スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時間の森

パク・ヨンウ氏が屋久島を訪ねるドキュメンタリ「時間の森」
少し前にMネットで放送されたものを頂いていて
今日、やっと観ることができました

幼いころに読んだ童話では
よく子どもが森で迷子になった
だから森が美しいというのはウソだと思った
森は怖くて道はどこにつながっているのかわからなかった
そんな僕がその年の冬に限って
なぜ森に行くと言ったのかわからない
樹齢7200年の古木があるその場所に

その森では期待していたものには出会えず
期待しなかったことに出会った
人生とはそういうものだ


1年に366日雨が降るという
屋久島の湿った空気と
深い緑と
静かな音楽と
ヨンウ氏の静かな語りが心地いい

思えば多くの人は恐ろしことが起きると
避けたがるものだ
僕もそうだった
もののけ姫がいるという森は
僕の心の扉を開くだろうか

屋久島は島全体が森だそうだ
僕はここに10日間滞在し どこかで見失った
もう1人の自分を探すつもりだ


この旅をするにあたって決めてきたこと
・俳優であることを忘れる
・恨みをなくして心を無にする
・人を恨む気持ちをなくす
・女性と気楽に接する
・人と通じ合うこと
・そのために毎日祈ること

森を後にして これまでの自分を振り返ってみた
今までの執着は果たして大事なことだろうか


映画「血の涙」について話し 当時を思い出して涙ぐむヨンウさん
しばらく作品から遠ざかった後、彼にとってこの映画がきっかけだたんだよね
もう一度この映画観なおしてみようと思った
(私の記憶ではこの映画のヨンウさん、出演量は少ないけどカッコよかったよ、確か)

こうして僕は少しずつ心を軽くしていった
下したかった重いものは
紙1枚の重さだったのかもしれない


この世で一番大切なものは静かさである
            ~山尾三省~

「お互いに話さず何も言わず
静かにそっと集中して ゆっくり歩いて感じる」
ヨンウさんは山尾三省さんの言葉に共感したんだそうです
(きっと、そういう二人になりたかったんだろうなぁと解釈、、あくまで私的感想です)

森に近づけたと思っていた僕は
それが傲慢だと悟った
見た目だけのあこがれと
実際の生活は全然違うものだ


繊細で、寂しくて、可愛い人で、ありのままの姿を感じさせる人だなぁと思った
そして静かな人

真の意志の疎通とは
知りたいという切実な気持ちから始まる
海も森も
人の気持ちも同じだと思った

この世の果てにいるような気分
でも寂しくない

森は僕を受け入れなかった
僕の森を受け入れる準備ができていなかったのか


静かで優しさに溢れた旅でした
まるで映画をみているよう
そしていつもどんな時にそこにある屋久島の自然の大きさを感じました

怖さというのは
相手を知らないことから生じる
だからよりわかり合い
愛し合えと
あの森が僕に語りかけた気がする
人は誰もが心の中に
自分の森を持っている
僕は自分がもっている暗い森を
もう怖がらないことにした


ヨンウさんがナレーションする言葉があまりに素敵なので
緑の字で書き出しちゃいました
このドキュメンタリー形式の「時間の森」
どこまでが作りこまれたものか
なぜヨンウさんが日本の屋久島に来たのか
ナゼだらけの不思議さで始まる番組なんだけど
私が知ってるヨンウさんのイメージとあまりにも同じというか
等身大な感じがして
いやぁ、、期待してたけど
期待以上の面白さでした

この番組を観るチャンスをくれたちゃん
ありがとね~~♪
スポンサーサイト

パク・ヨンウが屋久島で過ごした10日間

昨年、ヨンウさんが屋久島に来ていたという話はコメントで伺ってたんですけど
ドキュメンタリー番組を撮影してたんですね
調べてみたんですけど、見つかった動画(告知動画かな?)はナレーションが日本語なのはナゼ

