基本は映画を観ることが目的だけど
舞台挨拶って俳優が一生懸命に演じた作品をお客さんに披露する瞬間
至福の瞬間じゃないかと思うんですよね
大好きな俳優の至福の瞬間にその場に立ち会いたい
映画封切りを喜びたいし
一回でも多く映画を観たい
そんな思いで韓国まで行っちゃうんですよね

それにしてもミョンミンさんの映画の舞台挨拶に3回行ったけど
3回ともファン冥利に尽きるサプライズの連続で、、すごいな~(自分で言う、笑)
ミョンミンさんに感謝だなぁ

韓国から帰って娘に「JYJ見たよ」って言っても
「ふぅ~~ん」って言われました
お母さんの韓国旅行はものすごいことばかり起きるから
なにが起きたって言われても驚かないらしいです
ミョンミンさんとお話したって言っても「やっぱりね」だって(笑)

なにが嬉しいって、「朝鮮名探偵」がものすごく面白い映画で
評判も良くて興行もかなりいけそうな雰囲気だってことですね

さっき名探偵Tシャツを着たいきさつを書いたけど
本当は、私はあんまりそういうことするタイプじゃないんですよね
(現場にいくと超弱気なへたれなやつなの、、愛はあるんですけどね~、笑)
SAMTAさんにもルピナスさんは着ないかなぁって思ったって言われました

私はね、ミョンミンさんがこの映画の第2弾を望んでるって知ってから
頑張って着よう!って思いました
ちょっとでも盛り上げるお手伝いになるかなぁって思って
ファンの後押しってきっと嬉しいよね
特にそういう雰囲気の楽しい映画だし

ミョンミンさんの映画はどんなジャンルでもストーリがどういう風であっても
ミョンミンさんの演技には大満足するんですよね
わざわざ韓国まで観にいってもぜんぜん満足なの(がっかりしない)
今回は楽しくて、そして評判がいいから
これからどこまで数字が伸びるのかとっても楽しみです☆



釜山からソウルに向かうKTXの中で祝杯をあげました

名探偵に逢いにいく


そしてソウルに到着
日曜日にソウル入りしたミョンたんペンと合流して
またまた乾杯~

ほれ、ミョンたんが1/11にアックジョンとかシンサドンで記者懇談会で一緒にビールを呑んだHof Day
ビールが飲める居酒屋
こういう店のことをHOFっていうんじゃ?
ビールのメニュー名がHofだったけど
ともかく呑み口すっきりな美味しい生ビールでした
興奮からちょっとお疲れ気味な感じのSAMTAさんに(今思えば風邪気味だったのね)
ビール呑みすぎで若干ろれつの回らないルピ
けっこうおしゃべりしたけど、普段はもう少し物静かな女性です(とりあえず言っとこ、笑)

名探偵に逢いにいく
で、、ここから先は私の感想
あくまで私の感じたことだから、事実かどうかってことじゃなくて
若干妄想もはいりつつの思ったことです

名探偵に逢いにいく

ソウルのメガボックスでミョンミンさんとお話した時に「日本のファンの皆さんとお会いするチャンスがあったけどなくなってしまって残念、いつも気にかけているんですよ」というようなことを言ってくれたそうです
(私はミョンミンさんを見てるだけで必死で全くわからず、笑)
「私の愛私のそばに」がもうすぐ公開で、ファンが集まってみんなで見ることと、ミョンミンさんが日本に来てくださったら嬉しかったと伝えたら、ミョンミンさんはしっかりとその言葉を受け止めてるような気がしました

今回名探偵Tシャツを着てアピールしたのも、日本のファンの存在をちょっと意識してほしいっていう意味もあったんですよね(って私が書いてるけど、中心的にそうやって考えてたのはSAMTAさんです)

SAMTAさんが手紙の文章の書き方を提示してくれたおかげで、たくさんの方がクリスマスに自分の思いを伝えたと思うんです(なぜ同じみんな似たような文章なのか、きっと謎だったでしょうね、笑)
今回のプレゼントにもこっそりとやんわりとメッセージを込めました

ミョンミンさんが大好きで、どれだけのファンが年末に泣いて、どれだけ待ち焦がれてるのか
具体的にそういうことを伝えたわけじゃないけど
そんな思いをミョンミンさんがきちんと感じてくれてたような気がするんですよね

