家族に乾杯 翔くん

今日は書く気満々です。ふんがっ
誕生日だし(←関係なし)このままもういっちょ更新しまーーす

ドラマや新番組も始まって最近は怒涛の嵐攻撃(嬉ぴい)
名古屋に数日帰ってただけでいろんなことが追いつかず、もう必死す。
えっちらおっちら追いかけてて、やっとかなぁってとこです。(まだ少しあるけど)

で、やっと観ることができました。

鶴瓶の家族に乾杯
櫻井翔が長野県、安曇野市へ


神社で鶴瓶さんとと待ち合わせ。
「素敵な家族に出会えますように。ってお賽銭しないでお願いしちゃいました」と翔くん。

この場合、家族に乾杯という番組なので、当然番組的に出会う家族のことのはずなのに
なぜか翔くんが人生において出会うリアル家族だと思ったワタシ。
え、、番組でいきなり結婚願望の吐露なのか、、、って(おいおい)
なんでだろー、なんでそう思ったんだろー。
これ、今私が翔くんに今思ってることをムッチャ象徴してます(爆)
    誰か翔くんに誰が見ても納得の可愛らしい素敵なお嫁さんを紹介してあげて。

あーーー、ファンの方に石投げられそー首絞められそー、、、(ひれ伏してお詫びいたします)

男の子に「抱っこ」ってせがまれて、ものすごく自然体で抱き上げた
お父さんのような翔くんに、あーー、泣けそうです(熱烈感情移入中)
きゅんきゅんきゅん

前編のお蕎麦屋さんのエピソードもとても素敵だったんだけど
後編にさらに素晴らしい出会いが待ってましたね。

「32才になってもお嫁さんいないのかい」

いや、もーー、なんて素敵な浅川さんに出会ったんだー!
たまたま暖炉の煙を見ただけの偶然で
櫻井翔を知らない、NHKのスタッフと間違える方に出会えるなんて。

。。。。翔くん、良かったね。


嵐が初めて持ったテレビの冠番組は「真夜中の嵐」という番組で、初回放送は翔くんでした。

鹿児島がスタートで、真夜中に砂浜が温かいのを知って温まってたら
管理人らしき人がやってきて
「こんな夜中に何してる、許可は得てるのか」と怒られて
スイマセンとガチで謝ってた翔くんを思いだしました。

当時、デビューして全国区で人気のアイドルではあったけど
まだ広く認知されるほどではなかったから、行く先々でいろんな人と出会って、
本当にいい番組だったよね。

おかげさまで今は何処に行っても自分のことを知ってる方ばかりで
それはとてもありがたくて感謝なんだけど
貴重な経験をしてかつてを思い出しました。
(正しい文脈は忘れました)

そう言ってる翔くんが心なしかウルっとしてるように見えて
非常に嬉しかった。

浅川さんが「好青年」と評してたけど、本当に本当に好い青年だよね。
大好きでございます☆

Red&Blue

昨日は夕食しながらテレビ東京でやってた隅田川の花火大会見てました
ドドーンという音とともに絶景ポイントからの花火が見られて
テレビ鑑賞でも結構楽しいね、なんて言ってたら
あっと言う間に豪雨、強風、そして雷雨
見に行かれた方は大変だったでしょうねぇ

秩父宮ラグビー場のNEWSのライブも途中で延期になったみたいで
ツイでパーナさんパーナさんって出てるからなんだろって
初めて知りました
(チャンカバーナのバーナさんなのね)
野外ライブはこういうことあるよね
準備万端は鉄則だなぁ、、(←自分に言い聞かせる)

最近はツイッターから情報を得ることが多くて
結局は個々が何の情報が欲しいかってことなんだけど
ツイの情報は自分の中でふむふむ、、って楽しく消化して終わっちゃってて
なかなかブログにこれなくなってます

