十月花形歌舞伎

新橋演舞場の十月花形歌舞伎を観てまいりました。

20141021-2.jpg

演目は金幣猿島郡(きんのざい-さるしま-だいりと読む)
平将門の妹の七綾姫と許婚(頼光)の美男美女のカップルがいる。
市川猿之助さんは七綾姫に騙されて嫉妬して愛する男と、頼光に恋焦がれる女のふた役。女は男に一目ぼれして一夜を共にしたあと恋焦がれて泣きすぎて目が見えなくなっちゃうのよ。
恋が成就しない恨みで女は蛇になり、男は鬼になるの、ストーリー展開が斬新過ぎて驚きです。
ドラマ昼顔なんてかわいいもんです←
最後は二人の怨念が合体して猿之助さんが宙釣りに(半分女性で半分男性)
2階席だったから目の前で観ることができてものすごい迫力でした。
面白かった。

もう一つの演目の俊寛(しゅんかん)も現代劇にも通じるストーリで面白かった。
市川右近さんが鬼界ヶ島に島流しになった流人の孤独と悲劇を演じました。

初心者には必須のイヤホンガイドで解説がわかりやすくて興味深いです。
歌舞伎の魅力は様式美ね、リアリティはないんだけど発想の面白さと、決まりごとを知る楽しさがあります。

お昼は新橋演舞場の正面のお店の笹巻すしを友達が買っておいてくれました(感謝)
幕間にいただくのにちょうどよい量で、上品だけどしっかりとした味で美味しかったです。
20141021-3.jpg


帰りはね、山野楽器本店(銀座)で死神くんの衣装に会ってきました。
たまたまツイで知ったんだけど、丁度その日から始まったの、超グッドタイミング☆
残念ながら撮影禁止。
ガラスケースに入ってたけど奥の方にひっそりと展示してあった。
お衣裳も可愛かったわ♪
20141021-1.jpg

銀座でデート

金曜日に「めぐり逢わせのお弁当」を観に行こうと思うんですが、もうご覧になりましたか?

数日前にそんなメールをいただいて大喜びで行きました。銀座シネスイッチ。(10/10)

20141010-1.jpg

一緒に行きませんかじゃなくて、行こうと思うんですが、、、というのが良いでしょ。
そこが好き。なんか潔い感じがして好きなの。
でも目的は映画を観ることかというとそれだけじゃないんですよね、なんたってお会いできることが嬉しい。
だって気分はすっかりデートなんだもん。
前日の水どうカフェに続いて、今日は銀座でデート☆
なんかもー楽しすぎてスイマセンって思っちゃう

映画の前にムンバイでカレーランチしました。
ムンバイってしやがれで嵐くんたちが食べた銀座のインドカレーの店。
潤くんがネットで調べて飛び込みで入った店だけど、そんなに大きな店じゃないし個室もないし、
突然に嵐くんたちが来てお店の人はビックリしたでしょうね。

ホウレンソウのカレーとオクラとチキンのカレーを食べました。
20141010-3.jpg

そしてもう一つの目的は「ラドゥ」
映画マダム イン ニューヨークを観てから、とってもとっても食べたかったお菓子です。
色んな穀物の歯ごたえがあって美味しかった。
20141010-2.jpg

短い時間だけど、いっぱい話して、えーーっともう話すことはなかったかしら、、って思いながら
時間が来て急ぎ足で映画館へ。

インド映画「めぐり逢わせのお弁当」は想像してたのとちょっと雰囲気の違う作品で、
終わってから、あれはどうなったの?最後はどういう意味?なんて
地下鉄までの短い時間だけど、そんな話ができるのも楽しいよね。
異文化の国の作品はそれだけでも興味深いです。

そもそもはミョンミンさんを通してネットで知り合ったのが、
今日はインド映画で盛り上がって、ラドゥで盛り上がって、
おーちゃん話で盛り上がって、興味が広がる感じが楽しくて、
ここでこうして二人でカレーを食べてることが、考えたら可笑しくて楽しい。

あー、もっともっと話したいことたくさんあったんだけど、
またね、ってお別れしてきました。
別れがたい感じが、やっぱりデートかもね(笑)
楽しい時間、ありがとうございました~♪またね☆

テンセイクンプー初回盤

才能が多すぎて余ってる人なので(←)ファンはどこが好きか語れと言われると、どの才能を語るか迷ってしまい、結局、可愛いいという話だけになる。

「大野智あるある」らしい

あるなー。
大野智に痺れまくってるのに、可愛いとしか言ってない。
ふふ

朝、旦那が「めざましで嵐って言ってるぞー」っていうから見てみたら
AmazonのDVD販売ランキングでステージ・演劇DVDベストセラー(8/8付)
「テンセイクンプー転生薫風(初回限定盤)」がベスト3にランクインしてました。
びっくりしたー。
通常盤じゃなくて初回限定盤だし、、
だいたいもう売ってないはずだけど、中古販売もランキングに入るのかな?