彼の不安を聞きました
彼の涙を見ました
彼にこの森を見せたかったのです
彼を包み込みたかったんです


はぁ、、観たい




‘時間の森’天恵の自然がプレゼントする暖かい感動

ソン・イルゴン監督演出、俳優パク・ヨンウが出演したドキュメンタリー映画tvNスペシャル<時間の森>がアニメーション<もののけ姫>の背景になった屋久島の森で過ごした10日間を3日(土)と10日(土)午前10時に2週連続で放送する。
<時間の森>は映画<ただあなただけ>のソン・イルゴン監督が演出してパク・ヨンウが出演とナレーションを引き受けたドキュメンタリー映画でtvNで新しく試みたジャンル。 2010年から撮影を始めて‘猿2万,鹿2万,人2万’という屋久島の自然と人間の調和がとれた姿を表わした。 7200年になった杉縄文杉をはじめとする天恵の自然環境と純粋さを大事に保管した現地の人たちの生き生きした姿は都市公害に染まった現代人に新しく近づく。
<時間の森>が撮影地で屋久島を選択した契機はまさに人間の内面と森の姿が似ていたため。 パク・ヨンウは初めて屋久島を訪問した時、慣れない環境と人々の間でぎこちない姿を隠すことができなかったが次第に心の扉を開いて映画<血の涙>をとった過去を思い出し涙を流すこともした。
ドキュメンタリー映画という新しいジャンルに対する好奇心も耳目を集中させる一つの要因だ。 ある制作関係者は“情報性ドキュメンタリーとは違った新しい感受性を伝えたかった”として“人間の内面と空間の絶妙の調和で共感を引き出すことができるドキュメンタリー映画が<時間の森>”と伝えた。
忠武路の映像詩人と呼ばれるパク・ヨンジュン撮影監督の秀麗な映像美と自然の声を満喫してパク・ヨンウの人間的な姿をのぞくことができるtvNスペシャル<時間の森> 1部は3日(土)午前10時に、2部は10日(土)午前10時に放送される。

はにかみヨンたん

先日、ワタクシの第二王子ヨンたんのペンさんとお話する機会があったんですけどね
ファンとしての地道な活動に感激しちゃいました☆

俳優さんのファンになるということは、もちろん作品を楽しむことが一番なんだけど
少しは情報も欲しいし、ファン同士で交流したいし
でも海外の俳優さんとなると簡単じゃない
そーするとその方のファンブログがあるかないかで楽しみ方は大きく変わりますよね
わかるわ、、、
私もヨンたんブログを探したもん、どっかにないかなーーって

ヨンたん

ヨンたんは1日午後ソウル建大入口ロッテシネマで開かれた映画「最終兵器弓」のVIP試写会に出席したそうです
パク・ヘイル、リュ・スンニョン、ムン・チェウォン、キム・ムヨル出演映画
リュ・スンニョンさんは映画「子供たち」で共演してたからかな?
次回作は映画「パパ」が決まってるけど、共演のコアラちゃんは「ペースメーカー」の撮影中で
雨続きで撮影が延びると必然的に「パパ」の撮影も延びちゃうんでしょうかね、、、

以前にブログでアップしたことがあるけど
    こちら→はぴるぴ「隠れヨンウファン」
ヨンたんは着るものにまーーったく無頓着で朝起きたときに手の届くところにある服を着るそうな
必然的に同じものを着ることが多くなるわけで、何カ月も同じ上着を来た伝説(笑)があるそうです
撮影で良い服を着るからそれで十分なんだそうです(←そういう問題?