翔くんが出てる雑誌(colors)の内容を知って
これは読んでみたいなぁって思って
朝ネットで注文したら、夕方届いた
ふぅ~~~、当たりまえ?(笑)
スゴイな

情熱と反抗のRed
ま・さ・に 翔くん
「デビュー当時は誰にも文句を言わせなくなかった」

今の翔くんを見てたら黙って頷くしかない
どれだけ頑張ったのか
頭が下がります
どんな30代を過ごすのか
それを見ていられるだけでもファンとして楽しいです

いろんな意味で真逆ね
おーちゃんと(笑)
もちろん大野さんも見えないところですごい努力してる
君はまさにBlueな人です

どーか
ずっとずっと今の夫婦のような関係でいてね
私の願いはそれだけよ

今すぐ死んでも悔いはないって言ってるらしいおーちゃんのインタビュー読まなくちゃ
(MOREね)
ドラマ撮ってるからそんな発言になるのかな
WSで親より先に死ぬなんて、って泣いてるシーンを見たけど
もらい泣きしました
おーちゃんは泣く演技が本当に上手です

「今日の日はさようなら」 ⇒予告動画


アラフェスの申し込みはもう落ち着いたんですよね
集中過多でサーバーが一週間正常に動かなかったという

FCって今145万人くらいだから
アラフェスに行ける人7万×2で14万人として
確立は10%以下

ははは
笑うしかないかもね、、、(←がんばれー)


うちの多肉ちゃんたち
20130728-1.jpg

さっき缶に植え替えました
ファンクイーンちゃん
手のひらに乗るくらいに小さいです
美人さんでしょ
オレンジ色の花が咲くらしいけど
葉っぱがどうしてこんなに可愛い形なの?
多肉ちゃんって面白い
20130728-2.jpg

家族ゲーム最終回

人気作のリメイクというだけでどれだけハードルが高かっただろうと思うけど
良かったですねぇ「家族ゲーム」
先日友達とランチしてて
ドラマを観てないから大まかなあらすじを説明して
吉本がどうしてあのような家庭教師になったのか説明したんだけど
言葉で説明すると想像以上に陳腐なのね(笑)
だけど、面白かったんだってば~~☆

やっぱりなんといっても面白かった一番の理由は「吉本@櫻井」が醸し出す
怪しさ
不気味さ
狂気
でもいい人?
この人何考えてるんだろ
何が嘘で何が本当なのかさっぱりわからない
すべて吉本の仕掛けのなかで動いてるのかという疑心
これよね

演出も素晴らしかった

毎回のサウナシーンは
当初は翔ちゃんでまさかのサービスショット?って思ったけど
そんな単純なことじゃなくて重要な会話が板尾創路さんと交わされたし
まさかの〇く〇のイチ確認という楽しみまで(←おまえだけ)
ラストは父は家庭教師ではなく長男とサウナに入り
吉本は大勢の男の人に囲まれてのシュールなサウナシーン
サウナに入ってる時の翔ちゃんの表情が最高なんですよね
個人的には何話か忘れたけど
死なせて下さいってタオルで首を絞めようとしてた翔ちゃんの演技が何度見ても笑える
こういう細かいところでもたくさん楽しめた

ドラマって万人に理解されるように作るから
きちんと説明して決着させるでしょ
想像させる余地が余白が少ないと言うか
私が映画が好きなのは、気が短いからだけでなく(2時間で終わるから、笑)
そこもあると思うんだけど

吉本がなぜ吉本になったのかという理由
9話で全貌が明らかになったわけだけど
完全にあれはいらない!と言いたい
だってそれまででだいたい想像ができたじゃない

吉本が殺したのは自分自身だ、、なんて
言われなくても感じてたでしょ
そこらへんを台詞で言っちゃうところが、私的にはねぇ

でも最終回でエンディング曲が終わった後
9話で説明された過去もウソかホントかわからないように 
「いいね~」で終わって
やっぱこのドラマは最高だ!!!って思いました

長淵さんのドラマの時は全部で6話だったんだって
今回も、もうちょっと削ってギュッと凝縮させたら
もっともっともーーっと面白かったかも
8話最高でした(緊張感半端なかった)
正直、、9、10話は短くできる

音楽も良かったねー
雰囲気ピッタリ
沼田家最高!
皆さん素晴らしかった!