因みに5位の中で「転生薫風」以外は全部「弱虫ペダル」だって。
逆に目立っちゃう。

通常盤は持ってるんですよ。
初回限定盤がね、、「FREE STYLE」の映像も入ってるんですよね。
だいたいはネットで捕獲してるはずなんだけど、、、激しく欲しい、、、(←葛藤)

欲しいけど手に入りにくくて葛藤中のものがチラホラあって
この葛藤がなかなかの楽しさで(←おい)
バカ高い値段で買うのも嫌だし、迷ってると世の中から消えちゃいそうだし、
なんかかんか言いながら少しずつ増えていることが恐ろしい(いや、楽しい)

最近では、H 2008年5月号 「大野智のすごさを知っていますか?」
ずーっと欲しかった雑誌がウチに来た。
タイトルがね、ズルいよね(笑)



最近のTV番組で印象的だったのは、しやがれでウッチーに言った
「選ばれたんだから良いんじゃないの?」

おーのさんに死ぬ気でやる瞬間ってあるんですか?って言われて、なんとなくおちゃらけて終わっちゃったけど、普段、振られて話すことはあっても、あまり自分から意見を言わない大野さんが放った言葉。
私は結構重い言葉だと思ったよ。
嵐でいることを10年間も葛藤し続けた人だもん。
代表でいることのウッチーの葛藤にどこか近いものがあるのかもしれない。

大野智という人は、難しい言い方はしない人だけど、言葉に真実と重みがある人だと思ってる。

ところで、関ジャニの十祭ライブで嵐デビューのスケスケ衣装を着てるのをツイで見かけたんですけど
あれはナニ?(笑)

青の炎 スクリーン鑑賞

夢だった「青の炎」のスクリーン鑑賞してきました。

20140727-5.jpg

一定時間内に一定以上の購入者が揃えば企画が成立し興味のある映像作品をスクリーンで観ることができるというシステム、ドリパスで。
「青の炎」は何回か企画されてたけど、人気があっていつも締め切られちゃってたの。今回やっと念願叶いました。

映画館はお台場のシネマメディアージュ、初ゆりかもめも体験できました。
20140727-4.jpg




冒頭に流れるピンク・フロイドの「The Post War Dream」

自室として使っているガレージの使われてない水槽のなかで膝を抱える秀一。灯りを消し真っ暗になったガレージのシャッターを制服を着た秀一がガラガラと明けると向こうは朝の光が溢れシルエットが浮かび上がる。秀一がロードバイクを走らせる。

このオープニングで心もっていかれます。
この映画は何度観ても心が揺さぶられ胸が熱くなる。
やっぱりスクリーンで観ると格別で、ホントにお台場までわざわざ行っても観て良かった。

「The Post War Dream」がまるでこの映画のためにあるような歌詞でビックリします。
17歳の抗いが瑞々しく切ない。

昨日からずっと胸に切ない余韻を抱え込んでます。
夜、しやがれでニノちゃんに会ったけど秀一は秀一なんですよ、ちゃんと生きてる(いや死んだけど)
しみじみと良い映画でした。
あーいう映画にしかるべき年齢で出会えたニノは、俳優として本当に幸せだよねぇ。

20140727-3.jpg


↓ Pink Floyd 「The Post War Dream」 

マダム・イン・ニューヨークはお薦め映画☆

お久しぶりでございます。
書きたいことたくさんあり過ぎて何から書いてよいのやら。
そんな中テンプレートを変えてるという、、(←なぜ、笑)

今、録画した「黒田官兵衛」を観終ったところ。
いよいよだねー、信長が亡くなって中国の大返しとなるわけね、楽しみ~。
なんせ今までは表舞台の人じゃないからさ、出来事がローカルというか展開が若干地味で、官兵衛も若かったしね。有岡城幽閉から面白くなってきたね。息子の長政くんも大きくなったし。←小っちゃいころから見守ってるからね、笑
今日の「本能寺の変」の岡田君がムッチャカッコよかった。いよいよ軍師としての活躍が始まるね。
昨日の日テレの音楽祭で、V6の岡田君を見て、この左の人なんか見覚えある、、官兵衛か、、官兵衛は踊れるんか!と父が叫んだ。というツイを見て笑って、思わずリツイートしちゃったけど、正直私も似たような感じだったもんなー。
岡田君というより官兵衛にしか見えなかった。
官兵衛が歌って踊ってた。
そう思った人多かったんじゃない?カッコいい☆(笑)


金曜日(11日)、シネスイッチ銀座で「マダム・イン・ニューヨーク」を観てきました。

20140711-1.jpg

20140711-2.jpg


大型台風8号が関東直撃だったからギリギリまでどうなるのかわからなかったけど、無事に観ることができました。
ピーカンで暑くてテンションあがったわ(1年前の今頃会った時も、やっぱりピーカンでムッチャ暑かった)
その日のあさイチでも取り上げられたんだって。レディスデイだったこともあるのかもしれないけど、私たちが観た回は立ち見の人がたくさんいらっしゃいました。
満員の映画館も久々だけど、立ち見なんてこと今まであったかなぁ。でも、それも納得の面白さでした。

映画の素晴らしさと、銀座の映画館というおしゃれさと、盛岡冷麺のランチも美味しかったし、映画の前後のおしゃべりタイムも話題が尽きなくて、楽しさと嬉しさが凝縮した一日でした。興味があっちに行ったりこっちに行ったり(笑)共鳴しながら膨らむ感じが面白くてねー。
インドのお弁当箱の話題でひとしきり盛り上がれるって、、、ぷぷぷ。楽しー。

ってことで、映画の感想はまた明日。