これは↑スタイリストさんが用意したのかしらん
なかなかこざっぱりしたお衣装ですが、、、靴が、、、、

続きは4年前の記事ですが、とても好きな記事なのでもってきました
~夢をみることが幸せだ~

パパ

パク・ヨンウの次回作は映画「パパ」(仮題)
ヨンウ氏は歌手のマネージャーのチュンソプ
アメリカに渡ったチュンソプは予想もしない契約結婚に巻き込まれて6人の子供ができちゃう
そのなかの一人ジューンが、なーんとアラちゃんだそうです
ジューン(アラちゃん)が母親の契約結婚でパパになったチュンソプに出会いオーデションの経てスターになる物語

アラちゃん、ミョンたんの次はヨンたん
羨ましすぎなんですが~~~

これはコメディかしらん?
最近シリアスな役が多かったからね、ヨンたんの可愛いキャラ爆裂して~♡♡(^-^)/♡♡
主人公二人は親子関係なんだけど、ラブ~な設定もあり?なし?
年齢的にはミョンたんより上だから相当ギャップがあるけど頑張れヨンたん☆
90%以上がアメリカロケなんだって
すご~~い
映画「子供たち」が評判が良かったし、作品選びも勢いがあるわ~♪

ヨンちゃん

ふたりがいて幸せ

ありがとう、この記事
二人が並んで、、、私のための記事ですか?(←オイオイ!)
ウレピイです☆

お気に入りの映画は「甘く殺伐とした恋人」と「ビューティフル サンデー」
私的に全然ダメじゃ~んってのが「ワンス・アポン・ア・タイム」
ダメじゃんってのが興行が良かったっていうところがなんとも、、ですけどね、、、(そんなもん?笑)


「キム・ミョンミンとパク・ヨンウがいて幸せな韓国映画館客たちだ」、、、むっちゃ褒められてます

それにしても、封切り1ヶ月が過ぎたのに「朝鮮名探偵」は23日観客数の2位をキープ(返り咲き)したとは!
すんばらしい まだまだ行けそうです!!

キム・ミョンミン引き続きパク・ヨンウ、'演技派興行時代'  osen

ミョンミン&ヨンウ

2011年劇場街に演技派俳優の興行時代が開かれた。続いて登場したキム・ミョンミンとパク・ヨンウがその主人公二人だ。
演技本座またはミョンミン座と呼ばれるキム・ミョンミンはコメディ'朝鮮名探偵'で430万人(25日現在)を動員中、実話スリラー'子供たち'のパク・ヨンウが封切り2週目で100万観客を突破した。
ここに'子供たち'と同じく17日幕を上げた'晩秋'のヒョン・ビンも60万人を集め、この頃忠武路は韓国映画祭りの雰囲気だ。 ボックスオフィス1~5位の中で韓国映画は4編。外貨は'ラプンジェル' 4位の1編だけで5位は'あなたを愛しています'が占めた。
24日の集計では'子供たち'が6万9千人で1位、'朝鮮名探偵' 3万8千人2位、'晩秋' 3万7千人3位の順序だ。 '晩秋'より一ヶ月前に封切りした'朝鮮名探偵'はこの日逆転に成功してロングラン街道に入ったし、'シークレット ガーデン'ヒョン・ビン症候群ではずみをつけた'晩秋'も静かな突風を継続している。

キム・ミョンミンがTVに続きスクリーンでも興行保証小切手を手に入れたのに続いて、パク・ヨンウも着実に彼の前てつを踏む事実が興味深い。 善良できれいなイメージで観客となじんだ彼は商業映画とインディーズ映画を行き来して演技幅を広げてきた俳優。
2006年'甘く殺伐とした恋人'の熱演で美男タイトルを脱いで演技派に変身したパク・ヨンウは以後'ホロヴィッツのために(私のちいさなピアニスト)' 'ビューティフル サンデー' '今、愛する人と暮らしていますか?'等、秀作を選んだが興行とは若干距離があった。 だが、2008年正月大きな課題の時イ・ボヨンと共演したコメディ'ワンス・アポン・ア・タイム'で興行底力を誇示したことがあるが今回'子供たち'で釘を刺すところだ。
パク・ヨンウの強力な点は目つきと顔の表情を通じて多様な感情を表現する繊細さから探すことができる。 昨年SBS史劇‘済衆院’で主人公ファン・ジョン役を担った当時最も光を放った部分だ。
厳格な身分社会であった朝鮮で不可触賤民に近い白丁に生まれあらゆる苦難を体験した後に仁術を施す朝鮮最初の外科医者になる人生経歴だ。 普通俳優としては耐えるのが難しいキャラクターのファン・ジョン役だったがパク・ヨンウはこれを切ない目の演技でよく消化した。