視聴率は最終回16.7%まで上がったそうです
数字がすべてじゃないけど結果として残るものだから
観てる人は全員が面白いって言うし
体感視聴率はもっともっと高かったですけどね

毎週毎週こんなに楽しませてもらって
翔ちゃんのターニングポイントをリアルに目撃できて
楽しかったよ~♪

いよいよ家族ゲーム最終回

何より櫻井がはまり役。
イケメンスターであるはずの櫻井が
画面の中で狂気と正気を行ったり来たり。
映画の松田優作はどこか抜けてて妖精みたいな愛くるしさがあったが
櫻井にはそれがない。
ゆえにひたすら怖い。
これまであらわにしてこなかった「底の見えなさ」を出し切り
役者としてステップアップしたと思う。


先日、朝日新聞にこんな評が載ってました

いよいよ本日「家族ゲーム」最終回
翔ちゃんは、クランクアップの挨拶で「自分の転機になる役」
オトノハで「あー。吉本楽しかったー。」って言ってて
私も本当に楽しかったです

ただ9話はきつかった
辛くて見返せない
過去を明らかにして
ここに至った理由を明らかにしないと
もやもやが残るんでしょうかねぇ
私は吉本が見せる狂気に
理由や説明はいらなかったんだけどなぁ(ぼやーっとで十分)
いじめ(先生の世界にもあるいじめ)とか
挫折知らずの人間とか出てきましたね
確かに子どもは社会の鏡なんだけどさ

でも、私はこのドラマは家庭内の問題で
子どもを躾けられない親の問題
そんな親に育てられた子供が大人になれない話なんだと思ってる

何もわかってない鈍感すぎるお父さん(板尾創路)と
何も言えない他力本願なお母さん(鈴木保奈美)
周りの見渡すと、あーいうお父さんいっぱいいる気がしてて
その場合、母さんが頑張るんだけど
沼田家はお母さんがお嬢様過ぎてフォローできなかったのね
あそこまで悲惨にボロボロになる家族も珍しい(笑)

最終回は沼田家の皆様が自力で再生を始めるかどうかってことに尽きますね
いやぁでも、簡単にはいかないような気もするし
吉本センセイ、呼ばれてないのにジャジャジャジャ~~ンって現われて
またまた何をするのかな

お別れするのは名残惜しいけど
15分拡大で吉本センセイをたっぷりと堪能したいと思います

神は細部に宿る

またまた何日ぶりの更新?
(最近このフレーズ使うの多いな)
日々、書きたいことがあって
でもなんとなくスルーしてを繰り返してると
一歩が踏み出せなくなるんですよね
なに書きたいかわかんなくなる

、、、と、言いつつ

今はね
ともかく
家族ゲームが面白い! ←あまりにも明確な書きたいこと

あと2話で終わっちゃうんだね
寂しいとかじゃなくて
堪能しきったから、ありがとうって感じ(←まだ終わってない)

翔さんが毎回ヒートアップして吉本になってくし
サウナシーンが楽しみ過ぎるし(笑)
板尾さんの年取ると乳首の位置が下がる発言を受けての8話だったから
二人並んでるの見て、可笑しくて可笑しくて、、、、

8話は、まさに沼田家崩壊しました
あの豪華で綺麗な家は沼田家の象徴でしたからね
見事にぶっ壊しちゃいましたね
圧巻~~~!
みんな演技が上手い
凄かった

食器が割れる音やテレビや壁を壊す音、ソファを切り裂く音や
サックスフォンの音色が画面いっぱいに流れた後の
真っ青な空を背景にして吉本が去っていく沈黙の映像の対比に
しびれました

来週がガラッと雰囲気が変わりそうだなぁ
願わくば吉本の過去を説明して彼を綺麗に正当化してほしくない
謎めいたままでも充分説得力があると思うもん
沼田家が自分たちの力でどうやって再生していくのかを見たいです

少なくともサウナシーンは8話で打ち止めですな(笑)


最近は雑誌も翔さん祭り
謎ディの前売りも今日始まって
ウチの近所の映画館では朝早くから人が並んでました
私的には毎日翔さんで溢れてます☆

そんな中で、面白かった雑誌は
「日経エンタテイメント」櫻井翔独占ロングインタビュー
変わる嵐 変わる櫻井 今と未来を語る

神は細部に宿る
とは、まさに嵐のイズムを言い当てた言葉だ


翔さんのインタビューは毎回興味深いですけどね
今回も、ホント面白かった

移ろいゆく、人気に拠って立つのではなく
相応のスキルにおいて強い根を張っておきたい

今日現在の答えとしては「続く」こと(勝負の勝ちとはと聞かれて)


今、飛ぶ鳥を落とす勢いの翔さんが
彼氏にしたいタレント1位の断トツに人気のある翔さんが
葛藤してるなぁ
翔さんらしい
ホント「この子が良い理由はこれだよね」←by太一くん