ファンの贔屓目かなぁ。。。
でもいいの、ファンってそういうものだから

そんな状況を見てきた中で、そしてあのサプライズが起きて
さらにその日はかめブログ1周年で、、、
これってただの偶然?奇跡じゃない?(笑)

ミョンミンさんがファンをハグしてる場面って今まで何回も見たことあるけど
絶対にファンからお願いされてそうなってるでしょ
自分からそういうことする人じゃないもん
SAMTAさんの場合は、あまりの驚きで舞台の上でミョンミンさんの前に立ってるだけで必死の状態で
でも、あ~、ミョンミンさんハグしそう~って見てて思いました(なはは~)

そして、やっぱり伝わってたんだな、って思いました
ミョンミンさんはちゃんとわかってるんだろうなって

幸せ(一緒にハグされた気分~)
放心状態で席に戻ってきたSAMTAさんにいきなり抱きついたのは私です(間接ハグ、笑)

最後のプレゼントにも手紙を添えました
その時の気分を伝えたくて
ホテルの便箋に
書いた場所はダンキンドーナツの店で(笑)

映画がとても楽しかったこと
大邱や釜山を旅行して美味しいものを食べることができて嬉しかったこと
ミョンミンさんのおかげで楽しい旅行ができて感謝していますと。。。

本当に楽しかったです☆ありがとう☆
名探偵に逢いにいく

カフェの皆さんは最前列を中心に座ってらっしゃいました
私たちの席は2列目だから、いい感じよね~
一緒に集まって応援してるって雰囲気
名探偵Tシャツも着てるけど、黄色いミョンミンタオルも掲げて
ミョンミンさんも嬉しそうにファンを見てるし
いいわ~~~
ファン方の方の娘さんで6才の女の子がいたんですけど
ミョンミンさん何回もその子に笑って小さく手を振ってました、可愛い

ミョンミンさんは監督さんのことを気遣って、すごく監督さんを褒めてましたね
すご~~いラブコールを送ってる感じ☆
ぜひまた次も監督さんしてくださいね

この映画は1回じゃなて2回見るとさらに面白いですって
毎回舞台挨拶の時にお話しするんですけど
私たちジャストタイミングで「4回目です~~~!」とアピール
「素晴らしいです」とお言葉をいただきました☆

そしてここで
超ビックリなメガトン級海雲台大津波レベルのすんごい出来事が!!!
詳しくはご本人に驚きと興奮とともにこちらで →かめ

偶然にもその日はSAMTAさんが1年前にかめブログを立ち上げた日
ミョンたんまさか知っててそんなシュチュエーションを???(笑)

これは、神様がシナリオを書いてるんじゃない?! と思わず叫んでしまいました(#^.^#)
さて、いよいよ海雲台MEGABOXへ
舞台挨拶の告知が張り出されてます、監督さんも来るのね

名探偵に逢いにいく

名探偵に逢いにいく

名探偵に逢いにいく

名探偵に逢いにいく

海雲台MEGABOXはカフェの釜山の皆さんの団体鑑賞が予定されてます
日本から私たちが行くことはSAMTAさんが事前にカフェでお知らせしてくれてたんですけど
どんなふうにお会いできるのかドキドキ。。。

日本のお菓子や「私の愛 私のそばに」のチラシをプレゼントしたらとっても喜んでくださいました
そして全員で記念写真も撮って(#^.^#)
あれカフェにアップされてるんでしょうかね~
最近韓国カフェのサランハギが上手く開かないんですよね~セキュリティが強いのかなぁ?
☆ 釜山 西面 海雲台

東大邱から釜山に移動
KTXって座席が固定されているから
車両の真ん中の席が唯一向かい合っててその席だけテーブルがあるの
なんと偶然にもその席になり
ますます旅行気分~~

釜山に到着☆

名探偵に逢いにいく

ホテルのある西面(ソミョン)で夕食
おお~まっこり~美味しかった~

名探偵に逢いにいく

そしてサムギョプサルのチゲ(かな?)
スープにちょっと酸味があってすご~~く美味しかった
ビビンバも美味しかったよ~

若い子がたくさんいるお店で
感じが良くて、美味しくて最高(草薙君似の感じのいい店員さんもグッ
そして値段も最高
だってこんなにたくさん食べて呑んで
4人で25000ウォン(一人500円しない、笑)