すべての国民が心を痛めたカエル少年失踪事件素材の実話劇主演で乗り出した'子供たち'でもパク・ヨンウの真の演技は相変らず威力を発揮している。 カエル少年たちはついに生きて帰ってくるができなかったがまだ捕えられなかい犯人に向かった観客の怒りを生き返らせるの彼の強烈な目つきだ。
カエル少年たちを探すのに自身の人生をかけたカン・チスンPD役に扮して事件の真実を暴く。 カン・チスンは大邱放送局に左遷されたドキュメンタリーPDで、ソウルに帰るために特ダネを探すうちにカエル少年失踪事件に出会う。
キム・ミョンミンは二言うまでもなく演技+興行トップスターの位置を固めている。 '名探偵'が500万観客以上を動員すると期待されながら彼をキャスティングしようとする手助けらがあちこちで気ぜわしく動くところだ。
次期作は'ペースメーカー'。 スリラー('リターン')でメロー('私の愛私のそばに')そしてアクション('破壊された男')に素早く方向を定めるようだったが破格的にコメディを選んだ彼が今回もまた変身する。
いつも観客の期待を裏切らないのが演技派俳優の大きな徳性だ。 キム・ミョンミンとパク・ヨンウがいて幸せな韓国映画館客たちだ。

共演希望

ミョンたんをミョンミンっちと呼ぶなら(?)
パク・ヨンウはヨンウッチかヨンたんか?(笑)
、、と呼びたくなるくらい、素がキュートなヨンウッチ(もう呼んでる~~笑)
あっ、キュートなのは性格がね(←ってわざわざ言わんでもよろし)

映画「スタントマン」が中止になって
ミョンミンさんも苦労しましたけど、パク・ヨンウも苦労したんですよね
俳優をやめて「チキン屋」をやろうと思ったそうです
で、その後の歩みがなんとなくミョンミンさんと似てるところあるんですよね

映画「甘く、殺伐とした恋人」のあまりのキュートさで、すっかりお気に入り俳優になり
映画「ビューティフル・サンデー」で私のNo.2の座を確保しました(*^^)v
SBSドラマ「済衆院」が終わって、次の映画の撮影がもうすぐ始まるよねー

二人がいつか作品で一緒に爛熟した情熱を燃やす日がまたこないだろうか

いいですね~
2人を2時間枠の映画で観るより
ドラマのガチンコ共演でじっくり観てみたいな

20100513-1.jpg

20100512-5.jpg


パク・ヨンウ“キム・ミョンミンぜひ一度会いたい”どんな縁が隠れているのか 2010-05-12

隠れヨンウファン

いや、別に隠れてるわけじゃないですけど
知ってる人は知ってる?(笑)
私、パク・ヨンウ好きなんです~

例のいろいろ話題になったドラマ(ジャイアンツ)、'済衆院'の後続番組っていうことだから
またその話題なのかなぁって思って見てみたら

なーんと、
「パク・ヨンウ 第2のキム・ミョンミンだろうか?」っていう記事でした
ちょっと嬉しい

パク・ヨンウはまだ興行力やスター性が多少不足した俳優でもあるが
卓越した演技力を持っていてそれに対する期待は相変らず大きい


ヨンウ頑張れ~~~☆



'済衆院'パク・ヨンウ 第2のキム・ミョンミンだろうか?   osen
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。