嵐ってさ
年長の二人がさ
こうやって真摯に、精一杯仕事し、葛藤しながら突き進む翔さんで
もうひとりが
変わらない、ブレナイ、自分の世界で生きる人である大野さんであるってことが

稀有だよね
貴重だ

互いが存在することが
互いを楽にしてるし
結果としていい方向へ進んでるんだと思う

もしもの話
メンバーの誰かがガラッと路線を変えてこうやりたいって言いだして
それに他のメンバーも賛同するなら
全面的に5人で舵切りますよ
そのときはスタッフも理解してくれると思うから
そういう意味では嵐は決して窮屈な環境にいるわけでもない
広いグラウンドに向かって走り始めた僕らを見ていて欲しい


最後の〆の言葉にまたまた痺れました

「全面的に5人で舵切りますよ」
ファンは泣けるよね
いやぁぁぁぁ、
ホント嵐はいいわ

風見鶏

最近よく聴いてる曲は「風見鶏」

風のない街で暮し慣れてたけど
僕と風見鶏 探しあてた空

茜さす空を見上げて 僕の知らない君になって
土手に咲く花を見下ろし 微笑み返す僕になった


彼女の故郷を初めて訪れた彼の気持を歌った曲です

風音に誘われ君の生まれた場所へ二人
方言混じりの声 君がもっと愛おしくなって


ゆったりふんわりとした曲調で
今の彼女と、そして過去と未来も
すべて受け止めた彼の気持ちが優しく伝わってくる
このあと、彼女の両親に結婚の申し込みのご挨拶に臨む彼の姿しか浮かんでこない
リアルすぎ?(笑)

8年位前の曲なんだけど
当時はまだ若かったよね
今の嵐さんたちの年頃をイメージして聴くと切なくてキュンキュンします
あまりにもぴったりで


とにかく、、あのーー
落ち着いた老後を過ごしたい

孫がいて、、子どもがいて、、奥さんがいて、、
あの、、僕はこう、、ゆったりした毎日を過ごすんです


とくだねの翔ちゃんのインタビュー
泣けるよね

ワーカホリック気味な翔ちゃんが
休日さえも分刻みなスケジューリングを敢行する翔ちゃんが
老後に家族とゆったりとした毎日を願う

翔ちゃんってホントにええ子だなってしみじみ思った
わかりやすくて公明正大で
誠実で
いつでも精一杯で
気配りがあって配慮する人で
でも自分の思うことは貫く人で
ちゃんと伝える人で
絶対にまわりにいる人全員翔ちゃん好きよね

翔ちゃんは芸能界人じゃなかったら
たぶん今頃は結婚してて、子どももいるよね
そろそろ二人目かーってくらいか
(ファンの方怒んないでねーー)

それがさ
名前を呼んで振り向いただけで
彼女のブログが炎上しちゃうんだもん
はぁ、、アイドルだったなぁってしみじみ思いましたわ
私は微笑ましくて楽しかったんだけど
相手が15才だったからかなぁ
きっと悲しかったんだね(ファンは)わかんないでもない(と、言っておこう)

翔ちゃん、恐る恐る予防線張ってるみたいで
なんか切ないなぁ
今どーのこーのっていう具体的な話じゃなくてね

ともかく、「風見鶏」を聴いてると翔ちゃんを思う
良い風がみんなに吹きますように、、

カゾゲーと今顔

「家族ゲーム」のこと触れないまま、早6話が終わっちゃった
いやぁ、面白い
毎週水曜日が楽しみでたまりません
それがまたあっという間に一週間が巡ってくるから
感覚としては3日に1回観てるみたいな
わけわかんない高揚感(意味不明)

先が見えそうで見えない
っつか、それもそうだけど
櫻井翔がどんどん不気味になってきて
かつカッコよくなっていく

「かまってほちいでちゅかー」ってアヒル口になったままの翔ちゃんに鳥肌たった(笑)

忽那汐里の存在が謎だよね
もー全部吉本先生の仕込じゃないかと思っちゃう
お母さんの株の失敗さえも仕込、、なわけないけど
全部吉本先生の手玉の上で起きてるんじゃないかとさえ思っちゃうところが
スゴイよなぁ