名探偵に逢いにいく


     
その夜はアジアカップの決勝戦
フロントに聞いたら専用チャンネルで実況中継があるとのこと
風呂入って準備万端で迎えたけど
自分が泥沼の睡魔に落ちていくのがわかる~~
まさにキックオフと同時に記憶が途絶えました
途中1点差で勝ってるところと、勝利の瞬間みんなが駆け寄ってるところだけ
なぜか瞬間的に目が覚めて
とりあえず「勝った」ことは確認してぐっすり寝たのでした
     



1月30日(日)
タクシーで海雲台に向かいます

おお~~、海雲台の海だ~~☆
海の向こうは対馬
タクシーの運転手さんが対馬との距離は48キロだって教えてくれました
 (思わず見えるんじゃないかと目を凝らして見ちゃいました)
たった48キロしか離れてないのね
釜山で日本軍と激戦をした李舜臣に思いを馳せて
そんな近い距離から他国が攻めてくるということがどれだけの恐怖だったのか
じっと戦略を練って、まだ戦いの時ではないと判断することがどれだけの決断だったのか
名探偵に会いに行く旅なのに、思わず全員で不滅の李舜臣モードになったのでした

名探偵に逢いにいく

名探偵に逢いにいく

ソウルとかなり雰囲気が違う
まず言葉が違う、アクセントがぜんぜん違うもんね
港町だからかすごい開放感
かなり寒かったのに南の暖かい地方だって感じる
そして日差しの明るさ透明感がすっかり気に入りました(似てるんですよね札幌の透明感と)
魅力的な街だわ
ぜひぜひもう一度遊びに来たいと思いました

途中、あっち方向がミョンミンさんの釜山事務所だねって話してて
納得☆ 本当に素敵なとこだった


さて、まずは美味しいもの食べなくちゃ~♪

名探偵に逢いにいく

草原ポックッ(초원복국)
ガイドブックにもよく載ってるフグ料理専門店

シマフグのフグチリを食べました
澄んだスープで、さっぱりしてるけど深くて上品な味
美味しかった~~☆

名探偵に逢いにいく
1月29日(土)いよいよソウルを離れて大邱へ
KTX初体験~♪

名探偵に逢いにいく

名探偵に逢いにいく

名探偵に逢いにいく

KTXのチケットは今は日本からでもネットで予約、支払いができるそうです
SAMTAさんが調べて手配してくれました、お世話様です

KTX

座席が狭いって聞いてたけど、想像してたほど狭くなかった
(よっぽど狭いのを想像しちゃってたのかしらん、笑)
新幹線並みに飛ばしてるような感じがあんまりしないまま、のどかな感じで東大邱へ
韓国では人口4番目の都市

そこからタクシーに乗ってCGV大邱へ向かいました

名探偵に逢いにいく

名探偵に逢いにいく

ここはスクリーンが上の方にあって舞台がちょっと高くなってて
スクリーンの位置的には映画はここが一番快適に観られたけど
ミョンミンさんたちはちょっと遠い
左側の3列目4列目で、帰り際に手を振ってご挨拶してもらってルンルン

手紙とお菓子と、あれ?ここで「カンマエ珠玉の毒舌ベスト10」を渡したんだっけ?
すでに記憶が曖昧になってます(笑)
  注)はい、この時に「カンマエ珠玉の毒舌ベスト10」渡しました(#^.^#)訂正入りました~、笑

映画を観終わると、今度は釜山に向かいます
わ~~~い(#^.^#)
いよいよ釜山だ☆
4:00、後続隊のY隊員がホテル到着
一緒に参加するメンバーも集まっていざMEGABOXへ

ミョンミンさんに渡す花束を買って
そしてまずはプディチゲで腹ごしらえします(食べちゃうところが凄いよね~、緊張してるのに

名探偵に逢いにいく

名探偵に逢いにいく

入り口に「朝鮮名探偵」の衣装が飾ってありました

名探偵に逢いにいく

上映館数も多いし、それだけ今回の「朝鮮名探偵」は期待されてるってことよね
いいぞ~☆

名探偵に逢いにいく

MEGABOXはM館の始まりと、6館の終わりと、6館の始まりの計3回の舞台挨拶の予定でした
私たちのチケットはラストの6館の始まりの回
M館はカフェの団体鑑賞だから、きっとミョンミンさんはたくさんの韓国ペンさんたちに会って嬉しかったよね

