から晩まで一日中可愛かった←

「徹子の部屋」はおーちゃんがって言うより、
何より徹子さんが楽しそうに感じたんだけど(笑)
カーギーとかーちゃんの話がすごい徹子さんのツボに入ったみたいで、
かーちゃんにぴったりくっついてるカーギーの写真私も観たい~☆

3000円渡されて「出ていけ!」の話も出たし、
とーちゃんがカレーうどん作る話とかさ、もっと徹子さんに教えてあげたいよ(笑)
30分は短いね。
でもホント楽しかったです。

Mステもさ、タモさんの横におーちゃんが座ると、
なーんかリラックスして縁側に二人して座って話してるみたいな雰囲気に感じるのよね。
お茶でもどーぞって言いたくなる。
死神くんが普通にふわーっと登場して、
なにもどこも普段と変わりないみたいなことタモさんが言って、
特にキャラないんですよ、微妙な立場なんで難しいんですっていう、
さらっと交わした二人の会話が、私的には超ツボでした。

演じる時は役の人に憑依するタイプの役者だけど
今回は素でおーちゃんっていうか
普通におーちゃんな感じがあって
でも死神で(笑)
死神くんキャラとおーちゃんが自然にリンクし合ってて面白かったです。
簡単に言うけど、死神の役なんて普通は簡単にフィットしないですからね
そこはさすがの大野さんだと思うわ。

福子と死神がボートに乗ってる場面は良かったなぁ。
あの見守り感は今の大野さんだからこその雰囲気かもしれないね。
 (正直私もその際には是非彼に見守られたいと思った。。。おい)

原作が25年前のものだからかテンポがゆっくりで心地よかった。
深夜枠のわりにはファンタジー色が強くて誰でも楽しめそう。
来週はデスノートの話じゃん。
映画のデスノートよりも、えんどコイチさんの「死神くん」の方が先に発表されてるので
むしろデスノートの方がヒントをうけているのではと言われてるんだって。
雰囲気がさ、「世にも奇妙な物語」に似てるなぁとも思ったんだけど
それだって「死神くん」の方が遥かに先にあるわけだから
やはり革新的な面白い作品だったってことなんですよね。

菅田将暉くんが出てくるとさらに面白くなりそうな予感~♪
来週も楽しみです。

+追記+

ぶっとい眉毛に、絶対に小鼻広げて赤くして
ぶっさいくなメイクしてるなーっ福子さん
角度によっては可愛い顔に見えるし
演技も上手だし
この子誰?って思ってたら
なーーーーーんと「カノジョは嘘を愛しすぎてる」のヒロインだった子!!!
びーーーっくりーーーー!!

公式サイトチェックすれば分かったけど、チェックしてないからこその驚きが楽しい ⇒死神くん公式HP