あくまでも板尾お父さんがのんびりマイペースな感じも面白い
(家族のことはほどほどで、楽しく浮気できればベスト、、的な)
でも最後は守る人だと思うよ、家族のことは
あーいうお父さんいっぱいいる

お約束のサウナシーンは必須だよね(なくなったら暴れる!)
6話では綺麗な背筋もご披露してくれて
腰タオルごしに、可愛い子尻も、、(プリップリ)
ご馳走様でした☆

あ、今JALの先得のCM初めて見た
翔ちゃんだけ合成?(笑)
「翔ちゃ~~~ん」←相葉ちゃん絶叫
笑える~~


今まさに勢いがあってノッテル時だよね
とくだねのインタビューもキュンキュンしたし
ちょっとたまんないっていうか
翔@担さんは大変だと思うわ
これだけガンガン来られると息も絶え絶えになりそう(好きすぎて)

実は「今、この顔がスゴい!」もね、楽しみにしてるの
(たまたま今週は外れな感じだったけど、、アプローチちょっと変えた?)
有吉とのコンビネーションも好き
彼の毒な部分に翔ちゃんがちょっと引っ張られるかと想像してたけど
いい感じに二人が近づいてるって言うか
二人は似てる部分が多い気がするし
翔ちゃんの方が実は強いかも、、とも感じる
まっすぐで力強い
そんな翔ちゃんを見てるだけで、あの番組は凄く楽しい
ま、視聴率的には厳しいかなとは思いますけどね、、、(企画がね、、)

今週は「Endless Game」発売で金曜日はMステ出演
楽しみです☆

いい~ですねぇ~

「家族ゲーム」第一話
面白かった
30分拡大版だけどあっと言う間に終わっちゃった

世の中的に言われるほどの不気味さとか
展開が読めないという印象はないけど
テンポがいい
そしてキャスティングが面白い

シューマイ先輩が断トツにいいね

「ボーイズ・オン・ザ・ラン」でシューマイ役だった浦上晟周君
なんつー目力の強い小学生なんだろうって印象だったけど
シゲ役ではますます面構えがいいですね
小学生から中学生に
どっちもいじめられっ子の役
ちょっと大きくなった
丸山君と共演してたから、もしかしてジャニーズの子?って思ったりしたけど
違いましたね

お兄ちゃん役の神木隆之介君
まだ10代だなんて思えないくらいの落ち着き←VS嵐見た?
ベテランの域ね(笑)

この二人がドラマをひっぱるかも~~って思った

昔、「石川県伍参市」という翔ちゃん主演の深夜ドラマがあって
4年間引きこもりの殺人願望のある男の子を演じたことあるんですよね
おどろおどろしくて暗い内容なんだけど
なぜか引きこもりの主役が意外と健康的という不思議なドラマだったんだけど
ちょっとそれを思い出しました 

だからかね
翔ちゃんが今までと違うイメージって言われてるけど
私的にはそんなんでもない

大きな違いは
自信と言うか余裕と言うか、、
10代の翔ちゃんと30代の翔ちゃんだもんね
あたりまえか(笑)

ドラマが始まる前の番宣の数々が楽しくて
何が楽しいかって言って
翔ちゃんのビジュアルが良くて良くて
「恋人にしたい男性のナンバーワン」だけある
乗ってる感がビシバシと伝わってくるキラキラ~☆
ちょっと前のどすこい系から
すっかり王子様に変身しちゃって
尊敬します(その気になるとちゃんと変身しちゃうってすごい)

今クールは「家族ゲーム」で楽しもうと思います~♪

翔くんin馬路村

いや、面白い
NHKさんありがとー☆

何がいいってさ
希望の種を探す旅を
喰いつき気味でメンバーみんなで見るってのがね
感想が自然体で(ノー編集?笑)
シークレットトークの雰囲気そのままじゃん
さらにこれまた
5人そろってビジュアルが絶好調じゃないですかー☆
ワイプがこんなに楽しい番組てそーそーないです

森林鉄道を運転する翔ちゃんの興奮ぶりが
男の子だよねー
スピード出して実はハラハラされてた、、というね(笑)
木を切り倒すときのテンション然り
翔ちゃんのまっすぐに感情がでるところ好き
そこが可愛くてたまらない

ニッカーボッカーズが似合うわぁ
ホワイトカラーのエリートのイメージでありながら
ガテン系の雰囲気がぴったりと嵌るってのが
櫻井翔の櫻井翔たる所以だと思う

  