さっきの立ち話で(?)お話した時に「ベートーベンの毒舌投票結果アルバム」を渡しました
   注)訂正入ります~、ここではカードやお菓子プレゼントしたようです←そーとー記憶が曖昧になってます、笑

で、舞台挨拶の時に名探偵Tシャツと
そして私は花束を「公開おめでとうございます~ケボンチュカケヨ~」と言いながら渡しました
たった今プレゼントを貰って、それからすぐにまたプレゼントだったから
すご~く申し訳なさそうに受け取ってくださいました
ミョンたんって本当に謙虚な素敵な人です~

舞台挨拶の時の動画と、そしてミョンミンさんとお話したことについては
かめ参照ということで、、、  →かめ

名探偵に逢いにいく


映画鑑賞後、明洞に移動してタッパル(닭발)のお店へ
辛いですよって言われたけど、本当に辛かった食べたけど~
ビールで素敵な出会いにかんぱ~~い
お店が閉店するまでミョンタンの話に楽しく花が咲いたのでした
やっぱりソウルには夜がない~~
1月28日(金)
朝一番にCGVミョンドン駅に「朝鮮名探偵」を観に行きました
その日の午後も舞台挨拶上映で観るけど
そこはやっぱりミョンたん愛よね、何回でも観たいもん

その前に松の実のお粥で朝ごはん、さっぱりして美味しかった~
名探偵に逢いにいく

映画鑑賞後、ロッテデパートで買い物して
そのまま歩いて光化門へ
将軍様にご挨拶(なぜか後姿で撮影しちゃいましたが)
名探偵に逢いにいく

教保文庫で雑誌類をお買い上げ
そのあとチュンムゴンイヤギにも行きました
名探偵に逢いにいく



実は凄いサプライズ
JYJを見てしまいました

「THEIR ROOMS」発売記念のサイン会が教保文庫の隣のビルであるらしく
一緒だったSさんの娘さんが東方神起のすごいファンということで知ったんですけど
なんとなくタイミング的にそうなってしまいまして
そのビルの受付のフロアに立ってたら、ガラス越しでしたけど3、4メートルくらい前を通っていきました
あっという間にとおりすぎたから瞬間の出来事だったけど
たぶんジェジュンが通って、そのあとユチョンが通って行きました
ジュンスは確認できなかった、一番最初に通ったのかな?
ジェジュンもあっという間ででもなんとなくわかって
ユチョンは最後だったけど、「あ、ユチョンだ」ってしっかりとわかりました

いや~、たぶんファンにしてみたらすごいことよね
友達のユチョンファンが聞いたらビックリよ、、この話
旅の始まりは名探偵の記事で
飛行機に乗って、もしやと思いつつスポーツソウルを広げると
、、、いらっしゃいました~~~、名探偵様~~~

名探偵に逢いにいく

1月27日夕方到着
先発隊第一号の私は、時間があったらぜひとも映画を観ようと思ってたんですけど
仁川空港に飛行機が到着した時間は今までで一番早かったのに
手続きがすごく混んでたり、リムジンバスの時間が合わなかったり
やっと乗ったらTマネーカードがエラーを起こしてお金が払えなかったり
(売り場にチケットを買いに戻ったんですけど、あれ現金でも支払いオッケーなんですね、なんだよ~)
そんなこんなでホテルに到着するまでに3時間くらいかかって公開日に映画を観ることができませんでした
残念~

仕方ないのでミョンドンをうろうろして過ごしました
でも、寒い~~~!!
全体には気温は札幌とそんなに違わない気がしたんですけど
その夜のミョンドンはすごく寒くて驚きました
ホットック食べて、サンウのカフェでお茶して、映画館でパンフレット見て
やがてSAMTAさんをはじめとした第2隊が到着です
24時から「朝鮮名探偵」の上映があったけど、さすがに今回は地方にも行くし
とりあえず今日は無理しないということでホテルに戻りました

でもまだすることあるのよ~(#^.^#)

