FC2ブログ

++sutakorasassa++  

好きなものを 好きなだけ

sutako/るぴ

2回目の「Voyage」

届きました「fire tv stick」
超~~~~~便利!!!
これってAmazonが作ったんでしょ、
でもAmazon以外の配信も、youtubeもgyaoもアカウント設定はスマホと連動してて優れもの!

早速Netflixでログインして、2回目の「Voyage」観ました。
2回目観てももやっぱり重かった、はぁ。

あるがままの姿を見せてくれるのは嬉しいし、すべてを受け入れる準備もあるんだけど、
ドキュメンタリとして完成したものを観たほうがファンとしては楽だったと思うんだけどなぁ。
途中経過を提示され続けるのってかなりしんどい。
どっちに転んだって辛いんだから、この1年間はせめて楽しいことたくさん感じて過ごしたい、はずなんだけど。
正直言うと生殺しされてる気分(←言っちゃった、、、苦笑)

なので、そのあとは「きのう何食べた?」をずっと観てます。

20200118-2.jpg

元日のSPドラマも良かったよね、録画がなかなか消せなくてなんだかんだ4回くらい観たけど、
そのあとはNetflixでまた最初から観てます。
ほんっと最高です、ストーリもキャスティングも、毎回のお料理も!

fire tv stick

久々にプリントスクリーンしようとしたらボタンがなくて
え、、いつ以来それしてない?
このパソコンでその機能使ったことない????

いやもーどんだけパソコンに触ってないの自分。。。

[Windows]+[Fn]+[Space]キー で無事画像保存できました。

ふぅ




そのうちにって思ってたコレ やっと注文しました。
20200112-2.jpg

去年プロジェクタースクリーンを買ったんですけどね、
ちょっと古めの映画をこれで観るとレトロな雰囲気で最高なんですよ~

でもテレビで観るのも便利かなぁって思いまして、
Netflix も Amazonプライムもこれでばっちりリビングで観られます。
嵐ファン たくさん買ったんだろな(笑)

届くの楽しみだな~~

肩甲骨はがし

こんな夜中にブログ更新、、なんか新鮮~~~~☆

久々にパソコン立ち上げて、テンプレートあれこれ探して変更して、
まだこのテンプレートの使い勝手がわからないのですが
でもなんか新鮮~~~~☆

、、ってことで2020年初回更新であります。

今年の目当て。
1.肩甲骨はがし
2.新聞をしっかり読む
3.映画100本(現実的には無理だけど目当てだからね)

以上

アイドルのカタチ

11/14札幌初日、最高のライブでした。
20周年。
いろんな意見はあるかもしれねいけど、
私は成熟した大人のアイドルの姿を見せたと思う。

最初の煽り時に
翔くんが「夢の世界にようこそ」
潤くんが「いまからエンターテイメントやるぞー」って言ったの。

20周年を迎えて最初のライブに相応しいじゃん!
(いろいろ考えると納得する)

昨日のブログで触れないわけにはいかないって書いたけど、
結婚に関して一切触れませんでした。
でも答えはこれ以上ないくらいに伝わってきた。

今までと変わらずステージに立ち
今までと変わらずファンと一緒にいる

それで十分じゃないかと思う。
20年間アイドルとして生きてきた彼らに、さらに強いることは辛い。

どうしてツアーが終わってから発表しなかったのか、
なんで札幌の直前なのー、
タイミングが悪すぎるって思ったけれど、
違うんだよね。
ライブがあるからこそ、こうして彼らの姿勢を感じることができた。
むしろライブがあってよかったと思ったもん。

札幌直前には意味があったよね。
二十歳になって、大人になって最初のライブ。
そういう意味もあるかもしれない(と勝手に思った)

「今日は優しさを感じました、あ、別にいつも感じてないわけではないです(笑)
21年目は始まっています。みんなと同じ温度で、みんなと同じ距離館でこれからも歩んで行きたい。
僕はかわらずっとここに居続けます」

ニノは最後のあいさつで最小限の言葉で触れた。

実際にはとまどいながらってところもあったけど
静かに見守ったって雰囲気だった。
ファンも大人ですよ。優しいし。

休みたかったおーちゃん
結婚したかったニノ

誰かの意見、誰かの意思を全力でサポートする、
誰かが嵐のために我慢を強いられることはしない。
でも嵐は守る。
嵐は全力で嵐を守る。
私が嵐を好きな理由はたくさんあるけれど、
嵐を全力で守る嵐は私が好きな大きな理由です。