相葉ちゃんは宇宙飛行士の星出彰彦さん
おーちゃんは芸術家の草間彌生さん
翔ちゃんは医学博士の日野原重明さん
ニノは山田洋次監督
潤くんは歌舞伎役者の坂東玉三郎さん

それぞれ1時間ずつ対談したらしいけど
紅白だけでなく、いずれ別企画で放映してくれるのかな(するよね)
面白い組み合わせもってきてくれたよね
最近はNHKさんありがとーの連呼です

草間彌生さんってお母様との軋轢が芸術へのエネルギーになってるような方らしいけど
そのあたり大野さんとどんな会話が生まれるのか(生まれないのか、笑)
興味あるわー

何かを選ぶことは何かを捨てること

終っちゃうんだねー、ひみあら
最近のシェアハウスのゆるさが大好きだったんだけど
これって深夜枠じゃない?ってくらいのゆるさだもんね
ファンには萌えどころ満載だけど
ゲストは正直あんまり見てない
5人でない、嵐の中の2人が醸し出すそれぞれの雰囲気が面白くて
もしくはSPで5人そろった時のわちゃわちゃと戯れる感がいいんだよね
ソファの前で足投げ出して座ってるのを見てるだけで楽しいっしょ
ようは嵐しか見てないという、、(笑)

正直、ファンじゃない人が見て楽しいかなぁってとこもあって
いくら嵐人気が凄くても、それだけではあの時間帯では続かないかもって
ま、個人的には思ってたんですよね
えーーん、寂しいよ~ん

後続番組が翔君と有吉だって!
いやぁ、驚いたわ(まだ驚いてる)
いつか翔君が単独でMCのレギュラーを持つ日がくるだろうとは思ってたけど

有吉って視点が的確で
ピンポイントで指摘できないと毒舌ははけないもんね
同時に本当は真面目ないい人感が伝わってきて好きなんですよね
でもねー、嵐との相性は水と油の感じがしてたんですよ

マツコも然り
「月曜から夜ふかし」が好きで録画してまで見る勢いなんだけど
ヒナとの相性ばっちりだけど
あそこに翔君とかニノとか、、やっぱりはまらない

「有吉が鋭いツッコミを入れることにより櫻井とどう化学反応を起こすのか」
だそうです、、、
まさに化学変化です
想像できない(正直ちょっと不安)

  

翔君と言えば、日経エンタテイメントの
「キャスターとして、嵐として、思い感じた2012年」のインタビュー記事

ずっと昔からですが、
いつか真ん中に座れたらいいなぁと思ってるんです。
それが50歳か60歳か分からないですけどね。
ただ、真ん中に座る、、、
何かを選ぶってことは、何かを捨てることだとも思ってます。


ネットで「真ん中に座る」ってフレーズを読んだら
気になって気になって(笑)
急いでコンビニに雑誌を買いに走りました(モモクロ表紙のやつ)

全体の記事を読んだら、なるほどーって思ってね
嵐という立ち位置だからキャスターをさせてもらっていると思っている
という姿勢は一貫してかわってないんだなぁって思った
間違ってもプロのニュースキャスタではないからね

東京ドーム終了後に出演した
総選挙特番「ZERO×選挙2012」で
翔君が自分と同じ世代の人にインタビューするコーナー
面白かった

丁度、私の娘や息子の世代ですからね
若者はもっと怒れ!って、ワタシ常々思ってるから
失われた20年は息子が育った20年
娘はまさに嵐世代(ニノと潤君と同級生)で
老人福祉も大切だと思うけど
若者福祉(←!)をもっとやらないと
彼ら彼女らは結婚もできないし、子供も育てられないよ
若い人たちが買い物できないと景気は戻らないよ
選挙は自分たちの暮らしをよくするために行くんだよ
わかってる?(←なんか急にトーンが、、笑)

「僕がニュース番組にでることで
誰かが何かに関心を持つきっかけになってくれたら嬉しい
その一点だけなんですよね」


まさに、そこを頑張ってるなーって思ったんですよね
スタジオの生討論会も若い人の率直な意見があって
派手さはなかったけど、
あー日本もまだまだ頑張れるって思った

なんか、ひみあら終了の話から
話題があらぬ方向へ、、(#^.^#)

翔ちゃん頑張れーってことで
〆ます(笑)