ミョンミンさんへのプレゼントの飾りつけやラッピング
お揃いで着る名探偵Tシャツ、ミョンミンさんにもプレゼントしました
「ぜひ着てくださいね」って、、、

名探偵に逢いにいく

そして年末に企画して皆様からご投票いただいた「カンマエ珠玉の毒舌ベスト10」の結果報告
ちょっと小さく写ってますけど、手前にあるのがSAMTAさんが作ってきた素敵な工作^^
仕上げにシールを貼って私もちょっとだけお手伝いに加えさせていただきました

名探偵に逢いにいく

そんなこんなで、結局寝たの何時だったかな~
3時?4時?
やっぱりソウルの夜は短い(笑)
ネサギョの時は日本から映画を観に来るファンもいるんだなぁっていうくらいの認識?
日本から来ましたって言う私を「おいで~」って優しく招き入れてくれたけどそんな感じね
その場所では私一人だったし
珍しかったんでしょうね

パサの時はカフェの運営者さんとご挨拶できて黄色いミョンミンタオルいただいて
そのタオルを掲げて応援できた喜びって言う感じかなぁ
最後に行った舞台挨拶は、時間が遅かったしカフェのファンの方もいなくて
ミョンミンさんは日本からきたファンがタオル掲げて応援してくれてるのを
ちょっと恥ずかしそうにちらちら見てて
私たちを認識してくれたよねーーっていう嬉しさでした

今回は最初にご挨拶ができて、これから大邱と釜山にも行きますってSAMTAさんが伝えてくれたから
完全に行く先々で「あっ、いるな~」っていう視線を送ってくれました
手を振ったらニコってしてくれるし

ソウルのCOEXが28日の最終舞台挨拶で
翌日のCGV大邱がその日の一番最初の舞台挨拶
CGV大邱ではスクリーンに向かって左側の席だったんですけど
左側のドアから出ていくミョンミンさんは、私たちを見て手を振って
「来てくれましたね」っていう表情で軽く頭を下げて挨拶してくれました
ぎゃ~~~☆その都度狂喜乱舞する私たち

ミョンミンさんはその時々で演じる役柄によって普段の雰囲気もガラッと変わっちゃうでしょ

「私の愛私のそばに」のときは、まだジョンウが抜けきってない雰囲気で
静かに静かにそこに立っている感じ
ミョンミンさんだけまわりと違う世界にいるような
最初にイメージしたのは深くてきれいな沼のようなそんな印象でした

「破壊された男」のときは
ヨンスの風貌は全くなくて素敵なかっこいいミョンミンさんだったんだけど
ともかく目力というか、目の引き付ける力が強くて
目が合った瞬間、目の中に飛び込んでいっちゃいそうになるくらいに印象的な素敵な目をしていました

今回の「朝鮮名探偵」はどっちかというとバリバリおじさん系で
かっこよさは追及してない役柄(それでもカンマエ風なところもたくさんあったけど)
だけど、実際にお会いしたミョンミンさんは
なんか、もーー、もーー、もーー
優しくて、清潔で、正しくて、理知的で、紳士的で、きわめてノーマルな
超超超素敵な、正真正銘のさわやか~~~な好青年!!!という雰囲気でした

私たちのところに来て話をする時も
全員の顔をきちんと見てくれるのね
目の前にいるミョンミンさんと3回しっかりと目があったけど
本当に普通に素敵なんですよ
私を圧倒させるような強烈なオーラがあるわけじゃないの
ひたすら普通に誠実な素敵な男性が目の前にいる雰囲気
っていっても、そんじょそこらにいるような素敵さじゃないから
あ~~~~、素敵~~~~(書いてること支離滅裂、笑)

どの役柄も苦労は一緒なんだろうけど
やっぱりコメディだし、ダルスさんというこれ以上ない最高の共演者と一緒に演じることができて
今回はミョンミンさんがとても楽そうでリラックスしている印象でした
手ごたえもあって評判も良かったでしょうし
封切って1位を守ってるということは、これからのどんどんお客さんが増える時期だからかなりの好感触で
そういう嬉しさもミョンミンさんから感じることができました

SAMTAさんは白い胸筋にやられたって言ってたけど
おもっ、、全然目がいかなかった、、ひたすら顔ばかり見てた~ん