そんな嵐を見られたってことが最高に幸せでした。

ちなみにアリーナど真ん中で、
ステージごと迫ってくる5人(おーちゃん)に開始早々テンションぶち上げで
卒倒しそうでした

ライブ前夜

以前に、5人がゾンビにやられるとしたら何番目がいいかって話をしてたのを思い出すんだけど、
自分が最後だったら4人がひとりずつやられるのを見て4回絶望しなくちゃいけない、
だったら自分が1番最初にやられたい。って言ってたよね、ニノ。

とーっても優しいんだけど、独特な思考の子だなって思ってて、
ゾンビに例えるのもたいへん申し訳ない話なんだけど、
いずれ5人が伴侶を得て落ち着くとして、それはそれなりにあれこれあるわけでどうしても、
ここはニノちゃんが1番最初に行ったのかもしれないと、、

なんかちょっと誰かにお叱りを受けそうなことを考えたりしてました。

驚きましたよね。
ニノに関しては1番早いだろうなとは思ってたし、
休止前でもいいんじゃないかとさえ思ってた。
お相手の年齢を考えると1年はものすごく長い。

でも知った瞬間「なんで今???」って思ったよね。
だって明日は札幌ドームでライブですよ
私も参戦するし、、

初めて行きますって方も例年のライブより多い気がするし、
こういう感じはとりあえず今回で見納めかもと思ってる人もいるだろうし
(現に私もそうだし)
だからこそ、そこだけに感情を持っていける状況でいたいじゃないですか。
そいうことに気を配れない人たちじゃないもん、嵐くんたちって。
せめてツアー終了後なら良かったのに。

感情的にどうしようもないっていうのわかる。
理屈じゃないからね。
今じゃないでしょ、って叫んでる人もわかる。
いいんだよ、ファンなんだから、それそれの事情でそれぞれに好きなんだから、人と違って当たり前だもん。

かつての自分を思う。
今じゃないでしょ、って心の底から悲しんだもん。
彼が結婚10年で子供にも恵まれて幸せそうにしてる姿を見ると、
遠い国で勝手に呟いてただけどはいえ、申し訳ないと思ったりする。

ライブで何か言うかなぁ、言わなくてもいいけどそれもものすごい違和感だろう。
私は活動休止してから結婚するより、休止前にするニノに誠実さを感じてる。
嵐に対する誠実さ。
だって両方とも彼にとって人生の大事な大事な選択でしょ。
どんな話をしてくれるかな。

A BRIGHTER SUMMER DAY

20190813-1.jpg

「A BRIGHTER SUMMER DAY」は、昨日観た「クーリンチェ少年殺人事件」の英題。
1991年の台湾映画で、3時間56分の超大作でして、なんかちょっと語りたい気分になってます。
いい映画って誰かと話したい気持ちになるよね。

うちのプロジェクター、最近大活躍です。
先日はジャニーズjr.祭りの生配信を購入しまして、わが家が東京ドーム~~~!!
ビール片手に冷房効いた部屋でライブって良くないですか☆
わが家が映画館って最高!!




って、令和最初のブログ更新だったのにしれっとやった。

今 感じてること

平成のものは平成のうちに
5月になっちゃう前に4月の嵐くんたちをアップしておかなきゃです。

20190405-1.jpg

and more以降の名古屋と東京でのライブ終盤の挨拶の内容が私の予想を遥かに超えてて、
5人で観たい風景がまだある、とか(潤くん)
再活動したら世界に嵐を巻き起こすとか、(相葉ちゃん)
ここ(東京ドーム)に思い入れはあるけど、場所はどこでもいいからまたライブやりたいとか、(ニノ)
もう復活後の話をしてくれるんですかっていう驚きが正直なところで、
これはきっと彼らの優しさなんだと思うの。
本当になんて優しい人たちなんだろうと涙がでる、こんなにうれしい言葉はない。
でもおーちゃんはみんなのためにビジュアルを保ちますとしか言わないの、
それも正直だなーって思う。

