FC2ブログ
sutako/るぴ

Categoryニノ 1/5

  • 2019年11月13日 0

    以前に、5人がゾンビにやられるとしたら何番目がいいかって話をしてたのを思い出すんだけど、自分が最後だったら4人がひとりずつやられるのを見て4回絶望しなくちゃいけない、だったら自分が1番最初にやられたい。って言ってたよね、ニノ。とーっても優しいんだけど、独特な思考の子だなって思ってて、ゾンビに例えるのもたいへん申し訳ない話なんだけど、いずれ5人が伴侶を得て落ち着くとして、それはそれなりにあれこれある...

  • 2018年06月23日 0

    東芝日曜劇場って60年以上続いてるんだって。調べてみたら私よりちょい年上だった。「愛と死をみつめて」「時間ですよ」観てたよね、むっちゃ昔のドラマ。「JIN-仁-」がすごい評判良かったのは知ってるけど後番組が「特上カバチ!!」だったのでびっくりした。最近では「半沢直樹」「下町ロケット」「陸王」が印象的で、日曜日の夜、明日への活力になるような人間臭いドラマのイメージ。ドラマの老舗枠よね。で、「ブラックペアン...

  • 2016年04月06日 0

    「暗殺教室」に続いて、「暗殺教室 卒業編」を観てまいりました。不思議よね、何のご縁か、明らかにこの映画を観る層ではないわけで、ニノが殺せんせーの声をやってると知って急遽映画館に足を運んだ前作。少年ジャンプのアニメだよなんて言われても知らない世界だし、暗殺と教室が繋がる単語は意味不明で物騒。そんなワタクシが楽しく2作品を無事観終りました。卒業おめでとうそんな世代じゃない私目線からのポイントは「タコ型...

  • 2016年03月09日 0

    先週のベイストでニノが歌った「AinoArika」iPodに入れてイヤホンで聴くと、た、ま、ん、な、いーーー!ジャンプくんたちが踊って歌うと、躍動感あふれるキラキラした曲がニノが歌うとこんなに優しいバラードになるのねぇ。本当にお宝音源だわいいなぁ、おーちゃんもやってくんないかなー(やらないな)...

  • 繋がらないはずのものをなめらかに繋げてしまう力がこの人にはある。放送中のドラマ「流星の絆」でも、コメディとシリアスの垣根をまばたきひとつで平らにする。力で壊さず、理屈で曲げず、嘘と本当をふわりと結びつける。悲しい役を演じるとすぐにボロボロ泣くような憑依型の役者を、日本では「演技が上手い」と言ってほめそやすことにずっと納得がいかなかった。芝居とは、嘘である。それを本当にして伝えるため、役者は本来、役...

  • 「二宮君は東京葛飾の下町っ子。渥美清さんとも似てさりげなく、さらっと大切な芝居ができる。演劇力というより彼のパーソナリティに関わるところだね。独特の軽さがある」ネットで見つけた山田監督のインタビュー記事なんだけど、「母と暮せば」という作品と出会えて本当に良かったねって、この間から何回も思う。「赤めだか」で鶴瓶さんから談春さんを演じてほしいって直接電話で依頼されたエピソードともそうだけど、ニノが嵐と...

  • 2016年01月08日 4

    年明けてあっというの1週間だったけど、嬉しいことたくさんありました。びっくりしたねー、昨日。ニノちゃんのキネマ旬報ベストテン主演男優賞。なにかで作品賞がとれたらいいなぁってちょっとだけ思ってたけど、まさか主演男優賞とは夢にも思わずで、いや、マジで驚きました。「母と暮らせば」だけでなく、「赤めだか」「坊ちゃん」と全部良かったもんね。もちろんこれは映画作品での評価だけど、納得させるだけのものが最近の二...

  • 殺せんせーの過去が明らかになり、それがニノのイメージにピッタリなので、続編でスクリーン登場するんじゃないかともっぱらの噂だったわけですが、本当に出演が決まったね。出演ありきの殺せんせーの声だったってことかなぁ。来年公開。最強の殺し屋「死神」って、おーちゃんと死神つながり(笑)殺せんせーの影が死神になってる。死神とは殺せんせーの人間時代の姿原作コミックスで殺せんせーの過去編が開始された際その人間時代...

  • 2015年03月24日 4

    映画「暗殺教室」観てきました。ヌルフフフフ~まさかの実写化だと思うよ、殺せんせーがよく実写になったと、、その前にまったく知らなかったんですけどね、すごい人気のコミックなんだってね。「毎週読み終わったジャンプくれてありがとう、助かってる」って年末の福嵐でニノにお礼を言ってたのは相葉ちゃんだった気がするんだけど、少なくても二人は愛読してるってことよね。(追:ジャンプのインタビューによると潤くんも愛読し...

  • 2014年07月27日 0

    夢だった「青の炎」のスクリーン鑑賞してきました。一定時間内に一定以上の購入者が揃えば企画が成立し興味のある映像作品をスクリーンで観ることができるというシステム、ドリパスで。「青の炎」は何回か企画されてたけど、人気があっていつも締め切られちゃってたの。今回やっと念願叶いました。映画館はお台場のシネマメディアージュ、初ゆりかもめも体験できました。冒頭に流れるピンク・フロイドの「The Post War Dream」自室...