そういう言葉の端々や、バラエティなんかの些細なことであれこれ言う人もいる。
いいんだよ、感じ方はひとそれぞれなんだから。

嵐のことを大切に思ってることは十分わかってても、
いったん活動を辞めたいと思う人を、どういうモチベーションで応援すればいいんだろうとかね。
大好きだけど、なんかね、
やっぱり今までみたいに迷いなく好きでいることは、好きだけど、今までとは違うよね、とか。
でもここにきて受け入れつつあるんですよね、うまくいえないんだけど。

活動休止後のことは彼らにだって想像できないだろうし、
ましてやその数年後にどうなってるかなんて、わかる人や決められる人はいない。
まぁ一番のキーパーソンはおーちゃんなんだろうけど、おーちゃんだってどうなるのかわかんないだろうし。

毎年毎年更新されていく彼らのライブパフォーマンスに、私は驚嘆するばかりだったけど、
ファンとして十分に堪能させてもらったけど、
それは永遠に続けることは望んじゃいけないんだと理解できる。
彼らがそのためにどれだけのエネルギーと犠牲をはらってきたのかとも思う。

永遠はないから。

だから、ここでいったん休んでみるっていう選択はきっとそうだと思う。
悲しくても受け入れるんだと、それはそうなんだと今は感じてる。

でも、嵐はかけがえのない大切なもの
彼らにとっても、私たちファンにとっても
だから残す選択としてくれたんだと思う
それを今は心からありがたいと思ってる

そんな感じですかね。
これが今の私の心情の到達点です。

で、嵐が大好き そこは変わらないです。

東京初日

ARASHI Anniversary Tour 5×20 
and moreの東京初日に行ってきました。
まさかの旦那名義の復活当選で!
倍率の高さゆえ東京を避けて札幌を主戦場にしてきた身としては
まさか旦那と二人で東京ドーム参戦する日が来るとはね、、思ってもみませんでした。

翔ちゃんの挨拶で「野郎どもー」ってのがあるから
「うぉー」って返事するんだよって事前に教えたら
ちゃんと叫んでくれました、素直ないい人だ(笑)
ペンライトも振ってたし

家族で行っても大満足に楽しめるのが嵐のライブなんだなぁ
そこが国民的アイドルの所以、20年かかって作り上げてきた彼らの力なんだとしみじみ感じました。

正直、思うところいろいろあって、
それをいちいちブログに書く気にもなれないしってところもあったんだけど、
嵐くんたちに会うとぜーんぶ楽しさにかわる
やっぱり大好き、うん。

明日を迎えにいこう

笑ってる5人をずーっと見てたくてJALのツイッタ借りてきた。

untitledの特典映像の中で、
 『明日を迎えいこう』っていうフレーズが好きだっていうって翔ちゃんに、
相葉ちゃんが『来ちゃうのにね』って答えた、二人の会話が好きよ




母のこと

実は今年は大きな出来事がありまして、
90才でひとり暮らしをしていた母が弟の家で暮らしはじめました。
2か月過ぎたね。

実家は売却してたぶん今はもう更地になってる、、はず
1月に帰省してお別れして、正直まだ実感がわかない。

商店街で生まれ育ったんだけど、
シャッター商店街が、最近どんどん普通の家が建ち始めてる。

長年住んだ家や地元を離れた母が一番寂しいわけで、
引っ越した直後は頻繁に電話がかかってきたけど、今は落ち着いたみたいです。

ひとり暮らしや老夫婦を狙ったアポ電のニュースとか見るとひとことじゃなくて、
電話してちょっと連絡つかなかったりすると心配だったけど、
今は孫3人に囲まれて賑やかに暮らしてるから、良かったって思ってます。

弟の奥さんは数年前に脳内出血で倒れて、半身が不自由で失語症も残ったんだけど、
家族みんなで協力して仲良く明るく暮らしてて立派だなって思ってる。

母はずっと商売屋の奥さんで、家の入り口はシャッターで店なわけで、
玄関のある家とか、庭のある日当たりのよい家に住んでみたいって言ってたから、
そういう意味では、願いが叶ったんじゃない?

、、とここで言ってみる(たぶんブログ見てるよね、笑)

母は毎日午前中にパソコンを見るのが日課で、
最近は全然ブログを更新しないんだねって言ってたから、
これからすこしずつ日常を載せていきますね。

今ごろお雛様の写真もどうかと思うけど(もうとっくに片付けましたけど)
じいちゃんと二人でこっちに来て買ってくれたお雛様、覚えてるかなぁ。
今年数年ぶりに飾りました。

20190303-1.jpg